L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 


VAMPSさん、今期ツアースタートおめでとう!&Mステお疲れサマーー!!(^0^)/

順調にツアー中ということで、夏といえばVAMPSみたいなイメージになってきましたね。
しかし冬といえば!?(゜∀゜)ラルクーーー!!!!
なわけもなく…今年に引き続き2014年もVAMPSさんの年になりそうということで、これといってブログの記事にするネタも無いし仕方なく毎日アニメを見て過ごしているLUSYでございます。二次元だけが私に優しいよ…毎日何かしら放送されてるからな…

でもちゃんとMステもリアルタイムで見ましたし、新曲も予約してフラゲしてますよ~!
Mステは2時間すぺさるだったんですね。「ゴーリキさんなんで口パクにさせてあげへんかったんや…」とか「ともちん聴いた後だとまゆゆお歌超うめーな」とか、お茶の間でボリボリ煎餅食べながら見てました。おばちゃんです。
で、VAMPSさん。
ラルクモードじゃなくなったためか、ヘアスタイルはラフな黒髪ミディアム。ちょっと寂しいロシエル党員のわし。
でもロシエルヘアーのままVAMPSやられたら、それはそれで私ハンカチ噛むわ。キィッー!!
ところで、なんではいどちゃんはあんなドドメ色のお洋服なんだい???そして末広ズボン。最近脚長効果に目覚めたのか、ちょこちょこ末広ズボン履いてますよね。今の時代なんでも置いてるユニクロに行ってもなかなかブーツカットのパンツ無いで~~
ゆったりセットに凭れて立っている姿を見て、まー火の沖縄公演後の膝を痛めながらの出演時を思い出したりして。ちょっとおセンチな気分になってみたりして。嘘、なってない。斜めに立つことでこれも脚長効果を狙ってるんじゃあ?とか思ってた。(疑)

実際、ちょっとお疲れ気味だったのやもしれませんけどね。
もうツアーは始まっていて、ライブの翌日だったんですよね??
折角新曲の『AHEAD』を披露してくれましたが、いつもよりもお声が出てませんでした…おいたわしや!はちみつレモン作ってあげたい!!
ライブが似合うユニットなのでファンが入ってたのは良かったなぁと思うんですが、あれって本当にファン??募集なんてしてましたっけ??
何はともあれ、これから過密スケジュールでライブでしょうし、お身体には十分に気をつけて頑張って頂きたいですね。はちみつレモンならいつでも作りに行くから!呼んで!!(まるで友達)


ここからは曲の感想を少々。
何やら、今回は初回盤でもAとBというバージョン違いがあるんですって。
Aは『AHEAD』のPVが、Bは『REPLAY』のPVが付いてくるという違いらしいです。どっちのPVも欲しいと思ったらAもBも買わないといけないというわけですね。
なるほど!両A面なのでPVは2つ作ったけど、それをどっちも付けるほど私は安い女じゃないわよってことか。そんな強気なアナタ、嫌いじゃないわ!
まぁ私は1枚しか買わんけども。
というわけで、チラ見した『REPLAY』のダークな雰囲気に惹かれてBを買いました。
『AHEAD』のPVはなぁ~、以前めざましかどこかで公開された一部の映像を見たんですけど好みじゃなかったのです。
何度も申し上げますけど、ハイドさんってワイルドなバンダナコーデは似合わないんだって!いや、Roenのムック本の時みたいに硬質な雰囲気だと似合ってる時もあるんですけど、今回のPVみたいな荒っぽいセットアップがどうもなぁ…汚く見えてしまって勿体無く思えてしまう。だってあの下には世界が驚く美貌が隠されているのにさ!見せなくてどうするよ!!?美人は世界を救うんだよ!!!
私はラー油の似合うワイルドなハイドさんより、ローズオイルの似合う女優ハイドさん推しでこれからも突き進んでいく所存です。

で、『REPLAY』のPVですけど、思ったより意味不明な仕上がりで御座いました。
いかにもラスボスの居るダンジョン的な城のバルコニーで歌うハイドさん、外の景色は世界が破滅した後のようになってて竜が飛び交っておりますよ。ついでにハイドさんの周囲、なんか魔方陣みたいなエフェクト出ちゃってるし究極魔法でも発動すんのかとオモタ。
プレイした方には分かると思うんですけど、FF零式を思い出してしまいましたね。万魔殿っぽいわ~。
なので、竜からの攻撃にノーダメージだったメンバーにちょっと笑ってしまったw何か口から吐いてたアレは何やったんや!攻撃と見せかけて回復魔法か何かか!?
あと、ハイドさんは別嬪さんでしたけど、もしかして素肌にジャケットだった??それもまた上半身に黒いインクでベタァァーしてない??ヤメテーー!!><それカッコいいか!?私にはどろこんこ遊びして帰ってきた子どもにしか見えん!!汚れたまま服着たらお母さん怒るよ!!

でも、メンバーが演奏してる映像を後で背景全部をCG合成するだけっていうPVが最近増えてますね。セットからメンバーの仕草までしっかりストーリー仕立てにして撮られるようなPVってあんま見なくなったかも。PVばっかり放送するような番組も無くなったし、そんなプロモ映像に手間は掛けれないのかすら。ちと寂しいですな。

後になっちゃいましたけど、曲の感想をば。
まず『REPYAY』から始まったことに「んん!?」だった私。
『AHEAD』から始まるとばかり思い込んでて、もしかして初回AとBってそれぞれの曲しか収録されてへんのか?と暫くジャケットを開いたり閉じたりしてました。私のVAMPSの情報力なんてそんなもんです。
でもね!ほとんど曲の情報を仕入れてなかったので、『AHEAD』もCMのフレーズしか聴いてないですし、『REPYAY』なんでプロモ動画を一回見たっきりですから新鮮な気持ちで聴けましたよ。
ラルクとなるとこうはいかない。もう待ってられないとばかりにしつこく視聴するいやらしいラルヲタですよ私なんて…

『REPYAY』は以前ラジオで少し公開されたやつでしょうか?ボスバトルのBGMのような仕上がりだったので、これかなー?と推測しておきます。
こういうVAMPS風ゴスロック、大好きなんですよね~。一応シングルってことでアルバム曲に比べたらキャッチーではありますが。もっとアングラな方向性だともっと大好き。
KAZさんの曲かな?と思ったらやっぱりそうでした。イントロや間奏の音の作り方がいかにもゲームミュージックですねw
だいたいVAMPSの中で好きになる曲ってKAZさん曲が多いです。サビが広がる感じがちょっとケン様を彷彿とさせるんですよね。自分の好みに近いってことでしょうな。
でも、最初は「断然REPYAYの方が好き!」と思ってたんですけど、何回も聴いてるうちに慣れてきたのか、思ったより同じ音の繰り返しが多いなぁという印象に変わりました。
で、『AHEAD』はCMで使われてる明るくてキャッチーなイメージしかなかったので、後半が激しい展開になっていてまたおったまげ。ふむ、この構成はいかにもハイド曲。
私の中ではキャッチーなイメージばかりが先行していたので、あんまり好みではないなぁと思ってたんですけど、これも聞き慣れてくると思ったより曲に物語性というか、展開というか、変化があるんだなと気付きました。
夏真っ盛り!な明るい曲だけでは終わらない、後半にかけて少し切ないスパイスが入るアレンジと荒っぽくシャウトするところが、巧妙にリスナーの心を捕らえる作りになってるんですね。
こういう展開の曲はさっき書いた通りハイドさんお得意ではあるんですけど、「こういうの多いよね!」と分かってるのに心に引っ掛かかって、だんだんサビの明るさが切なく聞こえてくるように仕込まれてるのがズルイ。
いや~、さすが長年ミュージックシーンのトップを走る人は違うなぁと思いましたね。
なんかこう、シングルの黄金比を分かってるというか、聞き慣れてくれば慣れる程に計算された曲だなぁというイメージに変わりましたよ。

総評としては、どっちも強烈なパンチ力があるというわけじゃないんですけど、どちらもシングルとしてちゃんと作られてるなぁという感想でした。ほぅ…悪くない、という感じです。(兵長)
パンチ力が弱めという意味では、両A面にして良かったと思います。
なんか上からな書き方になってしまった…底辺が偉そうにしてすみませんンアー!ペコペコ
しかしだね、相変わらず英語詞多めのお歌はほとんど聞き取れんよ!
『AHEAD』のわっちゅっちゅーの辺りバブバブ英語過ぎてさっぱりだよはいどちゃん…あ、でも『REPYAY』のサクリファイスって単語だけは私でも聞き取れましたよ。ヤッタネはいどちゃん!


さて、会報読もうっと。
これからものんびり更新していきますんでヨロシクデス~(´∀`) 
スポンサーサイト

 

 

 

 


オッホォ!明るいニュースが飛び込んできましたね。久し振りにVAMPS情報で記事を書きますよ!

VAMPSの7月3日発売新曲『AHEAD』がソニーモバイル「Xperia UL」のCMに起用!本人出演CM完成!

オンエアは25日からですが、早速つべでCMの視聴が開始しておりまーす、はいコチラ。つペチョ

静かな図書館で本を読みつつ、スマホに繋いだイヤホンで音楽を聴く女の子。
外は静かだけれどその子に耳にはVAMPSの音楽が鳴り響いており、そのリアルな音はまるで本がボリュームキーのように動き、紙の間で小さなVAMPSが歌っているかのよう。
そのファンタジーな演出でスマホの高音質をアピールしつつ、最後に本を読む女の子の映像に戻ってくることでそこが静かな図書館である現実を思い出させる。
で、おやおや?後ろに座ってる眼鏡の別嬪さんはまさか??というちょっとした遊び心で終わるというCM。

メンバー自身がCMに出演することがほとんどない上に、久し振りの動くハイドと新曲の音への高揚感とそれを使った素敵な演出への興奮で上手く言葉が見つからず、とりあえず「眼鏡ちゃん!眼鏡ちゃん!眼鏡ちゃん!白シャツくんかくんかしたいファーーーーッ!!!(^o^)/」とくだらない叫びをしてしまった。いつものことだけど。
パッと見はシンプルなんだけど結構細かい演出が施してあって、床に落ちた本の背表紙にVAMPSらしき文字が入っていたり、本の中から飛び出てニャンニャンニャン♪と謎の内股で踊るはいどちゃんにはしっかり本の英字が身体に写ったままになっている。
ハイドが本の中から飛び出てきたということなんですね。まぁハイドさんは二次元と三次元を行き来する妖精であるして、ハイドだからこそ次元を飛び越えることが出来るのだ。普通の二次元キャラクターはいくら待ってもTVやゲーム画面から出てこないので、そこのところを気をつけておきたい。

尚、7月3日発売のシングルは『AHEAD/REPLAY』の両A面とのこと。
CMの『AHEAD』の30秒バージョンをちょっと聞き取ってみましたが、♪えっびっしーにゃくれんひー!あぶしんすあくれうぉっちゅー!えないうぉっちゅっちゅー!わなくれにゃー!って言ってました。
全部英語っぽかったです。にゃーにゃーちゅっちゅー言ってましたね!内股の猫ふんじゃったダンスも相まって可愛いです。
雰囲気は爽やかでとってもキャッチー。少しインパクトが弱いながらも、きっと聞き込んだらAメロが切なくてキラキラしているような王道のVAMPS夏ソングなんやろ?ってとこまで想像したw こういう感じのシングルを毎年夏に出してくるね!
ところで、以前ラジオで少し流れたという新曲をハイヲタの皆さんが「ラスボスっぽい曲」と仰ってたので、もっとデロデロした曲がCMになるのかと思ってました。両A面ってことはこの曲がCMに使われたわけじゃないのね。なるほど納得。
私はラスボスソングのデロデロ曲に期待するよ!好みの曲コイコイ!

で、CMの中で少し気になるのは、最後の演出で白シャツ眼鏡の別嬪さんがハイドだと一般視聴者は気付くだろうか?ということ。
30秒バージョンは最後がおにゃのこと眼鏡ちゃんなので分かる人には分かるだろうけど、一番多く見かけるだろう15秒バージョンは一瞬移るだけなのでハイド発見の難易度がだいぶ高い。
あえて自然な衣装とヘアメイクで後ろに座らせて日常を表現しているのと、派手に動くでもなく少し視線を女の子の方へ遣ることで視聴者が「もしかして…?」と小さく引っかかる程度にしているのは分かる。
でも、一般人には見慣れないであろう黒ぶち眼鏡姿(私物らしい)+ヘアメイクがかなり自然なので、ちょーーっとあれがハイドだと気付きにくいやも。
出来るならば、ここらで一つ冒頭の司書おねいさんがやっていたように、丸っこい芋虫指を立ててシィーッと一発キメて頂きたかったかもしれない。そっちの方が悪戯っぽくて可愛いじゃないか。
というか、折角ハイドをCMに使うならもっと目立たせたいだけなんだけどねごめん。
だって可愛いからさぁ!!!眼鏡ハイドの本を持ってるのにいかにも本を読みそうにない雰囲気が!!可愛いんだよ!!!(興奮)

や~でも、良いタイアップを戴いて良かったですよね。スマホのCM(それも本人出演)なんて、アーティストなら大喜びのタイアップだと思うもの。この手のCMはだいたいアイドルが持ってっちゃうし。ユニバーサルの事務所に移籍したことも大きいのでしょうか?

ここでふと、タイアップが付かなかった結果何故かメンバーとのキス写真をフライデーに載せたらるくちゃんのことを思い出して、あれは何だったんだと真顔。
いやほんと何だったんだあれ…??タイアップが無いからネタに走ったの??いや面白かったけど。フライデー買ったけど。そんなラルクが大好きだけど。
なんかそんなこと考えてたら、あの時のらるくちゃん凄く頑張ってたよね…と愛しさがこみ上げてきて涙。
ちゃうんや!タイアップは付かなかったんやない、xxxのタイアップはフライデーですッッ!!涙


ソニーモバイルさんの製品ページで、ロングインタビューとメイキング映像も公開になりましたよ。
http://www.sonymobile.co.jp/adgallery/

メイキングの方が新曲が長く流れているんだとか。私はこれから見てきます!
ハイヲタさん界隈は暫くCM捕獲に勤しむことになりそうですね。ファイオーッ



また、今年も夏のVAMPSライブが決定したそうですよ。今年はビーチではなくて湖です!

『BEAST PARTY』
8月 10 日(土)11 日(日)
会場: 山梨県 山中湖交流プラザ きらら

山中湖でVAMPS集会って聞いてUFOでも呼ぶのかと思いましたが、ライブだそうです。\ベントラー!ベントラー!/
ってことは、ケン様が乱入してセクハラの限りを尽くした伝説のラグーナから早一年なんですね…!時の流れは恐ろしいな!?
私はこの1年何してたんだって考えてみたら、ずっとゲームとアニメばっかり見てたという結論しか出ませんよ。泣ける。強く生きていこう。

あ、そうそう、何気にこちらも気になっているFFヲタのわたくし。

天野喜孝×HYDE
2013年夏、原宿に……

http://amanoxhyde.com/

↑これこれ。
FFのロゴデザインといえば天野さんですよね。勿論、他にも色んな作品を生み出されているとてもファンの多い方です。
どちらかというと私は未だに厨二病をこじらせている上にFF7厨でございますので、FFっぽい絵ならいかにもV系チックな野村さんのキャラデザが好きなんですけど、まぁそれはそれこれはこれでございます。
どういう取り組みをするのか今から楽しみです。このページのまま放置ってことにならないでねww

 

 

 

 

 
ケン様のライブらしきイベントっぽいやつのLE-CIEL先行当落が出たので、改めて情報を纏めてみようと思う。

5月24日(金)act*square(恵比寿)

第一部
※ディナーの後に、ピアノとギターとお歌のライブ(ディナーにケン様は来ません)
第二部
※ピアノとギターとお歌のライブの後に、クイズやゲームなどのアフターパーティー(アフターパーティーにケン様は来ません)
http://www.actsquare.com/
ライブっぽいけど普通のライブハウスではなさそうですし、ディナーショーって言えばそのようでいてアフターパーティーという第二部もあるしで。
先日関係者席が開放されたということで3階まであることが分かりましたが、関係者席開放というのも関係者を呼ばないということなのか隣に普通に金光さん(例)とかが居たりするのかよくわからんです。
募集枠も200や300と少なかったので落選祭りだったようですが、噂によるとアフターパーティー、こちらは男性の申し込みはほぼ当選だとか???
当初の説明に

>>この日はact*squareが毎月1回開催している、満月の夜の「Love is…」の日でもあります。
>>男女で楽しめるゲームもご用意。新たな出会いがあるかも!?

とか合コンパーティー的なことが書いてあったものの「へぇー(´ー`)」くらいで、ケン様にまつわるクイズがメインだと思ってあまり気にしてなかったんですけど、
どうやら男女のイベントってのがメインっぽい。(ごくり…
ケン様が「お前ら恋人居なさそうだから合コンさせてやる」ってことなのか???や、それはそれで「やだ、上から目線なケン様素敵ポッ///」ってなれるくらいにはケンヲタだけどさ。そういう問題じゃなくてさ。
ますます何のイベントなのかわからんやん!?!?え、わからんの私だけ????
本当は発表された時に記事に書こうと思ってたんですけど、ディナーショーなのかライブ付き合コンなのか何て表現していいかわかんなくて悩んでるうちに4月も半ばでございますよ。

いやでもケン様らしいかも。ケン様ってケン名義で何かしら主催したりゆるキャライベントみたいにファンが集まる機会だけは設けて、「あとはみんなで楽しんでいってね!」みたいなそういうの多いイメージ。
結構ね、今のラルヲタオフシーズン(暇期間)にラルヲタ仲間の皆さんとお話したりするとね、「ラルクに会いたい」の次に多いのが「ラルヲタさんに会いたい」なんですよね。ラルクのライブでしか会えない人が多いからって。
ライブ終わったら皆さんよく集まってお食事会とかされてるものね。若い衆は朝までオールしちゃったりしてさ。そういうラルヲタ同士のワチャワチャってライブがあるからこそ楽しいっての、分かります分かります。
私もちょくちょくライブ後のお食事会に混ぜて頂いてますよ。楽しいですよね!たまにライブ後でもボッチですけど。いや、結構ボッチ多いけど。まぁ私が基本的にボッチなのは置いておいてだ。
生ケン様を拝みたいという気持ちと同じくらい、ケノタの皆さんも集まるだろうから行きたいって気持ちの方も多いのかなと思うんですよね。
そういう機会を設けてくれるだけでも嬉しい人も多いんじゃないでしょうか。
まぁ今回のアフターイベントの方はちょっと…特殊な気もするけれど。

ほんで私ですけど、アフターイベントはボッチで行くにはキツイかなと思って最初からスルー。
それなら美味しいご飯が食べれるディナーショーに行こうかなと思ったんですけど、ケン様はディナー中はいらっしゃらないし、レポを書くにもお食事感想がメインになるから食べログみたいになるんちゃうかと思ってたら、運悪く丁度イベントの日は午前に抜けれない用事がありまして。
新幹線を使ってどう頑張っても夕方17時に赤坂は間に合わないので、諦める方向にしました。残念無念。
3Fの関係者席開放ってのがイベントに参加しなくてもいいらしいので、それを使ってアフターイベントの方だけ行こうかしら?と思ったんですけど、ライブは1時間だけですし後はイベントを見学だけで交通・宿泊費で5万飛ぶ…それにチケ代とご飯代って考えるとキツイなぁと思ってしまって。。。
まぁ、階上から男女が結びつく様子を見下ろす神々の遊びにオホホホとなるのもまた一興かと思うんですけど!でもそのレポって書いたとしても読んで頂けるのか!?よくわかんないな!?!?

とりあえず、今回は皆さんの感想やレポを楽しみにしておりますね。宜しくお願い致します~m(_ _)m
でもほら、ケン様のことだから出ない出ないって言いつつイベントに顔だけ出すかもよ!フゥ~!ただし、御本人は照れ屋さんですので衣装が鯖の着ぐるみやケンちゃんマンの仮装(金ピカ襦袢)の可能性も無きにしも非ず!フゥ~♪
公式に掲載されるレポ写真に期待!


しかし、今度はケンちゃんマンとはまた新しいキャラクターグッズを展開しちゃって…
いやこれもファンサービスですよねケン様!自分が動かなくても大丈夫な収入源のためにキャラクターを出してるんじゃあ?とかそんなこと思ってるのは誰だ!!出てこ~いッ!!=3=3=3



話は変わりますけど、こちらの話題。

エムオンエンターテイメントが発行する「WHAT's IN?」と「PATi・PATi」の休刊が決定

携帯小説や電子書籍の方が慣れている世代と紙に触れて読むことの方が慣れている世代、その2つの世代の過渡期である現代の最後の砦であったワツインとパチパチの休刊がついに決定してしまいました。
ワツインは、時代のニーズに合わせてWEB化するのか電子書籍とするのか…兎も角、「紙」という媒体自体から手をひいて別の媒体へ移行するそうです。
………寂しい(´・ω・`)私なんか昭和の人間ですゆえ、もう本当に寂しい。
手にして、触れて、読んで、お気に入りのはいどちゃんの写真をフガフガ言いながら写メって携帯に閉じ込めて「僕だけのはいどちゃん…フヒヒ」とか、もう出来ないなんてッ…!!(ダンッ!
いやまぁ、電子書籍の画像を待ちうけにすりゃいいんですけどね。
でもあれでしょ、WEBにしても電子書籍にしても、権利規制のプログラムがかかっててそう簡単に画像保存させてくれなさそうですよね。PCで見るならプリントスクリーンして切り出しして画像保存して…くっそめんどくせぇ(本音)
何より、ソニーマガジンの時代からワツインもパチパチも何度もラルクを表紙にしてくださって、写真も好みのものが多かったです。
「ワツイン買ってきたどー!」なんてブログ記事が書けなくなるのかと思うと、一つの時代が終焉したかのような侘しさを感じずには居られません。
これも電子書籍でも出来るとは思いますが…なんかね、感想を書く気が起こらないんですよね電子書籍とかWEBって。
サイコパスという全てが電子化された近未来のアニメに、「紙の本を買いなよ。電子書籍じゃ味気ない」というセリフが出てきますが、まさにその通りなんですよね。データじゃ味気ないんですよね槙島さん。(※キャラ名)

でも、最近は購買力のあるファンを持つアーティストが少なくなってるし、仕方ないのかもしれません。
私なんてこんだけ言っといて買うのはラルクの時だけで、定期購読はしてなかったですし。
確か放談メンバーの菊池さんが編集長になられてたんでしたっけ…?
無念だろうなぁと思いますが、もしかしたらこれからの展開媒体に決意も新たという感じなのかもしれません。人事がどう変わったのかは知らんけどw
そうそう、放談の連載ですが、WEBに移行して続くんじゃないかなぁ?という気がしているのでそこまで心配はしてません。
だってKen牛乳に続いて放談まで連載終了したら、本格的にケン様の仕事が無くなるじゃないか。(真顔)
え…?だからこそのケンちゃんマン発売?…いやいやいや、いやいやいやいやいやいや。(もっと真顔)

若干寂しいですが、私も電子化に慣れないといけない時代なんでしょうかね…ほら、紙の資源も大事だし。いきなりエコぶってみますけど。
WEBだとリンクが切れたりするので、電子書籍の方がいいかな…?
あぁでも、データが重そうでスマホのような小さな物では読みにくいかも;;i-podとか買えばいいのけ??ブルーライトで目が疲れそう…くっそめんどくせぇ(本音)
あ~紙に慣れているせいで今から憂鬱です。
やっぱり私は紙で手にして読む方が頭に入ります。それでお気に入りの記事を切り抜いて、ファイリングして、たまに思い出した時に振り返ったりするのが楽しいんですよね。
以前からちょこちょこ御報告してましたが、手元にある分の音楽雑誌は全部切り抜いてファイリングしたんですよ~。今の家にあるのが初期の物が少しと2000年以降がほとんどだったので15冊くらいです( ´∀`)つハイッ!


 雑 多 

あれ?写真に撮って見直してみるとなんか、汚いな!?
いやー、その、雑誌サイズが入る本棚が見つからなくてですね、どう置けばいいかわかんなくてとりあえず壁にそって並べてみたっていうか、置いてみたっていうか。
ほんで、ホコリ避けみたいに上に乗ってるビニール袋、これ何気にREALツアーのショップ袋ですね。何故こんなところに置いたんだっけ…???
あ、せめてタミヤのアクリル溶剤はどければ良かったかなって今思った…ハハッ…

まぁその、なんだ、私の性格からして雑誌よりも電子書籍でイイカモーーーーー☆
 

 

 

 

 
前回「よいお年を~^^」とか言っといてまた来ました、LUSYですこんにちは!

うへへ、や~、あのほら、『タモリ倶楽部』を見たので感想を書きにきたんですよぉうへへ。
あ、酔っ払ってはいないですよ。久し振りにラルクをMステという生放送の番組で見れたので、ここ数日顔も口も緩みっぱなしなだけですジュル。(ヨダレ

タモリ倶楽部、今回も良かった!
まずオープニングからキテいる。電車がガンガン走ってても撮り直さないっていうね、ほんでタモさんがその日のテーマとまったく関係無い電車にまつわる小話とかしちゃって。
こういうところが良いですよねタモリ倶楽部は。田舎に帰ってきたような気持ちになりますよw
このユルユル度合いが、世界が寝静まっている静寂感と「あぁ~明日があるから早く寝なきゃいけないのについつい見ちゃうんだよな~」という背徳感とマッチして、たまらないカタルシスを呼び起こすのは何なんだろう?まぁ私は録画したものを真っ昼間に見たんだけど。(意味無い)
兎に角、テーマが理解不能な分野でも、このユッルユルの空気感だけで十分楽しめるくらいお安い奴です私は。

ゲストはフットボールアワー。なんか前も一緒だった気がするぞw
ジミヘンの生誕70年を記念し、ファズというギタリストが演奏中に足で踏んでなんかヒネッたりしてるアレ(アバウト)をオリジナルで作る企画らしいですよ。エフェクターってやつかな?合ってます?
へ~、ファズってのは、ジミヘンが愛用してたエフェクターの名前だったんですね。ムックにファズっていう曲がありますけど何か関係あるのかしら?
で、「スーパーギタリスト2名をおよびしてます!」という呼び声の後、ケン様とローリーさん登場~(人´∀`)ワァァアア

ってちょっとケン様、なんという普段着スタイル…!!∑(゜Д゜)
帽子にフェンダーのTシャツにパンツって、この前のMステSPと同じ人と思えん…Tシャツとかそれ、フェンダーさんから貰ったもんちゃうの…!?
ローリーさんがカラコンまで入ったフルセットの完璧ローリーファッションだったので、並ぶと楽器屋のおじさんにしか見えない…!!ウワァァアア!
いやでもちょっと待てよ、よく見たらTシャツから伸びる腕のラインが美しくありません?ラフなパンツに包まれた脚がモデルのように長くありません?ちょいちょい動く指が漫画のキャラみたいに綺麗じゃありません?おいおい、超スタイルいいじゃんこの人…(震)
ほんとケン様の場合、隠し切れない美☆スタイルが適当ファッションを全てカバーしてくれますよね。スウェット着てても色っぽいもんなこの方。
そんなことを考えていたら、だんだんTシャツのフェンダーの文字がベルサーチに見えてきた。(近眼)
あぁ~やっぱり見れば見るほどケン様はカッコイイなぁ!ヾ(´∀`)ノ素敵だなぁ!今回も楽しくなりそうだ!

ところで、タモリ倶楽部には普段着で出るのがデフォになってきてますけど、そう思うとやたら胸をはだけさせたスーツスタイルで鉄道麻雀してたあの回ってレアですよね。
どっちにしろ、あんな色っぽい格好でアクセジャラジャラ鳴らしながら麻雀するケン様とか、我らケンヲタにとっては御褒美以外のなにものでもなかったけど。(見てない方は必見ですよ!)

まずはメンバー全員揃って、ジミヘンさんの写真に向かっての合掌から。お悔やみ申し上げます。
あ、講師はフェンダーさんじゃなくてESPなんだwwwケン様があんなTシャツ着てるからてっきりw
改造を加える前にファズの名器を紹介してましたけど、ほー、あんな小さくてもお値段はやっぱり高いですねぇ。5~6万くらいが普通なのね。
フット・後藤さんが実際にギターを弾いて違いを説明してましたが、ファズが入るとあんなんなるんですか!あぁいうので音を歪ませたりするんですね!な~る。
しかし、面白いことを言いつつもローリーさんが専門的な解説をしていらっしゃる横で、ケン様が
「ファズの見た目を可愛い顔の位置にしたい」とか「後藤さんの顔がどんどん悪くなる」とかコメントがカワウィウィ!
スーパーギタリスト枠での出演のはずが全然専門的なこと言わないぃ!
まぁ二人して専門的なことを喋っててもタモリ倶楽部っぽくなりませんからね。ケン様はちゃんと空気が読める男なのだ。これが大人の男というものだッ!みんな惚れるがいいッ!

ビッグマック…?みたいなファズのONとOFFの違いが面白かったなぁ。
これをローリーさんがONにして実際に弾いてくれるということになったものの、急に目をかっぴらげておったまげ顔で動き回るローリーさん。
え、凄いギタープレイwwwと思ったら、すかさず後藤さんから
「ローリーさんはエフェクター以外の要素が多すぎる」
とのツッコミ。ワロタ。
一番面白かったのは「発信系」と呼ばれるファズ。
後藤さんが「実家やったらオカンに殴られる!」と言うくらい、弾いてなくてもウィンウィンブエ~ン!と変わった音がギターから鳴り響くタイプのもの。
あんな物もあるんだなぁと、ギターの奥深さに素人ながら感嘆。
それにしても、冒頭からずっとタモリさんが空気です…!!

2チームに別れ、先程紹介された名器ファズを改造してオリジナルファズを作るそう。
選んだファズを装備して、まずは改造前の音を…というわけでケン様がやっとこさ本領発揮のギタープレイを披露!
ふぇーーい!!((*^0^*))ケン様がギター弾いてるぅぅぅうう!!ヒヤァァアア!!
ローリーさんのように暴れるでもなく、ガニ股プレイを披露するでもなく、本当に楽器屋に居るかのようにサラッと着席プレイをして
「( ・ω・)十分いい音ですね!」
とニッコリ。
良い音を目指すための改造なのに元も子もないww

ハンダゴテとか使って基盤から作るのかと思っていたら、分解したファズのトランジスタのようなパーツを組み替えるだけの作業でしたね。
色んなパーツを変えては、自分が「気持ちいい」と思える音を探っている時のケン様、超楽しそう。
しかしローリーさんに弾かすといちいち動きが全力www
とか思っていたら、途中から
『ローリーのなりきりエフェクター講座』が始まってフイタ。
色んなエフェクターを説明しつつ、その中の一つについて「これ持ってます」とケン様。(やっとギタリストらしい発言!)
エフェクターの音によって、水中っぽい音になったりして素敵だったなぁ。
多重音っぽく聴こえるエフェクターは、出演者の皆さんが音の面白さに感心する中、ローリーさんが「それもこれ、1万円くらいなんすよ…」
やすッwwwww

というわけで、オリジナルファズが完成。
2チームごとの試し弾きということで、さっきまで空気だったフット・岩尾とタモさんによるセッション開始。
タモさんが持ってるギターって、何気にケン様のメインギターですよねw(はいどちゃんにメロンのヘタを貼っつけられたのもこれか?)
ここで漸く水を得た魚のようにギタープレイをし、叫びだすタモさん。
タモさん「昔、デスメタルやってた」
で、良い〆でしたww

あ~今回も面白かったね!面白かったね~!(n´∀`n)
今年中に見れて本当に良かったです。放送を教えてくだすったラルヲタさん、ありがとうございました!
これですっきり!ゴキゲンで年が越せそうだー!
そして年明けからまたラルク不足に陥るのよ……(:3っ )っ えぇんや、ルシエル会報が届いたからそれを数ヶ月かけて読むんや…
 

 

 

 

 
ハロウィンパーティー2012@神戸10月20日に行ってきましたー!ヾ(´∀`)ノドンパフー
といっても皆さんが気になるのは21日のレポートだと思うので、ここはただの私の感想文です。レポートははいどちゃんくらいしかしてない上に、メンバーに無知なのでとても失礼な感じです。他ファンの方は気をつけて下さいよろしくお願い申し上げます。


さて!神戸は両日共になっかなかチケットが取れなかったもんで諦めてましたが、余りチケットを譲って貰えることになり急遽参戦することになりました。ありがとうございましたじきるんさん!
ほんと急遽だったんで会場がどこかすら分かっておらず、いつもお世話になっているIちゃんに連絡して同行させて頂きました。(Iちゃんいつもありがとうありがとう)
Iちゃんはハイド似の超美少女なので「私、今日はIちゃんの護衛をします(キリッ」とか言っておいたけど、横でニヤニヤしながらスマホで盗撮してるだけの腰ぎんちゃくでしたけどね。えへへ。

14時頃に会場に着いてホスピタリティエリアに向かったんですが、会場がドン暗くてよくわかんなかったなぁ。
お馴染みのカラオケコーナーの他にも、輪投げ?とかシューティング?とかゲームコーナーもあったっぽいんですけど閑散としてました。
現場での景品の告知やゲームの場所の地図が無かったんで、みんなよく分かってなかったんじゃなかろうか。何が景品かすら知んないけど。
「カラオケにハイド来ないかな~」「神戸って隠れて入ってこれる通路が無いしな~」なんて言いつつ床に座ってぼんやりカラオケゾーンを見てたんですが、やっぱりこれといったスペシャルゲストは無し。
それより私、かなりのファイナルファンタジー好きなもんで、ファンの皆さんがされているFF7のクラウドコスに大興奮し
「ぎゃー!!(n゜∀゜n)クラウドたんがおった!それもACバージョンで合体剣しょってるーー!!」(※分かる人だけ分かって下さい)
と、大変うるさいヲタに成り下がっておりました。
会場が暗くて追い掛けられなかったんですが、さすが世界的人気ゲームキャラクターのクラウドたん。この日クラウドコスをされていた方は2~3人いらっしゃったらしく、後で見つけた別のACクラウドたんの方に握手して貰っちゃった////スクエニはよリメイクしろ////
あとはFF10のユウナコスの方も居たし、コスといえば鉄板のこまどりシエル、タイバニ、剣心、リューク、何故か三つ子のフリーザさんと、コミケでも無いのに結構二次元コスの方が多くてわたくし大歓喜。ほんと御馳走様でございました。来年は私も二次キャラに走りたくなりました。

開場も迫ってくると人も増えてきて、急遽参戦にも関わらず多くのお友達と御挨拶出来ました。皆さんありがとうありがとう!いっぱいお菓子いただきまして大変美味しくいただいてます~モグモグ(^ω^*)
御挨拶が済んだら会場内へ。アリーナのスタンディングチケットなので、後ろの方で大人しくいていることに。
ほぼ観客も入りきって静かに開演を待っている会場に、三つ子フリーザさんが「フォー!フォー!」とショッカーのような高い声を上げて周囲のファンとハイタッチをしながら入場。爆笑&謎の拍手が起こり、会場全体が♪探そうぜ!ドラゴンボール!な温かい空気に。
しかし三つ子フリーザさんは入場口を間違えていたらしく、頭を抱えて中腰になりながらスゴスゴとスタンド席に駆けて行き、またまた会場爆笑のところで暗転。
開演前独特の熱気は全てドラゴンボールにもっていかれた神戸初日。波乱の予感だ!

デフォルメされた古城のセットにカボチャの月という、ハロウィンパーティーのPVをイメージしたようなステージ。
カボチャの月は喋れる設定のようで、ライブ中の注意事項をドラちゃんみたいな声でアナウンスしていた。
本家のドラちゃんというより「それっぽい」声という感じだったので、モノホンの大山さんだったのか、はたまた二代目のわさびさんだったのかはちょっと不明。グ~フ~フ~
何気にシアキス辺りからギャラの高い大御所声優さんを呼ぶ傾向にありますが、やっぱメンバーの趣味かなこれは。

アナウンスが終わると、まずは『BREAKERZ』から。
舞台袖から登場したDAIGOはハロパPVの包帯衣装。他メンバーは分かりませんが、オカッパの血みどろ花嫁みたいな女装をさせられている人が居た。なかなかの可愛さで好感触。
実はわたくしブレイカーズのステージ、初見です!
キャッチーな1曲目を披露した後、
DAIGO「楽しむ準備が出来てるのは誰きゃなぁぁあーーーー!?!?アリーナいけるくゅぁぁーーーー!?!?」
と浜あゆみたいなMCをしていた。なるほど、DAIGOってこんな感じなんですね。
しかし鼻にかかっている包帯が邪魔そうだなと思っていたら、
DAIGO「苦しかったら鼻のやつ下ろしていいからってハイドさんに言われたんで。これ下ろした時は俺が苦しい時だからぁ」
と言っていた。どうやら衣装を着崩すにもハイド様の許可が要るらしい。徹底した信者教育を感じます。
その後、「あいらびゅーおーみーすてーりー!」っていう曲。これ聴いたことあるなぁ。何かのテーマソングでしたっけ?いい曲。(追記:名探偵コナンらしい)
DAIGO「僕たちみんなMなんでぇ~イジメてくださぁ~い」
というMCの後、ビシビシ敬礼をしまくるキャッチーになったPierrotみたいな曲を披露。
何かしらオラオラなSっぽさをアピールするバンドが多い中、Mアピールって何だか新しくて好感。そういえばDAIGOはエヴァのアスカの中の人に罵ってもらって喜んでたから、実際そういう趣味なんだろう。
しかしこの曲の最中、DAIGOが女装をしているメンバーの首輪の鎖を引っ張って、ブッチューとキスをかましたのでポカーン。
えーー!!(((;;;^0^)))キャッチーなフリしてブレイカーズもそういうことしちゃうのッ!?コノヤローー!!
でも、DAIGO「神戸のライブも決まりましたぁ!まだ一般発売はしてないんですけど、まだかなりの人がチケット取れますのでぇ、よろしければどうぞぉ」
とか言ってたので優しくしてあげたい。
そういえば、「サマーパーティー」でのタオル回しだったと思うんですけど、間奏がいかにもヘドバン出来そうなデスなノリだったのに「ゆっくり回して~!」とタオル回しを要求していたのがこれまた新しいなと思いました。こういうところは老若男女に優しいノリなのに、あのチューは何だったんだね?演出チューは許しませんよ!
DAIGO「最後はウィッシュで締めたいと思います~!あの4年前に流行ったやつ、分かるよねぇ~?」
と一発芸人みたいなことを言い、会場全体でウィッシュをキメてブレイカーズ終了。

タキシードを着たDJの山田ひさし氏が登場し、舞台転換中の素人カラオケ大会が開催されている中、あんよが限界に来たためおんもへ脱出。
いやー、思ったよりアリーナのブロックが後方まで人で詰まっててしんどくなっちゃって(((;っ´Д`)っ
休憩してるところにヤンヤンさんが「LUSYさん5000円持ってないですか!?」とカツアゲじゃなくて両替に来られたので、先ほどのブレイカーズの話などをしてたんですけど、どうやらあの曲でブッチューは恒例行事らしい。そうだったんですか…ブレイカーズはそういうことしますって知識を上書きしとかねば。
ギャーッ!という歓声が聞こえたんで、そろそろ戻るかと会場へ戻ると通路は封鎖。
仕方なく通路で見ていたら、カラオケコーナーにてフランスからおこしの島田さんがケイティペリーを歌っているところだった。
細いスタイルの長髪男性がミニスカのポリスハットを装備してネイティブな発音で歌っていたので、あぁモデル体型の女装男子だからこんなに盛り上がってるのかなー?なんてぼんやり見てたら、Dメロで拡声器を取り出した横顔を見て気付いた。
アーーッ!!(゜Д゜)アニスさんですやん!!
見れば見るほどアニスだ!まるっとアニスだ!うわー!バブルフェスティバル振りに生で見た。拡声器で気付いた!
(確かケン様かサクラがモノラルと知り合いで、バブフェス大阪に出演した時にハイドに紹介したんですよね。生アニスはその時以来です)
ちなみにケイティの『HOT&COLD』だったと思う。あのヘタレ花婿のPV、面白くて好きなのよ。
歌い終わった後、やまちゃんから「何がフランスからおこしの島田さんやねんwみんな気付いてないんじゃないの!?」と突っ込まれて、笑顔で「アニスだよ~♪」とやまちゃんの肩を組むアニス氏。
ケン様よりだいぶ背が高いのは知ってたけど、なんかいつもより多めに身長伸びてない?と思ったら10cm以上のピンヒールを履いていた。さらに網タイツを履いたおみ足がスラッと細くて形も程良く女性的で超美脚。おそろしやモロッコの血ッ!

しかしカラオケにアニスが出るとなると、他にも舞台転換中にスペシャルゲストが来る可能性があるから油断ならんよね///けんさま来たりしてッソワソワ///
とか言ってたら、何故かステージから下りたアニス氏、舞台袖ではなく客席通路にやってきた。
通路でせき止められていた私の目の前を通過して廊下へ出て行くアニス氏。うん、デカイ!
しかしなんでこっちに来るんだ??トイレ?

次は『Acid Black Cherry』
ゴシックな馬車に乗って客席から登場。yasuの仮装もハロパPV…ってことはやっぱりハイドも例のPV衣装かなぁ(´・ω・`)オローン
曲が始まるとかなりのヘドバン率。ABCの人気も高まってきてると聞くし、やっぱり今年のチケット配分はABC枠が増えてんのかすら?
yasu、手にしたステッキをイケメン回ししながらビシビシかっこいいポーズをキメていたけど、喋ると声は妙にさわやかなのが好感度高し。
そんなさわやか青空ボイスで
yasu「このまま(観客)全員、犯したい気分です♪」
とファンキーなことを言っていた。やめてくださいしんでしまいます。(yasuが)
ちなみにyasuさん、
yasu「1年に1回みなさんが受精する日がやってきましたね!そういえばハロウィンの日程が発表になった時、ABCは全部出ますって発表したらなんか皆さんからの風当たりが冷たかったんですけど。悪いけどハイドさんを独り占めしてるのは俺だけじゃないから!」
yasu「ハイドさんを何千分の1にしてみんなで分けましょ!ね!綺麗に分けましょ!」
yasu「時間制限があるので巻きで終わるようにしますので!はい、次いきます!」
と、何やらハイヲタにビビッたようなMCをしていらした。いい加減貶し愛や妬み発言の数々に傷付いてるんちゃうかと心配になる私。
私からするとyasuはいつもはいどちゃんに付き合ってくれてるイメージで、「いつもお世話になっております」って言いたいくらいだけどなぁ。だからって好きでもないし嫌いでもないけど。(無)
ほら!はいどちゃんを分けようって言ってたしyasuはきっといい人だよ!優しくしてあげたい!私にもひとつくださいな!
でも、次は可愛い曲をやるからってオレンジの角カチューシャを装着してたけど、あれは似合ってなかったから止めた方がいいよ。(グサッ
この可愛い曲はヒロミゴーみたいなアイドルっぽい曲でしたね。もしかしてyasuって声質はヒロミゴーに似てない?似てるよね?とかどうでもいいことを感じていたら、次の曲は『シャングリラ』。去年は新曲として披露されたやつですね。
ABCって良い曲が多くて、特に私はハードな曲が好きです。いつかアルバム買ってちゃんと勉強したいんだけどな~(って去年から言ってる)

ABCが終わったら、やまちゃん司会でファンの優秀仮装ファッションショー。通販で買ったプレデターのスーツを着た人がイカしていた。
最後にスペシャルゲストってことで、チェロボーカリストの分島花音ちゃんとナイトメアの棺さんがハロパPVの衣装でショーに参加。
でもステージを歩いて戻ってきただけで、これといってポーズを決めるでも衣装を見せるでも楽しく喋るでもなかったので反応に困った。遠目でも花音ちゃんの衣装は布量が凄くて、マントの裾がどうなってるのかとかちゃんと見せて欲しかったんだけどなぁ。
おしゃべりや客席アピールが苦手なのかもしれませんが、全てやまちゃんが一人でペラペラと喋ってカバーしていた。やまちゃん△。
ちなみにやまちゃん、東北の復興支援活動もされているということで「ライブ後はクロークに居ます!会いにきて下さい!」とのこと。募金かな?

「さーて山田の話はもう終わったから皆さん立っていいよー。次はVAMPSだよー」
と、事前起立させられてからの『VAMPS』へ。
ABCと同じく客席の出入り口からゴシックな馬車で登場。なんでABCとVAMPSだけ特別入場シーンがあるのか謎だった。ブレイカーズさんも乗せてあげたらえぇやん。
KAZさんとハイドちゃん共々やはりというべきか、ハロパのPV衣装そのまんまだった(´・ω・`)デスヨネー
何だかんだで私、一度も女装ハイドが動く姿を見れていません。去年の年末JACKのThe Rainの時もそうだったけど、行かない日に限っていつも何かが起こるっていう自分の運の無さに絶望。
でもね、今年は神戸のチケットが激戦で行くことさえも諦めていたので、行けただけでもいいんです。
ステージに上がったハイドさん、手に持ったたいまつを複数のたいまつに近付けて着火。ホラーな宴が始まるぜケタケタケタって演出にしたかったんだろうけど、そのたいまつが銀の筒みたいな物だったのでどう見ても聖火にしか見えない。もうちょっとゴシックな燭台とか無かったんスか?
DMCの『SATSUGAI』をもじった『KYUKETSU』からスタート。
何気に数年前のライブで一度聴いたっきりだったので凄く嬉しかった。それもちょっとVのライブに行かない間にハイドさんったらデスボが上手くなっていらっしゃる。なんと、生で聴けるレベル!びっくりした!(昔は本当に酷かったから…)
そのまま『REDRAM』へ。この曲も大好き。
大きな会場だからかケン様のアルバイトの成果か音もゴチャゴチャしてなくて、激しい曲だけどしっかりライブの生音として楽しめましたよ!びっくりした!(昔は本当にry)
左右のスクリーンはずっと赤と黒の映像でメンバーを写し続けていて、どこで停止してもポストカード。カッコ良かったです。

HYDE「ハロウィンへようこそ~。ハッピーハロー?」
(ウィーン!)
HYDE「ハッピー??」
(ハロウィーン!)
HYDE「あぁ~ん、そう、いいね…(?)今日、待ってたよ。今日がくるの。んん~~、待ってた。みんな元気に死んでるー??」
(死んでるー!)
HYDE「今日はみんなアレやな、可愛いかっこしてきてるやん。可愛いね~!カワ、イイ。食べちゃいたいわぁ…食っちゃっていいかなぁ?食っちゃって…いちばん。いっちばーーん。いちばん可愛い子、食っちゃおうかなー?」

この時「会場で一番可愛い子?それはお前だ!!」と満場一致で思ったところで、HYDE「らんちゃんぷぇーー!!」と不思議な言葉を叫び、『HUNTING』。(どうやらハンティングと言ったっぽい?)
ライトに照らされたハイドの二の腕が一瞬ボコボコに見えて、「えっ!?セルライト!?」と恐怖に戦いてたんですがよく見たらイバラの刺青でした。あぁびっくりした…最近見てなかったので(ラルクでは隠してることが多いし)ハイドの二の腕にイバラがあるのをすっかり失念していたwあぁ良かった。
次は『ANGEL TRIP』になって会場はタオル回し祭りに。
どうやら、私が知らない間にPVでいうところの耳打ちをするシーンで
HYDE「パーティーを抜け出さない?二人っきりで」
と、乙女ゲームのイケメンキャラのセリフみたいなことをハイド様が言ってくれるイベントが追加されていた。ワロタw
続いての『TROUBLE』のイントロでボールシューターのような武器を装備したハイドさん、花道で客席に向けてシュポシュポ発射していたけど何が出ていたのかはよく見えず。
HYDE「本能のー?」(ままにー!)というコール&レスポンスはまだ理解出来るんですが、その次に言っていた「バウワーウ!」(ワンワーン!)みたいなあれ、何て言ってたんだろうか。全然聞き取れない。
曲の最中の\ドシャーン☆/と車が衝突する音で、「あぁあーーーー↑↑↑」と高い声で叫んだハイドさんはそのままお倒れに。
よくわからん展開に戸惑ってしまったけど、その後良い声で HYDE「叫べゴーストッ!!」と言い放ったハイドさんはとてもカッコ良かったです。

HYDE「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」
HYDE「あーー…みんな楽しんでんの?楽しんでんのー??はぁー、ね、今日は飲み仲間がいっぱいおって…」
(プークスクスw)
HYDE「え?なに?ここ笑うとこ?」
(www)
HYDE「ね、ほんま嬉しいんですよね。みんなも今日、普段より2倍可愛くなってるで」
(きゃー!///)
HYDE「え?そこ喜ぶとこ?w」
(www)
HYDE「ふぅ…汗かいちゃった。ちょっと、アレンジした曲があるから、みんな聴いてもらっちゃっていいかな?じゃあ、いっちゃって」

『HALLOWEEN PARTY』をおにゃのこボイスで一人で歌う、キャバレー風アレンジでした。
ライトもダークな夜のバーな雰囲気で、トランペットみたいな音がプェープェーと鳴る笛のような楽器を吹いたりして、とってもセクシーな演出。面白かったですね。
いやー、はいどちゃんがラウンジの中心で歌うディーバのようじゃった。これで女装だったらどれほどの破壊力だろうッ…!惜しい!実に惜しい!
続いて『DEVIL SIDE』は、観客に歌わすこともなくしっかり歌ってくれて嬉しかったです。
『SEX BLOOD ROCK N' ROLL』からの『MIDNIGHT CELEBRATION』は私のウンコ耳では進歩が感じられず。少し高いキーでのデスボはまだまだ修行中の御様子。
間奏のヘドバンタイムは皆さん柵を持って体重をかけてくるのでかなり揺れていて、そのたびスタッフさんが「押さえた方がいいかな?大丈夫かな?あ、大丈夫、あ、でも危ない、あ、あ」という感じで立ち上がったり座ったりを繰り返していた。

20時からハロウィンジャンキーオーケストラタイム。
CDでいうところの2曲目のやつをハイドの指揮のもと、愉快な仲間たちと一緒に演奏。(ここにだけ参加するメンバーも仮装して出て来てくれてました)
間違った人にCO2を発射するyasuも、急に演奏を止めるのも去年とまったく一緒なので割愛。
その後、全員が太鼓を持って前に整列し、メロディを順番に叩いていくアフリカゲーム(アニスが指南)を実施。
あ~こういう身内ノリはメンバー全員を知ってないと楽しめないからキツイなぁ~とちょっと思ってたんですが、最初にハイドが失敗し、「ハイドさん罰ゲームでーす!」の言葉と共にマイクを持ったハイドが頭を抱えながらオロオロと花道に出てきた姿があまりに可愛くて大興奮。
そのまままさかのX-JAPANの『X』をカラオケで歌唱。
(;∂Д6)かーんじてみーろ!(エーックス!)さーけんでみーろ!(エーックス!)
バンギャやってたらこれくらいは知ってるぜ!と言わんばかりに、観客の皆さんも一斉にXジャンプ。なんだこの展開wwこの日一番笑ってしまったw来て良かったww

やまちゃん「なんで歌えるんですか!?そして会場の皆さんはなんでXジャンプが出来るんですか!!」
yasu「ちょ、その前に、X-JAPANが罰ゲームってどういうことなんです?w」
やまちゃん「まぁまぁww」
(wwwww)
HYDE「……あの、帰っていいですか…?」 ←花道に放置されていた

ちなみにハイドさん、歌声も地声のままで始終オロオロと歌っていたのに歌が終わると自信満々で戻ってきたため、やまちゃんに「なんで戻る時だけドヤ顔!」と突っ込まれていた。
その後も失敗したメンバーが2~3人出てきましたが、全員『X』。ゆるぎない『X』。なんでか知らんけど『X』。
他メンバーが歌っている後ろで、ワンテンポ遅れでひょこひょことXジャンプをしていたはいどちゃんが可愛かったので大満足でした。
あと、yasuとDAIGOが「ハイドさんから始まるぅ!!イエーーイ!アフリカゲーム!イエーーイ!!」と芸人のように盛り上げていて、これがほんとの太鼓持ち状態だったのも面白かったなぁ。実際に太鼓持ってるしなw

アフリカゲームが終わった後、やまちゃんによるゲスト紹介でkyoさんやシドのアキ様などなど、さらに多数が登場。kyoさんはPVのまんまだったけど、アキ様は何故か血みどろ花嫁でとても可愛かった。PVのアキの仮装は再現不可能なのか??
スペシャルセッションということで、ハイド&kyoさんのダブルボーカルによるD'ERLANGERの『ラヴィアンローズ』を披露。
演奏に参加しないDAIGOやyasuなどのメンバーは後ろの長椅子に座って身体を揺らしながら温かい笑顔で見てるんですが、それがなんかのど自慢大会の審査員と参加者のアレのようで笑ってしまったw
終わるとkyoさんとハイドはがっしり握手。
DAIGO「ヤスさん」 yasu「なんだいダイゴ」 DAIGO「ヤスさん」 yasu「なんだいダイゴ」 DAIGO「すごいもん聴いちゃったっすねヤスさん」
などと、どこぞの芸人のようなやり取りをしたり、
yasu「イヤモニしてるんだけど、チャンネルがハイドさんと一緒だからダイレクトハイドさん、ダイレクトkyoさんだったんですよ。もう耳レイプ!」
と喜んでいたりと、この二人は漫才コンビ結成でも目指しているのかと一抹の不安。

HYDE「ほんとにね、PVから演奏からみんな集まってもらって。CDになって嬉しいです」
(アキー!)というファンの声に応えて、花嫁アキ様を近くに呼ぶはいどちゃん。
HYDE「その格好めっちゃ可愛いね。こっちおいで」
アキ「俺、PVでもあんま気付いて貰えてないんすよ。結構頑張って仮装しすぎたのかな?」
HYDE「ねぇ、その衣装、俺が着てたやつやないの?なんか着た覚えがあるような」 ←人の話聞いてない
アキ「最初っから作ると1人の衣装三桁いくみたいで、だからこれって言われて…(既存の衣装を着たって意味だと思う)」
HYDE「へー、あ、じゃあ違うやつなんだ」
(※ハイドさんの花嫁衣裳はホスピタリティエリアに展示してあります)
HYDE「(ナイトメアの棺さんを呼ぶ)それ、二階さんが凄い大好きなキャラ!おいしいって言ってたけどほんまかな。棺くんは顔が怖いからいいかなって思って呼んだんだけどw」
yasu「でも彼、メイク落とすと普通に可愛い顔してますよw」
HYDE「それ暑いの?」
(ここで、演奏してると凄く汗をかくという会話をしていたと思われる)
HYDE「え!あれアテフリやないんや!」
やまちゃん「ちょっとwwwそういうこと言わないでw」
HYDE「いやだってww」
やまちゃん「分かるけどアテフリとか言わないの!」
HYDE「花音ちゃんは以前のハロウィンにも出てくれて、ね」
(花音ちゃんは返事してたくらいであまり喋らず)
yasu「僕が唯一出演しなかった年のハロウィンですよね。まぁそんなことどうでもいいですよね」
DAIGO「ヤスさん!」
yasu「なんだい、ダイゴ」
DAIGO「ヤスさん、俺、ヤスさんの小話聞きたいっす」
yasu「あとで、LINEで言うから!」
(wwww)

と、ヤス&ダイゴの漫才で〆。
何やらyasu&DAIGO&ハイドでLINEをやってるそう。新幹線で横一列に並んでLINEで会話しているとか、新しいおもちゃを手に入れて子どもか。
その後、アニスもフランスからわざわざ来てくれた~みたいな話になった時、
HYDE「最近日本に居ないんでしょ?」
アニス「うん」
観客の(アニスー!)という声援を受けて、
アニス「Call me!Call me,baby!Call me!」
と、笑顔で客席を指差しながら電話ジェスチャー。
これを横で見ていたyasuが
yasu「え、反応が外人過ぎてひきます」
と言っていたのが良かったw

そして、DAIGO「ヤスさん」 yasu「なんだい、ダイゴ」 DAIGO「ヤスさん、後輩的に言っていいっすか。」 HYDE「ダイゴ」 DAIGO「ハイドさん」 HYDE「ダイゴ」 DAIGO「ハイドさん」 ←漫才に混ざりたかったらしいハイド
DAIGO「俺、もう1曲くらい聴きたいっす」
のコールを受け、ABCの『眠り姫』をハイド&yasu(DAIGOも入ってた?)によるアカペラで。これも去年やってたので割愛。
yasu「ありやす~」
HYDE「予定に無いことさせないでよダイゴ。楽屋で練習してたけどw」
DAIGO「いや、あんなに練習してたのにやんないのかなって」
HYDE「www」

その後、全員揃って本家の『HALLOWEEN PARTY』
カボチャの袋に入ったお菓子を客席にバラまきつつ、トミーの部分は花音ちゃんが全部歌ってました。んで、シャウト系のところはほぼkyoさんかな?
CD通りのガヤガヤした雰囲気をしっかり表現してて良かったです。
終電の時間が迫っていたため、曲の終盤で急いで退却したのでエンディングは見れず。残念無念。
最後どんなやり取りしてたのかな~?

いやー、ギリギリでしたが参加出来て本当に良かった!もっとゲストが来てくれるライブだったら嬉しかったんですけど、関西という立地的に難しいのかなぁ?
でも、やっぱり楽しいですねハロウィン。私はあまりアーティストに詳しくないけれど、最後まで楽しめました!
「今年は女装」宣言していたにも関わらずハイドの女装が見れなかったのが心残りですが、来年も是非行きたいですね!お会いしてくだすった皆さんありがとうございました~*

そして翌日、やはりハイドの女装がきた上に(それもローゼンメイデンの水銀燈っぽいゴスドレスでおかっぱ)、私の大好きなFF7コスをABC、るろうに剣心コスをブレイカーズで、日曜参戦していたお友達が「なんでLUSY、今日居ないの!?」と総ツッコミされていたと聞いたけど、ななな、泣いてなんかないからねッ!

……あれおかしいな?目から汗が。゜(゜^0^゜)゜。ブヒー
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。