L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ゆ、ゆ、夢じゃないんだな?夢じゃないんだよな?まだFC会員限定情報ですとかそういうのちゃうよな!??
じゃあ書いちゃうよ書いちゃうよ書いちゃうよ

2010年 L'Arc~en~Ciel再始動
20th L'Anniversaryスタート!

20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"決定!!

2010年12月31日(金)
幕張メッセ国際展示場9-11
開場2010年12月31日 22:00 開演 同日24:00


特集ページ

ゲェェお盆終わって早々のこの時期になんかデタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!!!
ラルヲタの皆さん、勿論ソロも楽しいけれど、ずっと、ずっと、ずっとこの日を待ってましたね…!!長かったね…!!涙
2011年、地デジと共にラルク復活ですってよちょっと奥さん!!
まさか2011年になった瞬間に会えるとかこれなんてサプライズ。リーダーの仕業でしょ知ってるんだから☆

で、ラルク公式も新アー写になってます!(だからハイドは髪切ったのか?先生はこの角度だとアバターのパーツアイテムで組み合わせたみたいな髪型に…!)

夏JACKはお留守番で昼からずっと中継を見ておりましたが、そのお話はまた落ち着いてから。
取り急ぎですが、更新しておきます。
今はほら、目がさ、涙で滲んでキーボードがまともに打てないんだくぁwせrftgyh!

あ、そうだ。最後のオールスターズでは
「来年20周年のバンドがあるから…」というポールさんからの紹介で、全員で『READY STEADY GO』をやったそうです。
参戦していたお友達やTwitterで教えて頂いたんですが、この時、ケン様とハイドが向かい合って微笑んでたそうですよ。ラルクメンバーのホッコリ仲良しエピソードは久々で、心臓がポカポカしてきました。あ、これが高血圧っていうんですか。
ちなみに、オールスターズに先生とリーダーは居なかったそうです(^0^)アルェー??


ところで紅白はどうすんべ?バンクーバー五輪のNHKテーマソングやっといて出ないなんて…絶対オファーあるやろし。紅白出てその足で幕張か??
そもそも自分も仕事の都合で行けるかどうか分かりませんし、年末JACKが12月27日に決まったということで、ちょっとどうしようか悩んでるとかもうさ、もうさ、そんな細けぇこたぁいいんだよ!!
ラルヲタの皆さん!!僕らの夢、ラルクに会えることが決まった今日という日にカンパーーーイ!!
チケット代が未発表なことなんて…
今は忘れて騒ぎましょうよ(゚∀。)フフ…フ…



※水割りにしました
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
真夜中に失礼致します。LUSYですおこんばんはー!

社会人の皆さんはお盆休みが終わった頃だと思いますが…ついに今週末は夏JACKですって?ヽ(゚∀゚)ノイイナー☆
たまに奇特な方が聞いて下さるんですが、今年はわたくしベタベタ旅行で貯金がパァなので行けないのです。
今までJACKと名の付くものは義務のように参戦してきましたが、久々のお留守番ということで何だか気楽なような寂しいような。うん、寂しいわ…凹
皆さんのレポを待ちつつ、今週末は大人しくクーラーの下で寝て過ごしますよ。ミスド10個食ってやる!(夏のミスド美味しいです。ヨーグルトポンデリングが爽やかだったよ!)

新しいKenソログッズも公開されたので、それもJACKの会場で初販売になると思いますよ!今回も可愛らしいよ!
ラインナップは、
●パーリィ黒Tシャツ(ケン様の美横顔) 3,500円
●フェイスタオル(Kenコスベベ&ティンカーベベ) 1,500円
●ピックセット 600円

です。詳しくはこちら。つKen公式
これってツアー会場でも販売されるんですかね?(´∀`)ティンカーベベのタオルが欲しいんだ。
むしろ、ツアーグッズってこれとパンフだけ、じゃないよね……?(無きにしも非ず)

あ!私事で恐縮ですが、次回のライブ参戦は、8月28日の大阪VAMPSです。
その次は大阪Ken(金曜のみ)と、名古屋Ken両日です。
行き先がカブる皆さん、お気軽に御連絡下さい~!もれなく私がニヤニヤしながら御挨拶に伺います。どうぞ不気味がらずに仲良くして下さいね…ヒヒヒ


そうそう!31日で公開終了するので書いておかねば。
先日、ケンさんが道頓堀にプロモーションをしに来てたやつ、動画が限定公開中でーす。
『ラジカルビデオジョッキー』
暑いのか久々のタンクトップ一枚で登場したケン様は、背景に写る道頓堀に集まったケンヲタの皆さんの足元に手をやって
「ジャンープ!ジャーンプ!」
と、沢山のおなごを手の上で転がして遊んでいらっしゃった。罪な男よのぅ。
でもなんか…二の腕がむっちりしてらっしゃるわ…(´∀`)そうか!これぞ筋肉ー!…じゃないよな、すみません。
着ぐるみのラグベベことジャイアントラグベベ(略してジャイベベ)も来ていたわけですが、ジャイベベちゃんが新幹線に乗れないため(たぶん頭がドアに入らない)、東京から大阪まで車で来る羽目になったらしい。
ゲェェェーー!東京⇔大阪は片道8時間かかるべ!?しんどーー!
この番組に20分出て、ラジオにちょこっと出て喋って、あとはタワレコでベベちゃんがファンと交流し終わったら、また8時間かけて東京に戻るなんて…
宅配業者かってくらいの往復業務じゃないですか!よくぞ大阪まで来て下さいましたケンさまー!(´;ω;`)猛暑の中よくぞー!ケン様はVIPだから車内で寝てただろうけどー!
ついでに放談メンバーも連れてきて、そのまま「天橋立ツアー」まで纏めてやっちゃえば良かったのにw
(大阪から天橋立までは車でさらに2~3時間かかるけど…)
ちなみに、ケン様は80%は「気さく」で20%は「エロ」で出来ているとの情報を得ました!気さくな態度で油断させといてエロイことを言ってくる感じか。やだ~、テクニシャン☆(そうか?)
あと、初キッスは忘れたと連呼してらしたけど、ベタベタ旅行ではバッチリ答えていたという謎。初めてでいきなり舌が入ってきたというあの記憶は何だったんだ?宇宙人に記憶でも書き換えられたんじゃ…


さて!今日はTV関連の感想をば。
今回は色んな関東の方にお世話になり、『ハッピーmusic!』『5時に夢中』の視聴に成功致しましたギャオー!
有難う御座います!cさん、mさん、毎度お世話になっております(つД`)。ほんで、月末になったらhさんからオンタマetc…を見せて頂けるらしい。こんなヲタクにまでなんて優しいの関東の人!都会は冷たいなんて嘘よ!嘘!
や~、実は先週12日のハピミュを見逃しましてね。これが関西のケン様出演の回だったんですが、離れて住んでいる祖母が暑さからの体調不良で、病院に連れてったりしてバタバタしてたんですよ。
結局、大したこともなく本人が希望する点滴だけ打ってもらって帰ってきました。元気だと思われたのか点滴も途中で止められたしw
でも、家族がしんどい言うてるのに、ほっとくわけにもいかないじゃない!涙
で、付き合ってたこっちが疲れてダウンしてしまって…気付いたらスペイン坂もハピミュも終わっていたのでした。ちーん。
でもでも、ちゃんと見れましたよ!有難う御座います!関東の人は良い人ですよー!
見れない方も多いと思うので、少しでも雰囲気が伝わるように感想を書いてみます。無駄に長いですねすみません。




まずは、『ハッピーmusic!』
その前に、いつの間に「音楽戦士」は終わってしまったんや…(つД`;)JACKやラルクと関わりが深いだけじゃなく、あのユキヒロ大先生をオチ扱いする唯一の番組だったのに…!
もう今世紀中に先生をオチ扱いする番組なんて出てこないだろう…それほど貴重でアグレッシブでエポックメイクな番組であっただけに、番組終了とは非常に遺憾であります。
…キンコンと青木さんの知名度が上がってギャラが予算オーバーになったんちゃうかと、日テレさんの深夜枠の予算をコッソリ慮ってみたりして。
音戦は内容そのままでゴールデンに持ち上げても良さそうな面子だったけどなぁ。売り上げが低迷してる業界だし、ゴールデンに音楽番組を持ってくるのは博打なのかしら…せめて夜10時くらいで、まったり見れる長生き番組になって欲しかったかも…
でもマシューはゴールデンにすべきじゃなかった!あれは「黒バラ」「ぷっすま」のように深夜枠だからこそ面白い番組だったのにテレ朝さん!血迷ったねあれは!俺の、いや、みんなのマシューを返せーッ!
何だか話がマシューに逸れましたが、そんな音戦の後続番組が「ハッピーmusic!」らしい。わたくし、初見でございます。
ちゃんと喋れるのか不安になる若い女性タレントが司会だというのに、ベッキーというだけで謎の安心感。何だろう、あの若くして人畜無害な安定したトークはw
あとはまだまだ知名度の低い若手芸人を使ってる辺り、やっぱり日テレ深夜枠の予算事情に思いを馳せてしまった…(遠い目)
で、動き難くて微妙なセットだなーと思ってると、その隙間から
黒スーツに赤シャツというホストみたいな格好をしたケン様が、カクカクした変な歩き方で登場。
この感じ…!ティピティピのダンスに似ている…!!
手前のテーブルにベッキーと一緒に座ると、ゲストは「ハピモノ」というマイブームや発売物などを紹介し、ベッキーとゲームなんぞをしながらトークを広げていくらしい。なるほど。(学習中)
まずは『ゴルフ』。
最新の女性物ゴルフウェアを着て出てきた女性モデルに、すっかりゴキゲンなケンさん。キュロットとかの生足が出てる可愛いやつより、シンプルなパンツルックがお気に召したらしいです。
確かに、女子は慣れないうちはパンツルックでいいと思うよ。逆に、ガンガンに上手い上田桃子さんとか東尾りこさんとかがキュロットだと可愛い。プレイが上手いからオサレしてても余裕があるもん。
もうね!素人の女子がパステルカラーのキュロットで「できな~いvv」とか言ってゴルフしてたら、おまいはオサレがしたいのかゴルフがしたいのかどっちなんや!ってなりますからね。スポーツなめんな!!(何があった)
ところで、男性物ゴルフウェアを着て出てきた芸人の綾部くんって、もしや「アメトーク」の"工場芸人"で出てた人かい?もっと喋って欲しかったなぁ。
次、ベッキーとケン様のパター対決は、負けず嫌いのベッキーと好勝負(というかお互い全然入らねぇw)の末、ケン様が勝利してました。
負けた罰ゲームや勝者への賞品らしきものは何も無く、次のハピモノ『扇風機』へw
何といっても、羽根の無い扇風機SUGEEE!
さすが吸引力の変わらないただ一つの掃除機を開発したダイソンさんやでぇ……!
でも、羽根が無いから「わ゛れ゛わ゛れ゛は~宇゛宙゛~人゛~」が出来ないのは寂しいですね。夏の風物詩なのに。

次にアルバム紹介があって、このままケンさんの出演は終了かな~?と思って油断してたら、
ぐえぇぇええ!!『solitary stroll』歌ってるぅぅぅええええ!?
反射的に「うわぁあああ」と言いながら床に突っ伏して散々恥ずかしがった後、そっと顔を上げてTVを見てみたら黒ジャケットにプリントTシャツにグレイパンツのケン様が。おや、いつの間にお着替えに?
それに、ライブだと身体を大きく動かして声を出しているのに、ポケットに手を突っ込んだままカッコ付けて立ってても十分に声が出ていた。あ、あれ…?(゚Д゚)安定してる…?
何だか余裕のある歌い方と、後ろでコーラスをしてくれている秦野さんの姿にホッと一安心。正座し直して、最後までKenリサイタルを楽しみました。
なーんだ!ちゃんと安定して歌えてるじゃないですか☆けんさま歌上手いよぉぉおおおぉ!(’∀’)超上手いよぉぉおぉー!
最後、横顔で終わるのが良かったですね。ケン様の横顔が美☆フェイスラインであることを、日テレさんも気付いてくれたんですね…!ありがたい!
しかし、音戦の時もパンク出させてくれたり「let's dance」だったりとアグレッシブだったけど、ハピミュも音戦の繋がりがあるからこそケン様が歌ってくれたと思うのよね。製作陣が一緒なのかもしれないな。
今年の夏JACKにベッキーが出るらしいけど、また番組と何かしら絡んだりするのでしょうか??
…でも、キンコンや青木さんみたいに、ラルクと絡んで面白い人がハピミュには居な…ゲフゲフー


次、伝説の夕方のワイドショー『5時に夢中』
いやーもー、ほんと見たかったこれ!良い番組があるよね関東はよぉ!
株式トレーダーの若林さんとマツコさんのコンビ、非放送地域ながらも密かに某所で覗いてはクスリッと笑わせて頂いておりました。
まさかそこに、我らのケン様が御出演するなんて!これは夢か幻かー!ヾ(*´∀`*)ノ
まずはソロKenのVTR紹介。「5時に夢中」の大ファンだということで出演が決まったらしい。
"夏休みスペシャルゲスト"という名目で、グラサンに黒スーツに白ブラウス(腹までボタンが開いている)という全然夏休みらしくない風貌のケンさんが登場。ワァー!パチパチー
すでにテーブル席に座っているケン様が御挨拶。笑う若林さん。真横でガン見するマツコさん。凄い絵面であります。
「そういう方向でいいんだ?」と、こういう番組にバンドマンが出ちゃうことに驚くマツコさんに
「わりと…そういう要員ですね。バンドではw」
と、バラティコンビの片割れであることを自他共に求めていらっしゃる御様子。
そんなケンさんの答えに、「シャラーンとしてるのってハイドさんだけなんだ?」とマツコさん。
この、シャラーンの意味が大いなる謎なんですが、話の流れからして、あまりトークをしないバンドマンらしいキャラクターという意味だろうか?
そのハイドさんがもう一人のバラエティ要員で、金ダライから箱の中身は何だろな?まで色々やってるんだが…w
ちなみに、ケン様は「ユッキー推し」らしい。
「じゃあなんでユッキーちゃんが来ないのよぉ~」と拗ねるマツコさんが何だか可愛らしく見えてきた。斬新な呼び名だユッキーちゃん!アタラシイ!
……マツコさんと絡むユッキーか……(´σ∀`)ちょっと、いや、かなり見たいかもしれないww

そして、どの程度の絡みやトークが許されるか分からない相手を前に、マツコさんはケン様の腕や肩を抱き寄せたり撫でたりしながら
「西野カナとかが出てるソニーレコードの方なのよぉ!」
と、所属会社の大きさをアピールw
さらに、何があったのか知らんが「西野カナは駄目よッ!ソニーの方!」ってずっと叫んでいたwwwwマツコさんwwwいや、言いたいことは分かりますけどww
あ~しかし、原稿を読むケン様がカッコイイのなんのって!テーブルの下が丸見えなので、ガバーッと男らしく開いている足の先から頭まで写されてるんですよ。
こうやって見ると細長く見えますねー!横に居らっしゃる方がデラックスだから余計かもしんないけど、本当に細い!長い足なんてエンピツみたいじゃないッ!
ラルクだと「太い」とか「肥えてる」とかよく言われるけど、そんなことないんですよ皆さん!私がケンヲタだから太ってることを認めないわけじゃないんですからねッ!スマイルやシアキスのケンさんは痩せてはいないけど、「普通」なんですぅぅぅうぅ(’∀’)太ってないですぅぅぅ

男性アナの逸見さんと女子アナさんが、冷房の設定温度に関する記事を読んでいる間のこと。
たぶんコメンテーターとゲストの3人は、所謂「世間話」をされてたんだと思う。
この「世間話」ってのは、番組を通して見てたら分かるんですけど、結構「ケン様のプライベートに関すること」が大半なのだ。
で、どうやら年齢のことを話していたようで、逸見さんが若林さんに設定温度の質問をするとマツコさん、
「それよりね!ビックリしたのよ、ケンさん4●だってよーーー!!若ぁあぁあい!!(一応伏せておきますw)
と叫んでしまったからさぁ大変www
「言っちゃったよーーーwwあぁあ…orz」
と、年齢非公開の掟をブチ破られてガックリケン様。
「ちょ!なぁ!なんで言っちゃうのよ!事務所の意向とかあるでしょー!」
と、ハエを叩くみたいに丸めた台本でマツコさんを叩いている若林さん。
それを避けながらも、ケン様を背後からガッツリ抱き締めてホールドしているマツコさん。
「お肌ツルツルゥーー!」と驚く女子アナ。
なんというフリーダム番組!冷房の設定温度の話はどうなったんだ!
でもマツコさんの言いたい気持ちも分かるのよ。
ラルクメンバーの時が止まったかのような奇跡の若々しさは、ちょっと尋常じゃない。言いたくなるなるラルクの年齢。それに、公表した方が逆に好感度が上がりそうですけどねw
さらに若林さんは、
「凄い開いてるよ!凄い開いてるよこれ!w」
と、第3ボタンまで開けているケン様のブラウスを指でめくっているじゃないか…!!
ちょちょちょおいーーーーッ!!((((゚Д゚;))))そ、そこはケン様の絶対領域なんだぞッ…!?!?(ワナワナ
そこを捲ったら案外しっかりしているケン様の胸板とあまり見れない乳首が覗くわけで、触りたくても触ってはいけない気がする神聖な領域なのにてめぇwww
あ、てめぇだなんて失礼な言い方をしてしまった!大変申し訳御座いません若林さん。ついつい羨ましくて(^q^)
最終的には、ゴルフで肌を焼いていると自ら吐露したケンさんに驚き、
「え、年齢は駄目なのにゴルフは公表していいの…?だって…!ラルクがゴルフゥ!?」
と怪訝な顔をするマツコさんに吹いた。
や、マツコさん、たぶん一昔前のサラリーマンなゴルフをイメージされてるのかもしれませんが、最近ギャルの間でもゴルフが流行ってるらしいんで、きっとバンドマンがやってもイメージは壊れないで…す…たぶん(不安)
(長年ファンをしているせいか、正直何を公表したら世間のイメージが壊れるのかわかんなくなってきた…^q^;)

次は『夕刊ベスト8』
これは先に某所で見ていたので、具体的には割愛。
とりあえず、逸見さんが新聞を読む間、ケン様&マツコさんの「世間話」がウルサイらしいw
質問に対して100%答えるケン様、「面白い人」認定キタァーー!自分のことのように嬉しいーw
ちなみにマツコさんは、初対面の人に御挨拶として「最近いつヤッた?」と聞くらしいよ。(@TwitterのマツコBOTより)
あ、ウエストさえ締まってればガタイの良い女性でも大丈夫だと言う意見に「これはねぇ、性豪よ!!お強い方の趣味よ!」と言いながらマツコさん、ケン様の股間を指差している件。

次は、ゲストのプロフィールを公開するコーナー。今週は『ウィークポイント』。
ケンさんの苦手なものは『昆虫』。グラクロでケンさんのマイクにトンボが止まり、コーラスを一回休んだ事件はファンの間では有名な話でございます。
甥っ子に虫を持ってこられても、うへぁ('A`)となる話を聞いたマツコさん…
「本当に甥っ子なのぉ~?悪い虫なんじゃないのぉ~?」
と勘繰る。
この時の「本当に甥っ子ですよww」と笑うケン様の反応は、隠し子を勘繰られてるのかと思って否定していたような笑いだったw
そういえば、逸見さんの天然爆弾に「これは突っ込み入れないといけない雰囲気ですね」とは、ケン様のお言葉。
わざと逸見さんを苛めているわけではないことを証明してくれたゲストに、若林さん&マツコさん狂喜。
私、五輪の時期にフィギュアスケートのプルシェンコと浅田真央についてマツコさんがコメントしてる映像を見たことがあるんですけど、この時も逸見さんがトンチンカンなブッコミをして、マツコさんは呆れ、スケヲタに失笑されていたのを思い出したわw
でもそれがこの番組の面白いところだから良いと思います!逸見さん、どうかそのままの君で居て…!

『目指せ!場末の歌姫』は、スナックのママののど自慢大会だった。こんなコーナーまであるんやなw
ママの人生を振り返りつつ、最後にお歌を披露。それを若林さん&マツコさん(この二人は50点満点)、ケンさん(100点満点)で採点するらしい。
借金から何から一通り経験された人生に、若松さんもマツコさんも45点の高得点。
ケンさんは歌30点、人生50点だったため総合得点が低く、結局赤羽のママはランクイン出来なかったのが残念。絵に描いたような場末のママだったのに!
ケンさんはアーティストだからお歌を厳しく見てしまったのね…
あわわすみません;;と慌てている姿がちょっと可愛かったけど、こればっかりはしょーがない!だってケン様はラルクのギタリストなんだから、お歌の比較基準がハイドになっちゃうじゃない!
ハイドとお歌勝負となっちゃあ、いくら人生経験豊富な赤羽のママでも無謀な戦いよーー!アァー!すみませんママー!ハイドが天使の歌声なのが全て悪いの。そういうことなのよ…涙

次、ゲストの『喜怒哀楽』について紹介するコーナー。まぁ、マイブームの紹介みたいなもんか。
ところで、ケン様が「ラグベベ」と書いていたのがちょっと気になったのだが。
だって、ラグベベじゃなくて「Rag baby」が正式名称でしょwwwそれ、自分とファンが言ってる通称やんww
出演者が「ラグベベ…」と言いつつ、表情が「…(´∀`)?」になっていた。
そして、後ろのガラスに写り込むジャイアントベベ。デカ過ぎて締め出されてるのかと思ったら、ちゃんと番組の最後にスタジオに入れてもらっていて一安心。
マツコさんが
「でも頑張ってるじゃな~い、マネージャーの女の子~」
と言っていたので、中の人はあの小柄なHさんなのかと思ったけど、たぶん絶対違うよねw(何せデカすぎる)
ここで、またまたケン様に絡むマツコさんが面白いのだけど、背中を撫でつつ
「アーティストさんじゃなかったら…大変よ。大炎上よ、今日の5時に夢中」
と仰っていたのだけど、この意味を本気出して考えてみました。
これは、マツコさんが冒頭で年齢を暴露してしまったことについて、番組が叩かれるという意味で炎上と言っているのか。(しかし微妙に意味が通じない)
または、可愛いヌイグルミで優しいところを見せると言っていることから、「炎上」というのを女子同士の争いに例えて、アーティストとして保護されているからいいものの素人だったら引く手数多で大変だという意味なのか。
いや、素人というより、俳優や芸人だったら大変だということか?
まぁ、モテてモテて大変だという意味で言われているとして考えるけど…
大丈夫ですマツコさん!ケン様が素人だったらこんなにパリッとした格好はしてないだろうし、普段はボサボサでだるだるカットソーだし、じっくり見ないと良い素材だってことに気付かないですから!(ぎゃ)
マツコさんの話を聞きながら、思わず噴出しちゃって照れ笑いをするケン様がお気に入り(^ω^)

番組終了10分前で、やっとこさ『The Party』の告知。ティピティピのPVも紹介して下さいました。
マツコさん、最後までケン様を遊び人扱いしてたな…w
足が付くところでは遊ばないのがモテ男!これ常識!ひとつ賢くなりました。
しかしマツコさん、年齢を暴露したり色々と絡んだことを最後まで気にしてらしたのか、
視聴者プレゼントのベベの髪が抜けた!というハプニングにも
「ちゃんとしてますよ作りーー!」
とアピールしたり、
「東武動物園にも行ってね!」
と宣伝して下さっていた。
それに、プレゼント用ベベに「サインしてくれるの?」と視聴者が喜ぶオプションの追加もしてくれている。
毒舌キレキャラ扱いされるけど、実は凄く気遣いの細かい素敵な人なんだなぁ。やっぱり好きですマツコさん。身長178cmですってマツコさん。デラックスだわマツコさん。

最後に
『ケンさんの年齢は知ってたので、そんなに慌てないでください』
というファンからの見事なオチには笑わせて頂いた。
たくましいッ!様々な荒波を乗り越えてきたお陰で、実にたくましいよケンファンは!誇りに思います!

あぁ面白かった!素晴らしい番組じゃないか。これが全国放送じゃないなんて…勿体無いことですよ。。。ねぇ皆さん。
是非また月曜日にゲスト出演して若林さんとマツコさんに挟まれて欲しいけど、ローカルだから見れる人が少ないというのが非常に遺憾であります。
でもまた出て欲しいですよね…!次は何を暴露されるのかも、怖いようでちょっと楽しみだったりしますw
何せたくましいからケンヲタは!ばっちこいよ!=3

ところで、なんでエンディングがレボレボの「HOT LIMIT」なんだ。ウッカリタカノリ時代とは懐かしい。好きだけど。

 

 

 

 

 
大阪にジャイベベちゃん&ケン様来訪ということで、ギリギリまで行けるか様子を伺ってたんですが…
やはり急には仕事の休みが取れませんでした。うー、せめて先週の木曜までに言うといてくれたら…(つД`)社会人は急には休めない!車は急には止まれない!これ常識!
どうも!LUSYですけどッ!(若干投げやり)

というわけで、急いで『The Party』の全曲レビューを書いちゃいます=3
毎日車の中で爆音で聴いてますよ。゚+.(・∀・)゚+.゚たまに窓を開けているので、横を通ると所謂大変ウザがられる車かもしれんね!ヒッヒー!あ、でも赤信号や踏み切り前ではボリュームを小さくしてます。(チキン)

『solitary stroll』
秦野さんが作曲した2曲を1つにくっ付けた曲。大幅にケン様がアレンジを加えているのか、Ken曲と言われても違和感は無し。
PV感想でたっぷり語ったので割愛しますが、この曲って何だかSOAPっぽいなぁ。
終盤スタッフ(?)総出で歌っているコーラスは、ケン様がインタビューで言っていた「誰でも心に穴があるもんでしょ」という言葉を想起させます。誰しもが共感し得るテーマだからこそ、複数のコーラスで温かみと切なさを表したのかもしれないなー、なんて思ったりして。
収録では「もっと明るく歌って!」って言われてたけどw

『Blow』
THE・Ken節のかっちょいい曲。きっとラルヲタさんなら好きかろう。
サビになると「ETERNAL REST」とか「My Angel」辺りとデジャヴしてくるので、この曲の真骨頂はサビまでだ!(どーん)
さらに、2番Aメロから入ってくるケン様が弾くペペペペギターと終盤の低音ボイスは最高。これだけでご飯3杯イケます。

『Down』
白田さんのかっちょいいメタル曲。白田さんをテーマにエロイ歌詞を書いた結果、オブラートにも包んでいないストレートパンチな曲になっちゃったけどそんなもんだよねぇ。みたいな曲。
でも、圧倒的なストレートパンチは「性器を癒して」だと思います。( ∂д6)つ))シュシュシュッ (@メトロポリス)
個人的には「"S"」の歌詞の方がエロく感じるかも。直接的な言葉より、遠回しな言葉攻めに妄想が煽られちゃうなぁ。
サビではダーーーン!気絶しそうなダーーーン、ボディトォォォーーク!!
と畳み掛けてくるので、ケン様の高音に慣れていないルーキーは要注意だ!SOAPやインフィジカルでキンキンに歌ってる曲で鍛えてから挑まれることをオススメしたい。
よーく聴くと、ギターの弦の小さな音が効果音のように入ってるんですね。

『Stray』
白田さんのかっちょいいメタル曲その2。何だか特撮ヒーロー風。
「ア・イ・シ・テ・ル」で笑ってはいけない。そこを耐え抜ければ凄くカッコイイ曲だし、安定した中低音ボーカルまで堪能出来る。10回聞いたら「(*´Д`*)ポッ」となってくるので頑張って欲しいです。
特にサビのメロディが聞き易く、リズムも小気味良くて私はお気に入り。是非ライブで聴いてみたいなぁ(´∀`)楽しみだなぁ
ところで、ライブで「ア・イ・シ・テ・ル」はどう扱われるのか?生で言っちゃうのか?最近の考え事といえばそのことばかりです…ブレーキランプ5回点滅「ア・イ・シ・テ・ル」のサイン…

『T.P.I.T.P』
秦野さんのパーティーミュージック。
「パフュームっぽい曲」と言っていたのがコレ。改めて聴いてみると、ピコピコしてるだけでこれといってパフュームには似てなかった。
ケン様は力を抜いて低音で歌っているのが一番上手いとか、元も子も無いことを思ってしまうくらいサビとコーラスが良い。
早くダンス覚えなきゃ…!(゚Д゚)ワワワ


以上、5曲なのに濃度が高いので飽きませんね~
というか、久しぶりにミニアルバムという形態で聴いたら、これはこれでキリが良くて丁度良い長さなのかも。
フルだとお腹いっぱいになるところを、腹八分目で一つ一つの味をじっくり味わえる感じ。
「IN PHYSICAL」のような孤独感や哀愁は薄れ、パーティー感のあるエンターテイメントなアルバムだと思います。Ken作曲が1曲というのもフタを開けてみれば違和感は無く、それでもしっかり新しいサウンドが入ってきているので新鮮味も有り。
今年のツアーはこの5曲だけでライブが出来るわけじゃないので、「IN PHYSICAL」からの楽曲も一緒にやることになるはずです。
代わりにやっていたカバー曲の演奏が少なくなって、よりKenソロの世界観が強くなったツアーになるんだろうと思う。楽しみだね!
やー!でも、カバー曲好きとしてはカバーが減るのは寂しく思えちゃうなーー!(´σ∀`)
ピースフルなビバラビダ、ムックの「浮遊」は名曲だと気付かされたし、未だに「Lover Boy」のイントロがきた瞬間のなんばHachの絶叫は忘れられん。
楽しいなぁカバーってヾ(*´∀`*)ノハイドさん早くカバーアルバム出してくれ!(ハイド?)

気軽に聴けるボリュームだと思いますので、ケン様の音楽センスが好きな方は是非ともお手元に一枚。


で!このアルバム、初回版には『solitary stroll』のPVとオフショット映像が収録されたDVDが付属してまーす。
相変わらずオフショット映像のボリュームが凄い!
まず、去年11月のバースデーライブのリハから入ってます。ゲェェ、もう何年も前のことのように思えるわw
ツアーメンバーの皆さんを見るのも、何だか懐かしさが込み上げてきますね(*´Д`)
ケン様が頑張って歌ってるのに、ラフな格好で踊っている後ろのtomoちゃんを見てしまう私。ついつい視線が美女に吸い寄せられてすみません…!と思ったけど、カメラさんもカメラさんでずっとtomoちゃんを写していた。
ここから、
ムチの装備をケン様に控えめに提案→ ムチを振り回して笑顔→ 「ちょっと…vv」とスタッフを呼び、跪かせて踏んづけてムチを振り下ろす。
というtomoちゃん無双が見れます。
tomoちゃん…美人でイケイケな見た目なのに、何であんな控えめな喋り方なんだろうw
今年のツアーでも会えるとえぇなぁ~(*´ω`)

そして2010年突入。ネカフェのような場所で『The Party』のプリプロ映像。
ギターを弾くケン様の姿が懐かしくて愛しくて、思わず泣きそうになる。(´;ω;`)ウッ…
スタッフとジャージがおそろいという謎の情報を仕入れた後は、カットソーの襟ぐりが開きすぎているために丸出しになっている肩に食い入る。艶やかな肌色!( *゚∀゚*)ギャオーーー!
しかし、「頭からバンバンバージョン」などというケン様の擬音説明を聞いていると、「あぁ~関西人だなぁ」と実感しますw
ティピティピを歌う時は、雰囲気を出すためにミラーボールを回してたんですね!「トゥットゥルルットゥー」はやっぱり言い難かったらしく、結構カミカミだった。CDであんなにスラスラ歌っているのが奇跡のようだ。(え?録音でリピート?)
シャンパンを開ける時の、「あ、もう出る出る」はアカンwwwwwwAV男優かよww
仕上がったばかりのティピティピをBGMに、ジュリアナ東京のような踊りをするケン様が微笑ましい。でもなんか…動きがタコに似ている…Σ(;∂д6)ヒィッ

そして映像はアルバムのジャケット及びアーティスト写真の撮影へ。
ここになって、人が変わったかのように突然イケメンモデル化するケン様。
…くそぅ、さっきまでちょっと愉快なオジサマだったのに、シャッターの音が鳴るたびに慣れた仕草でバシバシとポーズを決めていってるじゃないの!モデルゥ!(*´Д`)かっこへへー!
あとは、ケン様の足元、職人の手などのマニアックパーツを撮影。
これらがアルバムのブックレットに使われたのですね(´ー`)ナルホドー
しかし、葉巻が恐ろしく似合うなぁ。ハイドが一時期吸ってた時は、「どれが指?」って思ったもんだけど…(ぎゃ)

次は『solitary stroll』PV、撮影打ち合わせ。
女優・高橋マリ子さん登場です!やーーニヤニヤするーw
ヘアメイクさんにベタベタ髪を触られながらも普通に監督と喋ってるケン様。芸能人っぽいね。
マリ子嬢がケン様にギターを教わるシーンでは、その様子を画面で見ながら「あぁー良い~vv」とか言ってる女性スタッフが可愛かったw
それにしても、このPV、一応セリフが用意されてたんですね…!
つまり、PVでは声が聴こえないために完全に映像作品になっていたものが、このオフショットだと人間ドラマを演じる二人がリアルに見れちゃうのだ!!
ヤァァアアァァァ!(**゚∀゚**)恥ずかしいぃぃぃい!
「ラブラブな写真撮らない?」とか「ちゃんと抱き締めて」とか、わたくしTVの前でギャアギャア言いながらゴロゴロジタバタしまくっておりましたよ。
例のゲッティを食べながら怒るシーンは、やはり女優さんといえども難しそう。
そうですよね…PVという演出上あそこで怒らないといけないんだけど、笑顔で食べてて突然ブチ切れるって普通はありえないもんねw
テイク2でしっかり怒りスイッチを入れたマリ子嬢に、女優魂を感じました。
ゲッティの皿を割る直前、「うるさいよいつも!!」って言ってる(゚Д゚≡゚Д゚)えーー!ケン様って小言が多いタイプゥー!?(※演技です)
ちなみに、ケン様が何を言ってるかはよく聞き取れなんだ……自分のウンコ耳が憎い。聞き取れた方、いらっしゃいますか??
そしてケン様のブチ切れシーン。これまた恥ずかしくてゴロゴロしまくりながら視聴。
マリ子嬢が「こっちも仕事なんだけどッ!」と言ってるってことは、カ、カメラマンとデキてたのか…!職場恋愛コノヤロウ!(?)
「うるせぇッ」と怒鳴るケン様にトキメキ恋心。ヒィィィィ怖いィィィ( *゚ω゚*)キュゥゥゥン
そんなこんなで、無事に二人のシーンは終了~
マリ子さんアップ後も一人で撮影続行のケン様です。そんな…電話番号聞く暇無いじゃない…!(震)
しかしケン様って、オーバーリアクションだな。演技が上手いとは下手とかより、まるでハリウッド俳優のような大きな身振り手振りが印象的だったww
あ、休憩中に食べていたスタッフ手作りカレー、クマ型のお皿を見て「くまちゃん??」と言っていたのが可愛かったっすw

PVの撮影が無事終了~!パチパチ~
で、DVDも終了です。
いやぁ、いつもながら濃い内容。これで元取れるのか?ってくらいボリューミー。
おもしろオジサンなケン様、イケメンモデルのケン様、ハリウッド俳優のケン様など色々詰め込まれてます!
特にPV撮影風景は「密着」と言っていいほどのボリュームでしたよ。さぁ皆さん、ケン様の演技にニヤニヤしながら恥ずかしくなって、一緒にゴロゴロジタバタしようじゃありませんか!
アルバムを買うなら初回版!(^ω^)オススメ。

 

 

 

 

 
Twitterで「夏の憂鬱」の話が出たのでPVの鏡に写り込むハイドについて聞いてみたら、ケン様から「何だったんだろう?」と返答を頂きました。まさかの御本人が設定ド忘れ…深まる謎…

でも、あのプリンッとしたケン様のお尻が素晴らしいお尻であることに変わりはない。あの頃も、これからも。LUSYです。

前回の記事更新後、よっしゃコンビニまで『The Party』を受け取りにゆくぜー!とアマゾンさんからのメールを確認したら、まだ未発送だということが判明。
発送予定を見ると「4~7日辺りに納品予定」になっていたので、フラゲ日は夜中まで凹んでたんです。
Amazonのニヤリ顔を見てるとバカにされてるように思えてきちゃって…(´ι_` )←疑心暗鬼

しかし比較的早いうちに届けて貰えたようで、4日の20時頃に到着メールが届き、いそいそと受け取りに行ってきました。
キノコパーティーへの招待状が、ついに我が家にもーー!



あ、間違った、これはキノコじゃなくてバナナだ。
こっちこっち。



やーー( *゚∀゚*)キノコォォォ!
それも妖精(注:ハイドではない)のイラストが金で箔押しされてるじゃないですか。
不思議の国のアリスのような、ちょっとシュールでメルヒェンでお耽美なブックレットが凄く私好みだ!
最近赤くて目がチカチカするブックレットばっかり見て眉間に皺が寄ってたので、原っぱの緑色に癒されておりますよ…あぁ~、なんて歌詞が読みやすいんだろう~(´∀`。)ホロリ
途中、絵本を持つかのような手の写真があるけど、これ、ケン様の手でそ。シワの入り方がエロイもん。(?)
でも、こうやって見ると無骨で大きくて男っぽい手に見えますねぇ。実際は細くて華奢な手なのに。不思議。

曲はまだまだ聴いている途中なので感想は後日にします!
とりあえず「Blow」が一番お気に入り。高音と低音を行き来する、何とも言えないセクシーで癖になるAメロがたまらんです。ちょっとハイドの歌声でも聴いてみたいとか思ってしまってどうもすみません。ついついソロ曲をラルクで想像しちゃうのはヲタの性なんだ!こればっかりは!
( ∂∀6)<♪冷え切った眼差し絡んで~グバーイ

今日は動画関係の感想をば。
あ、まずは情報を纏めとこうかな!

Ken
モバイルFC「C.H.Club」ページ内にて、期間限定特設ページ“Party Room”がオープン!(※11月末まで)
コメント動画、ライブMCの一部を配信、ライブ画像配信、PVのセリフ募集、お絵かき対決
など、雑多な感じで色々展開中!

『BARKS』にてコメント配信中
ペチョ

ORICON.TVにて“T.P.I.T.P.”のPVフル視聴開始
ペチョ

ラジオ
8月11日 ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』 24:00~24:53


TV
(関西)8月12日 日テレ『ハッピーMusic』25:08~


大阪来訪
大阪ミナミ道頓堀にあるパブリックビューアー(大型ビジョン)
『トンボリステーション』の番組、「ラジカルVIDEOジョッキー」に生出演。
出演時間:17:13~17:23、18:13~18:23
ペチョ

すみません、メディアは関西在住の自分が見れるor聞けるやつだけ書いてます(^0^)エヘヘ
他にもTVは「オンタマ」とか「音流」とか出るらしいよ!ラジオは12日にスペイン坂に生出演するみたいなので、お近くの方は是非遊びに行ってみて下さいまし。
一応、ネット中継があるみたいです。つコレ
でも木曜の16時~19時なので、主婦の方はお炊事、社会人は定時に帰れるか帰れないかの勝負だし、ちょっと厳しい時間帯かも?
月曜の大阪来訪は嬉しいのですが、私がド田舎在住で大阪に出るだけで往復4,000円+4時間かかるため、悩ましいです…
握手会に行けないぶん行きたいんですが、オンデマンドでも見れますよね?あー、でもちょっとだけでも行きたいな…うぅどうしようあぁぁ月曜かぁあ(苦悩)
あ、道頓堀が分からない方が多いと小耳に挟んだので書いておきますが、道頓堀っていうのは阪神タイガースが優勝した時に飛び込んだ人が続出したり、哀れなカーネルさんが沈められていた川の辺りです。グリコがあるあそこら辺です。えびす橋商店街を進んでると着きますよ。ホストの客探しやお水関係の勧誘が多い場所なので、カワイコちゃんは気ぃ付けてね!


まず、C.Hチャンネルのリリースコメントから。
手作りで作成されたと思われるマイクを持ったラグベベちゃんが登場。
そんなベベちゃんがインタビューをしているように撮影したかったんだろうけど、ケン様はマイクの部分だけを掴んで喋っているので、最後までベベちゃんはブラブラと宙吊りにされていた…哀れ。
レコーディングで大変だった(難しかった曲かな?)エピソードを考える時、ぐあぁーー!っと椅子に仰け反ったケン様の無防備な胸元を真っ先に見てしまったのはきっと私だけじゃないはず。ボタンの意味が分からなくなるくらい開いてますね…とりあえず触らせてくれ!匂いを嗅ぐだけでもいい!
次の回からは、そのラグベベちゃんの後ろに隠れてから登場しようとするケン様がちょっと可愛いw
他、ジャイアントベベちゃんのティピティピダンス講座もありました。ダンスよりもベベちゃんのもきゅもきゅな動きに夢中になっちゃって、未だにわたくしサッパリ踊れません。踊ろうと思っても、動きが1テンポずつ遅れてしまいます。(どんくさい)

『BARKS』で見れるリリースコメントも、C.H.Clubの動画と同じ日に撮影してますね。セットが一緒です。
「The Party」という題名になった経緯、PVの撮影エピソード、ツアーの紹介などを軽快な口調で告知してらっしゃいました。
ケン様一人だと、こんなに上手にスラスラと告知が出来るのか…!(衝撃)
ここに残りのラルク3人が入ってきたら大変ですよ。突然タケノコニョッキを始めたり、漫才みたいなやり取りを始めたり、誰かが爆笑してたりで会話が支離滅裂になって、結局告知そっちのけになって「ラルクアンシエルでしたー☆」で終わっちゃうのが毎度のことですよ。告知コメントをボケる場所と勘違いしてるんちゃうのか。
そんなラルクのファンであることを、心から誇りに思いながら日々を生きております
(^ω^)


次、オリコンでティピティピのフルPVを見ましたよー!
サビだけは以前公開された時に見て相当な衝撃を受けましたが、早くもフル配信ということでビツクリ。先にM-onでも公開されたみたいだし、大急ぎで編集されたスタッフの皆さんお疲れ様でございます。
ってか、新しいテレビを引き取ってきたらうちも光テレビに加入する!いい加減私も「M-on見ました^^」とか言ってみたい!
姉と「5時に夢中」が東京しか見れない話をしている流れで、姉が『今、録画したオリラジあっちゃんの番組見てる。面白いww』というメールを送ってきたので、これまた地上派しか見れない私は「いいなぁ(´д`)」と返したら、
『え?あっちゃんのは普通のテレビのやつだよ?』
というメールがきたのだ。
普通ってなんだよ普通ってなんだよ普通ってなんだよ!(3回)
私も普通のことのようにM-onを見たい!(´Д`)テレビの買い替えと一緒にネットの契約内容の変更をする!有料チャンネルを見る!あ、有料チャンネルってエロイ意味じゃないですよ。

盛大に話が逸れたな。すみません。
で、このPV、オリエンタルラジオの2名も出演していて豪華なPVになってるのに、アルバム付属のDVDには収録されていないのです。今後もどこかに収録される予定は無いらしくって。勿体無いですよねぇ。見れるうちに見ておかないと。
初っ端、パラシュートでベベちゃんが登場。何だか動きがレトロであります。
そうか、初めて聴いた時はピコピコ音に「パフュームっぽい」という印象を持ったけど、それこそ一昔前のディスコサウンドをイメージしているのかもしれないな。ナイトフィーバー的な。
内容は、どこかしらのクラブのような場所で、沢山の女性とふしぎなおどりをするオリラジ&ケン様、というPV。
すでに登場人物紹介から胡散臭さムンムンやなw
でも見てて思ったんですけど、PVやら写真やらで常々ケン様のことを「胡散臭いww」と言ってきましたが、
オリラジの二人はその上をいく胡散臭さだね!
芸人という先入観があるせいか、何をやってもコントにしか見えない…(゚∀゚)
特にシンゴの痴漢行為がなかなかのヒドさで、尻の撫で方がえげつないww御利益でもあるかのように撫で回しとるww涙

そんな胡散臭い二人と並んでるせいか、ソファに座って偉そうにしているケン様は思ったより変ではない。
いや、それなりに変なんだけどw、胡散臭さを通り越して完全に場に馴染んでて、「どこかしらのおえらいさん」に見えるんですよ。スタイルが良いのも強みよね。
あぁでも、踊りは重い時のニコニコ動画並みにカクカクしてたな…
確かにちょっとニワトリっぽかった……ケンタッキー…
でもでも!ふしぎなおどりをせずに、大人しくソファに座って女性と絡んでるシーンは最高に絵になってたと思います!セクスィーでカッコ良かったもん!!
だから 誰ですかケン様に躍らせたのは。
踊らなければ…!せめて踊らなければあそこまでSIGEKI的な胡散臭さにはならなかったのに…!!(ワナワナワナ
まぁ胡散臭いケン様も大好物なので、散々爆笑させて貰いましたけどねw
ふしぎなダンスを踊りながらも、斜め横顔でキメ顔をされたら笑うしかないwwそこはお得意の角度なんですねww
あ、オリラジの踊りは「ダンダンダダンダン!ガッキーン☆」が若干入っていた。ほのかに懐かしさを感じた…

よし、次は収録曲とDVDの感想を纏めねば=3


そうそう、某所でケン様が出演した『5時に夢中』の一部を見ることが出来ました。
「夕刊ベスト8」ってあの番組のコーナーやったんやな!(以前から検索して見てました。マツコさんの回答が鋭くて大好きだった)
いや~ケン様、マツコさんとすっかり打ち解けてて非常に良いコンビじゃないですか。さすがに年上(見えないけど)で芸能界の先輩でもあるケン様相手だと、マツコさん、だいぶフェミニンモードですねw
こんな良い番組があるなんて、帝都め。羨ましいな!
関西にも「たかじんのそこまで言って委員会」という素敵番組があるけど、関東は音魂に音流にマツコデラックスに…オイシイ番組多し!あぁ~全国どこからでも、どこの地域のテレビ局を見るかをチャンネルで選べたらおもろいのにな。スカイツリーさん何とかして下さい(´・ω・`)
(「5時に夢中」は心優しいラルヲタさんに見せて頂けることになりそうですギャオー!ハピネス!感想書かなきゃ)



え?ラルクがカレンダー撮影ですって?(゚∀゚=゚∀゚)今年もカレンダー代徴収の季節がやってくるの?

 

 

 

 

 
あぁーッ!マツコが見たい!マツコが見たいよぅぅ!東京に住みたいよぅぅ!アイスクリームが食べたいよぅぅ!(ジタバタ)

ついにドコモさんから6月分の請求書が届きました。



上が国際電話で、下が香港からのブログ更新&閲覧チェック料金らしい。
メールとブログ確認しかしてないのに、なんじゃこのパケット代の高さは/(^0^)\やっぱあれか、送信した画像がデカ過ぎたってことか。
久しぶりに1万越えのドコモの請求書を見ましたよ。パケホーダイなんて無かった時代、1万や2万の請求書なんてザラでしたよね…なんか、驚くというより懐かしさが沸いてきたりして!
そうこうしてたら、ドコモが海外のパケホーダイサービスを開始とのニュースを見かけましたよ。一足遅かった…いや、早かったのか?もうどっちでもいいか…

えー、日々暑さ厳しいですが、皆さんいかがお過ごしですか。LUSYですこんばんなう。
リアルの忙しさと暑さにやられて、なかなかブログ記事が書けず申し訳無いです。
私、毎年夏になると暑さで更新が滞ってる気がしますね…すみません。Twitterにはつぶやいてたんですけど、なんかもう放熱する物体に長時間触るのが辛くて…パソコンにイライラする!みなみ、イライラする!脳波で更新出来たらいいのに!
そろそろ真面目なブロガーに戻ろうと思います。私、もう一度、パソコンとお友達になってみる!
まぁそんな小芝居はどうでもよくて。
最近のラルク的な出来事と言いますと、ニコラジでハイドの生フトモモ、チャラ男が似合いすぎるケン様のティピティピでチュッチュルルルッチュー♪、金光さんやりましたよ!ついにハイドがTwitterになーう!…しかし一日限定って意味あんの?などなどネタが尽きませんが、とりあえず今日はこちら。

VAMPSの2ndアルバム『BEAST』をお迎えしてきましたよ!
まだ4~5回程度ですがフルで聴きました。1曲ずつ感想を書いていこうと思うんですが、なんせまだ発売したばかり。色々と「~っぽい」と既存曲のイメージで語りますけど悪気は無いので許して下さいね!ではいきます。


『PLUG IN』
いかにもエネルギー充填中といった、壮大なキュインキュイン音からスタート。
宇宙船かロケットか、何かしら大掛かりな物が発射するのかと思って「VAMPSさんはついに宇宙行っちゃうのか(´ー`).0(そういえばラルクロケットってどこ行ったの…?)」と遠いお空の上へ思いを馳せていたら、最後にキュルルッとバイクの軽いエンジン音が鳴ったので笑ってしまった。案外身近な乗り物w

『DEVIL SIDE』
お馴染みのデボーサーイッ!
シングルとしてはお気に入りの部類だったので今やすっかり聴き慣れてしまい、PVでも見ながらじゃないと満足いかん。
後半、ハイドがズビーッ!と指を差すような動きをするところが好きなんだ。

『ANGEL TRIP』
シングルが続く。
それはいいんだけど、前の曲とまったく毛色が違うのでちょっと馴染まない曲順だなーとか思ってしまった。
前作の「VAMPS」もラブアデの次にメロディアスなコスモスがくるので、並び的にはここに持ってくるしかないんだろうけど、あっちはしっくりきたけどこっちはなんか気持ち悪いというか…
ハッ!(゚Д゚)でもよく見たら、「悪魔」と「天使」という正反対な題名が並んでるのか!どうせなら並んで頂いたほうが見栄え的な意味で面白いわよね。そう思うとやっぱりここが一番か。はい、ここでいいデース!(結局)

『MEMORIES』
爽やかソングラッシュ。
初めてフルで聴きしましたが……やっぱりピンとこず。良い曲なのは分かるけど…好みの問題だぁね。
でもこれ、ハイドの歌声の変化が面白い曲ですね。少しアナーキーさが香るラフなメロの歌声から、伸びやかな歌声が響くサビへの華麗なるメタモルフェーゼは必聴モノ。

『EUPHORIA』
あ、ホラーでデロデロしてる!(゚∀゚)好みの曲キタァ!
初めて聴いた時は、ハードなメロとサビの不安定な浮遊感が不思議すぎて、「カオスな曲だなー」ってくらいしか思ってなかったんですが。(歌詞でもカオス言うとるし)
でも2~3回聴くとイメージが掴めてきて、だんだん好きになってきました。いいねこれいいね。非常に良いデロデロです。
「VAMPIRE DEPRESSION」と「SECRET IN MY HEART」の雰囲気がうまいこと混ざってるけど、「VAMPIRE DEPRESSION」のように突然デスボイスが上手くなるわけでもなく、ちゃんと生ライブで出せそうな声だったので安心しましたw
特に、二番メロでワンテンポ溜めながらシャウトするところがウマイ。感情的な熱を語気に効かせてる!ハイドちゃん…すっかりハードロックなお歌も上手くなっちゃって…(´;ω;`)ウッ…立派にならしゃったなぁ(涙)

『VAMP ADDICTION』
ウィスパー気味の声で肌を逆撫でしていくようなホラーなメロと、サビでいきなりドライブ感いっぱいになるノリノリソング。
しかしこのサビ、語尾は「ゲッチュー!」と言っているのだと思い込んでいたら全然違った。ゲッチューはスマップだった、そうだった。

『REVOLUTION』
VAMPS版「Mobscene」。ファンの間で大人気☆
最初のうちはハイドの張り上げ声が笑えて仕方なかったんですがw、もうだいぶ聴き慣れてきました!もう笑わない!
メロで足踏み&サビでハンドクラップをする課題曲なので、ライブに行かれる際は一通りお勉強してからがオススメ。
しかしかなり高速で手を叩かないといけないので、確実に狙っていかないとワチャワチャするだけで終わる危険があります。こうなるととても恥ずかしいので御注意を。私は確実にやり逃す自信があるよ!ヽ(´∀`)ノ
間奏の演奏をよく聴くと、トランペットのような音が、往年のスパイ物で使われる曲のワンフレーズをそのまんま弾いててワロタw(JINさんの仕業かい?)
あ、モブシーンって書きましたけど、曲が似てるわけじゃないですよ。エフェクトボイスで号令を掛けたり、軍隊マーチっぽいところからそう思っただけですよ。あっちは女性声でチアですしね。
サビが「TROUBLE」っぽいので踊り狂うイメージで作ったんだろうけど、ストイックな軍服で敬礼をビシビシ決めながら歌ってもカッコイイだろうなーとか妄想してみたり。(ギター放棄)
まぁ、私が何を言いたいかと言うと、とどのつまりはAWAKEの軍服ハイドは最強だよねっていう話をしています。

『THE PAST』
VAMPSには珍しい日本語詞が存分に活かされてますね。
PASTとは「過去」という意味ですが、過去に戻れるなら君を救いたいとか言ってるから、なんかツライ過去でもあったんか?と余計な心配をしてしまう曲。
ダンサブルでそれほど暗くも無いけど、同じリズムと雰囲気のまま最後までいく曲ですね。
個人的な感想で言いますと、こういうパターンはボーカルによっぽど魅力が無いとつまんない曲になりがちなんですが、声が好きなのは言うまでもなく、聴けば聴くほど味が出てきて好きになってきました。スルメ。
特にラストのテンポ遅れでサビを歌うところなんて、アレンジの上手さが光ってます。ほんでハイドの高音で終わるっていうね。堪んないね~(´σ∀`*)
ギターの雰囲気が「FAITH」を思い出すのは私だけ?

『PIANO DUET』
歌詞を読む限り、なんだか誰かさんのことを思い出しちゃうなー!ジーンときちゃうなー!
曲自体はそれほど印象的なメロディーというわけではなく、オーソドックスなバラードという印象なんですが、その「オーソドックス」さこそ柔らかな切なさを煽るのかもしれませんね。ハイドさんの歌声が大変やさしゅーございます。
でもついつい飛ばしちゃうんだよなぁ…(ぁ

『RUMBLE』
この曲を聴くたび、シルヴェスター・スタローンのランボーを想像してしまうのはきっと私だけだろう。正しくはランブルだと思われる。
ハードロックとジャズがブレンドされて、仄かに夜のかほりのするエロティックでミステリアスでスピーディーなナンバー。
ラルクでいうところの「THE BLACK ROSE」のポジションに近い気がする。ハイド曲だろ!と思ったらKAZさんだった。(^o^)ややこしや~

『GET UP』
アメリカンロックチックなキャッチーなメロの後に、空を飛ぶかのように伸びやかなサビ、ときたらハイド様お得意路線。
サビの何とも言えない広がりがいかにもエンドロールに合いそうなので、バラードの後のアルバムラスト曲に持ってきてもいいんちゃうのー?と、ちょっと思った。
でも「HIDE AWAY」ほど吹っ切れた感じでもないし「It's sad」ほど絶望ロックでもないから、”これで終わっても気持ち良いんだろうけど違う曲をラストにする"という、「MISSION」みたいなポジションの曲だったw
結構好み(^ω^)

『SAMSARA』
ただいま宇宙と交信中☆
女性声は坂本美雨さんだそうで、なつかしの「♪インマハー」を思い出しました。渡部篤朗にならストーキングされてもいい。

『MY FIRST LAST』
このデヴィッドシルビアンみたいなポンポコソングは、以前PV公開の時に聴いて感想を書いたので割愛。
これも聴きようによっては宇宙的だなぁ。


以上!アルバム全曲感想でした。
初めて聴いた時は、「あれ?何だかアッサリ終わったな」という印象がして、いまいちパンチが無いなぁと思ってたんですが、それは前作の「セックスブラッドロッケンロー!」で終わるイメージが強すぎただけでしたw
3~4回聴いてみるとだいぶ耳馴染んできて、パンチうんぬんというより聴き易くなった印象を持ちましたね。
前作だけでは曖昧だったVAMPSというバンドの輪郭が、今作でまたグリグリと多くの線が継ぎ足されて、形が濃くなった感じがします。
聴き易くなったと感じるのは、VAMPSのイメージがよりはっきりとしてきたという意味合いに通じるのかもしれません。
前作だけでは、「どっかの洋楽にありそう…」とか「こういうのを別にVAMPSがやらんでも…」という気持ちが結構強かったのですよ。
さらに、曲の系統に縛りを無くし、VAMPSらしさを保ちつつも様々なジャンルを取り入れることにチャレンジしているため、ラルクの楽曲のそれのような多彩さまで感じてしまうのが何だか嬉しいような悔しいような寂しいようなww涙(複雑なラルヲタ心)
あと、前作は「これ…生で歌えるんか?」と言いたくなる曲もある中で、今作はライブでやることを前提とした曲で占めてきましたね!
でも「REVOLUTION」の張り上げ声はやっぱりちょっと苦しそうwフリーライブ見てましたが、見てるこちらがハラハラするくらいキツそうだったぞよ(美人だったけど!)

そんなわけで、今作はとってもライブ向け。ライブに行きたくなるアルバムなんじゃないでしょうか。
KAZさん曲が大半だと思っていたら、そこそこハイド曲も多いんですね~
私が好きなのは「EUPHORIA」(何て読むかわかんない)や「レボレボ」などの正統派な辺りが気に入ってますが、「VAMP ADDICTION」なんかは是非ライブで聴いてみたいです。
願わくば、はいどちゃん!ライブで出来るだけちゃんと歌ってね…!飴ちゃん舐めて喉を大事にね!身体も大事にね!ノーパンでお腹冷やさないでね!

しかし…VAMPSってツアーパンフはカッコイイのに、アルバムデザインはいつ見ても好きになれないッ(つд`。)アァー、ごめんよVAMPSさんごめんよぉー目がチカチカするから赤やめてぇー…(吸血鬼なのに)



ちょっとだけニコラジの感想も書いておこう=3
7月29日、VAMPSがニコラジに生出演でした。二度目ましてですね!
実は開始寸前までニコラジにVAMPSが出ることを知らなくて、ふと目に入った誰かの「ニコラジ入場したー!」というつぶやきを見て覗きに行ったらVAMPSだったという疎さでした。
やってて良かったTwitter!あの時つぶやいて下さった方、アリガトウゴザイマース!
ヤマちゃんと一緒に喋っていた繚乱ちゃんが、所謂男声も女声も出せるという「両声類」と呼ばれる人だということは理解。
男性の両声類はピコたんか赤飯さんくらいしか知らないので、途中まで私も騙されてましたともw
「あーうー♪」辺りで気付きましたけどね!遅い!
そして登場したVAMPSさん。
前回登場早々おぱんちゅを披露したハイドさんは、ヤマちゃんに「パンツ履いてる?」と聞かれ、「(;∂д6)も、もちろん」と何故かドモる。
ハイドの滑舌が悪くてドモッてんのかと思い、いつものことだと気にしていませんでしたが(ヒドイ)、その謎は番組の最後に解けるのでした…
話は、「BEASTというアルバム名の由来は?」と聞かれて
「いいじゃんそんなことは。テケトーに付けまちた!」と答えたり、
ハイドパークに居たら日本人観光客に「ハイドハイドハイド」と言われ、
「この人達が帰国したら「ハイドパークにハイドが居たのよ」って言うんだろうな…」
などのポワポワ雑談の他、
スカイプを使って、ファンに女豹の雄たけびをさせる!というコーナーがありました。
これが何だか妙な緊張感…w
一人目は可愛らしいVAMPSファンの方だったけど、二人目はネタで繋げたニコ厨臭かったし、三人目はどこからお越しの方かサッパリ分からなかったw
いやぁ何か変なこと言うんじゃないかと(若干言ってたけどw)、視聴者の私がハラハラしてしまった;
とりあえず、女豹はネペンテスハイド以外み・と・め・な・い!
それにしても、
「(*∂д6)はいたん食べられちゃう」
は可愛かったけども、これぞまさしくおまえがいうなでしたね=3
くそぅ…自分のこと可愛いと思ってるやろ!そこがニクたらしいけど可愛いから可愛い。可愛い。(結論)

そして「ハイドがパンツを見せるよ!」と煽りまくるヤマちゃん&Fooさん。
しかし番組は終了時間をむかえ、画面にはラストソングが…
まさかこのままパンツを見せずに終わるのかと、ニコのコメント上もTwitterのファンのつぶやきも、
「おい、パンツは?」「パンツまだか?」「パンツ!パンツ!」
とパンツ祭りに。酷い有様です。
私も携帯の動画カメラを起動させて、パンツ待機。
いやー、なんとなく記念に動くハイドが撮影出来たらいいかなーというつもりで撮ってたけど、

ま さ か 生 フ ト モ モ が 捕 獲 で き る と は!!

ハイドさんはノーパンだったため、前を服の裾で隠してチラッと真っ白な白雪フトモモを見せてくれました。
いやもう、以前から「乳よりフトモモ派」を宣言している身としては、棚ボタで生フトモモ…それも股間のすぐ横というハイレグでも履かないと絶対見れないような位置のフトモモ動画が撮れてしまい、わたくし放送終了後暫く、歓喜に震える。宝や…これは永久保存やでぇぇえ!(ワナワナ
ちなみに、毛が見えるのが不安でなかなか見せれなかったらしくて最後の最後になったそうな。
あら。見えても全然かまわないのに(´ー`)
そういう問題ちゃうか。
VAMPSのお二人、今回も出演お疲れ様でした!ヤマちゃん、また呼んで下さいねーノシ



さて、今日は『The Party』のフラゲ日ですので、これから受け取りに行って参ります。(大切なことなので大文字で書きました)
その後は、深夜までティピティピのダンスレッスンです。スタートは左から!ワンツーワンツー
ところで、富士急でのケン様目撃情報は御本人でガチなのかい?
もしそうだとしたら、次回のLE-CIEL会報でエヴァを見に行ったとかで載るんじゃないかと予想。他メンバーも来ていたなんてサプライズに期待だ!

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。