L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
例のテレ朝の特番ですが、BS朝日での放送情報が入ってきたのでウハウハ(゚∀゚)
詳細が発表になったらまた記事に書きにキマース!

今日はコチラ↓


『smart』2012年3月号、Roenの新作特集がトップで組まれており、そのモデルが僕らのはいどちゃんです。

事前に「しまむら」だとか「smartがおもしろすぎるwwwww」とか色んな声を聞いてて、以前のムック本もだいぶ公開処刑だったので期待せずに買って開いてみたら、

あらやだ、カッコイイじゃない…!

春夏の新作を着た写真が合計7ショットというメインモデル扱いだったんですけど、いやはや、ちゃんと綺麗に可愛く撮って頂いてますし、メンズ雑誌っぽく"男の子が憧れる"雰囲気にしてもらってて良いじゃないよ!
いつもみたいに中性的でもハイドしか出来ないような着膨れするくらいの重ね着ってわけでもなく、あくまで男子目線のクールなセットアップなのが逆にイイ。
ラルクでやられると「ギエェェエッ!頭の布を取れえぇぇえええ!」と思うバンダナもこれなら許す。なんか腕のイバラもハマッて見えてくるから恐ろしい。騙されちゃだめだ。(※私は背中の羽根以外のイレズミ反対派)
ただ、はいどちゃんが世界を魅了する美人で実年齢をあやふやにさせる時を駆けるベビーフェイスなせいで、華を添えてくだすっているはずの人気女性モデルさんよりよっぽど可愛いことになってて申し訳ない気持ち。なんというモデル潰しだろう!これに関しては心からお詫び申し上げるッ!はいどちゃんがスクエニのCGみたいな容姿なせいでぇぇええ~~あぁぁ~~~申し訳ない~~~(´0`。)あぁあ~~~
でもこのモデルさん、身長が167cmあるそうです。
………ってことは、この二人で並んでる写真で、ちょっと斜めになってるモデルさんにはだいぶ気を使ってもらってる上に、はいどちゃんは何かしらの台に乗ってる可能性が………
そうかww皆さんが笑ってたのはここかwwwwwwwwwwwww

あと、「smartがおもしろすぎるwwwww」っていうのも、最後のページにファッションに関するインタビューに答えているからだと理解。
日々のコーディネートのこととか語っててさ、あ、そんなこと考えて選んだのがあの全身真っ白ですか…とか考えると思わず「プフッ…(´゚ c_,゚`)」と言ってしまったのは事実だ。
でもなんか、写真が思いの外良かったので、インタビューは色々と補正されちゃったな。モデルなんて滅多にやらないし、何年後かにもう一度見たくなるくらいには綺麗に撮って貰ってたから個人的には記念に買っておいて正解。
むしろ、オマケがビックリするほど要らないってくらいだわ。これどーすりゃいいのよ。災害リュックに入れといたらいいの?でも絶対そこまで高機能じゃないわよオマケだもの。
最初レジに持って行った時にオマケが入ってないやつを出したみたいで、「あ、すみません!」って代わりのやつを持ってきてくれたけど無いやつで良かったわよ。

でね、インタビューで
「(∂∀6)ロック系って非モテファッションみたいに言われてるけど、それって自分に合った服を選んでないからだよ!自分に合うものを着こなしたらカッコイイんだよ!」
みたいな感じで一生懸命熱弁してたんですよ。
確かにそうだよな、自分に合ってない中途半端なロックファッションをしてる人が多いから厨二っぽくなっちゃって、ロック系全体がNGみたいに見られることは残念…それだけ難しいってことだけど着こなしてたらちゃんとカッコイイジャンルだもの。取り入れ方とか、センスの問題だよね!よーーし、これで世のロック大好き男子も希望が見えてきたぁぁあああ!
なんて思ってRoenの新作ページをぺらりとめくったら、

「女優・アイドルが選ぶこれだけは許せない絶対NGなスタイル」で2位がロック系だった。

トリンドルや佐々木希という超人気モデルにおもっくそロックNG出されててワロタwwwww ワロタ……

もうちょっとこの配置なんとかならんかったんか編集部。

(しかしこの雑誌、読み進めるとほぼアイドルと人気女性モデルばっかり出てて、「いかに女性にモテるか」という企画ページばっかりだった。これが男性ファッション誌売り上げ1位なのかと思うとただただ涙) 
スポンサーサイト

 

 

 

 
ヒュンッ≡⊂(^0^)⊃ラニバ味の素DVD鑑賞会、終了しましたー!こんにちはLUSYですー!

ケンヲタの姉&ユキヲタのJさんと見てたんですが、「いやぁ~味の素ではあんまりはいどちゃんが麗しいもんではいどちゃんしか見てなかったしさwwこの鑑賞会では落ち着いて自分たちの推しメンバーをしっかり見ようねww」とか言ってたんですが、初日再生して最後まで
「はいどちゃん可愛過ぎやしないか!どうなのこのはいどちゃん!なんなんこのはいどちゃん!はいどちゃん美しい…」
と、やっぱりはいどちゃんばっかりになってしまいました。
クッ…!ここにハイヲタは居ないはずなのに…!どうして初日のハイドはあんなに美しいんだッ!

収録内容は、色んなタレントさんによる「歌ってみた」シリーズや「ユキヒロの傘ワッショイが写ってない!」とか「アルェー?はいどちゃんのポールダンスは~?」とか、収録しきれてない部分もありましたけど、MCも演奏曲もほぼフルで入っていたのでセトリは満足であります!アカペラ叙情詩も初期のレア曲も聴けたしね。グッフッフ~
エンドロールで流れるリハの様子や会場設置の早送りはもっとたっぷりのボリュームで見たかったっすねー。DVDの2枚目なんて、もうちょっと収録時間的に入りそうだったけど?w
ただね、見てみて思いましたけど、画質悪すぎワロタ。
もうビックリ。地デジの画質に見慣れてると、DVDの画質がこんなに荒く見えるものなんだとガックリ。(コントラストを強くしすぎてる気もする…??)
同じライブをWOWOWで放送しちゃった分、余計に画質が悪く見えます。公式の発売物より手持ちのブルーレイに録画してあるWOWOWのロシエルはいどちゃんの方がよっぽど美しいとはこれいかに。由々しき事態じゃないか。
これをDVDで発売したことで、DVDの販売累計が100万枚を突破したそうでニュースになってましたけど、このためにブルーレイじゃなくDVDで出したのかな?と思うと凄く残念だなぁ(´・ω・`)ブルーレイと同発にしちゃうと100万枚を越せるか怪しかったとか?;
まぁ、何にせよ100万枚突破の記録は出せたんですし、近々全DVDはブルーレイで出し直すんでしょうけどね/(^0^)\お金が追いつかないアルヨーーー

そして、ラニバ味の素を見終わった後、姉のリクエストによりラルクイズを再生したのが深夜1時。
ラルクと大和田さんのシュールなやりとりにふひひうふふふ(^q^)して、さらにまたハートに火をつけろ!の全国津々浦々DVDへ移動したのが深夜2時。
ラルクメンバーの楽しそうな様子にふひひうふふふ(^q^)してたら夜が明けてきたので寝て、昼に起きてからL'7パリドキュメントを再生して、ワイルドセクシーなパリ公演のケン様にふひひうふふふ(^q^)
でもさ、ちょっと前のメンバーを見直してみて思ったのは、今の方が若く見えますね!ということでした。
特にはいどちゃん。喫煙中と禁煙した今とではお肌のツヤとハリが違う。あんなに違いが出てくるもんなんですね~!
ケン様もまー火よりL'7の方がイケメンになってたなぁ。まぁこの方は髪形のせいだろうけどね…ちょっとまー火は変な長さにカットされてたから。決してまー火の方が太ってるってわけではないよ!けんさまずっと細いもぉぉおぉん(’∀’)パァ!



さて、TV情報追加されたヨーー

●TV
2月4日 テレ朝『L'Arc-en-Ciel 20周年特番(仮)』 27:40-28:35
2月6日~10日 テレ朝『オンタマ』

ハイ、いつも通り関西は今のところ放送予定ございませーーーん(^0^)毎度ありがとうございまーーーす。というわけで次!


P'UNKのアー写&ジャケ写を確認しました!
兎に角似合わないと懸念されたケン様の金髪が案外マシで、おぼーちとグラサンのお陰で普通のチャラ男になられていたので安心しましたヾ(´∀`)ノワァイ♪
リーダーはいつものリーダーって感じ。水玉×水玉みたいなハイセンス過ぎてよくわからんセットアップより好みです。リーダーって王道のパンクファッションが似合うヨネー!でも、ヤリ手の秘書みたいなシンプルな黒スーツテツ様も好きだけど///
それにつけてもガスマスクユキヒロのカッコ良さよ!やっぱりP'UNKの先生といえばガスマスク、ガスマスクといえば先生ですよね。でもお顔が見えんけどユキヲタさん的にはよろしいのか?と思ったら、Jさんは「ガスマスク良いジャン!(゜∀゜)大喜びです!」と言っていた。さすがユキヒロファンは目が見えないからって\爆発しろ!/なんて言わないんだナァ!よく調教されているナァ!
で、眼帯はいどちゃんは安定の可愛さでペロペロ(^q^)麗しのロシエルハイド様の大人な雰囲気が最近のブームだったけど、やっぱ若々しい黒髪少年ボーイハイドも良いもんですね!でも、やっぱりバンドの看板娘ですから「メインボーカルじゃなくてもはいどちゃんは一歩前なんだなww」と思って呟いたら、皆さんから「それは遠近法…」とのレスが!そ、そっちか…!!(゜Д゜)でも、言われてみればなんかおっきく見える。。。

P'UNKさん、題名も往年のパンクバンドっぽくしたと言ってましたけど、ジャケットもしっかりセックスピストルズの「勝手にしやがれ」っぽくしてるんですねw
本家は有名な一枚なのでだいぶ昔に聴いておいたんですけど、パンクは自分に合わねーなwと思ったまま一回聴いて終わったのであまり記憶に無く、言われて見直してみて「おぉッ…!」と思いました。
いやはや、思ったよりカッコ良くて良かったです!お遊びにしてはちゃっかり本気で写真を用意してるところが逆に面白いのかもな~wなんて思いつつ見てました。アー写もアルバムに封入されるのかな?楽しみだ!

ナタリーさんのP'UNK記事ペチョ。つhttp://natalie.mu/music/news/63054
写真が大きく見れますよ!


あと、Twitterで教えて頂いたんですが(ありがとうございます!)フランスで放送されたラニバ京セラライブの番組を見ました。
これが京セラ初日レポに書いた、スタッフが「フランスで流すよ~^^」って言いながら撮りに来たやつですね!私は「Nooooo!」と断ったので使われてなくて安心しましたけど、通行人Aな感じで若干写ってて冷や汗(;;^-^;;)まぁ顔が写ってないし大丈夫だろう…セフセフ。
URLはリンクを知っている方のみ限定公開にされている手前、私がRTしたTwitterのURLを貼っておきます。つhttp://bit.ly/zn9ZZw
問題があれば予告なくツイートを削除しますので宜しくお願いシマス。

そしてワールドツアーのMSG公演、シアターの方じゃなくてアリーナという噂です。
無茶しやがる!!あ、あ、本当にアリーナだったらどうしましょう、ううううううう埋まるんですかね?????((((゜Д゜;))))埋まらんかったらそれはそれで赤っ恥やないか。あっちの新聞に書かれるだろうし、すんげー心配。
でも、これだけ大きな会場でやるからには日本でのライブビューイングの可能性が高まってきたかしら?時差を計算すると、日本の月曜午前にライブという健康的なビューイングになりそうだけどw

それと、例のハイド本の著者名でサラッと本名公開されてますので、気になる方はこの辺りを覗くと「お!」ってなるかも。
そっか~、難しい旧漢字の方やったんか。しかしこれ公開して誰得なんだろう??珍しい名字なので色々と特定されたりしないのかしら?とわりと心配な私。
それにしても表紙のそっぽ向き鼻セレブたん可愛いじゃないかッ…!!ワナワナ
 

 

 

 

 
USJ両日いくます!!LUSYです!!
とりあえず先に御報告。お会い出来そうな方は、是非御挨拶させて下さいねー!

●雑誌
2月6日 音楽と人(ken様表紙)
2月13日 ギターマガジン(ken様表紙)
2月18日 ベースマガジン(リーダー表紙)

●TV
2月11日 NHK総合25:20-26:04 『L'Arc~en~Ciel 20周年の軌跡』

なんか特番とか雑誌とかいっぱいキターーーー!!\(^q^)/ありがとうNHK様ぁぁああぁあああ!!!思いっきり深夜だけどいいよ!!土曜日だから起きてる人は多いよ!!嬉しい!!!
紅白に出演するということが、こういう所に活きてくるんですねぇ。これで視聴率が良ければまた「NHKへの貢献度が高かった」ということで年末にお声をかけて頂ける、と。なるほどでございます。

また、BABBIさんが味の素ラニバDVD発売記念に、今月31日までラルクとのコラボローズジェラート6個セットお買い上げの方に金のラルクスプーンをプレゼントするそう。
こんな寒い季節にジェラート食っても余裕だぜ!という強靭な胃腸をお持ちの方は、是非御注文ください。
http://www.babbi.jp/larc/index.html?utm_source=120113&utm_medium=MM
ちなみに、ラルクとのコラボローズジェラートは既に7,000個を売ってるんだって!凄い売れてるように思ったけど、これ、5月の味の素がもうちょっと初夏のお天気でカラッと暑かったらもっと売れてただろうな、なんて思ったり。


よっしゃ、情報も色々と解禁になったので、既発の雑誌について感想を纏めてしまいますよ~


デデーン、購入しましたらるくちゃんプロモ雑誌3種の神器。

は~、もうbutterflyインタビューの時期なんだね…
まだ気分はCHASEなのに、butterflyがきたらまた夏からソロが始まっちゃうかもしれない!やだぁまだラルクがいい~!└(:3」┌)┘ジタバタ
ところでPATi-PATiの表紙のはいどちゃん、とんだ気抜け顔やな。
4人同時撮影となると4人ともばっちりは決まらないもんだけど、世界の恋人・ハイド様が凄い気が抜けた瞬間の写真が採用されてしまったようでwww……まぁこれはこれで可愛いけど!不遇っ子!
そういえば、PATi-PATiを購入した時は、ついにエクステを脱ぎ捨てて黒髪短髪になってしまったのかと寂しい気持ちでした。だって黒髪短髪の美少年になれる人なら他にも居るだろうけど、エクステ長髪で絶世の美人になれるのは宇宙ではいどちゃんだけだもの。
そうこうしてたら、14日発売のCDでーたでロシエル様が降臨してくれて、もう嬉しくて嬉しくてレジまで抱き締めながら走ったわ!(゜∀゜)うるわしー!
だって、「xxx」も「CHASE」もほとんど雑誌プロモーションをしてくれなかったから、パンフや公式写真以外で撮り下ろしロシエル様が無くて寂しかったんですもん…
でもこれ、よぉく見ると帽子の下にはうっすら黒いバンダナが。出たなこのパイレーツかぶれの布めッ!私はこやつが好きではないのだッ!
でも全てのハイド写真はバンダナの上に帽子を被ってるショットだったので、この布にエクステが付けられてるだけかもしれませんね。雑誌の撮影までも毎回髪に編み込んでたら大変だもんなぁ。頭皮、大事だよね!

ちなみに、写真部門の私的お気に入りベスト3は以下の通り。
1位、『CDでーた』
ダークな雰囲気で撮影されている雑誌。唯一ハイドさんがロングエクステが美しいロシエル様だってところが、ロシエル様党員としては高ポイントを獲得。これが最初で最後の撮り下ろしロシエル様かもしれないじゃないか…
一つ残念なことと言えば、そのロシエルはいどちゃんは天使であらせられるのに、写真の雰囲気がダーク過ぎて目元が「幕末か」ってくらい暗闇に沈んで悪即斬になってしまっていること。ソロ写真の膝上写真は最高に美しいんだけど、その前のスモークに浮かぶはいどちゃんもケン様に寄り掛かってるように見える見開きの写真も、ちょっと暗過ぎるよね~;
このせいで「ワツインとでーたのどっちかを買おう~」という方がワツインに流れてしまったかと思うと残念でならない。
でもね、ちょっと待って欲しい!ケン様の写真が兎に角素晴らしいのだ!
ケン様のワイルドセクシーなオーラとダークな写真がマッチして、圧倒的な権力を持つイケメンマフィア様(創作上)のオーラを放っているので、そういう面でもケンヲタさんには特にお薦め(^q^)
アルバムレビューのところの写真なんてパーフェクトなモデル立ちをしていらっしゃって、隣に立つメンバーが可哀相なレベル。思わず定規で頭身測ったら8.5~9頭身でした。あっぱれ!

2位、『PATi-PATi』
何といってもはいどちゃんがカワウィー!黒髪短髪によるおったまげ若返り効果でキューピーのよう!
ただ、表紙は気抜けのせいで丸くなったほっぺが目立って、キューピーを通り越してマヨネーズな感じだけど気にしてはいけない。
あと、ユキヒロさんが抜群に可愛く撮ってもらってたのもこの雑誌だった。まさしくナイスユキヒロだった。
半開き唇で俺様座りを披露しているイケメンケン様も居らっしゃるし、何故かマックイーンのスカーフを2本重ねしているハイセンスリーダーも居らっしゃるよ!

3位、『WHAT'S IN?』
悪くはないんですがいまいちパッとしない写真だったため、素晴らしい神雑誌ではありますが、まことに遺憾ながら3位です。
どんな写真だった?と聞かれても「はいどちゃんのお顔がお餅みたいだった」ってことしかいまいち思い出せない…
最後のアルバムレビューの4人の立ち姿も、やっぱりCDでーたの写真の方がカッコ良かったんだよな~

こんな感じです。どれを買うか迷っている方は御参考までに。
ワツインは悪くはないんだけど、パチパチとCDでーたさんがあまりに良いケン様を載せてくれたのでごめんなさいね…
いや待てよ、一つだけあったな。ワツインにはグラサンが爆発したケン様が居らっしゃるんだ!私はグラサンケン様も大好物なのであまり気にならなかったんですが、日頃から\グラサン爆発しろ!/と願い続けている方はワツインをお買い求め下さい。でもCDでーたも良いよ!ケンヲタさんは買った方がいいよ!
まぁ折角アルバムの発売なので、御祝儀ってことでここは一つ雑誌は全部買って下さい!w 宜しくお願いします!


ここからはインタビュー記事の感想です。3誌分纏めて書いてみます。

hyde
まず、アルバム名を「Butterfly」と付けた理由から。
なるほど、私が「Butterfly」と初めて聞いた時は華やかなイメージを抱きました。シングルコレクションに近いし楽曲のレベルも全てハイクオリティなのでピッタリなんじゃないかと思ったものの、ラルヲタゆえの新曲3曲ショックに打ちひしがれていたのであまり深く考えてませんでしたけどね(^0^)ゴメンネ…
しかしこんだけ楽曲の振り幅があるのも凄いけど、ハイドも完成してみるとすんごいバラバラに感じたらしく、それを「(∂∀6)ねぇ、このバンド頭おかしいですよw」と言っちゃうところが何だか面白かったw
これを1枚目にしちゃうと方向性が無茶苦茶だけど、確かに20年目のラルクだからこそこんだけバラバラでも「有り得る」っていうのが、いかにもこのバンドらしいところですね。ウン。
でもさ、ラルクさんってデビューシングル『眠りによせて』からしてボサノバ風味だったような…ロックバンドなのに…
すでにデビューシングルで、ハイドの言葉を借りると「頭がおかしなバンド」になる予兆はあったわけだw
あとは新曲の歌詞話。
『Wild Flower』は震災を意識したってことで、どういう思いで書いたかも語られてるので発売したらじっくり読ませて頂かねば。
『未来世界』の歌詞はケン様から「童謡っぽくして欲しい」というリクエストがあったからこそ、子守唄っぽくなったんだそうな。後述になりますが、ケン様もこの歌詞をベタ褒めしてるんですよね。
ustで初披露した時のファンの感想は、言葉のチョイスにウケてしまった人が多くて「ヒーローwwwwwwアンドロメダァァァァwwww」って反応だったけど、たぶんこの感じ方の違いは年齢のせいでしょうな。若いファンも多いってことですよ、ラルクって。それはそれで良いことジャン!
それと、歌が楽しくなってきたから色んな表現力を駆使して歌っている、という歌唱話も。
「曲のキャラクターを演じきる!(キリッ」
と申されてますけど、それが楽しくなってきて映画にも興味あるとか言い出したのだろうか…??やるのはいいけど、レントゲンDVDみたいに曲のプロモがストーリー仕立てになってる程度にしておいてぇぇぇ…(つД`;)
ところで、やっぱりミドルでダークな曲の方が感情移入しやすいってところはあるんですね。確かに、そういう曲を歌ってるハイドは「何かが降りてきてる」ってくらいの表現力だもの。歌だけじゃなくてパフォーマンス全てが。Shout~とかDIDとか分かり易いですよね。なんかこう、何かが憑依してる感じ?(イタコ?)
で、ワツインではアルバムの曲順についてちょっと話してるんですけど、ライブのセトリにも共通する話が面白いです。あのforbidden~からマイドリへ続く暗闇に光が差し込むようなセトリは、やはりハイドも意識していたんだなとグフフのフ。ハイドが表現したかったイメージはちゃんとファンの皆さんに伝わってますよ!おめでとう!
最後は今のラルクの状態とワールドツアーなどのお話でした。どの雑誌も良い話してくれてますので要チェック。
(`∂∀6)これからもハイクオリティなアルバムをお届けします!シャキンッ☆


tetsuya
リーダーのインタビューは雑誌によって結構偏りがあって、CDでーたとワツインはまぁほぼ共通してるんですけど、パチパチは
「Butterfly、僕はあんまり聴いてないですw」を皮切りに、ずっとPUNKの話をしているので要注意だ!
Butterfly話をいっぱい聞きたい人はCDでーた及びワツインにて補完することをオススメする。
ちなみに、リーダーは『夏の憂鬱』のハイドアレンジが大好きな御様子。「ハイドのアレンジは神!!」とか信者のようなことを申されてます。
で、何でPUNKをアルバムにしようと思ったかという話で、PUNKへの愛ゆえにちゃんとした形にしたかったという話をされてるので是非読んで欲しいところ。
その中でも「CDでーた」ではどうして抱き合わせ発売になったかという理由が語られてるんですけど、「(#゜ー゜)そんなもん売れねーよ!と言われたからです。そんなもん売れねーよ!って」と、大事なことなので二回言いました状態のリーダーが読めるので是非wwいや確かにその通りだけど随分な言われようwww誰に言われたかは本誌でドウゾ!
PUNK以外のラルク話だと、ラニバツアーは間隔が1ヶ月空いたりしてたのでツアーっぽくなかったという話など。
私もそう思いましたけど、それをリーダーはどう思ったのかが気になったなぁ(´・ω・`)何であんな間隔が空いてたのか今も謎だわ。
ところで、「あまり一般層に関西のバンドだって気付いて貰えてない。標準語だと思われてる」ってのは、気付いて貰いたいってことなのかい?
リーダーって「東京大好き」とか言ってる人なので関西に拘りはなさそうだけどなぁ…そもそもメンバーの誰も「ただいま関西!我がふるさとー!」みたいな人なんて居ねーわwww(^0^)たまに"ただいま"すら忘れられるわwwwwツラッw
あ、京セラのMCで「難波ロケッツでの1stライブに来た人」という質問に手を挙げてた人、ちゃんとリーダーに見えてたんだなと思って安心しました。
はぁ~、でもリーダーのインタビューを読んでると、今回のアルバム制作期間って長かったんだなぁとぼんやり。長かった分アルバムに収録する曲をリリースする機会も増えるので、今回みたいに未発表曲が3曲のみ!なんてことにもなるし、時間をかけて曲を練ったお陰で『xxx』のようなアグレッシブなシングルが生まれたという意味でもあるのでどっちが良いのか分かりませんけど。。。
でも『xxx』はシングルにして正解よね~、ソニーさんは分かってないなぁ!こういうシングルが新規を開拓するのよ!ノータイアップにも関わらず週刊誌を巻き込んだプロモーションの仕方まで、本当に素晴らしかったwwwあぁ…楽しい一年だった…今年はどうなるんやろう…(遠い目)
でねでね!
ワッツインで未来に向けてのいい話が聞けるんですよ。次に出す曲がまだあるということなら、まぁ今回は未発表が3曲でもいいかなという気もしてきたりなんかして…
いや駄目だ!!影響されては駄目だーーッ!!ヾ(`Д´;)ノ3曲ならアルバムツアーが無くても納得、とかになっちゃうじゃないかぁあああ!!やだやだアルバムツアーが無きゃヤダァ~!ジタンバタン


yukihiro
久し振りに慣れてしまったラルクのREC話など。
ユキヒロさん作曲の『shade of season』は、メロ・コード進行・テンポだけのデモを提出したそう。(みんなから突っ込まれたらしいけどw)
ギターがカッコイイ曲にしたかったからということで、そこからはケン様にどんどんアイデアを入れて貰ったりして一緒に作ったという話を聞いて、なるほど初聴きのken曲っぽさはそのせいかと納得。
私、ずっと「ken曲に違いない」って連呼してたかんねwwww\(^0^)/違ったからそれ以上は黙っておいたけどwwww
この一緒に作った理由として、ワツインでは
「(冫、)やっぱりギターを入れたいっていうのもあるし、ケンちゃんのアレンジが好きなので」
だなんて!先生ったら嬉しいこと言ってくだすってます////////褒めてくれてありがとうございます/////(※赤の他人)
あと、作詞もやったのは「ハイドくんが「(∂∀6)書いてv」って言うから」って、デターーーー!!(゜∀゜)はいどちゃん必殺おねだり攻撃だーーー!!これを断れる者はこの世に誰も\居なーーーい!!/
しかし、ハイドやケン様が歌詞に拘りを持っている反面、先生はとことん音重視な方だなぁと、歌詞についてのインタビューを面白く読ませて頂きました。
歌詞はまたループ系なんスねw発売したら読んでみようw
そういえば、「Butterfly」というタイトルに他メンバーは「それだー!」ってなってるのに、先生はまた違ったリアクションをしていて興味深かったですね。どんなのをイメージしてたんだろう??
面白かったのは、日本人アーティストがMSGで単独公演をする時代がきたことに引っ掛けて、「未来に生きてる感じはしますか?」と質問されているのに、
「(冫、)いや、未来って感じしないです。未来って言うからには車が飛んでて欲しかった」
とか天然発言をしている先生にときめき恋心。
その後、「地球に似た星が見つかったっていうし!」と話題が宇宙…そして地球外生命体の話へと広がろうとしているのに、インタビュアーさんに完全にスルーされていた。先生ッ…!(ホロリ


ken
いつもの飄々としたインタビュアーさんとのやり取りでスタートしてます。
「Butterfly」、ケン様お気に入りの御様子ですね(´∀`)それはようございましたv
で、ほぼインタビューはアルバム収録の未発表曲を中心に作曲方法についての質問なんですが、ケン様の作曲方法は芸術派の天才型過ぎて、ただただ「なんか知らんがスゲー」としか言いようが無い。
頭に鳴ってる音なんて使わないし、何も考えずに作りだす(それもスルッと作れるので大して時間かからん)とのことだけど、普通のアーティストって頭に鳴ってる音を形にするんじゃあ??
それも、コードから作るとかメロディから作るとかそんなことはケン様はしないッ!
「ストリングスがばーっと、次にメロディーきて、はいここでバンド入るッ!サビはストレートに広がっとけ~」
ってな具合に、イントロから全楽器とアレンジまで「気持ちがいい」ままにピャッピャッピャーー!と作ってしまうのだッ!これを天才と呼ばずして何と呼ぶ!!崇め奉れい!!ハハーッ!!(平伏)
でも逆に予期せぬアレンジを入れることになると、「(;・ω・)コ、コード…??ギターどうやって入れよう?」となるらしく、インタビュアーさんがこぞって面白がっていたのが読んでいても面白かったw
まぁそんな感じで気持ちいいままに作ってしまうので、バンドなのにバンドサウンドじゃなかったりしても気にせず提出しちゃうフリーダムなケン様。
でも、これってラルクが「何でも出来る場所」だからだと思うんですよね。まぁ、よっぽど難解な曲は出してないって言ってたけどww(これ、パーリィーの時も言ってたなぁw)
それがメンバーの意見を取り入れることによって、さらに理想通りの形になっていく今のラルクの状態を凄く楽しんでるのがよく分かる言葉が多かったですね。
特に、出来立ての『Wild Flower』はバンドサウンドではなかったらしいのだけど、ハイドからの要望でバンドサウンドにした話は必見。
そこから歌詞の話にもなるんですが、ケン様ったらすっかりハイドの歌詞に御執心の御様子。歌詞はメールで届いたそうですけど、こう返信したっていう話も可愛いくてホッコリ((´ω`*))
しかし、「ハイドの歌詞が凛とした空気をブンッ!と入れてくれた」って、関西人らしい表現だなぁw
CDでーたは絶叫ケン様がいらっさるので、まだ見てない方は是非。
やっぱりケン様のインタビューは面白い!


以上、感想でした。
CDでーたとワツインは作曲メンバーによるアルバム全曲解説もありますし、パチパチも含めるとそれぞれ言ってることも似てるようで違うこともあるんで、やっぱ全部買うのをオススメしたいですw



さーて、P'UNKのアー写が公開されたそうなので、大きな画像で見てキマーース!シュタタタッ!三┏( ^o^)┛
 

 

 

 

 
ドッキリドキドキリキッドルーム、とかくだらないことしか浮かびませんが、書いておきます。

キューンレコード設立20周年イベント「キューン20 イヤーズ&デイズ」開催。
2012年4月、キューンレコードが設立20周年を迎えるにあたり開催する前代未聞の20日間連続のライヴイベントに、TETSUYAの出演が決定。
※チケット料金、発売日等、公演詳細は2012年2月上旬発表予定。

「キューン20 イヤーズ&デイズ」
<会場>
LIQUIDROOM ebisu

<日程>
2012年4月7日(土)~4月29日(日)
※期間中計20日間(休演日未定)

キューン20 イヤーズ&デイズはこちら
http://www.kioon.com/20/

一夜限りのL'Arc-en-Ciel Premium Night
2012年4月20日(金)東京都 LIQUIDROOM ebisu
時間未定

スタジアムクラスのモンスターバンドのライヴを、まぢかで体感できる二度とないチャンス!マジか!?

応募方法:「BUTTERFLY」封入「20th L'Anniversaryトレーディングカード」裏面に応募方法および抽選IDを記載
各賞詳細:
・ライブハウスで生ラルク賞:777名を会場に招待
・USTREAMで生ラルク賞:10万名に生中継アクセスコードをプレゼント
(応募期間:2012年2月7日(火)~13日(月)23:59)

ナタリー『ラルクがリキッドで無料ライブ!10万人限定Ust中継も』

●TV
『J-MELO』
1月15日 NHK総合 25:00〜 (新春SPに出るっぽい)
1月29日 NHK総合 25:00〜(ラルクすぺさるという噂)


>>スタジアムクラスのモンスターバンドのライヴを、まぢかで体感できる二度とないチャンス!マジか!?
>>スタジアムクラスのモンスターバンドのライヴを、まぢかで体感できる二度とないチャンス!マジか!?
>>スタジアムクラスのモンスターバンドのライヴを、まぢかで体感できる二度とないチャンス!マジか!?
>>スタジアムクラスのモンスターバンドのライヴを、まぢかで体感できる二度とないチャンス!マジか!?
>>スタジアムクラスのモンスターバンドのライヴを、まぢかで体感できる二度とないチャンス!マジか!?

↑ここ、笑いところです。

それにしても、まったくもって当たる気がしねーぜッ!!!!(:3 っ)っ

選ばれし777人しか行けないとか、AKBグループで神7に選ばれるくらいの超選抜…!なんという無理ゲー!\(^0^)/
しかし宝くじも買わなきゃ当たらないってなもんです。レアライブだって応募しなきゃ当たらないんです。
ラルクで箱とか死にそうなんですけど、まぁ一度くらいは箱ラルク体験したいよね!というわけで応募したいけど、落ちたらustに回してくれるのか謎だよね!え?どっちも応募しておきたかったらアルバム2枚買わなきゃいけないなんてことないよね??まぁいいか応募しちゃえ!
でもな…箱でラルクってどうなのかしら?そもそもギュウギュウだろうし、高身長じゃないので案外ustで見た方が見えやすかったりする??
うーん、悩みどころですな。日産は諦めてるし、金曜なら何とか行けないこともないので応募してみようかな?握手とかあったらどうしようグヒフフフゥ///(たぶん無い。万が一あっても先生は無い)

あ!USJは両日行くつもりですヾ(´∀`)ノ受かったら行きまぁす!
チケ代が大台に乗っかってますけど、まぁちょっとよく考えてみて下さいよ。USJの1日フリーパス券って大人6000円くらいするんですよ、ってことはラルクライブ5000円くらいじゃない。ほら!なんだかおっ得ぅ~♪
気になるのはキャパ!VAMPSが以前やった場所だと1万ちょいしか入らないので心配ではありますが、ラルクのツアー最終地で1万なんて足りなすぎるし、GLAYさんは大きな駐車場を使って10万人入れたと聞きますし、応募数によってキャパ数を変えることも考えてるでしょうから受かると前向きに考えておきます!当選する!!俺は当選する!!!(言霊)

さて、いい加減パチパチの感想を…と思ったら明日はワツインとCDでーたがきちゃうな。撮り下ろしらるくちゃんが2冊も届く…両手に華じゃないかぁ!ソワソワッ⊂((((^-^))))⊃

 

 

 

 

 

土間土間さんに入ったらまさかのBABBI。タブーは無いのかってくらい色んなとことコラボってんな~、ウマかったっす。

ビュンッ≡(^0^)タダイマー
9日はmayuさん&市松ちゃんという2名のハイヲタさんをお迎えして溜まりに溜まった鬱憤を語ってたんですけど、最終的には「らるくちゃん大好き」という結論で終わりました。
愛ゆえに色々ございます。人生色々でございます。とりあえずバタフライツアーしてくれ。ほんとこれに尽きます。

というわけで、皆さんいかがお過ごしでしょうか?LUSYです。紅白の感想を書いていないことをと思い出したので、ちょっと纏めておきますよ。
昨年の大晦日、ラルクさんが紅白に出演しましたね(´∀`)2年連続。おめでとうございますありがとうございます。

今回はラルクの出番が20時過ぎ頃と予測されたので、それまでガキ使を録画するべきか、それともラルクがオープニングに出てくると予測して紅白を録画するべきかで悩んでました。
でも、よく考えたら昨年はライブがあったからオープニングに出れなかっただけで基本は全員出演だろうし、一応紅白に移動。「もしかしたらオープニングにひょっこりらるくちゃんが混ざってるかもしれないわ。ちょっとでも写ったら嬉しいわね^-^」なんて優雅に構えつつも、いざ階段からぞくぞく降りてきた出演者の姿が見えると目を血走らせながらTVに食い入る私。
いやぁ、ガキ使に誘惑されつつも、ちゃんと紅白のオープニングを見ておいて良かった!ラルクもしっかり出演してましたね!
それもはいどちゃんが一番先に階段を降りてきた時、手を繋いでいる少女時代のメンバー数名と降りるスピードが一緒で横に並んでたもんだから、はいどちゃん完全に少女時代のメンバー化していた。
続いて他メンバーも降りてくると、「あ!リーダー!あぁけんさま黒いかっこいいいぃあぁああうああああユキヒロさはぁん…」と謎の興奮状態。大晦日だったのでテンション上がってたんでしょうね。年越しソバなんてそっちのけで興奮してて、落ち着いた頃には麺が伸びてました。(※おいしく頂きました)

そうそう、手を繋いで降りてくると言えば、AKBのあっちゃんが芦田マナちゃんの手を繋いで降りてあげてたのが可愛くてニヤニヤ(´∀`*)
しかし、よく見たらほとんどの女性出演者は何人かで固まって手ぇ繋いでやんの!女子高か!まぁ皆さん綺麗なお召し物だし、コケるよりは良いけどさ。
コケる人が多いMステの階段も、いっそのことグループごとに手ぇ繋いで降りたら安全なのでは?とか突拍子も無いことを考えてしまった。
\ラルクアンシエル/\キャーッ/ (冫、)人(・ω・)人(*゜ー゜)人(∂д6) ゾロゾロ
ところではいどちゃん、お帽子+ロシエル様ヘアーでしたね!(゜∀゜)ワァイ♪あぁいうハイドでしか似合わない麗しいヘアメイクで国民の関心が高い紅白に出てくれること、大変嬉しく思います。(誰)
一度出てくると出演者が多いので写らないかな~?と思いましたが、美人枠(予想)で最前列に立たされていたはいどちゃんがぼーっとしながら拍手してた姿がバッチリ写ってました。ありがたや~

オープニングが終わったらガキ使に移動しましたけど、今誰が歌ってるか確かめないといけないし、ラルクは関係無くてもやっぱり気になる歌手が居るとちょっと見たいしで、リモコン片手に日テレとNHKでずっとセルフチャンネル争いをしてましたね…
あ~ほんと、大晦日にはW録画機能付きのレコーダーが要るわ~(;´д`)っピッ ピッ
で、ラルクさん。
演奏前にちょろっとトークを挟んで頂きましたけど、
「はい!白組のためにがんばります!」「いってらっしゃい!がんばって!」
みたいな、それこそラルクみたいに他の音楽番組と差を付けないパフォーマンスをするアーティストに言わせるには違和感のあるコメントにならなくて本当に良かったです。紅白ってことで演出や気合いが違う人や、特別衣装で来てくれる人が言うなら納得なんだけどw
結成して20周年だという話と、来年はワールドツアーがあるというあんまり紅白には関係無い話にしてくだすって、むしろMSGで日本人単独初公演をやるとか、宣伝にもなるようなトークだったので有難かったナァ。
返答してたハイドさん、紅白仕様ということで冗談めかしたコメントはしなかったですね。空気の読める大人ロシエル様。さすがでございます。グラサンを取られてますますうるわしゅうございます。お茶の間のおじいちゃんおばあちゃんも恋しちゃうわ。
でも、ワールドツアーで10カ国を回るって嵐が言ってたけど、あれれ?香港と中国を分けたとしても7カ国+日本ちゃうの?あと2つなによ。ピラミッドとオーロラ?

演奏始まったらいつものラルクさんだったので、安心して見てました。始まる寸前、一瞬左下に「大阪出身」と出た気がするけど直ぐに消されてなんかワロタw
メンバー全体的に黒いお衣装でしたけど、リーダーだけ紅組みたいな真っ赤な服でまたまたワロタwww
そうそう!よく見たらバックスクリーンの映像、しっかりPVでしたね。
歌の調子もいつも通りに感じましたが…ちょっと気合い入れ過ぎて声が引っくり返ってたかな?振り返ると、CHASEの中ではベストアーティストのパフォーマンスが一番良かったような気がしないでもない。ベスアーの時だけ「手の鳴る方へ」で手を叩く振りが盛り込まれてたし。
あ、くねくねしんしんぎゅーの指差し、決まってたわ!かわゆしかわゆし!
ほんでケン様ったら、この日もロングジャケットが最高にお似合いで超ワイルドセクシーでしたよね!!!カッコ良過ぎてわけがわからなくて腹が立ってきた!!!ギィッ!!!
ところで皆さん見ました!?(^0^*≡*^0^)曲の最中、左脚でリズム踏み踏みしてたの見ました!?あれ良かったヨネーーー!!私Mじゃないですけど、あの脚になら踏み踏みされてもイイ///
最後、ハイドがペコッとお辞儀してたのも良かったです。だって演歌の間にラルクだもんなwそりゃお辞儀もしとかなってなるよなw
そのわりに舌出したり「はぁん…」とエロ溜息吐いたりして、ささやかなるアグレッシブ精神を見せてくれました。良かったと思います!

ところで、副音声が面白いことになってたんですね~!
Twitterで教えて頂いて録画したもので聞いてみたら、テリー伊藤さんが色んなゲストを迎えてずっと紅白のお茶の間解説をなさってました。
録画の仕方によっては副音声までは録れないので聞けなかった方のためにもちょっとニュアンスで書きますけど、丁度ラルクの時はサンドイッチマンが来ていて

テリーさん(以下T)「ラルクですよぉ~!凄い!ラルクが出てくれるんだから!」
サンドイッチマン(以下S)「いやぁ~!ラルクだ!凄い」
T「普通出ないですよぉ~!?五代夏子の後ですよ!?」
S「wwww出ますでしょ、紅白ですよ?w」
T「だから凄いんでしょ!紅白だからラルクが出てくれる、だから凄いんですよ。だってこういう人たち(ロックバンド)って、紅白には出てくれないじゃない」
S「そうですよねー!凄いなぁ…」
T「大好きですよ!」

と、テリーさんのラルク大好き発言と、ロックバンドのラルクが紅白に出てくれるというラルク側の姿勢と紅白の影響力の双方に感心した後、演奏シーンへ。

T「ハイドが凄いところはさ、いつもハイドってことだよねぇ~」
S「あ~、確かに、リハーサルの時からハイドでしたもんね」(サンドイッチマンもリハに参加してたっぽい?)
T「ハイドっていつも美しいイメージだからさ、おでんとか食べなそうじゃない?」
S「えwww食べますでしょそりゃあ」
T「食べるの!?じゃあ豚足は食べないでしょ!」
S「食べますでしょwww手ぇグチャグチャにして食べますでしょww」
T「えぇっ!?ハイドも豚足食べるのかな!?手ぇグチャグチャにするの!?」

と、完全にお茶の間解説になった後、

T「ラルクの凄いところはさ、紅白に出てくれることですよ。中にはさ、忙しくてコンサートに行けない人も居るわけ。そういう人のために出たり、見てる人の中で少しでも自分たちの音楽に興味を持ってくれたり、良いなぁって思ってくれたらいいなっていう思いを持って、出てくれることなんだよねぇ~」

なんて素敵なことも言ってくだすって、最後は

T「この踊りがいいよね!(ハイド)」
S「あ~、ふにゃふにゃと。同性でもカッコイイなって思っちゃいますよ」
T「そうだよねぇ、カッコイイなぁ」
S「同姓といえば、狩野英考が彼の大ファンで」
T「あ~わかるわかる」
S「なんとか彼みたいになろうとしてるんですけど、どんどん離れていくんですよ」
T「遠ざかってるよね!ムーンウォークで遠ざかってるよ!」
S「ところでテリーさん、ずっと喋ってるんですか?w曲聴かないんですか?」
T「そうです!曲はリハでばっちり聴きましたから。曲がちゃんと聴きたい人は主音声!ラルクが豚足を食べるか知りたい人は副音声!」
S「wwwww」

こんな感じで、最後まで「カッコイイ!カッコイイ!」と連呼してくだすってました。あ、「このギターの弾き方がいいよね!」ってのも言ってたなぁ。がに股奏法がテリーさんに褒められたわ!(゜∀゜)ヤッター!
しかしはいどちゃんって、一般的にはやっぱりクールで常に美しくてお耽美なガクト系のイメージなのね。常に美しいのは確かだけど、実際はおでんとか喜んで食べる天然カワイコちゃんなのになぁ。
ハイドだって豚足くらい食べますよ。手ぇベチョベチョにしますよ。私がその手を拭き拭きしてあげたいですよ。(。∂д6。)ジュルジュル

で、お茶の間解説が面白そうだったのでその後の紅白も録画してたんですが、AKBとか入ってくると歌ってる人関係無しにAKBの宣伝雑談になるから別におもんなかったぞ…(´ω`)
芸人さんとテリーさんのお茶の間解説が一番面白いと思ったので、ラルクは副音声的に良い時間に出たかも?とか思ったりなんかして。

ラルクさん、ウマイこと言って帰っちゃったのかエンディングはさすがに出てないようでしたけど、Twitterで「はいどちゃん振袖に着替えてるんじゃない?」「早くしないと紅白終わっちゃうよ!」などと言いながら楽しく観賞出来て嬉しかったですwお付き合いくだすった皆さん、ありがとうありがとう!
また来年もオファーがあると良いね!だからラルクやろうね!(本音)



あ、パチパチですが、移動中に寝てしまったのでまだ全部読めてませんwwオッセー(^0^)急いで読まねば。
しかし写真のケン様かっこ良過ぎて、ごはん食べながらテーブルにケン様のページを広げて置いておくレベル////グフィフゥゥ////
 

 

 

 

 


*+.あけましておめでとうございます.+*

お陰様で、紅白とガキ使を見ながら年越しをし、飲んだくれて寝て餅食って寝てたまに起きたら紅白を見返したりという健やかな正月を迎えることが出来ました。
本年もマイペースに頑張って参りますので、うちのブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます!。゚+.(´∀`) ゚+.゚

さて、昨年に引き続きラルク20周年イヤー中ということで、2012年もガッツリらるくちゃんまみれに違いない!と思いながら紅白の放送を大人しく待っていた年末。
クリスマス辺りから怒涛の情報解禁ラッシュと共に不穏な情報まで入ってきて、なんだかわけが分からなくなっておりますが、ブログに書ききれなかった昨年末の出来事を一気に書いておこうと思います。

●12月24日 VAMPS会報到着。
ハイドがVAMPSの活動開始時期について付言。ちょっと開始時期早くね!?(^9^)あれ?2012年いっぱいはラルクに専念しないの?ねぇラルクのアルバムツアーは??え?ええ??えッ!?
とパニックになった結果、「好きだ…!ラルクのことが大好きすぎて苦しいぃぃいい」と、フラれた思春期の中学生かのように明け方まで泣く。
●12月25日 この世の終わりのような気持ちでローストチキンを焼く。
●12月26日 『CHASE』購入者特典、最新アルバムの最終チェック現場ライブストリーミング中継に参加。
生のラルクを見たことでアッサリ御機嫌になる(*゚∀゚*)ギャァァアアアらるくちゃんらるくちゃん!!

アルバム収録曲初公開にテンションがうなぎ昇りするものの、他は全部シングルで新曲は3曲のみだったことに拍子抜けし、PC前に突っ伏す。
「半分シングルとは聞いてたけど、半分以上シングルってもうこれシングルコレクションじゃないっすか…3年待ってアルバム曲が3曲…_(:3」∠)_」
(シングル曲もアルバム曲もクオリティは非常に高くて素晴らしいのだけど、それぞれ発売時期もイメージも全然異なるシングル曲を繋いで作品性を高めてくれるアルバム曲が少なすぎて、オリジナルアルバムと言われるとなんかしっくりこん…)

●12月27日 『THE HYDE』の発売告知により追撃を食らう
マンプスで「(∂д6)プロフィールについてはファンのみんななら知ってることだろうけど黙ってた方が良い」とか、暗黙の美学について語ってた件はどうなって…(^0^)??アルェー??
(私生活を公開するアーティストが多い中、表向きは徹底して「hyde」で居てくれる姿勢が好きだっただけに残念至極。あと、夢が無い世界と言いつつCGのような美しい写真でワロタ。本をめくっていくと最後はスッピンだったらどうしよう、笑ってしまうッ…!)

●12月28日 冬JACKお留守番
15thラニバでも投票し、ケン様にもTwitterでリプを送ってお返事まで頂き、私が長年聴きたい聴きたい聴きたいと念仏のように唱え続けてきた『The Rain Leaves a Scar』 をハイドが歌ったと聴いて、ついに壊れる。
( ^∀^)は?ラルクって何?は??

●12月29~30日 なんかもうどうでもよくなってきて、自分専用のティッシュを作り出す(画像参照)

●12月31日 紅白
生のラルクを見たことでアッサリ御機嫌になる(*゚∀゚*)ギャァァアアアらるくちゃんらるくちゃん!!


爆撃を食らい、ヘロヘロしつつも上昇したら追撃され、今、ちょうど真ん中辺りの精神状態で落ち着いてるところです。
また、ここに書ききれてないんですが、ラニバ味の素DVDに
『皆さんのお陰で20周年!これからも皆様と御一緒に歩んで参ります』
みたいな文言が記載されていると知り、そんなこと言われたらますますラルクから離れられないじゃない!と感動で震えたりもしてました。
私が書くとちょっと百貨店の広告みたいになっちゃいましたけど、この文章は実際は英文で素敵に書かれてるらしいんですよ。嬉しい言葉ッ!泣いちゃうッ!
あ、うちに届いたDVDはまだ包装されたままです(´ω`)今月中には姉&ユキヲタのJさんと鑑賞会の予定であります。

とりあえず情報纏め書きしとこ。

●リリース
アルバム 『BUTTERFLY』 2月8日発売
『DRINK IT DOWN』から『CHASE』までの超強力シングル7曲を含む12枚目のオリジナルアルバム
完全生産限定盤は、全曲新たにミックス&マスタリングされ、遂に完成したP'UNK~EN~CIELの1st AlbumとDVDが特典としてついた豪華スペシャルパッケージ仕様でリリース

【完全生産限定盤】
2CD+DVD 4,980円
豪華スペシャルパッケージ
ダブルピクチャーレーベル
特典CD P'UNK~EN~CIEL『P'UNK IS NOT DEAD』
特典DVD 結成20周年記念特別番組『ベストヒットLEC』収録

【通常盤】
CD 3,059円
-初回仕様限定-
特殊ジャケット仕様
ピクチャーレーベル

ナタリーさん
『L'Arc-en-Ciel最新ビジュアル公開&パンクアルバム詳細判明』

●ライブ
20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL
2012年5月12日(土)、5月13日(日)
横浜 日産スタジアム
OPEN 15:00  START 17:00
全席指定 9,000円

2012年5月19日(土)、5月20日(日)
大阪 ユバーサル・スタジオ・ジャパン 野外特設ステージ
OPEN 14:30   START 17:00
全席指定 11,500円(スタジオ・パス付)

L'Arc~en~Ciel 20th L'Anniversary Year Live in Hawaii
2012年5月31日
OPEN 17:00   START 18:00
ワイキキシェル(野外、雨天決行)

LE-CIEL Presents ハワイ アン シエル Special Live
2012年6月1日
OPEN 17:00   START 18:00
ワイキキシェル(野外、雨天決行)
※ハワイ アン シエル Special LiveにはLE-CIELツアーパッケージの参加者のみ参加可能。
ツアーパッケージには5月31日の「L'Arc~en~Ciel Live in Hawaii」の公演チケットも含まれ、一般発売の席種より優良な座席をご用意。
※このツアーは、LE-CIEL会員とその同伴者のご参加が可能。同伴者はLE-CIEL会員の方でなくてもOK

●雑誌
HYDEオフィシャル書籍「THE HYDE」発売決定
「THE HYDE」
2012年1月29日 全国書店にて発売
3,500円
四六判/ハードカバー/カラー48ページ・モノクロ160ページ
ナタリーさん記事

1月7日『PATi-PATi』 ラルク表紙
1月14日『CDでーた』 ラルク表紙
1月14日『WHAT'S IN?』 ラルク表紙
1月24日『smart』 ハイド載るヨ!またRoenだよ!

これでいい?(;´Д`)全部書けてます??本当に怒涛の情報ラッシュな上、わたくし凹んだり喜んだり壊れたりしてるうちに年末年始がきてしまったので、ちょっとブログのスタートが遅れてしまいました。すみません。

とりあえずハイド本についてちょっと書いておきますけど、発売決定に伴うはいどちゃんのコメントについて

>>「何かのタイミングで明かそうかと思っていたんだ。夢のない世界だからね」

って、それならスリーサイズ公開でいいじゃないか!!
はいたんは上から85.61.83!ほら!この夢をぶち壊してみろよぉおお!!!

いやもう、どうして発売する気になったのかとか考え出すとネガティブなことしか浮かばなくて、最終的に「それならスリーサイズ教えてくれ」という結論になってしまう私はおかしいのか?いや、おかしくない!皆さんスリーサイズ知りたいよね!
あ!勿論買いますよ。だって!内容とかそんな心配より!!写真のCGはいどちゃんが最高にふつくしいから欲しいもん!!
ふひひ、CGはいどちゃんを僕のもとにお迎えして、スリスリしたりギュッギュと抱き締めるんだ。ふひィィィィ。

えーと、ワイキキシェルのハワイアンシエルは日程が難しそうですし、値段が恐ろしいのでたぶんパス!ここだけThe Rain~がきたら…と思うとブルブル震えてきますが、考えないことにする!
横浜は行けそうなら行こうかな?という程度なんですけど、最終地が大阪なので、ライブの完成度的な意味でもUSJだけ行けたらそれで十分かもだなぁ?という気もしないでもないです。でも折角だから横浜も行こうかなぁ??ちょっとギリギリまで悩みます。
何はともあれ、大阪でThe Rain~こい!!!!!!!!(祈祷)

あとは、アルバム。説明の通りシングルが強力過ぎてシングルコレクション状態ですが、ジャケットが華やかで素敵ですね!(゚∀゚)ミスチルみた~い。
ただ、発売日とアルバム名、発表されるより以前に関係者がTwitterでネタバレしてたので知ってました。TLを眺めてるだけでこういう情報が自然に入ってくるんですからね…ほんま恐ろしい世の中やで。
バタフライってことは蝶モチーフですよね。折角だからアルバムツアーもやって欲しいなぁ…蝶モチーフのツアーグッズ、欲しいじゃないのよ。(いやでもラルクのことだから胴体と触覚が強調された気持ち悪い蝶かもしれないな…グギギ)
でもPUNKは別のアルバムとして発売すれば良かったんじゃ?という気も。限定盤が欲しいけどPUNKが欲しくない人も居るだろうし、PUNKが好きな人からしても抱き合わせで売られてもなぁと思うんちゃうの??
まぁ抱き合わせた方が売り上げ的な意味で安全と言えば安全かもしれませんが…w


では、明日はハイヲタのお友達2人に「そろそろラルク関係で言いたいことが溜まってきたからちょっと会議しようぜ」と誘われたので鬱憤を晴らしてきますw
戻ったら紅白の詳しい感想とパチパチ感想を纏めたい!では皆様、今年もどうぞ宜しくお願いシマーーース☆

ところでパチパチのはいどちゃん、可愛すぎやしないか…!
ほんでケン様の目つきの鋭さといったら、本開いた瞬間視線に射抜かれてぶっ倒れそうになりました…//////移動中に読もう////^-^//////
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 LUSYの日記, all rights reserved.

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。