L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ハロウィンパーティー2012@神戸10月20日に行ってきましたー!ヾ(´∀`)ノドンパフー
といっても皆さんが気になるのは21日のレポートだと思うので、ここはただの私の感想文です。レポートははいどちゃんくらいしかしてない上に、メンバーに無知なのでとても失礼な感じです。他ファンの方は気をつけて下さいよろしくお願い申し上げます。


さて!神戸は両日共になっかなかチケットが取れなかったもんで諦めてましたが、余りチケットを譲って貰えることになり急遽参戦することになりました。ありがとうございましたじきるんさん!
ほんと急遽だったんで会場がどこかすら分かっておらず、いつもお世話になっているIちゃんに連絡して同行させて頂きました。(Iちゃんいつもありがとうありがとう)
Iちゃんはハイド似の超美少女なので「私、今日はIちゃんの護衛をします(キリッ」とか言っておいたけど、横でニヤニヤしながらスマホで盗撮してるだけの腰ぎんちゃくでしたけどね。えへへ。

14時頃に会場に着いてホスピタリティエリアに向かったんですが、会場がドン暗くてよくわかんなかったなぁ。
お馴染みのカラオケコーナーの他にも、輪投げ?とかシューティング?とかゲームコーナーもあったっぽいんですけど閑散としてました。
現場での景品の告知やゲームの場所の地図が無かったんで、みんなよく分かってなかったんじゃなかろうか。何が景品かすら知んないけど。
「カラオケにハイド来ないかな~」「神戸って隠れて入ってこれる通路が無いしな~」なんて言いつつ床に座ってぼんやりカラオケゾーンを見てたんですが、やっぱりこれといったスペシャルゲストは無し。
それより私、かなりのファイナルファンタジー好きなもんで、ファンの皆さんがされているFF7のクラウドコスに大興奮し
「ぎゃー!!(n゜∀゜n)クラウドたんがおった!それもACバージョンで合体剣しょってるーー!!」(※分かる人だけ分かって下さい)
と、大変うるさいヲタに成り下がっておりました。
会場が暗くて追い掛けられなかったんですが、さすが世界的人気ゲームキャラクターのクラウドたん。この日クラウドコスをされていた方は2~3人いらっしゃったらしく、後で見つけた別のACクラウドたんの方に握手して貰っちゃった////スクエニはよリメイクしろ////
あとはFF10のユウナコスの方も居たし、コスといえば鉄板のこまどりシエル、タイバニ、剣心、リューク、何故か三つ子のフリーザさんと、コミケでも無いのに結構二次元コスの方が多くてわたくし大歓喜。ほんと御馳走様でございました。来年は私も二次キャラに走りたくなりました。

開場も迫ってくると人も増えてきて、急遽参戦にも関わらず多くのお友達と御挨拶出来ました。皆さんありがとうありがとう!いっぱいお菓子いただきまして大変美味しくいただいてます~モグモグ(^ω^*)
御挨拶が済んだら会場内へ。アリーナのスタンディングチケットなので、後ろの方で大人しくいていることに。
ほぼ観客も入りきって静かに開演を待っている会場に、三つ子フリーザさんが「フォー!フォー!」とショッカーのような高い声を上げて周囲のファンとハイタッチをしながら入場。爆笑&謎の拍手が起こり、会場全体が♪探そうぜ!ドラゴンボール!な温かい空気に。
しかし三つ子フリーザさんは入場口を間違えていたらしく、頭を抱えて中腰になりながらスゴスゴとスタンド席に駆けて行き、またまた会場爆笑のところで暗転。
開演前独特の熱気は全てドラゴンボールにもっていかれた神戸初日。波乱の予感だ!

デフォルメされた古城のセットにカボチャの月という、ハロウィンパーティーのPVをイメージしたようなステージ。
カボチャの月は喋れる設定のようで、ライブ中の注意事項をドラちゃんみたいな声でアナウンスしていた。
本家のドラちゃんというより「それっぽい」声という感じだったので、モノホンの大山さんだったのか、はたまた二代目のわさびさんだったのかはちょっと不明。グ~フ~フ~
何気にシアキス辺りからギャラの高い大御所声優さんを呼ぶ傾向にありますが、やっぱメンバーの趣味かなこれは。

アナウンスが終わると、まずは『BREAKERZ』から。
舞台袖から登場したDAIGOはハロパPVの包帯衣装。他メンバーは分かりませんが、オカッパの血みどろ花嫁みたいな女装をさせられている人が居た。なかなかの可愛さで好感触。
実はわたくしブレイカーズのステージ、初見です!
キャッチーな1曲目を披露した後、
DAIGO「楽しむ準備が出来てるのは誰きゃなぁぁあーーーー!?!?アリーナいけるくゅぁぁーーーー!?!?」
と浜あゆみたいなMCをしていた。なるほど、DAIGOってこんな感じなんですね。
しかし鼻にかかっている包帯が邪魔そうだなと思っていたら、
DAIGO「苦しかったら鼻のやつ下ろしていいからってハイドさんに言われたんで。これ下ろした時は俺が苦しい時だからぁ」
と言っていた。どうやら衣装を着崩すにもハイド様の許可が要るらしい。徹底した信者教育を感じます。
その後、「あいらびゅーおーみーすてーりー!」っていう曲。これ聴いたことあるなぁ。何かのテーマソングでしたっけ?いい曲。(追記:名探偵コナンらしい)
DAIGO「僕たちみんなMなんでぇ~イジメてくださぁ~い」
というMCの後、ビシビシ敬礼をしまくるキャッチーになったPierrotみたいな曲を披露。
何かしらオラオラなSっぽさをアピールするバンドが多い中、Mアピールって何だか新しくて好感。そういえばDAIGOはエヴァのアスカの中の人に罵ってもらって喜んでたから、実際そういう趣味なんだろう。
しかしこの曲の最中、DAIGOが女装をしているメンバーの首輪の鎖を引っ張って、ブッチューとキスをかましたのでポカーン。
えーー!!(((;;;^0^)))キャッチーなフリしてブレイカーズもそういうことしちゃうのッ!?コノヤローー!!
でも、DAIGO「神戸のライブも決まりましたぁ!まだ一般発売はしてないんですけど、まだかなりの人がチケット取れますのでぇ、よろしければどうぞぉ」
とか言ってたので優しくしてあげたい。
そういえば、「サマーパーティー」でのタオル回しだったと思うんですけど、間奏がいかにもヘドバン出来そうなデスなノリだったのに「ゆっくり回して~!」とタオル回しを要求していたのがこれまた新しいなと思いました。こういうところは老若男女に優しいノリなのに、あのチューは何だったんだね?演出チューは許しませんよ!
DAIGO「最後はウィッシュで締めたいと思います~!あの4年前に流行ったやつ、分かるよねぇ~?」
と一発芸人みたいなことを言い、会場全体でウィッシュをキメてブレイカーズ終了。

タキシードを着たDJの山田ひさし氏が登場し、舞台転換中の素人カラオケ大会が開催されている中、あんよが限界に来たためおんもへ脱出。
いやー、思ったよりアリーナのブロックが後方まで人で詰まっててしんどくなっちゃって(((;っ´Д`)っ
休憩してるところにヤンヤンさんが「LUSYさん5000円持ってないですか!?」とカツアゲじゃなくて両替に来られたので、先ほどのブレイカーズの話などをしてたんですけど、どうやらあの曲でブッチューは恒例行事らしい。そうだったんですか…ブレイカーズはそういうことしますって知識を上書きしとかねば。
ギャーッ!という歓声が聞こえたんで、そろそろ戻るかと会場へ戻ると通路は封鎖。
仕方なく通路で見ていたら、カラオケコーナーにてフランスからおこしの島田さんがケイティペリーを歌っているところだった。
細いスタイルの長髪男性がミニスカのポリスハットを装備してネイティブな発音で歌っていたので、あぁモデル体型の女装男子だからこんなに盛り上がってるのかなー?なんてぼんやり見てたら、Dメロで拡声器を取り出した横顔を見て気付いた。
アーーッ!!(゜Д゜)アニスさんですやん!!
見れば見るほどアニスだ!まるっとアニスだ!うわー!バブルフェスティバル振りに生で見た。拡声器で気付いた!
(確かケン様かサクラがモノラルと知り合いで、バブフェス大阪に出演した時にハイドに紹介したんですよね。生アニスはその時以来です)
ちなみにケイティの『HOT&COLD』だったと思う。あのヘタレ花婿のPV、面白くて好きなのよ。
歌い終わった後、やまちゃんから「何がフランスからおこしの島田さんやねんwみんな気付いてないんじゃないの!?」と突っ込まれて、笑顔で「アニスだよ~♪」とやまちゃんの肩を組むアニス氏。
ケン様よりだいぶ背が高いのは知ってたけど、なんかいつもより多めに身長伸びてない?と思ったら10cm以上のピンヒールを履いていた。さらに網タイツを履いたおみ足がスラッと細くて形も程良く女性的で超美脚。おそろしやモロッコの血ッ!

しかしカラオケにアニスが出るとなると、他にも舞台転換中にスペシャルゲストが来る可能性があるから油断ならんよね///けんさま来たりしてッソワソワ///
とか言ってたら、何故かステージから下りたアニス氏、舞台袖ではなく客席通路にやってきた。
通路でせき止められていた私の目の前を通過して廊下へ出て行くアニス氏。うん、デカイ!
しかしなんでこっちに来るんだ??トイレ?

次は『Acid Black Cherry』
ゴシックな馬車に乗って客席から登場。yasuの仮装もハロパPV…ってことはやっぱりハイドも例のPV衣装かなぁ(´・ω・`)オローン
曲が始まるとかなりのヘドバン率。ABCの人気も高まってきてると聞くし、やっぱり今年のチケット配分はABC枠が増えてんのかすら?
yasu、手にしたステッキをイケメン回ししながらビシビシかっこいいポーズをキメていたけど、喋ると声は妙にさわやかなのが好感度高し。
そんなさわやか青空ボイスで
yasu「このまま(観客)全員、犯したい気分です♪」
とファンキーなことを言っていた。やめてくださいしんでしまいます。(yasuが)
ちなみにyasuさん、
yasu「1年に1回みなさんが受精する日がやってきましたね!そういえばハロウィンの日程が発表になった時、ABCは全部出ますって発表したらなんか皆さんからの風当たりが冷たかったんですけど。悪いけどハイドさんを独り占めしてるのは俺だけじゃないから!」
yasu「ハイドさんを何千分の1にしてみんなで分けましょ!ね!綺麗に分けましょ!」
yasu「時間制限があるので巻きで終わるようにしますので!はい、次いきます!」
と、何やらハイヲタにビビッたようなMCをしていらした。いい加減貶し愛や妬み発言の数々に傷付いてるんちゃうかと心配になる私。
私からするとyasuはいつもはいどちゃんに付き合ってくれてるイメージで、「いつもお世話になっております」って言いたいくらいだけどなぁ。だからって好きでもないし嫌いでもないけど。(無)
ほら!はいどちゃんを分けようって言ってたしyasuはきっといい人だよ!優しくしてあげたい!私にもひとつくださいな!
でも、次は可愛い曲をやるからってオレンジの角カチューシャを装着してたけど、あれは似合ってなかったから止めた方がいいよ。(グサッ
この可愛い曲はヒロミゴーみたいなアイドルっぽい曲でしたね。もしかしてyasuって声質はヒロミゴーに似てない?似てるよね?とかどうでもいいことを感じていたら、次の曲は『シャングリラ』。去年は新曲として披露されたやつですね。
ABCって良い曲が多くて、特に私はハードな曲が好きです。いつかアルバム買ってちゃんと勉強したいんだけどな~(って去年から言ってる)

ABCが終わったら、やまちゃん司会でファンの優秀仮装ファッションショー。通販で買ったプレデターのスーツを着た人がイカしていた。
最後にスペシャルゲストってことで、チェロボーカリストの分島花音ちゃんとナイトメアの棺さんがハロパPVの衣装でショーに参加。
でもステージを歩いて戻ってきただけで、これといってポーズを決めるでも衣装を見せるでも楽しく喋るでもなかったので反応に困った。遠目でも花音ちゃんの衣装は布量が凄くて、マントの裾がどうなってるのかとかちゃんと見せて欲しかったんだけどなぁ。
おしゃべりや客席アピールが苦手なのかもしれませんが、全てやまちゃんが一人でペラペラと喋ってカバーしていた。やまちゃん△。
ちなみにやまちゃん、東北の復興支援活動もされているということで「ライブ後はクロークに居ます!会いにきて下さい!」とのこと。募金かな?

「さーて山田の話はもう終わったから皆さん立っていいよー。次はVAMPSだよー」
と、事前起立させられてからの『VAMPS』へ。
ABCと同じく客席の出入り口からゴシックな馬車で登場。なんでABCとVAMPSだけ特別入場シーンがあるのか謎だった。ブレイカーズさんも乗せてあげたらえぇやん。
KAZさんとハイドちゃん共々やはりというべきか、ハロパのPV衣装そのまんまだった(´・ω・`)デスヨネー
何だかんだで私、一度も女装ハイドが動く姿を見れていません。去年の年末JACKのThe Rainの時もそうだったけど、行かない日に限っていつも何かが起こるっていう自分の運の無さに絶望。
でもね、今年は神戸のチケットが激戦で行くことさえも諦めていたので、行けただけでもいいんです。
ステージに上がったハイドさん、手に持ったたいまつを複数のたいまつに近付けて着火。ホラーな宴が始まるぜケタケタケタって演出にしたかったんだろうけど、そのたいまつが銀の筒みたいな物だったのでどう見ても聖火にしか見えない。もうちょっとゴシックな燭台とか無かったんスか?
DMCの『SATSUGAI』をもじった『KYUKETSU』からスタート。
何気に数年前のライブで一度聴いたっきりだったので凄く嬉しかった。それもちょっとVのライブに行かない間にハイドさんったらデスボが上手くなっていらっしゃる。なんと、生で聴けるレベル!びっくりした!(昔は本当に酷かったから…)
そのまま『REDRAM』へ。この曲も大好き。
大きな会場だからかケン様のアルバイトの成果か音もゴチャゴチャしてなくて、激しい曲だけどしっかりライブの生音として楽しめましたよ!びっくりした!(昔は本当にry)
左右のスクリーンはずっと赤と黒の映像でメンバーを写し続けていて、どこで停止してもポストカード。カッコ良かったです。

HYDE「ハロウィンへようこそ~。ハッピーハロー?」
(ウィーン!)
HYDE「ハッピー??」
(ハロウィーン!)
HYDE「あぁ~ん、そう、いいね…(?)今日、待ってたよ。今日がくるの。んん~~、待ってた。みんな元気に死んでるー??」
(死んでるー!)
HYDE「今日はみんなアレやな、可愛いかっこしてきてるやん。可愛いね~!カワ、イイ。食べちゃいたいわぁ…食っちゃっていいかなぁ?食っちゃって…いちばん。いっちばーーん。いちばん可愛い子、食っちゃおうかなー?」

この時「会場で一番可愛い子?それはお前だ!!」と満場一致で思ったところで、HYDE「らんちゃんぷぇーー!!」と不思議な言葉を叫び、『HUNTING』。(どうやらハンティングと言ったっぽい?)
ライトに照らされたハイドの二の腕が一瞬ボコボコに見えて、「えっ!?セルライト!?」と恐怖に戦いてたんですがよく見たらイバラの刺青でした。あぁびっくりした…最近見てなかったので(ラルクでは隠してることが多いし)ハイドの二の腕にイバラがあるのをすっかり失念していたwあぁ良かった。
次は『ANGEL TRIP』になって会場はタオル回し祭りに。
どうやら、私が知らない間にPVでいうところの耳打ちをするシーンで
HYDE「パーティーを抜け出さない?二人っきりで」
と、乙女ゲームのイケメンキャラのセリフみたいなことをハイド様が言ってくれるイベントが追加されていた。ワロタw
続いての『TROUBLE』のイントロでボールシューターのような武器を装備したハイドさん、花道で客席に向けてシュポシュポ発射していたけど何が出ていたのかはよく見えず。
HYDE「本能のー?」(ままにー!)というコール&レスポンスはまだ理解出来るんですが、その次に言っていた「バウワーウ!」(ワンワーン!)みたいなあれ、何て言ってたんだろうか。全然聞き取れない。
曲の最中の\ドシャーン☆/と車が衝突する音で、「あぁあーーーー↑↑↑」と高い声で叫んだハイドさんはそのままお倒れに。
よくわからん展開に戸惑ってしまったけど、その後良い声で HYDE「叫べゴーストッ!!」と言い放ったハイドさんはとてもカッコ良かったです。

HYDE「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」
HYDE「あーー…みんな楽しんでんの?楽しんでんのー??はぁー、ね、今日は飲み仲間がいっぱいおって…」
(プークスクスw)
HYDE「え?なに?ここ笑うとこ?」
(www)
HYDE「ね、ほんま嬉しいんですよね。みんなも今日、普段より2倍可愛くなってるで」
(きゃー!///)
HYDE「え?そこ喜ぶとこ?w」
(www)
HYDE「ふぅ…汗かいちゃった。ちょっと、アレンジした曲があるから、みんな聴いてもらっちゃっていいかな?じゃあ、いっちゃって」

『HALLOWEEN PARTY』をおにゃのこボイスで一人で歌う、キャバレー風アレンジでした。
ライトもダークな夜のバーな雰囲気で、トランペットみたいな音がプェープェーと鳴る笛のような楽器を吹いたりして、とってもセクシーな演出。面白かったですね。
いやー、はいどちゃんがラウンジの中心で歌うディーバのようじゃった。これで女装だったらどれほどの破壊力だろうッ…!惜しい!実に惜しい!
続いて『DEVIL SIDE』は、観客に歌わすこともなくしっかり歌ってくれて嬉しかったです。
『SEX BLOOD ROCK N' ROLL』からの『MIDNIGHT CELEBRATION』は私のウンコ耳では進歩が感じられず。少し高いキーでのデスボはまだまだ修行中の御様子。
間奏のヘドバンタイムは皆さん柵を持って体重をかけてくるのでかなり揺れていて、そのたびスタッフさんが「押さえた方がいいかな?大丈夫かな?あ、大丈夫、あ、でも危ない、あ、あ」という感じで立ち上がったり座ったりを繰り返していた。

20時からハロウィンジャンキーオーケストラタイム。
CDでいうところの2曲目のやつをハイドの指揮のもと、愉快な仲間たちと一緒に演奏。(ここにだけ参加するメンバーも仮装して出て来てくれてました)
間違った人にCO2を発射するyasuも、急に演奏を止めるのも去年とまったく一緒なので割愛。
その後、全員が太鼓を持って前に整列し、メロディを順番に叩いていくアフリカゲーム(アニスが指南)を実施。
あ~こういう身内ノリはメンバー全員を知ってないと楽しめないからキツイなぁ~とちょっと思ってたんですが、最初にハイドが失敗し、「ハイドさん罰ゲームでーす!」の言葉と共にマイクを持ったハイドが頭を抱えながらオロオロと花道に出てきた姿があまりに可愛くて大興奮。
そのまままさかのX-JAPANの『X』をカラオケで歌唱。
(;∂Д6)かーんじてみーろ!(エーックス!)さーけんでみーろ!(エーックス!)
バンギャやってたらこれくらいは知ってるぜ!と言わんばかりに、観客の皆さんも一斉にXジャンプ。なんだこの展開wwこの日一番笑ってしまったw来て良かったww

やまちゃん「なんで歌えるんですか!?そして会場の皆さんはなんでXジャンプが出来るんですか!!」
yasu「ちょ、その前に、X-JAPANが罰ゲームってどういうことなんです?w」
やまちゃん「まぁまぁww」
(wwwww)
HYDE「……あの、帰っていいですか…?」 ←花道に放置されていた

ちなみにハイドさん、歌声も地声のままで始終オロオロと歌っていたのに歌が終わると自信満々で戻ってきたため、やまちゃんに「なんで戻る時だけドヤ顔!」と突っ込まれていた。
その後も失敗したメンバーが2~3人出てきましたが、全員『X』。ゆるぎない『X』。なんでか知らんけど『X』。
他メンバーが歌っている後ろで、ワンテンポ遅れでひょこひょことXジャンプをしていたはいどちゃんが可愛かったので大満足でした。
あと、yasuとDAIGOが「ハイドさんから始まるぅ!!イエーーイ!アフリカゲーム!イエーーイ!!」と芸人のように盛り上げていて、これがほんとの太鼓持ち状態だったのも面白かったなぁ。実際に太鼓持ってるしなw

アフリカゲームが終わった後、やまちゃんによるゲスト紹介でkyoさんやシドのアキ様などなど、さらに多数が登場。kyoさんはPVのまんまだったけど、アキ様は何故か血みどろ花嫁でとても可愛かった。PVのアキの仮装は再現不可能なのか??
スペシャルセッションということで、ハイド&kyoさんのダブルボーカルによるD'ERLANGERの『ラヴィアンローズ』を披露。
演奏に参加しないDAIGOやyasuなどのメンバーは後ろの長椅子に座って身体を揺らしながら温かい笑顔で見てるんですが、それがなんかのど自慢大会の審査員と参加者のアレのようで笑ってしまったw
終わるとkyoさんとハイドはがっしり握手。
DAIGO「ヤスさん」 yasu「なんだいダイゴ」 DAIGO「ヤスさん」 yasu「なんだいダイゴ」 DAIGO「すごいもん聴いちゃったっすねヤスさん」
などと、どこぞの芸人のようなやり取りをしたり、
yasu「イヤモニしてるんだけど、チャンネルがハイドさんと一緒だからダイレクトハイドさん、ダイレクトkyoさんだったんですよ。もう耳レイプ!」
と喜んでいたりと、この二人は漫才コンビ結成でも目指しているのかと一抹の不安。

HYDE「ほんとにね、PVから演奏からみんな集まってもらって。CDになって嬉しいです」
(アキー!)というファンの声に応えて、花嫁アキ様を近くに呼ぶはいどちゃん。
HYDE「その格好めっちゃ可愛いね。こっちおいで」
アキ「俺、PVでもあんま気付いて貰えてないんすよ。結構頑張って仮装しすぎたのかな?」
HYDE「ねぇ、その衣装、俺が着てたやつやないの?なんか着た覚えがあるような」 ←人の話聞いてない
アキ「最初っから作ると1人の衣装三桁いくみたいで、だからこれって言われて…(既存の衣装を着たって意味だと思う)」
HYDE「へー、あ、じゃあ違うやつなんだ」
(※ハイドさんの花嫁衣裳はホスピタリティエリアに展示してあります)
HYDE「(ナイトメアの棺さんを呼ぶ)それ、二階さんが凄い大好きなキャラ!おいしいって言ってたけどほんまかな。棺くんは顔が怖いからいいかなって思って呼んだんだけどw」
yasu「でも彼、メイク落とすと普通に可愛い顔してますよw」
HYDE「それ暑いの?」
(ここで、演奏してると凄く汗をかくという会話をしていたと思われる)
HYDE「え!あれアテフリやないんや!」
やまちゃん「ちょっとwwwそういうこと言わないでw」
HYDE「いやだってww」
やまちゃん「分かるけどアテフリとか言わないの!」
HYDE「花音ちゃんは以前のハロウィンにも出てくれて、ね」
(花音ちゃんは返事してたくらいであまり喋らず)
yasu「僕が唯一出演しなかった年のハロウィンですよね。まぁそんなことどうでもいいですよね」
DAIGO「ヤスさん!」
yasu「なんだい、ダイゴ」
DAIGO「ヤスさん、俺、ヤスさんの小話聞きたいっす」
yasu「あとで、LINEで言うから!」
(wwww)

と、ヤス&ダイゴの漫才で〆。
何やらyasu&DAIGO&ハイドでLINEをやってるそう。新幹線で横一列に並んでLINEで会話しているとか、新しいおもちゃを手に入れて子どもか。
その後、アニスもフランスからわざわざ来てくれた~みたいな話になった時、
HYDE「最近日本に居ないんでしょ?」
アニス「うん」
観客の(アニスー!)という声援を受けて、
アニス「Call me!Call me,baby!Call me!」
と、笑顔で客席を指差しながら電話ジェスチャー。
これを横で見ていたyasuが
yasu「え、反応が外人過ぎてひきます」
と言っていたのが良かったw

そして、DAIGO「ヤスさん」 yasu「なんだい、ダイゴ」 DAIGO「ヤスさん、後輩的に言っていいっすか。」 HYDE「ダイゴ」 DAIGO「ハイドさん」 HYDE「ダイゴ」 DAIGO「ハイドさん」 ←漫才に混ざりたかったらしいハイド
DAIGO「俺、もう1曲くらい聴きたいっす」
のコールを受け、ABCの『眠り姫』をハイド&yasu(DAIGOも入ってた?)によるアカペラで。これも去年やってたので割愛。
yasu「ありやす~」
HYDE「予定に無いことさせないでよダイゴ。楽屋で練習してたけどw」
DAIGO「いや、あんなに練習してたのにやんないのかなって」
HYDE「www」

その後、全員揃って本家の『HALLOWEEN PARTY』
カボチャの袋に入ったお菓子を客席にバラまきつつ、トミーの部分は花音ちゃんが全部歌ってました。んで、シャウト系のところはほぼkyoさんかな?
CD通りのガヤガヤした雰囲気をしっかり表現してて良かったです。
終電の時間が迫っていたため、曲の終盤で急いで退却したのでエンディングは見れず。残念無念。
最後どんなやり取りしてたのかな~?

いやー、ギリギリでしたが参加出来て本当に良かった!もっとゲストが来てくれるライブだったら嬉しかったんですけど、関西という立地的に難しいのかなぁ?
でも、やっぱり楽しいですねハロウィン。私はあまりアーティストに詳しくないけれど、最後まで楽しめました!
「今年は女装」宣言していたにも関わらずハイドの女装が見れなかったのが心残りですが、来年も是非行きたいですね!お会いしてくだすった皆さんありがとうございました~*

そして翌日、やはりハイドの女装がきた上に(それもローゼンメイデンの水銀燈っぽいゴスドレスでおかっぱ)、私の大好きなFF7コスをABC、るろうに剣心コスをブレイカーズで、日曜参戦していたお友達が「なんでLUSY、今日居ないの!?」と総ツッコミされていたと聞いたけど、ななな、泣いてなんかないからねッ!

……あれおかしいな?目から汗が。゜(゜^0^゜)゜。ブヒー
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
『Halloween Party』、発売おめでとうございまーす*



初回版がゾンアマさんから届いたので引き取って参りました。ジャケットデザインはメニュー画面のCGイラストに金の縁ケースと思ったより普通でしたけど、こんなもんかしら?あんまデコラティブにしても鬱陶しく見えるし、暗くしてもゴシックになり過ぎるし、難しいところなのかも。
それよりこの縁ケースから出しにくいのなんのって。ブックレットとCD2枚セットのケースが一緒に入ってるんですけど、なんでこんなパッツンパッツンにしまってあるのか。持ち歩くには普通のCDケースに入れ替えた方が良さそう。
で、初めてフルで聴きましたー!
聴いてみて思いましたけど、細かく感想を書いたり考察するような曲でもないので、ただ単純に
はいどちゃんの考えるハロウィンは超可愛い!
この一言です。
なんか、ブツくさ細かく歌詞やメロディ展開について解剖するもんじゃなくて、ハロウィンイエーイ!で良いと思うんですよこれは。
だって深く考え出すと、「わたし黒猫 悲鳴はキャット」って「頭痛が痛い」みたいな歌詞がちょっと気になる…これは「見た目は可愛いゴス娘に見えるかもしれないけど正体は化け猫なのよ」っていうアピール?とかさ、そんな細かいことを考えるのが野暮に思えてきます。
この世界観を楽しめばそれでヨシ!ということで完結しておきたいような、♪夜は墓場で運動会~的な、凄く可愛いホラー曲に仕上がってました。

むしろ、誰がどこを歌ってるかってことを考える方が面白そうですけど、
やっぱりハイドとアンナちゃんしかわっかんねー!!
1番のAメロハイドの後にyasuが歌ってるのも何となく分かりましたけど、2番になるともう誰が誰だかワケワカメ。
聴く前は、ムックの逹瑯さんの声はシャウトが上手いし特徴的だから彼の声なら聞き取れる自信があったものの、思ったよりシャウトが上手い人が多くてまったくわかんなかったwww
しかし、ハイドが歌いだすと声の放つ芸能人オーラが凄いですね。わざとホラーっぽく歌ってるから余計に特徴的に聴こえるのかもしれませんけど、なんかこう、うわぁハイドさんだ!っていう声の存在感を感じますよ。ファンの贔屓目だと思いますけどねすみません怒らないで。

というわけで、PV感想をば。
そもそも、折角二階さんが監督してくれたのに何で最高画質のブルーレイにしなかったのか?と思ってたんですけど、実際に見てみたら映像自体に古いフィルム感を出していたのでDVDでいいか…と納得した冒頭。
画質をちょっと荒めにした雰囲気、これもまた二階監督っぽくもあるか。(荒が隠せるメリットもあるし…)
一匹のコウモリが古城の中に入っていって、10月31日を迎えた時にオバケ達が集まってくる、みたいな展開。
このコウモリがハイドに化けるわけですけど、天井から逆さに吊られていてマントをバッサー!しながら着地しつつちょっと小芝居をうつところで笑ってしまうww可愛いね!可愛いね!
しかしこの古城の入り口がスーパーマリオのクッパにしか見えない。もうちょっとガーゴイル的なカッコ良さは出せなかったのか?
ここからは、めざましなどで見ていた映像でした。
ゆかいな皆さんがナイフとフォークで机をがんがんしている中、優雅に腰掛けるはいどちゃんが素敵ング。
でも、今回のはいどちゃんの衣装、あんまり私好みではないんですよね…可愛さや幼さやひょうきんさは出てるけど、どうも仮装っぽさが抜けないというかノンスリーブとボサボサ黒髪のせいで金太郎っぽく見えるというか…
はいどちゃんが中心人物っぽいのに(厨二的な言い方をすると上級悪魔ポジション)、ジャックっぽく口裂けメイクにするとしてももうちょっと偉そうに見える衣装は無かったのかしら?ハイドがスローになるシーンはカッコ良さを表したんでしょうけど、可愛さの方が強くてあまり迫力が無いw
そう思うと、やっぱりアンナちゃんの仮装がナンバーワンだ。
ブックレット見ても、アンナちゃんだけ背景のCGと同化したかのようなメデューサになりきってたものね。やっぱりほんまもんのモデルさんは違うわね~!
案外、青木さんが良いなと思いましたよ。あの、ハイドの背後で同じような動きをしてる人が青木さんですよね??
衣装としては普通なんですけど、スカした道化っぽい衣装が「モノマネ」というイタズラをするオバケっぽくて、あー、合ってる合ってると思ったのでした。
スキャンダルの子の拘束ウサギも可愛かったナァ(´∀`)もうちょっと目元が真っ赤になってても良かったけど。
いやはや、何だかんだで私もホラー好きなので、ついつい「もうちょっとこうした方が…」と自分の好みを持ち出してしまいますな。素人のくせに!
案外怖かったのが、白目赤ずきんの血まみれの腹から狼ガオーってやつ。あれなかなか『本当は怖いグリム童話』っぽくてグロイですよねw(ブックレットを見たら半身キャラでしたけど)
あと、フランケンの仮装らしき逹瑯さんは、いつもの逹瑯さんだったのが面白かった!フランケンっていうかムックの逹瑯さんだった!

お気に入りは、全員がシルエットになって街を歩くことで影絵アニメっぽく仕上げてたところです。
背景がオレンジになるところなんてもうたまらんよ。ハロウィンというテーマが分かりやすくアピールされてて好きです。
あと、魔法が解けるシンデレラよろしく、ハイドがコウモリに戻って飛んでいった後、煙がカボチャになる芸の細かさ!w
こういうの、二階監督は上手いですよね~。ホラーな世界観がお好きなんだろうなって思います。
それと、ハイドが指揮をするシーンも良いんですけど、へっぴり腰とヒョコヒョコした動きのせいでひょうきんさの方が際立って笑ろてまうwwあの小者っぽさは何なんだろうw(あえてそういう路線なのは分かるけど!)
もうちょっと上位悪魔っぽくイケメンキャラでも良かったぞ。でも可愛いからなんでもいいよ!可愛いは正義。

いやー、全体的に可愛らしさを前面に押し出して、隅々まで丁寧に作ってあって素敵なPVでした~。
曲だけでは誰がどこを歌ってるかサッパリなんですけど、PVを見ることで分かるというメリットもありますしね。
DAIGOのデブ声は低すぎて分からなかったですが、yasuと一緒に歌ってるのかな?
ほぼ皆さん1~2シーンずつくらいしかメインの出番が無いので、もっと長く各メンバーの見せ場が見たかったくらいです。
最後のスタッフロールを見たら、あぁあの人がこんな格好してたのか!とおったまげることばかりでした。皆さんヘアメイクも凄いし、もっとじっくり見たかったです。
でもちょっと遺影みたいで吹いた。ごめん…

以上、ハロウィンパーティーの感想でした。
や~、やっぱりハロウィンって素敵なイベントねヾ(´∀`)ノ ホラー好きにはたまらんよね。
さぁ!これを聴きながらもう目前に迫ったハロウィンライブに備えるぞーーー☆
と思ったら、ンホォォォオォオwwww私、神戸の参加席の抽選にも普通に落選したんだったwww思い出したwww絶望した…

やっぱり3月まで寝ようと思いますスヤァ……(:3[_L'_]




●追記-------------------------------------------

とか言ってたら、チケット譲って貰えることになりました!ガバァァァ!(起

一緒に探してくれた皆さんも、譲って下さる方も、お祝いしてくだすった皆さんもありがとうございました!!
スタンディングだったのでレポ出来るか分かりませんが、ちょっくらハロウィンを見に神戸まで走ってきますね。ピューッ

 

 

 

 

 
ブルボンの新商品『L'Arc』が発売したので買ってキタヨーー!
4つ区切りのチョコがけゴーフレットでした。うめぇ。



1個だけ食べるにはフィルムが剥がしにくいなと思ったら、1つずつ取り外せるんですね!「そんなソロ活動させねぇぇえ!」とくっ付けたまま無理矢理フィルムを剥がしているラルヲタさんが多いとか何だとか。

しかしこれは
①宣伝力と購買力の高いラルヲタをターゲットにした実験。
②バンドのラルクなんて無関心な社員が偶然持ってきた単語で、そんなバンドがあったような?というくらいで意識していない。
のどっちか勘繰った結果、まぁ普通は②ですよねーwwと思ってたんですけど、あながち①の要素もありそうな情報が入ってきてソワソワしてます。(あくまで真意は不明ですが)
ブルボンさんの思惑通りか予想外か、通販サイトではL'Arcの20個入りというまとめ買いセットが売り上げ1位になってました。さすがラルヲタ、圧倒的な行動力。20個も買って一体どうする気なのか。

でもこのL'Arcに関するブルボンさんのニュースとか、CMとか、その手の情報はまった入ってこないんですよねー。
L'ArcのCMにバンドのラルクを起用だなんて、コラボ商品かと思われるから逆に駄目かもしれんけどさ!でもさ!ちょっとその手のニュース情報を期待して待ってるんですけどブルボンさん!頼みますよ!こっちは活動無くて飢えてんのよッ!(本音)

何はともあれ、美味しいです。L'Arc。
ホワイトロリータとかルマンドみたいに、長年愛されるお菓子になってくれると嬉しいデスネ。



んじゃ、LE-CIEL会報Vol.73が届いたと同時に、はいどちゃんと愉快な仲間たちのハロウィンシングルのPVが公開されたのでそっちの話も書きますよ。

いよいよ10月17日にミューモで通販限定特典が付くハロウィンCDが発売されるわけですが、私もばっちり予約しておきましたー!…ゾンアマさんで。
いやぁ気付いた時には既にミューモの発売日当日発送の受付が終了してたんですよ。それでも発売日には聴いておきたい気持ちが強かったんで、まことに遺憾ながらミューモ特典は見送ることにしました。
でもさっき見てみたら、ミューモ通販特典はB3クリアポスター〔VAMPS ver.〕なんスね!ポスター貼らんし、これならいいや。セフセフ⊂(´∀`)⊃
ミューモさんのページはコチラ

でも、この初動の遅さ、一応反省しております…以前の記事で書きましたがハロウィンライブのディスト先行に乗り遅れてしまいまして、ハイモバに申し込んだんですが落選。その後のe+の先行もファミマ先行も全部落選。なんてこったい、こんなに激戦だとは思わなんだ!
もう私は自業自得だとしても、せめて一緒に行く予定にしていたお友達の分だけでもチケットを確保してあげたいので、1枚でも余り情報があれば是非とも教えて下さいませ;
とりあえず、お友達には今度会ったらジャンピング土下座します、ハイ…

気を取り直して。
ハロウィンCD…えーと、正式名称はHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAによる『HALLOWEEN PARTY』ですね。なっげーわ!HJOって略せばえぇのね?なるほど覚えた!
これについての短めのハイドインタビューと、PVレポがLE-CIEL会報に掲載されていました。
メロディ自体は去年のハロウィンでも流れていたので(ハイドが一人で何役も歌ったアレ)分かってましたが、先日のめざましTVでPVが公開されたので見てみると、それぞれの声が聞こえてきて面白かったです。ハスキーボイスのアンナちゃんとか凄い分かりやすいよねー!
個人的にはハイドが何役も歌った初期のバージョンもボーナストラックに入れて欲しいくらいですけど、それやっちゃうと大勢でワチャワチャしたハロウィンっていう趣旨が変わっちゃうかw
で、インタビューで語られていた、HJOのメンバーの選抜についてが興味深かったです。
ムックの逹瑯さんの歌声についてはハイドさんと同意見だったので、そうなのよそうなのよー!と読みながらフガフガしてしまいました。
ムックにそれ程詳しいわけじゃないんですけど、逹瑯さんの歌声は好みなんですよ。あぁいう声が出せる人ってバンド界隈でもあんま居ない気がする。(京さん系が多い印象)
この曲は皆さん声を変えたり一緒に歌ったりしているので、いまだかつてないほどリスニングスキルが試されるシングルだなぁと思ってたんですけど、逹瑯さんのあの個性的な声なら私のへっぽこリスニングスキルでも聞き分けられるかもしれん!…けど、私の耳は本当にウンコなのでどうにもこうにも。
しかし、「誰がどんな声で歌っているか」っていう解説の所、DAIGOの扱いにはワロタ。うん、DAIGOの声を探すのは諦めたよ!ハイ今諦めたー。
kyoさんの声なら分かるかな?あ、でもハイドさん、kyoさんは「俺が先輩風ふかしてると思われたくないし…///(*∂д6;)」っていう気持ちもあったみたいですが、十分「あぁこの面子、いかにもだなぁ」って思ってたよ^^プヒー

続いてHJOのPVについて。
まだめざましで流れた一部しか見てないんですが、さすが二階さんのお得意とする映像美!こういうゴシックポップな世界は大好き。
デロデロとしたグロいダークさは今の時代には逆にチープだし、「カラフルさを入れた」っていうハイドさんのこういうセンス、好みだ。
「ナイトメアビフォアクリスマス」の雰囲気をイメージしたってのも納得。私はいかにもアメリカンな「ナイトメア~」のキャラは苦手なんですが、あぁいう可愛いホラー感は好きさ好きさ!
監督の二階さんの呟きによると、「ナイトメア~」は好きだからこそ真似したくなかったとか仰っていたように思います。
でもハイドが「ナイトメアナイトメア」と言うので、ごめん、やっぱ映像を見た時の感想は「ナイトメアっぽい」だったわw
もうPVがフルで公開されてる…のかな?
折角DVD付きを予約してるんで、PVフルの感想は発売後に~(´∀`)
一部の映像だけを見た感じだと、他の人は特殊メイクしててもバンドマンっぽかったけど、アンナちゃんのメデューサ仮装が一番なりきってて画的にもずば抜けていたように思う。今んとこ私的ナンバーワン。さすが売れっ子デルモ!

そういえば『LIFE2』の宣伝写真っぽいのが載ってましたけど、夜のモンサンミッシェルをバックに写された女優ハイド様の美しさがちょっとほんとに異常。どこの貴婦人の絵画かと思ったら、ヤダ、写真じゃないこれ…///
街を歩くリーダーはいつもより控え目なお洋服だった。それでも十分派手なんだけど、私、これくらいに抑えたリーダーが好きです。いっつも目がチカチカすんねん!
ケン様はメンバー用におみやを探している姿かな?何気ないショットなのに、隠し切れないワイルドな色気がダダ漏れであります。フヒィフヒィ=3
最後のページは暗闇だけ?と思ったら、よく見たらユキヒロさんがいらっしゃいました。なんか夜のバンギャみたいなスタイルでちょっと面白かったw
いやー、楽しみだな『LIFE2』。
ケン様のおみや探し写真も楽しみだけど、エクステハイドをいっぱい見たい私としては願ったり叶ったりの美☆ロシエル様がいっぱいと見た!フフォー!発送はよ!

次、メンバーのソロコーナーの感想をちょこっと。
リーダーの『開運見聞録』は、占い師の星ひとみさんが別嬪さんってことしか覚えてない。
っていうか、もうこのコーナー何年も続いてるせいで、だいたいどの占い師さんもリーダーに対して仰ることって同じなんだもんw
うんうん、そうそう、リーダーってそういう性格デスヨネー。と思いつつ読んでました。
でもリーダーってまだラルクで一番文句言われる立場なのかしら??今は違う気がするんだけどな~……知らんけど。(関西人)
『kenの遊々ハマリズム』は、完全にぼくの夏休み状態に。
夏休みといえばクワガタ採りが無いじゃないか!と思ったけど、そーでしたケン様は虫嫌いなんでした。
ほんで、釣りには何回も行ったけど釣れたことはあまり無いという言葉に、あれ?ヒラメ釣ったんじゃなかった??と思ったけど、そーでしたあれはハイドの夢の話でした。
なんだか記憶がごっちゃになっておりますが、麦わら中折れ帽子にラフなジーパン姿でウチワをあおぐケン様の男前っぷりといったらちょっとどーしたのこれ。こんな色っぽい人、田舎に居ません。
そんなイケオジ・ケン様が少年のようにペットボトルロケットをしたり、花火をしたり、絵日記を描いたりしている写真が満載で大変おいしくいただきましたし、ケン様手作りカレーを食べたというスタッフには嫉妬しておきました。ありがとうございました。
ところでケン様、今年の夏は本当に夏休みを満喫なさってますよね!
今月の『yukihiro牛乳』によると、ケン様が「これから軽井沢にバーベキューしに行くけど、一緒にどう?」とF4みたいなセレブなお誘いをしたことが判明。
ユキヒロ先生と一緒に行った軽井沢で、肉焼いてストレッチしてたそうです。(こう書くと意味不明ですけど本当にずっとストレッチしてたらしい。軽井沢までやってきてストレッチばっかりしてるってある意味セレブの所業)
というわけで、そろそろケン様も動く…のか??動かないのか?動かなくてもいいけどたまにはツイッタにきてね…!飽きたって言わないでェェェ…
『3分ユッキング』は特撮特集かぁ。
庵野監督の「巨神兵、東京に現る」って、確か金曜ロードショーでちょこっとCMが流れなかった??あのビーストモードのエヴァか使徒みたいな巨神兵だった気が。
しかし今の特撮技術って、たぶん私が知ってるゴジラ時代より凄いことになってるんだろうなー!
先生の写真の背景のぶっ壊れた東京タワーとか凄い精巧でしたね。近くだったら是非見てみたかったかも。
とりあえず、ガチャガチャをコンプして喜ぶユキヒロが可愛かった。以上である。
んで『hydeダイアリー』ですけど、ラルクのワールドツアー部分は他のインタビューで既出の内容が中心でしたが、なんか、VAMPSの方は情報を追っかけてないので「そんなことしてたのか!」と新鮮でしたね。
シンガポールのホテルに泊まりたくて、ブーブー言いまくる豚ちゃんはいどちゃんが可愛くてヘラヘラしてたら、
VAMPSでケン様がアルバイトをしてたことが判明
いやいや詳しくは書きませんけど、夏休みを満喫してるのかと思ったら…!そういえばVAMPS東京公演でケン様の目撃情報があったけど、そ、そのせいかーッ!!(ワナワナ
ほんで、ケン様を思いついた時の
やだ!。゜+.(*∂д6)゜+.゜俺ってかしこい…!!
っていうはいどちゃんが可愛くて悔しい。クソクソッ!ブリッコめ!しかし可愛いクソッ!
そっかー、ハイドはケン様にそんなことをお願いしてたのか。ハイドにとって、ケン様はやっぱり「音楽の先生」なのね。
私がVAMPSのライブに行かないのって音がゴチャゴチャで聞き分けが出来ないせいも大きいので、次に行く時には改善してるとイイナァ(´∀`)
そこで同じギタリストとして好感を持って頂いたのかお礼の意味もあったのか、ラグーナのケン様出演のお誘いはKAZさんからと知ってビツクリ。
それなのにケン様はステージでセクハラの限りを尽くしていたけどねッ!!逆に申し訳ないッ!!KAZさんがずっと暴れまわるケン様を見ていたっていうエピソードがさらに申し訳無さを加速させるッ!!「こんな人だと思わなかった」とか思われてるんじゃあ!?!?や!!違うんですよ凄い人なんですよケン様はぁああー!!
まぁいいか。(結局)


以上、かんたん会報感想でーした!



ここでTV情報追加。

11月9日 24:20~『タモリ倶楽部』 Ken出演決定

でーーーす!(^0^)ノイヤッホー!!毎ソロ期恒例のタモ倶楽部の季節がやってきましたよケノタのみなさーーーん!!
しかしこれは関東の放送時間でして、現在各地域で大幅な放送遅延が発生しており、たぶん関西で放送するのは来年の3月ではないか?とか聞いて気が遠くなってきた…

3月になったら起こしてください (:3[_L'_]


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 LUSYの日記, all rights reserved.

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。