L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
お待たせしました行って来ました、HYDEツアー『FAITH』4/1 川崎初日。ディスト限定~。

早速レポート書かせていただきます!えっほえっほ!
今回も盛大にネタバレしまくっておりますので、知りたくない方は追記をクリックしないように御注意下さいね。
トラバからお越しの方は「以下、ネタバレ」と書いてあるのでそれ以降に御注意下さい。




まず、金曜日は仕事を定時ダッシュし、自宅でお風呂に入り夕飯を食べてから大阪入り。
地元から大阪までは電車で片道2時間。
これが結構しんどいわけです、1,890円もかかっちゃうし(往復だと軽く4,000円近い)
いつもはブランケットに包まって寝てるんですが、

車内が異様に寒くて眠るどころでは無い

これにはちょっと怖くなる。
暖房も全然効いてないし、外はもっと極寒だと思うと着てくる服を間違ったかもしれないと冷や汗が出る(ちなみにハイディストの赤黒ボーダーカットソーにライダース着用)
関東はあったかい…よね…??
とりあえずそう決め付けて薄着のまま耐え抜く。
というか、むしろ田舎の古い電車だから暖房が効かないのかもしれない。え、どんだけ古いのそれ。
奇しくも大阪・尼崎方面行きのJR福知山線である。
スピードアップした時の音もギュワワワギョエーー!!!とか年代物の脱水機みたいな音がするんですけど。
大丈夫なのか。大丈夫なのか私は。

23時、何だかんだで無事に大阪入り。
夜行バスにも無事乗車。
バスの待合室で明らかにソレっぽい格好の人をチラホラ発見する。
会話に耳を澄ませると
「入り待ちがぁ~」
とか
「ハイドさんの…」
とか
何だか恐ろしい単語を大声で喋っている。
お友達もディストで一緒に当たって一緒に行くからテンション上がるのは分かるが、ハイドの入り待ちの相談を人が密集してる場所でしないでくれたまえ。
…とか言って私も「えっ!ハイドが!?」とか突然叫んだりするので五十歩百歩なんですけどwwww(そのうえ自分で自分の大声に驚いたりしてるのでタチが悪い)

いやぁ~、やはり高速バスは高額だといってもJRに限りますね~。椅子の快適具合が全然違うもの。
たぶん10代だったら余裕で他社の安いタイプで行くんだけど、身体が伸ばせないと眠れないのでJRで行かせていただきますよよよ。
お陰で東京まで片道8時間、持参したブランケットを丸めて腰に当て、用意されたJR印の毛布とライダースを被り、お家のタオルで強盗のように顔をぐるぐる巻きにしてたら爆睡できました。ヤハ!
バスで眠れないという神経質な方は、自宅からフェイスタオルを持ってくるといいと思います。お家の香りがするのでリラックス出来るから。
まぁ朝早く行きたくて夜バスを利用する場合は、ケチらず良いバスに乗った方がいいと思われます。
遠征で睡眠不足に陥ってたらライブも楽しくないので、行きのバスは快適さを追求すべし!ケチるなら帰りのバスですよ!ヽ(゚∀゚ )ノどこでも寝れる人はいいけど!


さてさて。
明朝7時に東京駅に到着。
コンタクトを装着し、ひとまず神田のネカフェに向かう。
私は1~2人用のソファ個室を確保して朝飯を食らいながらのんべんだらりと準備開始。

10時頃。
先に川崎入りしていたお友達のAさんから「グッズの列が凄いことになってきましたよ…(゚Д゚)」という連絡が入る。
えっ!!Σ(゚□゚)ま、まだ午前中でちゅよ…!??
13時から販売開始だから12時に行けば余裕だと思ってたのに…
そそそ、そうか、これがディスト限定というものなのかっ…!??
くそーー!!ディストの根性ナメとったーー!!
別に会場限定の何かがあるわけやないのに何で列が出来るんだ。意味不明だぞー!!
しかし私も私で「急いで行きますーー!!」とメールを送り、慌ててメイクを済ませ、東京駅へダッシュ。
川崎行きに乗り換えて約20分後、予定通り昼頃にチッタへ到着しました。

何だか黒い人達が凄い列を作っているのはわかったが、と、と、とにかく美肌グミを買わなきゃ…!!(゚Д゚≡゚Д゚)アワワワ
最後尾を探して周囲をウロウロ。
スタッフに案内されて地下駐車場に連れて行かれる。
え、ちょっと、これ、どこまで列が続いてる…の?(恐怖)

そこはディストで満車状態になっておりました…

その列が階段~地上、物販前まで続いてるんですよ。
時々地上からスタッフさんが様子を見に降りて来られるんですが、だいたい呆然と立ち尽くした後に慌てて戻っていくという状態。
明らかに「おいおいこれって開演時間まで並んでるんじゃねーの?」という顔をしていた。

ふと隅っこを見ると、スタッフさんが『最後尾』と書かれたプラカード持って立っていた。
私もそこへ並び、長期戦を覚悟しながらも物販に辿り着く頃にはパンフしかなかったらどうしようと不安になる。
そうこうしていたら、最前近くに並んでらしたAさんから入電。
「代わりにLUSYさんの分も買っておきますよ~」と天使のささやきメールが届く。ぎゃ!!いい人!!ハイド級のいい人だ!!(PД`q。)・゚・いいんですかぁ~!?
それじゃあ、天使様のお言葉に甘えて……
「ミニバックとショップバックとハイドのグミ4つ買ってきて下さい(´・∀・)」と遠慮知らずにメールを送る(←頼みすぎ)
Aさん…快く了解してくれた…!!(震)
何だか大量にす、すいませっ…!!

その間も初対面のHIさんと楽しくお話し、お友達のHちゃんとも合流。
1時間程並んでいたらAさんがグッズを持って地下駐車場まで届けに来て下さいました。女神様がハイドグッズを抱えてやってきたど~!!Aさん、本当に助かりましたっ…!!
お陰で長蛇の列に並んでるというのに素敵グッズを抱えている私に、周囲のディストさんに「へぇ~、あんなデザインなんだ」と言わんばかりにジロジロ見られていた。ふふっ…フフフッ…誰にもあげないぞ…!!(`∀´;)ハァハァ
購入グッズの詳細については、明日のブログに写真付きで紹介致しますネ。

パンフは自分で買おうと引き続き並んでました。
その間にハイディストウォッチング。
面白かったのは予想以上に男性ディストさんが多かったということ。
女の子が10人続いて、男の子ペア、またはカップル、または1人、という具合いに混ざってるんです。
私、もっと少ないと思ってたんですよ。
これはハイドも喜ぶんじゃないかな~、音楽に限ったことじゃないけど、何かをやってて同性から支持されるって嬉しいことですよね。
特にハイドみたいな容姿端麗タイプは異性の顔ファンが付きやすいからな~。
比率的にはやっぱり女の子が大半ですけど、ここに並んでるってことは男性の方々もハイディストに入ってるわけですよね。うーんイイコトだ。今回のアルバムでもっと男性ファンが増えるといいですね。(なんて真面目にしみじみしてしまった)

さて。
肝心の物販の列はなかなか進まない。
HIさんやHちゃんのお陰で楽しくお話しながら過ごせたので良かったのですが、
結局、地上に出られたのは並んでから2時間半後。



外は寒いし何か曇ってるし…もうご飯食べる時間もない…。゜(;つД`)゜ウゥ



何の変哲も無いライブツアーの文字すら寒々しいぃぃいい。
…でもみんなが写メってたから私も一応撮ってみました…(釣られた)

パンフ購入後、お友達のHちゃんと私が予約しているホテルへ荷物を置きに行く。
チッタから徒歩5分のとこにしといて正解!
開場20分前に再びチッタへ戻り、コンビニでオニギリをもさもさ食いながらマイミクのOさんと会う。
折角会いに来ていただいたのに…すいません、何かずっと喋りながらオニギリ食ってましたねコイツ…!!(´∀`;)もぐもぐもぐ
ほ、ほんとうはこんな予定じゃあ…!!(13時にグッズを買い14時にジョナサンに入ってまったり飯を食うという計画を立てていた。あっさり崩れた)

すっかり時間が押し迫ってしまい、ようし並ぶぞー!!と、気合いを入れてHちゃんとOさんとお友達を連れてチッタへ行く。
スタッフに案内されるまま付いて行くと、再び地下駐車場に押し込まれる。
も、も、もういやだこの薄暗い地下怖い寒い地上が好き太陽に会いたいうわーん。゚(゚´Д`゚)゚。
ここで整理番号順に並ぶでも無く、広いからってディストを全部押し込んで整理番号順に呼んでいくという入場方法だった。お陰で入り口はぎゅうぎゅう。
ユンケルを飲みながら「ある程度並ばせとけよ…」と文句を垂れていたのはLUSY。ガラ悪いですね。

私は100番代の前半です。
スタッフに呼ばれたらダッシュ!ぎょうぎょーーう!=3=3=3=3


以下、ネタバレ。
 

more


チッタは横に広い開場でした。
最前列にバーと2列目のバーの間に1m程度の簡易バーが幾つか設置してあり、さらにその間にも縦向きのバーが有りました。
雪崩防止策ばっちりだな~。「絶対に死者を出しません」というハイドとスタッフの意気込みを感じます。良いことです。

私が入った時は最前列~3列目辺りまでは埋まってたので、ヒロキ側(下手)の簡易バー前を陣取る。
ハイドがヒロキ側にやってきたら2~3mの近さになります。押されない限りいい場所だ。゚+.(・∀・)゚+.゚
先にお隣にはオネーサンがいらっしゃったので、
「この前にあるのは最前列のバーだけですか?」
なんて話しかけてみたらとても気さくで素敵なオネーサンで、開演するまでの退屈な1時間を楽しく過ごすことが出来ました。有難う御座いました☆
初対面でもこんなに楽しくお話出来るのはディスト限定という空間のお陰かも。うーん、嬉しい。

開演時間10分前、幕の閉まったステージの向こうでギターの調整が始まる。ジャカジャカ鳴るギター音に客がきゃあきゃあ言うてます。ハイドじゃないと…思うよ… すたっふすたっふ。
流れていたSEはリンキンパークだと思う。
リンキンはアルバム何枚か持ってるけど、ちょっと聴いたことない曲ばっかりでしたね~。
うーんリンキンって新譜出たっけ??でも確かにリンキンのボーカルの歌声に似てたんだけど。ソロとか別バンドやってたかちら。
これは後日調査しときますね!!

開演時間5分後。
押し5~10分程度で始まったら初日としては良い方ですよねぇ、なんて言いながらもウキウキしてたところにアナウンスが流れ出す。

アナウンス『本日はHYDEライブツアーFAITHにお越し下さいまして、まことに有難う御座います。開演の時間となりましたが、HYDEの体調不良により、本日の公演は中止させていただきます

エッッッ!!!!Σ(((゚□゚)))

開場に響く混乱と戸惑いの声…

アナウンス『大変申し訳御座いません。代わりに、サルバドス・パンチョスの演奏をお楽しみ下さい

サルバド…っ…え?何だ何だ何ですって!?(゚Д゚≡゚Д゚)誰!?

わけが分からずきょろきょろしていると、幕が3m程だけ開き、その隙間に突然現れたのは
猿のヌイグルミを乗せたメキシカン帽子にポンチョ、黒い付け髭を鼻の下に付けたハイドがギターを片手に登場。どーん
他メンバーも同様の格好でマラカスを持っている。
そして始まる『母を尋ねて三千里』のテーマソング。

サルバドス・パンチョス
『母を訪ねて三千里』
ななな、なんじゃこりゃあ…(笑)

そしてやたら上手いのね。
「♪さぁっ!!出発だ!!今ぁ!日が昇るっ!!」のとこなんて、ハイドのマイクに左右からヒロキとKAZさん(かな?)がマラカスをしゃかしゃかしながら超真面目な顔でハモッてくる。
ついでにみんなで踊ってるし。
魅せてくれるなぁ~、爆笑。
しかし幕がほんの少ししか空いていないせいで、客がその方へ流れる流れる。ココココラー!!自分の持ち場を離れるなー!!(((;@Д@)))ヒィヒィ!
ちなみに歌詞は逆さまに歌われていたらしいです。
何を歌ってんのかサッパリ聞き取れなかったので、アニメとは違う歌詞があるのかな?と思ってたら逆さまなんてそんな…逆再生しないとわかんないじゃんか。

曲が終わるとサッと閉まってしまう幕。

アナウンス『以上をもちまして、本日の公演は全て終了致しました。有難う御座いました』
(えぇええーーー!!)
アナウンス『……なんちゃって』
(笑)
アナウンス『4月1日、エイプリルフールにお届け致しました。引き続きライブをお楽しみ下さい』
(笑&拍手)

あっ!!そうか!!今日ってエイプリルフールだったのか…!!( ゚Д゚) ←今気付く。
一瞬、本当にハイドが体調不良で倒れたのかと冷や汗が出ましたよ。
何ってったってそれまでにさんざん「熱が下がらない」というメールにファンは振り回され、家庭の医学で微熱が続く症例を調べたり(笑)もう、みんながみんな心配してましたよね。それでそのオチはあかんやろォ~。
結果的には良かったけどリアル過ぎてシャレになんないっす。いや、シャレだったわけだが。

そしてそして。待ちに待ったハイドバンドの登場です。
爆音で流れ出す第九。
キタキタキタキターーー!!!使徒襲来!!今回もカヲル君でいくんだねっ!!キャッキャッ!!

幕が全て開き、ついにメンバーが(普通の格好で)出てきました。おーいハイド~!やんややんや
ハイド、KAZさん、ヒロキ、フルトン(今、ヒルトンって打ってしまった…)
そしてキーボード&マニピュレーターのじんさんは黒いマントと怪人のような白いマスクで登場。ホラーです。

『SWEET VANILLA』
ようし1曲目恒例のハイドのファッションチェックいくどー!!
白い半袖Tシャツに黒いショートベストは背中に十字架のポイント有り。
下は黒いパンツという案外普通の出で立ちでしたね。
「666」の時に全身h.NAOTOで出てきた衝撃に比べたら…(笑)いつものハイドらしい格好ですよ。
珍しく最初からグラサンは無し!
愛らしい大きなお目々を見せてくれています。
髪型は茶髪の伸びかけのショートを何のヘアアレンジも整えもしないまま出てきた感じで、寝癖(というか元々の毛流れの癖だろうけど)のハネまである。
何か…どっかで見たことある髪形だと思ったら…
ケンちゃんヘアーに似ている…アハハ。どうしたのそのラフな髪。可愛いけども。

セットの壁には大きなキリストの磔の絵。
天井からは電球が高低差を付けてぶら下がっている感じでシンプルなものです。
この曲の時はライトが赤かったな~。
とにかく、ハイドを数メートルの近さで拝むのは久し振りなので「可愛い!美人!(((*゚Д゚)))麗しいぃぃい」と連呼してました。

『THE OTHER SIDE』
この曲の流れはなかなかカッコイイ。
2日目はジーザス~から始まったらしいけど、そっちも興味があるな~。カッコ良さそう。
ま、初日だけあってみんなが知っるからノリやすく、なおかつ重厚な流れできましたね。
スタッフが時々ハイドの弾いてるギターを触りに来てたけど、弦をいじって音を出してたのかも。
ケンちゃんも弾いてる最中にスタッフが弦を押さえに来たりするけど、今回のハイドもそんな感じだろうか??σ(・ω・`*

ここまで踏ん張ってたら押しも弱くなり、ある程度ゆったりとした自分の持ち場を確保。
勿論、前ゾーンに居るんだから拳を振り上げて踊ることも忘れてない。ヘイヘイ!

『WORDS OF LOVE』
シンディーのサックス部分をKAZさんによる歪みまくりのギターで。
けっこう演奏がグダグダしてた気がするんだけど…これも初日の楽しみ&御愛嬌ってとこか。
6月の京都でどこまで完成してるのかワクワクするな!。゚+.(・∀・)゚+.゚
言われなくても「six!six!six!」「kiss!kiss!kiss!」の掛け声は完璧。さすがオールハイディスト。
途中の「♪IT'S NOT ENOUGH~」のくだりで、親指でこめかみを小突きながら歌ってました。可愛い(´∀`*)
「♪IF YOU WANNA KISS~」のところをアルバムとは違う音程で歌ってました。カッコヨチ(*´∀`)

MC
HYDE「Thank you~!!イエーイ!!」
(イエーイ!)
HYDE「いよいよ始まったぜ~、ながぁい、ながぁいツアー。ながぁああ~~~い、SEXしようね」
(キャー!!笑)
HYDE「はぁ…(溜息)えー…今日はハイディストぉ~、全員ハイディスト…」
(ハイドー!!とかキングー!!とかコールが沸き起こってました。
メンズファンの「キングー!!」という声にハイドさん、ピクリッ!)
HYDE「あ~、ちゃんと男の子居るの嬉しいね~、あ~、え~、何?チャットとかでさ、『俺』とか言ったりするけど男か女かわかんないもんねぇ」
(※これ、もしかしたら自分の書き込みが男か女か分からないという意味で言ったかもしれません。ちょっと細かい部分は忘れてしまいました…(´・∀・))
(他のメンズファンからもハイドコール。嬉しそうです)
HYDE「今回は暴れるよぉ~、久し振り…えーと、2年振り??待ってたかベイベー!」
(待ってたー)
HYDE「会いたかったぜベイベー!(マイクに向かって舌をペロリ)」
(きゃー!)
HYDE「暴れろ~っ!カウントダウーン!」

『COUNT DOWN』
凄いジャンプが起こってました。最前ゾーンで…(笑)
私はその直ぐ後ろの安全なバーの前で「うおー、すげー飛んでる…」とか言いながらヘラヘラしていた(不審)
ヒロキ側のスピーカーの上にスタッフさんが登って、客にライトを照らしながら失神者探しをしてましたね。お疲れさんです。
どーっかで見たことあるスタッフさんなんだけどな~。たぶんラルクの時にも居る人だと思うんですが。

CDよりちょっと遅かったのかな?
とりあえず演奏がグダグダだった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

『EVER GREEN
名曲キタコレ。
でもやっぱり演奏がグダグダしてたな('A`)
「♪とぅみぃいーー!!」って叫んでたので、とりあえずハイドの顔をじろじろと観察。
うーん近い。小さな歯や鼻の穴まで全開で見えている。
それでも綺麗な顔立ちしてんだよなぁ…ぽわん。

全体的に掠れた声で歌ってたのに「♪last good bye~」だけ優しく歌ってましたね。

『新曲』(I CAN FEEL)
曲の始まり方がカッコ良かったです。
「I CAN FEEL」って連呼してたので題名言われなくても曲名分かったよ(笑)
何となくケンちゃんっぽい曲だなと思いました。
いや、ケンちゃんというか、ラルクのケンちゃんって言えば伝わるかなぁ。
後半のハイドの伸びやかな歌声が印象的。

曲が終わると黒いタオルで汗を拭き拭き。暑そうです。

MC
HYDE「はぁ…(溜息)ふぅ…」←何かやたらバテている。
(ハイドコール)
HYDE「たのしっ★」
(新曲良かったよ~!!)
HYDE「あ~、そうそう。新曲ね。宇宙で一番最初に聴けたね~(笑顔)」
(イエーイ!)
HYDE「今のはI CAN FEELって曲でした。(やっぱり)何かね、ラブラブ~って感じの曲です」
(きゃー!)
HYDE「ピュゥ~♪(突然口笛)」
(笑&拍手)
HYDE「まだまだ新曲出てくるからね!」
(イエーイ!)
HYDE「……言うても小出しやけど(笑)」
(えー!(笑))
HYDE「はぁ…(溜息)」←バテてる。
(キングコール)
HYDE「なんも喋ること考えてなかったから(笑)」
(メンズファン「お姉言葉しゃべって!!」←!!?
HYDE「なかったのぉ~★」←しゃべってあげるハイド。
(きゃー(笑))
HYDE「この前、2丁目に行った時にね、横に居た男の子が凄い可愛いの。「嘘でしょぉ~」とか言うのぉ」
(笑)
HYDE「会話が途切れるとね、目が合うんだけど、「ねっ★」って言うのぉ」
(笑)
HYDE「ちょっとキュンッてした(笑)」
(笑)
HYDE「ルックスは全然可愛くなかったんだけど」
(笑&ハイドの方が可愛いよー!!という声)
HYDE「いくよっ!(笑)」

『HORIZON』
サビを客に歌わせてました。大合唱になってましたね。

『新曲』(MADE IN HEAVEN)
前曲からマイクに口を付けたままこの曲に入りました。
結構激しい感じでしたね。
メロディは可愛いんだけど何か激しいというか…ウーン、音楽知識が無いので上手く説明出来ず申しわけ無いのですが。
最後の方で凄いジャンプが起こってて最前はかなりモミクチャに。
ディストは必死にハイドへ手を伸ばす。
スタッフはライトを照らして失神者を探す。
LUSYは関係者席を凝視して面白い人でも居ないかとネタを探す。
三者三様でございます。

『MASQUERADE』
冒頭の「ブレース!!」が叫べたので満足。゚+.(・∀・)゚+.゚えへへ、やりたかったんだ。
ハイドの後ろでKAZさんとヒロキが向かい合ってジャカジャカやってました。
途中で気分が悪くなった人が最前ゾーンから自力で抜けてきましたけど、周りが支えながら逃がしてくれるのね。ディストの結束力。素晴らしい。
途中の「ブレース!」連呼のところで調子にのって「ぶれーしゅ!ぶれーしゅ!ヽ(゚∀゚ )ノ」って飛び跳ねてたら横っ腹が痛くなった。ウゥ…オニギリが…さっき食ったサケのオニギリが…ぐがが…

曲が終わると黒いタオルで顔を拭き拭き。
スタッフと話してました。
丁度ハイドの前にやってきたスタッフを指差して…

MC
HYDE「ひぐっちゃん」
(誰~??)
HYDE「ひぐちさん」←答えになってない
(ひぐちさんコール)
HYDE「これから長旅よろしくね」
(拍手)
HYDE「あ~…(溜息)ちょっとね、静かな曲。これ★(ギターを見せる)」
(なにー??)
HYDE「可愛くない?このギター、かわいこちゃんって名前にしたの」
(笑)
HYDE「凄い、もう、可愛いの。L.Aで一目惚れしてね、そのギターは買わなかったんだけど…」
(笑)
HYDE「でもやっぱり欲しくて、形だけ一緒のやつ探して、見付かったんだけどネットで。ん?あ、ネットじゃないなぁ。うーん、説明が難しいなぁ~…(困)」
(笑)
HYDE「シアトルに聞いたりしてね、違ったらどうしようかと思ったんだけど…(ギターを見せる)ばっちり★」
(笑&拍手)
HYDE「じゃあ、このかわいこちゃんで静かな曲を聴いてください。パーフェクトモーメント(エコー)」

ハイドが曲名を言う時に、ぴったりエコーをかけたスタッフGJ!!

『新曲』(PERFECT MOMENT)
HYDE「すぅ…」←イントロ中に鼻をすすってるのが聞こえる。

結構高い声でずっと歌ってましたね。
盛り上がりとスピードは『Sell my soul』くらい。あ、曲が似てるんじゃなくて系統がね。
これもハイドの高音が綺麗な曲で、「♪モ~メェ~ント」っていきなり高くなる感じ。難しそうだ。

曲が終わると指先で額の汗をぬぐってました。仕草が可愛いな。

『SHINING OVER YOU』
前曲からこの曲への流れはネ申。
アルバム通りに歌ってましたね。ライトが水面のようにキリストの絵を照らしていました。

終わると再びタオルで拭き拭き。

MC
HYDE「はあ~~(溜息)」
(後ろでメンバーがMCじゃんけん中。負けたらしいフルトンが前に出てくる)

フルトン「なんか…イエーーイ!!(笑)」
(イエーイ!)
フルトン「ツアー始まりましたぁ。えーと、なんか、しょっぱなから元気いっぱいに、ヒロキみたいに元気いっぱいに長いツアー頑張ります!応援よろしく!」
(イエーイ!)
フルトン「メンバー紹介は…えー、みんな知ってるよね?(ハイドが「しらな~い」と言いだす)え~…ハイドが知らな~いって言うので…ベース!ヒロキー!!」
(ヒロキが前に出てくる。ヒロキコール)
フルトン「キーボード&マニピュレーター、じんさーん!」
(じんさんコール)
フルトン「ギター、KAZ!!」
(カズさんコール)
フルトン「そしてぇ、スーパーボーカリスト&ギタリスト!ハイドォ~!!」
(ハイドコール)
HYDE「いくぞベイベー!!かかってこいよー!!」
(イエーイ!)
HYDE「イカしてくれー!!イカしてやるからー!!」
(笑)
HYDE「……しーーん(笑)」
(笑)

『HIDE AWAY』
KAZさんが目の前に来てくれたので、へいへい拳を振り上げておいたヾ( ゚∀゚)ノ" KAZさん!KAZさん!コンニチワ!
がんがん客を煽ってくれていましたね。カッコイイ。

『HELLO』
ややや!!!(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)
歌いながらとっとここちらへやってきたハイド。

つ い に ハ イ ド が 目 の 前 に…!!!

近いよ近いよ顔ちっちゃいよ目がデカイよ芸能人だよ…!!
サビ~2番メロまでヒロキ側の下手で舌を出したり投げキスまでしてくれた。
美しき御顔を間近で拝見し、私の寿命が5年は延びましたよありがとう…!!

『PRAYER』
イントロのジャカジャカッ!!とギターを鳴らすところはKAZさん。
ジャカジャカッ!!という音の後に、「イエーーイ!!」というコールが起こるのですが、この声が小さいとテンションが下がるようです(笑)
この日もKAZさんが耳に手をあてて「え?」とかやってましたね。
これから行かれる皆さんも、とりあえずぎゃいぎゃい叫んでおきましょう。

ちなみに私はポカーンと天井からぶら下がってる電球を見上げてました(放心?)

『MIDNIGHT CELEBRATION』
おっと!この曲は激しいぞ!!ポカーンとしてる場合じゃないな!!
サビになるとぶら下がっていた電球が激しく揺らされます。シンプルだけどカッコイイ演出だと思う。
いや~、案の定後ろからぐいぐい押されましたね。耐えましたが。

曲が終わるとメンバーが引っ込み、アンコール。
呼び声は勿論「ハイド!ハイド!」で御座います。
「キング!キング!」ってのもあったけど、最終的には前者でしたね。
私は持参したペットボトルで水を飲みながら隣のオネーサンと談笑してました。
やたらハァハァと息切れしているハイドが気になるんだよ~。大丈夫なのかな~。

MC
ハイド、煙草を吸いつつ出てきました(←これのせいじゃないのか息切れ…)
客のハイドコールに投げキスで答え、ペットボトルの聖水を上手から中央、下手にかけてばしゃばしゃばしゃ。
おもいっきり顔にかかったのでパッティングしておいた。
( ゚∀゚)ハイド様の美顔水よ…!!もっちり白肌が私のものになるかしら…!!ぺちぺちぺち!!

HYDE「ふぅ~…、楽しんでるかい??」
(サイコー!)
HYDE「ん?」
(客が聖水をかけて!顔にかけて!と言っている)
HYDE「かけて…顔にかけて…(掌にメモッている)」
(もっとかけてー!)
HYDE「もっと…かけて…(メモッている)そんないっぱいかけらんない…(笑)」←というか、そんなおねだりワードをメモッていつ使うんですか?
(笑)
HYDE「それじゃあね~、新しい曲。仮タイトルがミッションだったんだけど、実際もミッションになりました」
(笑)
HYDE「えーと、なんだったかな?つまんない内容なんですけど」
(なにー??)
HYDE「楽しもうぜって感じ★」
(イエーイ!)
HYDE「盛り上がろうぜー!!」

『MISSON』
「♪カモン!ダンスウィズミ~」とか歌ってましたね。
結構好きかも。ガクちゃんっぽく感じたけど。
これもサビが伸びやかな声を響かせる系ですね。何か似たようなの多いな…(それを言うな)
ハイドがぴょんぴょんとうささんのように飛びながらKAZさんのところへ行ったんですが、KAZさんは直ぐに逃げてしまいましたね。カワイソス(´・∀・)

『SEASON'S CALL』
お~、ここでこの曲か。
上から羽根のようなものが降ってきたので、あら羽根を降らせるの?と見上げてたらでっかいホコリだった。

すると、突然私の眉間に何かが飛んでくる。

「あいたーーっ!!」

な、なんでちゅか…何か…眉間に当たりましたよ…?。゜(;つД`)゜

しゃがんで何だろうと探してたら、周囲のディストさんが一緒に探してくれた…
あ、どうも、すいません…(へこへこ)

正体が判明。



ヒロキのピックだった…

ややややや!すいませんねこんな奴がこんないいもの貰っちゃって!!
私がしかと眉間で受け取りましたよ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。サンキューヒロキ!サンキュー川崎!

MC
スタッフと話しているハイド。
HYDE「ちょっとね~、暴れ足りね~な~。本来ならここで終わるとこやったんやけど」
(えー!!)
HYDE「あとは新曲しか残ってへんのやけど」
(聴きたいー!)
HYDE「えーと、曲を知らんのは当然のことやな。まぁ、せやけど曲は聴かんでえぇから暴れろー!!」
(イエーイ!)

『新曲』(IT'S SAD)
珍しく関西弁全開のハイドのMCに感動で身震いしてたら激しいイントロが始まる。
マスカレードとかミッドナイト~並みに激しい曲だったので、アルバムの中間の曲だと思ってたら最後、こんな激しいんですか…!!
カッコ良かった記憶がありますね。
これをアルバムで聴くのが楽しみになってきたwww
この時もまたハイドが目の前に来てくれましたね。いやぁ美しい。(ノ∀`)ようこそ!

どうやらこの曲は本当に予定外だった模様。
2日目は全18曲でしたが、初日は全19曲だったようです。ワーイ。

MC
HYDE「はぁ……はぁ……」←倒れるんじゃないかこの人。
(ハイドー!)
HYDE「それが~、ハイディストの心意気ってもんでしょっ!!(?)」←唐突。
(笑)
HYDE「今日は来てくれてありがとう。気持ちいいね!!じゃあ最後に…」
(えぇええ~~!!!)
HYDE「あ~、そっか…まぁ、これから長いツアーが始まりますけど、みんなもう、ヤリたがりやから…」
(ヤリたーーい!)
HYDE「うんうん、ヤリたいな(客を宥めている)」
(笑)
HYDE「だから、いっぱい回れるツアーを組みました。今日も遠くから来てくれてる人が多いけど、次は、あなたの街に★」
(きゃー!&拍手)
HYDE「次は、宇宙でやっと出会えた~、みたいな曲を聴いてもらおうかな」

『UNEXPECTED
そんな意味の曲だったのか…(知らなかった…!)
やはり大合唱になってましたね。
私も歌っておいた「あんえくすぺくてぃーっ(´Д`)(´Д`)(´Д`)ど!」
でももうほんとに、演奏ボロボロで…(笑)
何てったって初日だものね!
これがアリーナくらいにどれだけ完成されているのかと思うとワクワクするよ。
最後のジャカジャカジャカと全員が楽器をかき鳴らすところでは、ハイドがステージに背中を向けて床にしゃがみ込んで弾きまくる。

おぉおぉすげぇ…!!と感動していたらメンバーが引っ込み、終了のアナウンスが流れました…。
あ、もう終わっちゃった…(きっかり2時間でした)

初日、なかなか楽しませていただきました(*´Д`)ヒロキのピックも眉間に刺さったし…
しかしハイドがやたらはぁはぁ言うてたのが気になりましたね。
完全に体力が戻りきっていない(またはちゃんと体力を付ける期間が無かった)証拠だと思います。
身体を壊さない程度に、少しづつ慣らしていっていただきたいと思いましたホント。

そして初ハイディスト限定のライブに参戦したわけですが、簡易バーが縦や横に設置してあったお陰で雪崩も少なく、
見ていた限りでは失神者は出なかったように思います(2日目はかなり出たらしいが)
ディストHPでは『FAITH』の特設ページも設置され、ラルクのツアーよろしく楽屋の写真やスタッフ日記が読めるようになりました。
そしてネタバレ大歓迎!と書かれた特設ライブBBSまで…。゚+.(・∀・)゚+.゚助かる~、情報収集に使うべ~。
ハイドも川崎の初日の始まる前、終わった後にばっちり書き込みをしてくれてましたよ。
これからツアー終了まで参戦出来ない日もたっぷりと楽しませてくれそうです。

次は6月の京都だ!
初日はさすがに落下してこなかったけど、京都では密かにダイブ期待してますよ!


それにしても、ライブ後はやっぱりホテル取ってて正解だったな。
シングルルームを予約したのに何故かダブルベッドの広い部屋に案内され、やたら快適に過ごさせていただきましたよ。どうもどうも。
翌日は物販に並ぶ長蛇の列の横をスッピンで横切り、12時の昼行で無事に帰宅致しました。

長くなってしまいましたが、ここまで読んで下さって有難う御座います!
参加した方はあの情景が、参加出来なかった方は少しでも雰囲気が伝わっていれば幸いでございます。

ホテルのテレビで男児突き落とし事件の犯人逮捕のニュースをやってて、それが川崎市だったのにビビッたLUSYでした。ここじゃんか…!!(゚Д゚≡゚Д゚)うわうわ

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。