L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
飾らないポスターのために通販限定版を買えるほどリッチでもなく、予約をしておかないと売り切れるほど都会でもないため、発売日に本屋に行ったら普通に山積みにされてました。
2002-2008年の写真を収めたソロ写真集『HYDE IS DEAD』
近くにはシアキス写真集と「アイアンメイケン」まで並んじゃってます!ギャヒー!私を喜ばせようとしてるとしか思えない陳列!なんてラルヲタに優しい本屋なんだぁ~~



しかしよく見たらシアキス写真集の前に何故かナベアツが居る。
アリスちゃんのシルエットがウサギになってる写真集の前に、ナベアツのシルエットがアホになっている写真集がある。凄く自然だったから一瞬気付かなかったけど、よく見たらナベアツだなこれは。ウン、凄くナベアツだ。
私を喜ばせていると見せかけて実はいやがらせをしてるとは…あの本屋、あなどれん。





というわけでお迎えして参りました、ハイドは死んじまっただ写真集です。なんて縁起でも無い題名なんざましょ。
早速詳しく感想を書いていこうと思います。
PATRICK COX好きには堪らん百合紋の装丁に、がっつり黒アイラインを引いたハイドがアンティークな部屋に佇む最新撮り下ろし写真からスタート。
光を最小限に抑えた暗がりで、ハイドが窓辺に立ったりソファで煙草を指に挟んだりレコードのジャケット(かな?)を見たりしてます。
蝋燭の光を映した大きなお目々が宝石のようにキッラキラで、淀んだわしの心には美しすぎてヒィィィイ!と叫びたくなりましたし、そのあまりに洗練された表情とポージングの数々は見てるだけでクラクラと眩暈がしてくる攻撃力を持っているのだけども、同時にハイドの「隙」の部分も上手く載せているのが何とも面白い。
全てが完璧にキマッてるわけではなく、所々あどけない目線を寄越したり、陶器で出来たヤギのドールを二匹並べてチュッチュさせたり、姫系ピンク手鏡を手にしてムフフ(*∂д6)俺うつくちぃ…みたいな顔をしてるところまで入ってます。なんなんだこのかわいこちゃんは。
こういう「隙」こそがハイドの最大限の魅力なんだなと改めて思わざるを得ない表情が、カックイー写真の合間に入ってくるから絶妙の一言です。

それにしても、アンティークなドールヘッドや小物が並んだ部屋を小さなコマ割りで載せてるページなんて、ゴルチェのテディベアシリーズを彷彿とさせますねぇぇ~大好きなんだよこのシリーズゥ~
ミニ望遠鏡を覗いたり鏡をこちらに向けてボケーッとしてたり変なんですが、ハイドの美貌がおにんぎょさんレベルだからこそ嫌味が無いよ可愛いよ(;´д⊂)アァア、イイ!
いやでも真面目に考えて、ゴシックな部屋でゴシックな格好とメイクに傾倒してしまうとイヤラシくなりますよね。このハイドさん、服なんて真っ黒に潰れててよく見えませんし髪型も普通だし、顔とオーラだけでこの個性的な部屋を背景にしてしまえるんだなと思うと感心してしまいますw
ハイドという存在自体がその部屋を完成させるパーツのように溶け込んでて、一日中見詰めていたくなるんですがほんの数ページで最新写真は敢え無く終了~
(´・ω・`)モッタイナス。もっと載せてくれ。

ここから、2008年最新撮り下ろし写真から時間を逆行していく形で、「PATi- PATi」に掲載された写真&未公開写真を掲載していく手法でした。
時期が変化するたび、写真集全体を包むアンニュイ感を象徴するような加工が施された扉写真があるんですが、このアートな扉写真だけで3,500円の価値があーーーるッッ=3
全部が全部良いってわけじゃないですし、さっきからベタ褒めで自分自身が気持ち悪いんですが、ハイドという被写体がどこまで絵画的なレベルまで昇華出来る存在であるかがよく分かります。「Self portrait」に通じるものを感じましたよ。
個人的に、SEASON'S CALLと666とレントゲンの扉写真は涎モンですた(*´Д`)ジュルリ。。。
シーズンズ~は花売りの少女みたいになってるし、666は妙なウネウネ糸が茨の冠みたいでfaithとはまた違う宗教感が漂ってるし。レントゲンなんてどっからどう見ても聖母でっせ。なんか画面が純白だもん!白い布から透けて見てる感じだしさ!貴方はまるで白いヴェールを被ったようだね!…ハッ!花嫁…?Σ(゚Д゚)
これならポスターにして玄関に飾ってもイイ。家に幸せを呼び込む写真になること間違いなしです。


まずは『faith』から~(`・∀・)鷹との共演なつかしや。
この腕に乗せてるやつ、雑誌には掲載されなかったやつですね(確かwebの裏話的なところにチョットだけ掲載されたような…)
が、よっぽど似合わなかったのか写真集でも扱い小せえぇぇwww折角乗せたのにw
でも鷹とハイドって何気に「天使の羽根」という共通項がありますね(´∀`)天使って蛇を狩るから猛禽類の羽根なんでそ?
この前ちょこっと語ってた「コンスタンティン」で、マッド天使ガブたんの羽根がなんで灰色なのかと思ってググッたら色々出てきましたよ。天使の羽根はまっちろじゃないんですねぇ。
ってことはハイドは天使だから猛禽類なのか…なんかカコイイな……リスじゃなかったのね…
他にも載ってなかった写真がありましたね!
上を見上げているハイドさん…相変わらずポカーンと口が半開きであります。もうこの人の口の緩さは筋金入りだな!
カメラ目線で窓辺に身体をあずけるハイドも見たことないかも~。疲れてんのか左目だけ少し三重になりかけてますね。イジってない天然モノはアンバランスだからこそビューティー!
なんちゃってDJも少年のようだ!こんなん雑誌に載ってましたっけ!?( ゚Д゚)もう全然覚えとらん!鼻にペンを挟んでる不思議ハイドちゃんと、振り向いた唇がムニュッとなってるキス感を誘うハイドしか記憶に御座いません。あの2つは名ショットでしたね。待ち受け画面にと携帯に閉じ込めた人も多い筈です。

次、『SEASON'S CALL』
本物のヒョウ柄コートを使ったため、ネコ科アレルギーのハイドさんは涙がうりゅうりゅ、鼻水ズビビビ状態で撮影したやつですね。
所々安達祐実に見えるんだが……井戸田さん…
整ってるからなんでしょうけど、ハイドって色んな人に似てる瞬間があるなぁ。最近は完全にエビちゃんだし、99年のカレンダーなんて鈴木蘭々に似てたぞww

『カウントダウン』
何故か5枚しか無くて、まず枚数の少なさに驚く。
なんだ?もしかして表紙飾ってなかったのかな。

『666』
合成しまくりのやつですね。十字架の屋根をバックにしたやつって、アー写になってたやつですか??

『HORIZON』
はー、これはよく覚えてます!トランポリンでぽよんぽよん飛びまくったやつですよね?地上に飛び降りてくる美少女戦士のようです。たぶんハイドはセーラー戦士です。
マーシャルのアンプをいじいじする後ろ姿にスタッフが思わず、「可愛い後姿」と表現してたことを明確に記憶している私はなんなんだ。
あ、ラバソを履いてるんですねこれ。今では珍しいかも。
未掲載だと思うんですけど、うつ伏せでカメラ目線のハイドの童顔っぷりといったらwwwこりゃたまんねー可愛さだなwwwなんじゃこりゃww

『HELLO』
加工してる写真もあれば、メインはフラッシュでパシャッ!と撮ったような素肌感のある写真がいっぱいですね。
厚化粧に見えるけど、黒シャドウを少しとアイラインくらいしか入れてないんだもん、世のおなごは堪んないよね~(´д`。)最近のアイドルのほうがよっぽど厚化粧だよ…なんなんだよ、羨ましい…
お!これだけ雰囲気が違うなと思ったらヘアメイクさんが違うんですね。こういう違いを見るのも楽しみの一つであります。
最近は生クリームが詰まってるとしか思えないくらいムッチムチの二の腕ですが、この頃はまだ折れそうに細いですね。鎖骨から肩のラインが華奢だわぁ。

『レントゲン』
ほぼ色彩を抑えた写真。この時のパチパチも買ったと思うんですが、サッパリ記憶にないなぁ~ヽ(*´∀`)ノ忘れたおー♪
白髪を少し後ろにしてスーツのハイドさん…フォーマルだけど人間らしいですね。レントゲンに漂う雰囲気はあんなに非人間的なのに。フッシギー。

ラストに各写真の撮影とメイク・スタイリストさんの名前が掲載されてます。
以上、何故か2008年のハイドが一番若々しく見えるという不思議な写真集でした。

なんという若返り!!((((゚Д゚;))))よ、よ、妖怪…?ガクブル
でも良いことですよね!現在が一番美人で可愛いんだよ!最高じゃないの。でもやっぱ妖怪すげぇぇえええ!!


お手頃価格ですし装丁も素晴らしいのでお勧め写真集です。
なんといっても撮り下ろし写真は必見のドールっぷりですしね!ゴシックだけどちょっと可愛い世界観はハイドならでは!ハイドが好きなら持ってて損は無いです。
当時雑誌を買った方も買ってない方も、HYDEというプロジェクトの軌跡として是非お手元に一冊!。゚+.(・∀・)゚+.゚今では素直にそう思えてきました~★

…いやぁね、実は見終わった後はずっとイライラしてたんですよww

写真集の帯に
『これをもって"HYDE"を封印とする……』
とかドキッとするような一文が書かれているんですけど、その言葉にこっちが衝撃を受けまして。
いやいや、HYDEとしての単独ソロが好きすぎてショックを受けたとか、そんな乙女チックな理由じゃないですよ。
( ゚ Д゚)  エッ!これで終わらせる気か!?
となって、
…ソニーさんよ、これだけで封印するには勿体無いくらい、他にもいっぱい萌え萌えハイド写真を撮っただろう!?!?((゚Д゚))知ってるんだからッ!!
となった結果、


             (ヨ
    〃〃∩  _, ,_ ノノ キィィィ ヤダヤダ!!
     ⊂⌒(#`Д´)illi   < アダムも居ないしアー写も無いし
       `ヽ_つ⌒ヽ(ヨ) (     白髪セミロングも入ってないー!!
            ⌒Y⌒ ドンドン


       ∩ ∧ ∧
     ⊂⌒(  _, ,_) < なんで同じソニマガなのにワツインは無いの……?
       `ヽ_つ ⊂ノ  グスッ・・・


と、ジタバタしていたのです。
お陰で土日はジタバタ⇔寝るの繰り返しですよ。日曜なんて13時50分に目が覚めて、14時からパティシエの友達がプリンを持ってくる約束だったので「ぬぁあお(((;@Д@)))ぷりんぷりんぷりーん!」と大騒ぎでしたよ。なんとかプリンを受け取ってまた寝てました。
土曜は昼には起きたものの『L change the world』を見ながら爆睡してしまい、また最初から観てたら夜になったのでエヴァが見れず、なんかもうずっと寝てました。まぁこれは写真集関係無く、ただの寝過ぎなんですが。(何)

コレクター思考になってしまい「これじゃあHYDEの総まとめとして少なすぎるお…もっと分厚くて福沢さん超えてても払ったのに…orz」という気分になってたんですが、時間が経ってみれば、この不完全な封印だからこそ良いのかもしれないと思えてきたのです。
敢えて『PATi-PATi』だけに絞った、極々一部を掻い摘んだような写真集での封印。詰め込みすぎるとあまりに区切りが良過ぎてしまうじゃないですか。
さらに様々なHYDEを纏めた写真集を今後出すかはアヤシイですけど、またHYDEに会いたいと思えるような封印の仕方だなぁと感じました。
HYDEは音楽CDだけじゃなく、レントゲンDVDなどが良い例で、視覚面での販売物も全て含めてのプロジェクトだと捉えてます。(語弊がありそうなんですが、どのアーティストも基本的にはそうだと思いますけどね)写真集も、その一つ一つに世界観が凝縮されていて音楽CDと同じだけの意味があると思うんですよ。ただの萌えアイテムってだけじゃないんですッ!私が言うと説得力無いけど…!(震)
自分の中でHYDEに区切りを付けるためにも、素敵な買い物をしました(´∀`)
やっぱHYDE単独で表現しようとする作品も好きであります。本人はその枠の狭さを感じてカズさんと組みましたが、狭いながらも「(∂д6)こういうのが好きー!」とアピールしてるHYDEだけの世界も自分は好きでありますタイチョー!
また、この世界観に触れたいですね。良い写真集でした。

や~、いよいよ明日が入荷日ですね『LOVE ADDICT』。
一応CMや動画を少し見た程度で聴かないようにしてるんで、シングルを買ってたっぷり聴いて脳ミソの中を切り替えようと思います(`・ω・´)シャキン!VAMPS情報ちゃんと纏める!
まだ噂のカップリング曲も未聴なんですよねぇ。なんだかA面より人気みたいですしwカズさんの曲も好きなので楽しみだ!ワクワク。

とりあえずあれだ、VAMPSのキャラがまだちょっとよくわかんない(ry


 

 

 

Comment

 

写真集、勢いに乗って限定版買ってしまいました…。黒い箱でデカデカと届き、しかも寝起きだったためフラフラしながら部屋まで運びましたが、折り曲げずにちょうどいいサイズなポスターが10枚入ってて感動です。・゚・(ノД`)・゚・。箱も凝ってますが、佐川さんの伝票がこびりつき過ぎて剥がれませんww

ソロ時代はROENTGENの時ぐらいしか知らないので、全て新鮮でした。一番のお気に入りは、最新写真の横顔のやつです。なんか渋くて大人で…ってそんな所にやられてしまいましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
髪型とかではFAITHの頃がいいなぁ。カメラ目線写真はかなりやられました。ヤバイ。これはずっと見てたいぐらいです。ヘッドフォンのはかわいいー!
なかなかクオリティの高い写真集で買ってよかったと思いました♪これからしばらくじっくり見てやります(´∀`*)ウフフ

ハイドってネコアレルギーなんですね。でも豹柄コートまでダメなんてよっぽどですね。私も同じくなんですが、ネコを触ったりしなければ何とか大丈夫です…。触るともれなく涙ボロボロ。゚(゚´Д`゚)゚。、鼻水ダラダラでえらいことになります。(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ
でも、ネコ好きなのに辛い…。

NAME:もりりん | 2008.06.30(月) 23:19 | URL | [Edit]

 

突然お邪魔します!いつも楽しくブログを拝見しております♪loveaddictのカップリングの曲めちゃくちゃいいですよ☆なんかインディーズというか若い感じがしてすごく新鮮です!止まった時の向こう変わらず見つめてる僕の痛みを包み込むようなそんな柔らかな君が好きだっためまぐるしい季節を果てるまで駆け行く心の奥でそっとあなたを想いながら。。って歌詞がめちゃくちゃいいんですよ♪明日が楽しみですね☆

NAME:ミルキー | 2008.07.01(火) 10:32 | URL | [Edit]

 

>>23:19 もりりんさん
オホッ!(゚∀゚)限定版買った方、多いですね~!
ハイドファンだけじゃなく他メンバーのファンなのに「何故か限定版を…」という方をチラホラ見かけます。やはりアイドルはノーボーダーで惹き寄せる魅力があるようです。
というわけで、黒い箱のウハウハ感が味わえず寂しいです(´・ω・`)えー、限定版を買うべきだったのかな。
しかし箱まで凝られると伝票とか貼られちゃうし、何か良いの悪いのかって感じですね。
私、手紙は封筒ごと盛大にビリビリ破って中身だけ出しますし、段ボールも両手で引きちぎるように開けるので(ひでぇ)あまり凝っている郵送物には向きません。通常版で良かったかもw

最新写真の横顔とは、もしやハイドの瞳がトゥインクルトゥインクルな写真ですか?あれは美しかったですね~★
一応全て雑誌として持ってるんですが、記念として買うにしても良い買い物でした。やはり美しいものは目の保養になりますからね。視力も良くなるかも( ゚∀゚)アハァ
知らない人からしたらハイドの容姿の移り変わりが激しくて更に楽しめると思いますv ほんと色々と変わる人だな。同一人物か??

ハイドは猫アレルギーですよぉ~
この撮影中スタッフが「あのコートは本物の皮なのか?」という話題になって、ハイドの身体が敏感に反応し始めたことで本物だと発覚したそうですw
ハイドも「猫好きなのに触れない(∂д6)シュン」とぼやいてました…だから犬の方が好きと言ってましたが。
私は無類の猫好きなので、あのにゃんこゴロゴロを味わえないとはッ!と切なくなります(;´д⊂)みんな触れるようになるべき!猫に可愛さに触れるべき!そしたら世界が平和になると思う!


>>10:32 ミルキーさん
いつも覗いて下さっているそうで有難う御座います。..。.:*・゚・*
カップリング、良曲ですね~^^
初めて読みましたが日本語詞が混ざってるんだなぁ。A面は全英詞なのに。そう思うと面白いシングルですね。
ハイドの18番「ちょっと切ない恋愛詞(どっちかっつーと別れ気味)」ですな!。゚+.(・∀・)゚+.゚
デロデロに甘い歌詞やストレート過ぎるのは苦手なので有り難いですw

NAME:管理人 | 2008.07.03(木) 12:12 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。