L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
行ってきました、『Ken TOUR 2009 “LIVE IN PHYSICAL”』大阪 なんばHatch6月18日(木)

↑Hachに続く駅出口にて撮影。写り込んだヤキソバ広告が大阪っぽい。

それでは早速レポします。
午前中は仕事をしてから一路大阪へ。逸る気持ちを抑えきれず、別に急ぐこともなかったんだけど特急を使ってしまったので交通費がやたら高額に。細かいことはキニシナイ。
16時頃に難波到着、急いでロッカーゾーンへ。時間が時間だし空いているロッカーがあるか不安だったんですけど、予想に反して大量に鍵がブラ下がった状態だった。そうか、今日は木曜日じゃないか。平日様様である。
しかし、2日分の荷物でいっぱいのボストンバッグを預けようとしたところで気付いた。
ア゛ッー!手提げバッグ忘れたーーー!((((゜Д゜;))))
前方に突っ込むわけじゃないのでカーディガンと水分を入れたトートバッグは持っておこうと思ってたんですけど、その荷物を入れておく肝心の袋をワスレトルーーー!
こうなったら急いで代替品を用意するしかない。カーディガンを片手に掴んだまま箱ライブはあまりにイケてない。
な、何か買って手提げ袋を貰わなきゃ…!(゜Д゜≡゜Д゜)でもA4サイズくらいの袋貰うには結構な買い物をしなきゃいけないんじゃ…?服とか…?近くにユニクロあるっけ?
なんてブツブツ言いながら難波駅を右往左往。
この時、お友達から『もう着いてますかー?』というメールを頂戴してたんですが、ほぼ全員に『あ!着いてますっていうか、ふ、袋をくれーー!!』とメールを返してました。意味不明です。
すると、丁度物販に並んでいたというcさんからライオンさんトートバッグを買っておいてくれるとの天使のメールが届く。
助かりますぅぅぅぅ!(´;ω;`)携帯を頭上に掲げてペコペコお辞儀をする。
ちなみに事前に通販しておいたグッズのライオンさんトートバッグですけど、母に奪われてしまったので自分用をもう一つ買わないといけなかったのです。
「VAMPSトート飽きた!次はケンちゃんにするわ♪」
と、ずっと使っていた黒VAMPSトートからライオントートに替えて仕事に持って行ってしまったのであります。飽きたて!ハイドカワイソス!
家族が同じラルヲタだとこういう事件も起こるのです。事前に通販してた意味ねぇー!母が気に入ってくれたなら別にいいけど…母、ハイドファンなのに…

姉&ユキヲタのJさんと無事に合流。とりあえず、必要最低限な荷物を小脇に抱えながら難波Hachへいざゆかん。
握手会でも来ましたが、このハコ自体はSOAP以来や~。゚+.(・∀・)゚+.゚相変わらず新しいし綺麗やな~
難波駅出て直ぐなのでアクセス面は優秀。コンビニやカフェも併設されてますんで、とても都会的なイベント総合施設です。
会場にてチケを譲って戴くcさんと従姉妹さんにオヒサシブリデース!JACKの時もこのお二人に恵んで戴きました。いつもいつも有難う御座います(礼)
ライオンさんトートも受け取り、やっとこさ荷物を鞄にしまえて一安心。
お金を払おうとするものの、チケット代とトートバック代の合計金額すらまともに計算出来ないという頭の悪い私に若干苦笑気味のお二人。算数苦手なもんでwwwサーセンww(これでも理系卒なんだぜ!)
チケやトートバッグだけでなく、なんとお土産にラルクミュージアムのイヤホンまで戴いてしまった。



い、いいのかな!?(゜Д゜*≡*゜Д゜)超貴重じゃないですかこれ!
ちゃんとミュージアムのロゴまで入っていることに感動し、イヤホンを持つ手が震える。
だってこれ…遠征が無理だった私からしたら手に入らないと思ってたから…!どうしよう!有り難う御座います!
Jさんと「やっぱソニー製かな?ソニー製なのかな?」と盛り上がる。

そうそう、写真集とUSBの件ですが在庫復活時に通販致しました!復活のお知らせを下さった方、諦めずにチェックしたら幸せになれますよとコメントを下さった方、本当に有難う御座いますぅぅ!
実は物販で購入したcさんに中身は見せてもらって、既に散々騒ぎましたw
感想は届いてからじっくり書こうと思います(ノ∀`*)白スーツ白スーツゥゥ!

今回はお会いする約束をしている方も少なかったので、何人かに御挨拶をしてからは会場前の階段に腰掛けてのんびり。
のんびりし過ぎて姉と共に欠伸を連発し始める。これからケン様の初ライブだっちゅーのになんて気の抜けたファンなのかしら!もっと気合いを入れフワァー(欠伸)←疲

そんなこんなで入場時間になったので入場列へ。
ばったりmayuさん&mさんと再会。皆さん仕事明けだそうな。お疲れ様で御座います。
あ、mayuさんに教えて頂いた『聖☆おにいさん』読みましたよ!面白いですねアレ!ブッダの世話焼きタイプとイエスの自由奔放っぷりが秀逸だと思います。アーメン!アーメン!←ということを伝えるのを忘れていたのでここに書いておきますw

以下、ステージセットとライブ本編なので「続きを読む」からドウゾ~
※MCなどは断片的な記憶からニュアンスで会話にしてる部分も多いので、実際とはちょっと違うかもしれません。御了承下さい。


 

more



譲って頂いたチケは明日の自分のチケより良番ですよ!ありがたや~!
半券を切って中へ入ると、壁に柱に扉などいたる所にVAMPSのお二人が睨みをきかしていたのでビビる。
何かと思えばUSJライブのチケット先行告知ポスターでした。他にもシド、ムックなどなどマーヴェリックの面々のポスターがいっぱいです。事務所愛、メンバー愛に拍手である。

今回はケン様がボーカルなのでメインが真ん中に居ると分かってても、ついつい中央マイクスタンドより若干右寄りにキープしてしまうのはケンヲタの性か。((( ´∀`)ken側ken側。
ステージにはカーテンが降りておらずセットが丸見え。といっても派手は装置は無く、バックに4面カットされたスクリーンとその中央に銀色のC.H.Lion横顔モニュメント(巨大)があるというシンプルなもの。
思うんだけど、横顔のライオンさんマークってのがニクイですよね。ほら、ケンさん御本人の横顔って鼻高くて顎から唇の形も完璧だから彫刻的に美しいじゃない。まさしくそれを表しているかのように、スタイリッシュで凛々しいライオンの横顔ロゴってのが上手いなと思うのですよ。
ただ単に正面ライオンだと「ライオンキング」のロゴみたいになっちゃうからかもしれんけど。劇団四季みたいな。
あと、ドラムの真ん中やアンプの上にライオンさんヌイグルミがいっぱい居ました。可愛いっす。あれを見て欲しくなった人も多いんじゃなかろうか。

19時開演なわけで、まぁ普通に考えて数分押すのはいつものパターン。
んじゃ、スペースも余裕があるししゃがんで待ってようかな~(´ー`)水飲みたい。
なんてのんびり構えていると、突然18時45分頃に『In Physical』のイントロが大音量で鳴り出したためにびっくらこく観客。驚きと歓声が混ざった結果、ウ゛ェ゛ェエエエェエ!?!?になっていた。
直ぐに音は停止されましたが、客席のドキドキ声と笑い声は暫く続くことに。結局のところ間違いだったのですかね?
あぁびっくりした…(;゜Д゜)まだ心臓バクバク言うとる…怖い…
暫くするとスタッフさんがギターを抱えて登場。音調節に鳴らされたギターの爆音っぷりに再び驚く観客。忙しない。
しかし懐かしさにも似たデジャヴを覚える。
そうだった…ケンソロってこれくらい爆音だった…!SOAPとか凄い爆音だったもんね!
SOAPライブの時、スピーカー付近に居ることを「右耳破壊コース」(逆側だと「左耳破壊コース」になる)などと呼んでいたことを懐かしむ。ライブが終わったらスピーカー側に向いてた耳が暫く難聴なのなw
(あ、先に書いておきますが、たぶん音量調節のために鳴らして「デカイわこりゃ!」と判断されたのか、実際ライブが始まるとそこまで大音量じゃなかったですよ。たぶん。)

そろそろ19時かな~?という頃には、人も詰まってきたけど周囲に適度なスペースが空いてる状態。
まぁ位置的には後ろ寄りだったんですけどね。
今回はペタンコ靴を履いてきちゃった姉は、背の高い人が前に来たことで見えるかが気になる様子。そんな私も今日はほとんどペタに近い靴なので、場合によっては背伸びしないと見えないこともありそう。
でも見えるはずだ!この時の我らの合言葉は、
「まぁ大丈夫よね!対象物がデカイから!」
だったことは秘密だ。

19:05(おおよそ) 暗転!
鳴り響くアルバム1曲目の『Repose in Sound Sleep』。美しくも繊細なピアノの調べに、ラグジュアリーなライブになる期待が膨らむ。
よく見るとライオンさんモミュメントの目が赤く光っているため、うほほスゲー!という笑いが起こる。
発光ダイオードが搭載されてるのかあのライオン!ハイテクだな!
暗転した中、手を上げながら登場するライオンヘアーの男性が数名。ん!?(∩゚д゚)ん??
しまった!!サポメンの皆さん、結構髪型がケン様と似通っているーー!!
どの人がケンさんなのか、どの人がサポメンさんなのかが分からない。
要するに暗いッ!!電気つけてー!!

『Spin Along』
照明の点滅と共にイントロが鳴り出す。勿論、サポメンの皆さんはベテラン揃い。さらにはツインギターなんだからアルバム以上に爆音設定なのは必至。カッコ良過ぎて失禁しそうです。
ライトに照らされてケン様登場!!まだ御本人出てきてなかったのかwwww
黒いサルエルパンツに黒い帽子、右手に白いグッズのリストバンド、黒のラインテープが入った白ブラウスに赤いジャケット。どこのルパンかと思いました。勿論胸元は必要以上に開いております有難うございますぅぅ(拝)
左側にはキーボード&黒帽子を被った渋谷系な秦野さん、右側には台の上に乗った女性が登場。
ん!?誰だこのおねいさんは?
黒いラメショートパンツ、黒いトップス、風を浴びて靡くロングヘアーでスタイル抜群な上、ライトに照らされたお顔は超美人ときたッ!
おいおいおい!!けんさま、超イイ女連れてるじゃんかよーーー!!!
どこぞの下っ端不良学生のように鼻息荒くなる。
ちなみにモデルの佐田真由美系。マイクスタンドが前にあることからコーラスのtomoちゃんと判明。この方がッ!
そうそう、ここでサポメンの皆さんを書いておこうと思います。

ギター:中間英明(Hurry Scuary,ANTHEM,HELL'N'BACK)
ギター:白田一秀(PRESENCE,GRANDSLAM)
ベース:TAKASHI(DIE IN CRIES,BUG)
ドラム:JOE(44MAGNUM,ZIGGY,RIDER CHIPS,Madbeavers)
キーボード:秦野猛行(L'Arc~en~Cielキーボード)
コーラス:tomo

素晴らしい面子です。それじゃあレポの続きいきますよ。

コードが付いたマイクを片手に歌うケン様。腰に重心をおいたモデル歩きとか、独特なフラフラとした動きや手で音程を調節する動作を見てると、「ケンちゃんだ!」って感じがします。それ以外なんて説明したらいいのか分からんです。映像化されるまでは想像で補って頂ければ幸いです。
Dメロは手前でしゃがみこんで最前責め。アワワ、そんな間近で歌われたら最前の人が失神してしまう!( ゜Д゜)羨ましいことこの上無い。
スクリと立ち上がると2番サビ前で帽子をポイッ。それだけでワーキャーと黄色い歓声が上がってました。ほらケン様!キャーキャー言われてますよケン様!
サビを歌わせようとマイクのコードをブラーッと下げながら客席へ向け、腰に手を当てながら観客を見下ろし、イマイチだったのかフンッてお顔で首を傾げながらマイクを拾い上げていらっしゃった。ウホッwこれは良いSモードww

『"S"』
イントロにて足元に置かれたペットボトルの水をチューーー。ストローがさしてあるタイプのようです。そんなことレポしなくていいよね、どーでもいいことを覚えてるな私は(;´Д`)
tomoちゃんはリズムに身体を揺らしながらコーラス。綺麗で色気のあるハイトーン女性ボイスだなぁ~、ウットリしちゃう。
ケン様もね、これまたSっぽくウザそ~うに歌うんですよ。わざとなんでしょうけど釣られてキャーキャー言ってしまいますねw
「♪俺にそれを求め~る、ニャーーーウッ!!」と聞こえたので思わず笑ってしまう。ニャーウ!
「♪その目に写る僕が~」のところでニヤリ顔で客席をビシッ!ビシッ!と指差していくため、これまた歓声が乙女チックなことに。客席上空にハートが飛んでおったぞ。
自分を指すように左手を水平にして胸元に手を当て、「Cause I'm S」。

『Deeper』
紫のレーザーライトがドラム裏から発射!ビシーッ=3
あ、ライオンさんの目が色んな色に変わるんですねwwwさらにハイテクなことにww
サビに合わせてジャンプするのが楽しいです。
そうそう、押しですけど見た限りではほとんど無かったんですよ。皆さん自分のスペースで踊ったり跳ねたり微動だにせずにガン見してたり様々です。
SOAPはギュウギュウだし雪崩起こりまくりだったので今回もそうかなぁと思ってたんですが…やはり曲調が影響してるのかしら?最前ゾーンはそれなりにギュウギュウだろうけど、失神者をライトで探したり救助するようなスタッフは配置されてないみたいだしね。後ろのPA席か舞台袖にしかスタッフさんは居ませんよ。しんどくなる前に自力で出るべし。

ケン様は左右をウロウロしながらサビで前髪をかき上げたりしてました。素敵ですねぇ♪
ん?歌ですか?上手かったですよ?重厚な演奏の音で所々声がよく聴こえなかったけど。
というか上手いか下手かとかの世界ではないのである。ケン様がそこに居て歌っている、それだけでいいじゃないか!!あかんのか!?

『MC』
Ken「あー、暑い!あっつい!w」
(ジャケを後ろへ放り投げる。キャーキャー言われてました)
Ken「あー…待ちどおしかった?」
(歓声)
Ken「ほんと?」
(ざわざわ)
Ken「あっつー、統一感の無い反応をありがとう。何それ。」←呆れたような声
(笑)
Ken「待ちどおしかった?もっと先でも良かったんちゃう?」
(ヤダー!)
Ken「素敵な素敵なメンバーとリハーサルをしました。とてもとても愉快な人達でね」
(サポメンの皆さん、笑ってる)
Ken「今日、メンバーの人、二人程遅刻しました」
(えぇー!w)
Ken「誰でしょう?」
(白田さーーん!)※白田さんは去年のJACKでも遅刻していたw
Ken「白田さん!それはもう、確実な線ですね。はい、白田さんは遅刻しました」
(爆笑)
Ken「あと一人は中間さんです」
(中間さん笑ってる)
Ken「もう一つクイズです。グッズのピンクのパンツを履いているのは誰でしょう!」
(けんちゃーん!)
Ken「はーーい!(手を挙げながらメンバーを見回す)」
(数人が手を挙げる)
Ken「あ!わりと履いてるんですね!僕、履き忘れてて…」
(えぇーーー)
Ken「はい、それじゃあムックの曲です」

『浮遊(ムック)』
マイクを持っていない手でリズムを取りつつ、クネクネ左右に揺れながら歌ってました。
それにしてもムックは良い曲を作るナァ!素晴らしいね、この哀愁のあるなんとも言えないメランコリックなメロディー。
ちなみに最新アルバム『球体』の収録曲であります。ケン様がプロデュースしているアルバムですんで、是非お買い求め下さい。『アゲハ』も入ってるんですよ!私は買ってないけど。←
いやぁね、発売日がラルク関係の発売物と被ってて、ちょっとお財布が追いつかなくってゴニョゴニョ…;;
(確か、Deeperとかクロニクルとか色々重なっている時期だった)
聴いてみたらやっぱり良い曲だったのでアルバムが欲しくなってます。ちょっとTSUTAYA行ってくる。

でもこの曲って、メロが低い声で淡々と歌う感じなんですよ。演奏に掻き消されて声がよく聴こえなんだwケン様の低音ボイス大好きなのにww泣けるw
tomoちゃんはタンバリンを叩きながらコーラスしてます。風を浴びて一人T.M.Revolution。
ケン様は飛び跳ねながらくるくる回ってました。動きまで逹瑯さんをカバーしてるのかと思いました。
そしてまたこれ、秦野さんのキーボードが美しくて絶品なんです。L'7の「花葬」ピアノVerとか「My Dear」ライブVerのバックピアノもきっと秦野さんでしょ!あれもプロの犯行だったもん!あの音源がCDで貰えるなら1万払ってもいいねわたしゃ。

『In A Broken Dream(Python Lee Jackson Feat. Rod Stewart)』
タンバリンを持っているケンさん。
なんか聴いたことあるイントロだな…と思いつつ、歌いだしてやっとカップリングになってたカバー曲だと気付きました。
歌う寸前でタンバリンを投げ捨てるケンさん。叩かんのか。
目を瞑ってしっとり色気ムンムンで歌ってました。開いた胸元に汗が光って艶々。後ろを振り向くと白いシャツにまで汗が染みて、そんな姿にまで色香が漂う。
哀愁があって良い曲ですけど、歌うのは難しそうですねぇ。高音の所は目に見えて力が篭ってたのでハラハラしてしまったw

Ken「センキュ」

『Relax Over』
これまた高音が大変そうだ。そのたびに肩を上げて縮こまってるケン様が忘れられませんw
タンバリンをシャラシャラ鳴らしながらでしたよ。「♪夜を濡らす」で天井を仰ぎ見ていたのが印象的。

『Speed』
名曲キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
激しさがありつつも切ない曲なのに、全員でダダダダーーン!と弾いちゃうのでメタルチックなspeedになっとるww
単純に考えても、CDでケン様が弾いていたギターが二倍になるわけだ。そりゃ激しいわなw
そしてライトがやたら明るい。ラルクで言うところの『Link』並みに明るい。
「♪もう疲れたなんて~」の辺りで左手をズボンのポケットに入れて歌うケン様。まるで少年のようであります。ドキン☆
ずっとセクシーな横揺れだったtomoちゃんのノリ方が、足を開いてがうんがうん上半身を動かすカッコイイものになっていた。好きなんですねこの曲…!私も大好きですッ!握手して下さい!

『MC』
Ken「おもろい?おもろい?」
(おもろいーー!)
Ken「どーゆー気分なんやろ?て、おもて…え?なんて?」
(ざわざわ)
Ken「んーー、あぁw」(観客の反応を笑ってかわしていた)←カッコイイ
Ken「いやー、なんかね、下ネタ抜きでMCしようとすると、ペダルの無い自転車みたいなもんでね」
(爆笑)
Ken「昔やった北海道だと思うけど、ライブのMCで何言ってた俺?って聞いたら、『寄せて上げてるー!?寄せて上げてるー!?』って叫んでたんだって」
(爆笑)
Ken「それ以外に何言ってた?って聞いたら、何も言ってません。って」
(爆笑)
Ken「そんなもんやって。じゃ、インフィジカル聴いて下さい」

『In Physical』
後ろのスクリーンは泡やら何やらの映像が写されてました。
「♪目に見える程に~」のところはtomoちゃん、「♪Are you feelin' high?~」のところは秦野さんが交互にコーラスするという男女のWコーラスが面白い。
「Canyou fill me baby,」を連呼するところで拡声器キター!(゚∀゚)SOAPを思い出して懐かしいぞこれはーーー!
PVで使ってた物よりはミニタイプの拡声器でしたが、ちゃんと声が出るとこはスケルトンでしたw
演奏が一瞬止まって「インフィジカ~ル」と言う部分がありますが、その時ケンさんがマイクを客席に向けたら全員が「インフィジカーール!」って言うんですよ!
え!練習してないのにどうしてみんな言えるの!?(゚Д゚≡゚Д゚)どーゆーこと!私聞いてない…!ワナワナ

『ETERNAL REST』
しっとりメロを歌い上げたケン様、サビになるとぴょんぴょこ跳ねながら観客にジャンプを求めます。
お陰でサビになると大変な縦ノリ状態に。これは楽しい。(*゚∀゚)=3キャホーイwwwwエターナルレェエエーースッ!!
拳を上げて飛んでいたらJさんの頭に何度も肘鉄を食らわせていた。ゴ、ゴメンナサイッ!飛びながら頭を撫でておきました。
しかしメロになると突然しっとりメロディーになる曲なので、ジャンプ準備中みたいな状態で固まるしかない客席が笑えます。そしてサビになるとイエーイ!と飛びまくるという謎の温度差がww
やっぱり不思議な曲だなと実感したのでありました。
ケン様、2番サビ前でペットボトルの水をポーーイ。軽々と1階後方まで飛んでました。男前。

Ken「フゥ~!」
(歓声)
Ken「(次の曲)知ってるなら一緒に歌えよ」(だったかな?)
(歓声)

『Viva La Vida(COLDPLAY)』
イギリスの超有名ロックバンド、コールドプレイの名曲をカバー!iPodのCMソングになってるので耳馴染みがある方も多いはず。お陰で歓声が凄いことになってました。
ポップなメロディーなので、歌うケン様も頷きながら笑顔、演奏陣も笑顔、観客は頭上で手拍子をしながらジャンプジャンプ。
間奏のドラム音に合わせて拳を振る動きを催促。ファンも頑張って合わせようとしますが、微妙に揃わない動きにケン様が首を傾げながら笑顔。ステージから観客から笑顔が毀れてます。
あぁー、なんてハピネスなライブなんだ~ヾ(*´∀`*)ノまるでカラオケに来ているようだーー(ぁ

Ken「センキュー!」

『MC』
Ken「あのー、フルライブって大変やね」
(笑)
Ken「人に頼って生きてますね。(サポメンの皆さんを見回す)」
(笑)
Ken「コールドプレイ知ってる?」
(知ってるー!)
Ken「あのー、メンバーの皆さんとリハーサルしたのを撮って配信したんですけど」
(見たーー!)
Ken「イントゥーザナイトって曲、聴いた人はノレるかもね。白田さんのギターソロでホニャホニャー!ってなるとこを見るんだよ」
(笑)
Ken「ナーバスっていう曲はね…」
(ここら辺ずっと飛び飛びで曲の話をしていたために、なんだかよくわからず…;スマセッ;)
Ken「えー、もう残り少ないんで」
(ええぇーー!)
Ken「もう10曲やった!10曲も!」
(えぇぇー!w)
Ken「もう折り返しです!」
(ヤダーー!)
Ken「マラソン選手だって、折り返しを考えながら走ってるんだからね!」
(笑)
Ken「盛り上がってね。次は無いと思ってやらな、知らんでわし!」
(笑)

『In to the Night(Grand Slam)』
白田さんのバンドの曲ですね。
Ken「大阪ぁぁあーー!」
って叫んでらっしゃいました。
そして白田さんのホニャホニャギター部分では、両手で白田さんのギターに指をさすケンさん。
この動きがフュージョンっぽくて何だか面白かったため、ライブが終わってから仲間内で大流行。「お疲れ様でーす」と言いながら両手で指をさすという奇天烈な行為を繰り返してました。
あと、片手がオバケポーズのまま音程を取るように上下に動くのですね。その動きも仲間内で流行ってました。なんせソロケンに慣れてないので全ての動きが新鮮で嬉しいんですよww愛ゆえだからね愛ゆえッ!
頭上で拍手をする笑顔のケン様。こういう表情は急に幼さが増して本当に可愛いんです。

『NERVOUS(DIE IN CRIES)』
拡声器再びーー!!
最初から最後まで拡声器で歌ってたので、何の曲かというより何を言っているのかすら分からずノッていたww
終わってからJさんが、「DIE IN CRIESですよ」とCDも聴かせてくれました。さすがユキヲタッ!CDまで所持しているとはあっぱれ!
そんなJさんも歌詞はよく聴き取れなかったらしく、「歌詞にアハハって言う部分があるんですが、本当にアハハ言うてたのかよくわかんなくてw」とか言っていた。
ちなみにケン様は片手に拡声器、もう片方の手はマイクを持って拡声器に向けてます。左右に行き来しながら、歌わない部分は両手を交互に上げて煽ってくれますよ。

『Street Rock'n Roller(44MAGNUM)』
あはははははははwwライオンさんの口からCO2が噴射されたwwwwwそんなものまで仕込まれていたとは、ますますハイテクである。
TAKASHIさんだったかな?背後からくっ付いたケン様は、ペロペロと弾く真似をしてました。弦には触れていないので音は鳴ってなかったと思う。
ギタリスト・ken好きとしては、内心「弾いてくれぇぇ!」と願わずにはいられない。(よく考えたらベースなわけだが)
しかし演奏の迫力が凄いのなんのって。これは是非とも生で聴いて体感すべきです。みんなライブに行くべし!そしてハピネスを貰うべし!
ケン様、マイクコードを持ってぶるんぶるん振り回しながらもヒョイッと簡単に持ち手をキャッチしてました。以外と(失礼)コントロールが上手い。男の子だわ。ドキドキしちゃうわ。

『Gimme Your Name』
イントロにて手拍子催促。「踊ろ?」か何か言ってたような気もするが幻聴かもしれん。
タンバリンを持ちつつでした。ケン様とtomoちゃんがリズムに合わせてモンキーダンスしてるのが可愛いんだこれ。観客もそれに合わせて両手をフリフリ。
Ken「もう1回いくぞーー!」
のコールで、最後のサビの部分をもう一回リピート。最後は全員笑顔だったのが印象的。

Ken「フゥー!」
(拍手)

『MC』
Ken「もー、インフィジカルって暗い曲が多いからね、なかなかこうは出来ないよね」
(笑)
Ken「楽しそうで良かった」
(歓声)
Ken「疲れた…」
(笑)
Ken「これ踊りながら歌ったら楽しいやん!って思って歌ったんやけど、踊ろうと思ったら…!(手を挙げるとマイクが口から離れるという動き)」
(笑)
Ken「ハァハァ言うしね!これはもう、今後の課題にします」
(笑)
Ken「僕せっかちなんでね、次いきますね」
(えぇーー!)
Ken「次、Please Don't Leave Meっていう長い長い話の曲なんですが話してたら長くなるので、そこは割愛します」
(笑)

『Please Don't Leave Me(J.Sykes,P.Lynott)』
原曲は低い男性ボイス&コーラスなんですけど、ケン様の高めの男性ボイスとtomoちゃんの綺麗な女性ボイスでの
「♪オォ~、ダーリンプリーズドンハートミーディスウェーイ」
のリピートは最高に甘くてラブリーです。音源化希望。
アラ、ケンさんったらいつの間にか煙草に火をつけて指に挟んじゃってるし。似合うからニクイ。しかし2時間も我慢出来ないのか?w
付けてた白リスバンを客席に投げたので、ハッピーな曲なのに客席は争奪戦に。

間奏になるとスタッフが赤いギターを持ってステージに登場。お?おお??
ここら辺から、まさか、まさか…!?という歓声が上がり始め、
ケン様がそのギターを抱えた瞬間、ギャーーーーーッ!!という劈くような悲鳴に。
みんなギタリストけんちゃん大好きなんですね!大好きなんですねぇぇぇえ!
間奏のギターソロをペロペロ~と気持ち良く弾く姿を、後ろで先輩方がニコニコ見守っていらっしゃいました。
私も素人ですけど、この時のギターは「ケンちゃんの音」だと強く感じました。やっぱり違うんですね。変わらない繊細な音がステージを包んでます。
弾き終わると直ぐにマイクスタンド前に移動して歌再開。忙しい。

『SAVE ME』
この時の歌、声が伸びてて非常に良かった。
ライトが星空のようにキラキラと照らされてセイブミーセイブミーと一人で歌うケン様を見ているとあれれ?目から汁が…(;´д⊂)ウオーン

Ken「センキュー!バーイ!」

さっさと小走りで引っ込んでしまわれました。
姉と「トイレかな?」「トイレだね」と頷き合ってしまう程のダッシュっぷりでした。
そのままライトが明るくなったため、思わず「え?これでライブ終わりですか!?」「アンコールありますよね!?」と不安になる。いやだって、アルバムの曲はもうほとんど残ってないし心配になってしまってw

そんなざわめきが他でも起こっていたのかは分かりませんが、暫くしてアンコール開始。あぁ良かったw
ものの10分程でケンさん登場。

『アンコール・MC』
Ken「ヘイヘイヘーイ!予定調和!その1!」
(笑)
Ken「それじゃ、メンバー紹介。あ、僕のこと知ってる人!」
(はーーい!)
Ken「え、知らない人って居るんかな?友達に連れて来られたとかで…」
(笑)
Ken「(腕組み)あの人めっちゃ歌ってるけど、誰やろ…?みたいな」
(爆笑)
Ken「(ファンが振っているライオンさんヌイグルミを指差す)あ、それいいやろ。ヌイグルミ。」
(持ってる人はみんな振ってます)
Ken「ラルクでキーボード弾いてくれてる、秦野さーん!」
(秦野さーーーん!)
秦野「こんばんは~、楽しんでって下さい」
Ken「ラルクのライブ中におしっこに行きたがった人です」
秦野「www」
Ken「我慢して下さい。って言われてましたw」
(笑)
Ken「ドラム!JOEさーーん!」
(JOEさーーん!)
Ken「めっちゃ大先輩です。僕もめっちゃ緊張します」
JOE「毎度おーきに~」
Ken「中間さんです。じゃ、新幹線を逃した時の一言を」
(笑)
中間「やばい、やってもうたー!」
Ken「それだけ!?まぁ、ギタリストはそういうもんです」
(笑)
Ken「白田さんは目の前で新幹線が発車したらしいですけど、その時の一言を」
(笑)
白田「やってもうたぁー!」
Ken「もっと焦ろうよ!」
(爆笑)
Ken「ベース弾いてくれてるTAKASHIさんです」
(TAKASHIさーーん!)
Ken「僕が曲順テキトーに決めてたら、それあかんやろって怒られて。めっちゃ怖かったんです」
(笑)
TAKASHI「だってケンちゃん、全然決めてくれないんだもん!w」
(笑)
TAKASHI「楽しんでますか?」
(歓声)
Ken「楽しいらしいでーす。コーラスのtomoちゃんでーす!」
(tomoちゃん可愛いコール。短時間でtomoちゃん大人気に。)
(グッズの黒タンクトップに着替えて登場)
tomo「あ、一人で風浴びてすいませ~んw」
(笑)
Ken「涼しいのそれ?」
(tomoちゃん笑顔で頷く)
Ken「じゃ、そっち(客席)にもいくように僕が!(手であおっている)」
(笑)
Ken「じゃ、フィーリングハイいきましょう~!」

『Feeling High(Hurry Scuary)』
一瞬、フィーリングファインって聞こえたことは黙っておく。
中間さんのバンドの曲ですね。ケン様が中間さんのギターネックをペロペロ触って絡んでました。
すんごいハイトーンで歌うメタル曲をtomoちゃんとケン様が交互に歌うんですが、もうね、二人とも声高いでそ。
どちらが歌っているのかサッパリわかりません!
さらに激しくもテクニカルな演奏が相まって二人の声は超音波の域に。

Ken「次、Open Armsって曲を聴いて下さい」

『Open Arms(Journey)』
あ!『海猿』のテーマソングだ!(゚∀゚)
マライヤキャリーがカバーをして有名でもありますが、2番メロはそんな女性ボーカルの雰囲気も味わえるtomoちゃんリサイタルでした。
ケンさんの指にはいつの間にか煙草が。どんだけ吸うの。

Ken「(パチパチ拍手している)知ってた?この曲」
(知ってるーー!)
Ken「それじゃ、マイエンジェル聴いて下さい」
(歓声)

『My Angel』
メロディーに合わせて左右に手を振る観客。ライオンさんヌイグルミも振られてます。ラルクでいうところの『星空』の手振りを御想像ください。
一斉に振られる手に笑顔のケンさん、その波を泳ぐような仕草を見せるとさらに手が挙がります。
ここで意地悪けんさま発動。手の動きを逆向きに動いたり早くカクカクさせたり、それに一生懸命合わせようとする客席と遊んでましたw

Ken「センキュー大阪~!」

手を振るとダッシュで舞台袖に帰ってしまうケン様。サポメンの皆さんも手を振って引っ込んでしまったけど…?
あまりに呆気なく帰ってしまったボーカリストに、もう終わりだとピンとこない客席。
とりあえずもう一度アンコールを開始してみる。
ファンのメゲない姿勢に涙。
『以上をもちましてー、本日の公演は終了致しましたー』
というお決まりのアナウンスが流れ出すものの、
さらにアンコールと手拍子を続けてみる。
強い!今日のケンヲタの皆さんは強い!頑張れ!願えば叶う!
すると、アンコールの声を静止するように『以上をもちましてー!』と再度言われるもんだから笑いが起こっていたw怒wらwれwたww

20:40終了。

早ッ((((゚Д゚;))))
さくさく進んだ感じがありますね~、楽しかったですけどね。見る前に失礼なことを言って謝ります。本当にハピネスでカッコイイ時間が過ごせました!有難うケン様とバンドメンバーの皆さん!
帰り際、PA席にコメットさん発見。熱い視線を送っておいた。

スケジュール調整が大変でしたが、無理にでも来て良かったなぁと満足しながらの一日目。明日もう一度見れることが幸せだと思えるライブでした。
そして、やっぱりケンちゃんの作る曲、選曲、MC、人柄の全てが大好きだと実感する2時間でもありました。
あ、ちゃうわ、2時間経ってない。1時間40分だなww

よし!2日目のレポがまだ残ってるので、長く語るのは次にしますね!

ではでは、ここまで読んで下さった皆さん有難う御座いましたm(_ _)m
名古屋までに書かねば…アワワ(焦)

 

 

Comment

 

いつも楽しく拝見させていただいてます!!
はじめまして!ほちゃと申します!
ほんとkenちゃんのライブ盛り上がったみたいでうらやましいです!!
早く行きたい!!
2日目のレポも楽しみにしてます!!

NAME:ほちゃ | 2009.06.24(水) 01:24 | URL | [Edit]

 

こんにちは~+゜
夜中は携帯からお邪魔させていただいてるんですが、文字数のせいか読み込みに異様に時間がかかって、LUSYさんの本気を感じました(笑) 初日は参戦してないので、事細かに書かれていてありがたいです(ノд`。)
初日は早く終わったんですね!だから2日目はMC多めだったのかしら…w なんて思ったり(笑)

2日目レポも楽しみにしてます~!

NAME:朝水 | 2009.06.24(水) 21:32 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.06.25(木) 01:32 | | [Edit]

 

>>01:24 ほちゃさん
いつも見て下さっているそうで有難う御座います!!初めまして、LUSYと申します!
ライブ、良かったですよ~* 2日目のレポも遅くなりましたがUP致しました。
ケンちゃんのライブは一度見ると幸せになれるので、もっと見たくなってしまうんですよね…私は大阪二日間だけの参戦なのでこれで終わりです。寂しいですね。ところで新木場ってどうやって行くんでしたっけ??


>>21:32 朝水さん
こんにちは*・゚゚・*:.。..
朝水さんのコメントを拝見し、2日目レポはさくさく読み込めるように頑張ってみました!ちょっと軽くなったかも!
1日目は演出や曲についても全部書いてるので、どうしても長くなってしまいますねぇ(´∀`)携帯から読み込めるギリギリのところで頑張っていこうと思います。どうぞ宜しくお願いします。
私はいつでも本気!本気と書いてマジですよ!
あ、2日目のMCが長かったのは、ちょっと慣れてきたからだと思いますw なんせバージンビリビリですから…


>>01:32 紫魔女さん
こんにちは、紫魔女さん*
もうVAMPSライブには行かれたのでしょうか?私もUSJですから8月に…後を追います…

大学がお忙しそうですね…ですが大切なことです。賢いラルヲタになるためにも勉学に励んで下さいませ。
あ!もし余裕が出来たら是非、インフィジカルを勉強の合間にでも聴いてみて下さい。あなたの心に、癒しのインフィジカルで御座います。
ムックの件、沢山情報を頂き有難う御座います!早速レポで紹介させて頂きました*
宜しかったら御確認下さいね^^
それにしても、「浮游」を世に送り出したきっかけはケンさんということで…一度聴いて「良い曲ジャーン」と思ったので何だか嬉しかったです。
今度のTSUTAYAポイント増量キャンペーンを狙い、「球体」を購入しようと狙っております。
はい、1日目はサルエルパンツでしたよ。名古屋の一日目もそうだったそうです。「浮游」の時はそれでクルクル回りながら歌うので、とてもたつろうさんでしたw

NAME:管理人 | 2009.07.03(金) 01:02 | URL | [Edit]

 

おそくなりました。。。

お返事おそくなりました!!すみません!

2日目のレポも拝見させていただきました!!
いやーかなり盛り上がったみたいでうらやましいです!
リストバンド、、、わたしも・・・ほ・・・ほしい・・ウヘへ←

福岡も、もう終わってしまいましたし、全日程終わりましたね。。。。さみしい

でも夏のJACKで見納めできますしね!!

新木場すいませんが行き方わかんなかったです。。。。ごめんなさい。。(汗

NAME:ほちゃ | 2009.07.18(土) 13:30 | URL | [Edit]

 

>>13:30 ほちゃさん
いえいえ、いつでも遊びに来て下さいませ^^
こちらこそレスが遅れて申し訳ありません:

リストバンド、羨ましいですよねぇ*
私、飛んできたものを拾ったのってヒロキのピックしかないです。ラルクは…目の前にシアキスのボールが飛んできたけど、前のお譲ちゃんに全部拾われたとかそれくらいで…w
いつか自力でゲットしてみたいですね=3
やっぱり夏JACKが見納めなんでしょうか。寂しいぃぃぃい(´Д`)
あ!新木場の行き方は大丈夫です。軽く流して下さいましw

NAME:管理人 | 2009.07.21(火) 17:46 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。