L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
白目の充血してる部分に水泡が出来てたので眼科に行ったら、瞼裂斑炎だと言われ、軽いもんだから気にすんな~!と目薬貰って帰ってきました。
瞼裂斑ってのは、白目に出来ている外部からの刺激、紫外線、老化などで黄色く変色した部分のことで、酷いと黒目に伸びてくる翼状片になるらしい。なにそれwwなんで伸びてくるの。アメーバかよ。
これを綺麗に取る手術となると、美容的な意味合いの方が強くなるのかねぇ?

ハイドの目を見るたび、「なんでこんな綺麗な白目なんだ?(´д`)」と不思議でしょうがないLUSYですコンバンワ。
綺麗なお目々してるわ~。ハイドは2.5次元で生きている妖精なので当然といえば当然なんだけど、キラキラくりくりウルウルしてるよね。毎日グラサンかけてるおかげ?不思議だわ~


さて、リーダーの電撃ニュースは正式発表を待って書くとして、今日はDVDのお話。
新木場ライブを収録したKenライブ、『LIVE IN PHYSICAL』DVDを見ましたよ!
初回版は白いケースにジャケット写真が入ってるだけなんですが、通常版も購入したお友達sさんに見せて貰ったら通常版の方が透明ケースでオサレだった件。全面写真が入ってましたよ。ズルイ!
それにしても、初回版と通常版どっちも購入するsさんのコレクター魂に感服であります。二つも買ってどうするんですかsさん…!

早速、私の中で気になった部分だけを簡単に感想として書いていこうと思うよ。
内容について書かれてますので、まだ見ていない方はお気を付け下さいね。宜しくです。
入場から余計な演出一切無しで収録されてるんですが、最初にメニュー画面が出てくるシステムなので「オールプレイ」を押さないと始まりません。めんどくちゃい。
ただ、ここのBGMがライブのメンバー登場前のSEと同じアルバム1曲目のインストなので、再生させると入場寸前の画面になるのでウマイこと繋がってるんですよね。

暗転する会場が写り、「ケンちゃーん!」ばっかりの声援が新鮮でニヤつく。今まで4人の名前が入り混じるライブDVDばっかり見てたんでw
「Spin Along」
先にメンバーが登場してスタンバイし、曲のイントロが始まった頃に黒スーツケン様がツンタカ躍り出てくるのは最初の大阪から変わってないようだ。
初っ端から拡声器装備なので、何を言っているかよく分からない。
サビになったら通常マイクで歌いだすものの、やっぱり何を言っているかよく分からなかったw
でもめちゃくちゃカッコイイ。首に巻いたロングスカーフが腕に絡まっててもえぇ男。
速いリズムに合わせてるのか、シアキスDVD並みにカメラの切り替えが多かったです。目がチカチカするぅ(☆∀☆)
「"S"」
あ!ジャケットをお脱ぎあそばした!ノンスリーブです。
というか、私の素人耳で聴いても分かるくらい演奏が凄いハイレベルなことになっているのだ。tomoちゃんのコーラスも綺麗に調和してるし、耳が心地良い。
JOEさんがスティックをくるくるしている前で、ケンさんはスカーフぶるんぶるんだった。
「Deeper」
間奏で中間さんの歯ギターキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
ギャッギャギャガリガリガリ!!ライブではお目にかかれなかったので興奮してしまったんですが、人間がギターに噛み付く姿って凄い絵面だねw
「MC」
「浮游」
くっそー、ムックはいい曲を作るなぁ!なにこの名曲(´;ω;`)誰よ作曲したの。天才。
メロの気だるげな低音ボイスがたまらん。秦野さんのキーボードがまた泣かす。
この曲がボツにされかけてたって信じられないですよねぇ。
「In A Broken Dream」
不思議な動きでタンバリンを振るケンさんが見れますので、お見逃しなく。
「Relax Over」
ライブハウスでは目立ち過ぎてるかな?と感じたtomoちゃんのコーラスが、DVDで聴くととても活きている。♪ふぅ~う~うぅ~
「speed」
切ない系の中でも最高峰の名曲を、ダブルギターと激しいコーラスで泣き叫んでるように聴こえる素晴らしいライブステージなのに、合間合間に写る機材の上に置かれたライオンさんが可愛くて困る。あっちこっちに座っとるw
横で見ていた母が「kenちゃんは本当に良い曲を作るね。演奏も安定してて聴きやすい」としみじみ語っていた。
しかしケンさん、最後のほう疲れてるでそww
「MC」
「In Physical」
tomoちゃんのフトモモに夢中になる。これ、完全にツインボーカルだよねw
最後のシャウトは一体何だったんだ?
「ETERNAL REST」
サビの盛り上がりが異常。本人も予想外だったらしいですね。
「MC」
「Lover boy」
イントロの「パッパッパ♪」が強めに鳴っててカッチョイイ。
メロは全て拡声器で。大阪ではギターを弾きつつ普通にマイクで歌ってた気がするんですけど…公演数が多くなるにつれて拡声器の装備率が上がっているとはこれいかに。
白田さんのギタープレイと、ハイドよりワイルドにメロディーを歌いテツより力強くコーラスをするtomoちゃんが見所。
「NERVOUS」
この曲のパフォーマンス、カッコイイ。演奏がまたまた凄いことになっとりました。
「STREET ROCK'N ROLLER」
凄まじい高音域の連続に、ケン様は片膝をついた騎士スタイルで絶叫していたwwwステキww
最終的にはゴロリーンと寝転がってしまわれました。
「Gimme your name」
イントロに注目。
ケンさんが弦を押さえ、中間さんが弾くという二人羽織奏法を披露!
夢の共演とはこのことだね!(゚∀゚)ボーカルがギタリストだとこんなことも出来ちゃうんですね~=3
もう一つの見所は、後半のお尻ふりふり☆です。
「MC」
ケンさんってラルクライブの方が長く喋るかもしれないw ほぼMCはカットされてますので、おもしろお喋りについては期待しない方がいいですw
「please don't leave me」
( ^ω^)オォ~ダーリン♪
ケンさん本人はメタルな高音シャウトを歌いたいのかもしれんが、低めの声でミディアムテンポな曲を歌ってる方が上手いというのは禁句ですか。
おぉ、ギター弾いてる。しっかりギタリストとしての姿も魅せてくれますよ。
「Save me」
ミラーボールのキラキラがふつくしい。

アンコール(ここから2枚目に突入)
あれ?メンバー紹介のMCが削られてる?((゜Д゜))そこ重要なのに…ッ!(震
「FEELIN' HIGH」
これまたツインボーカルになってました。
「INTO THE NIGHT」
演奏陣が鬼の安定感!反して、ケンさん若干お疲れ気味にw
「MC」
「My Angel」
"にゃふん"笑顔に癒される。ハピネス。
オフショットでは名古屋弁で歌う「My Angel」が聴けるのでお見逃しなくw

(ダブルアンコール)
「"S"」
やったー!二度目の"S"よ~!(*゜∀゜)=3=3=3=3
「望むような愛し方はしないッ!!!!」
と、突然のシャウト朗読。どうした。
中間さんのギターがぶるんぶるん回り、秦野さんは背後から襲われ、
「ザヨ゛ヴナ゛ラ゛!!!」
で終わります。最高!!

いやぁ楽しかった!ケンさんのジョイが詰まった、良いライブだと伝わるDVDでした。
特に演奏陣の鬼の安定感は必見ですよ!非常に聴き応えも見応えもあります。紅一点のtomoちゃんは目の保養だし、皆さんワイルドでカッコイイのです。
しかし…長々と書いてはいかんと思って見所だけ纏めたんですけど、見直してみると何が何だかですね!(゜∀゜;)ネタバレし過ぎても駄目だと思って…
見ていない方、もし気になる所があったら是非見てみて下さいね。宜しくお願いします。


ある意味本編wのオフショット映像の見所については、箇条書きに纏めてみました。
ライブに続いて再生されるので、熱気の余韻を残したまま密着映像が見れますヨ。

・スタジオにてリハーサル風景からスタート。体前屈で柔軟をするケンさんを見て、私の方が固いかもしれない…と焦る。ちなみに私、足を伸ばして座ることすら出来ないレベルです。(岩)
・ケン様&tomoちゃん、コーラス部分相談中。あぁぁあ~~、髪の毛ミックス巻きしてるtomoちゃん、超別嬪(*´Д`*)あんな顔とボデーになりたひ。
・キーボードのピアノ音を「これかな?」と色々押してみて探すケンさん。あるあるw
・で、肝心のピアノを弾く姿が一瞬しか写らなくてズコーーorz
・「浮游」のギターに苦戦するケンさんと緊張してしまう白田さん。是非ムックのミヤさんに見て欲しいシーンだ…!(ジーン
・スタッフさんとケン様によるセットリスト会議が面白すぎるww
・盛り上がりを重視するスタッフさんと、「あんまり曲順とか興味ないw」とか言いだすケンさん。
・スタッフ「次、ラルクの曲やっちゃおっかなぁ~♪で、ワァァァー!!ってなって!=3」(説得)
(↑これ言ってたのTAKASHIさんかも…?コメント送って下さった方、有難う御座います!)
・kenPUNK登場
・tomoちゃん、舞踏会へ行く
・TAKASHIさんにダンス指導をするケン様&tomoちゃんがナイスカップル賞を受賞
・私も二人EXILEに混ざりたい。
・結局、TAKASHIさんがベースを弾きながら踊っていたのか覚えてないッ…!見直して確認してみなければ。
・ヒィィィ!!(((゜Д゜;)))ライオンさんをそんなとこに突っ込まないでぇぇええ!!汚れるぅぅうう!!
・各公演の舞台裏も見れます。まずは白田さんが遅刻した始まりの地、大阪から。あ、ケンさんが車で走ってる所は御堂筋近くの高級ブランド街かな?
・大阪二日目で初披露した「Lover boy」の、ギョエェェエエエエ!!が入ってます。
・「a silent letter 」のギョエェェエエエ!!も入ってる。
・手拍子しながらの「forbidden lover」はアタラシイwwケンファンは優しいですねw
・( ゚∀゚)o彡°ふんどし!ふんどし!
・ふんどしのまま(ある意味下半身が下着姿のまま)楽屋で寛いでいらっしゃるけど、女の子(tomoちゃん)が居ることを忘れないであげて下さい…
・あ、でもケンさんはズボンのチャックが全開でも、「開いてますが何か?」という反応をする人だった。じゃあしょーがねぇな!
・中間さん「…コーラスの人がね。メソメソ」 ←tomoちゃんの名前を覚えていない
・中間さん VS tomoちゃんがどっちも引かないwwtomoちゃんはステージでは完全に女王様だね(´∀`)鞭みたいに銀テープを振り回していらっしゃる。
・浜辺を歩きながら、「波を見てたら飽きないよね」というセリフが妙にロマンチックに聞こえる。腕を上げて海を眺めてる時、ついついチラリズムする腹に目がいった。(細かったよ!)
・ワンコとたわむれるケンさんを見ていると、犬が犬とたわむれているように見えてくる。
・き、きた…!渋谷AXの伝説、腕ぐるんぐるん落下だーーーーッ!!
・本当に腕を回してギャグ漫画みたいにステージから落下していた。それも歌いながらステージに這い上がっていた。けんさまはあの腕ぐるんぐるんで無数の敵を倒すのである。超イカス。
・「おそろしい まきこまれるやつ」 が あらわれた!
・中間は 一張羅のギター をぶんなげた!
・中間は 「回せAngel!」 を唱えた!
・一本締めでツアー終了。お疲れさぁーっしたぁーー

見所を箇条書きしてもこのボリューム。
省略しましたが、海辺を歩いてる時にイイ話をしててほっこりしますし、楽屋で延々とギターの練習をする早送りシーンもあって合計40分です。
その上、最後にはスライド写真集まで収録されてますからね。これはお買い得。
一人の世界観を切なくて繊細に表現したアルバムが、ベストなメンバーとファンによるライブで情熱的で幸福感のある世界に変化したツアーがギュッと詰まった楽しいDVDでした。
何といってもケンさんのメンバーに対するリスペクトや人柄がよく表れている。こんなに凄いメンバーが集まったことも、メンバーみんなが楽しそうなことも、全てはケンさんの人柄と音楽やライブに対する真摯な姿勢のたまものだと思えます。とても人間味があるライブですよね。
Kenというアーティストが好きな人は見て損は無いと思いますよ。一度観たらライブに行ったことが無い方も、きっとこのカッコイイメンバーに会いたくなることうけあいです。
「何言ってんのか分かんなかったら、歌詞カードを読めばいいじゃない!」
考えるより感じろ!の精神で、是非ご覧頂きたい。オススメ。

あ~JCB行きたいなぁ…(´Д`)せめてJACKに来てくれ!お願いします来て下さいこの通り。

 

 

 

Comment

 

Kenちゃんが名古屋弁で歌っていたのはMy Angelですよ;^^たしか「どえりゃあ~素敵さぁ~だがね~!!笑」だったと思います。

NAME:匿名 | 2009.12.01(火) 08:33 | URL | [Edit]

 

>>08:33 No nameさん
ヒィィーー!すいません!本当ですね、間違ってます…(恥)
ご指摘ありがとう御座いました!急いで直しておきました*

NAME:管理人 | 2009.12.01(火) 12:25 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。