L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 


帰宅してPCからブログを確認したら、写真デカ過ぎワロタ。記事の幅超えとるやんけ。
慌てて画像縮小処理しました;いきなりデーンと画像が出てきてびっくりした方すみません。
こんな大きな画像を送信しまくってたなんてシラナカッタナァ。携帯代の請求が怖いッ(゜∀゜)ヤッホー

では早速、『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅~一日目~』、旅行記事を書きに来たよ!
写真が無駄に多いので、下に隠しておきます。宜しければドウゾー

 

more


11日金曜日、19時半に地元発車の電車に乗り込み、23時頃にホテルのある泉佐野辺りに着く予定でいざ出陣。
そう、関空周辺のホテルに前乗りしておかないと、飛行機の出発時刻に間に合わないのだ。
関西国際空港は大阪のイメージだけど、実は和歌山の真横にある「ほぼ和歌山」で、大阪から和歌山まで1時間かかるから私の地元からは片道3時間。正直しんどい。
ただ、時間があまりに無い中で慌てて電車に乗ったせいか、様々な忘れ物をしていることに気付く。
ストールを忘れ、間違えてブランケットを鞄に突っ込んでしまっていた。(どうりで鞄がパンパンだと思った)
お金が心配なので関空で1~2万程下ろしておこうと思い、銀行のキャッシュカードを財布に入れておいたつもりだったのだが…
アルェー!?(゜∀゜)財布に入ってるキャッシュカードは残高が無い口座のカードだ~☆(無意味)
さらに、母から貰った旅のお守りも忘れた…(精神的に凹)
しかしもう電車に乗っちゃったもんだから仕方ない。行っちゃえ行っちゃえー!

途中、大阪駅では倖田来未のライブ帰りのファン達とかち合う。みんなギャルい。みんなアイライン黒い。ラルヲタとの対比を楽しむ。
そうこうしていると、一緒に前泊予定のanさんからメール
『南海電車が人身事故で遅延中。大阪に着く頃には終電が終わってますし、ホテルまで辿り着けそうにないです…』
エッ!(゜Д゜)
初っ端から波乱の予感。
一応行ける所まで電車で向かうとのことで、私もとりあえずホテルへ。遅延が響き3時間半かけて泉佐野のホテルに無事到着し、anさんを待つ。
このホテル、古いし狭いしセミダブル一人3000円代と激安なのに、女性向けアメニティーが充実しててフロントの対応も凄く良かった。



部屋には蚊取り線香や加湿器を常備。ミネラルウォーターも二本無料で頂き(香港に持って行った)、さらに翌朝は関空まで無料送迎もしてくれるらしい(要・予約)
さすが口コミの評価が高いだけはあるなぁ。関空付近で対応の良い安宿をお探しの方は、『ファーストホテル』においでませ。

深夜1時、anさんの乗る電車が目的地の道半ばで終電を迎える。タクシーを走らせるにも距離がありすぎるとのこと。
『どこかで夜を明かしますので、寝てください…(涙)』
ちょちょちょ((((゜Д゜;))))大丈夫なんかオイー!!
『駅に着いて、電車から追い出されたところです。なかなかシュールな光景ww』
いやいや、わろてる場合ちゃいますやんw
超心配しつつもどうすることも出来ず、とりあえずホテルから貰った梅こぶ茶を優雅に飲んで就寝。

翌朝5時頃、睡眠時間1時間のanさんが「シャワーを浴びさせて下さい…」と言いつつホテルに到着。
ネカフェも近くに無い田舎に下ろされたようで、明け方まで営業している居酒屋でずっと酒を飲んでいたらしい。旅行前に何で飲んだくれてるんですか。
「ブログのネタになるかと思って…(´・ω・`)」と言っていた。
そこまで身体張らんでもw

7時、ホテルの送迎で関空へ。ライオンのぬいぐるみを鞄に付けたお仲間を多数発見。勿論私も付けている。名札を付けて歩いてるようなもんで、妙に気恥ずかしい。
団体窓口で手続き後、座席確保&荷物を預けてスタバで軽く朝食しつつブログ更新。
今回の旅において胃腸の弱いわたくし、腹を壊すのを何とかして防ぐため様々なアイテムを持参しているのですが、ここではビオフェルミンと胃腸向けの栄養剤を摂取。頼むよわしの胃腸!今回ばっかりは頼むよ!
集合時間になったので場所に行くと多数のケンヲタさんが集まっていた。関空から出発するのは47名。内1人はツアー参加者唯一の男性だ。きっとケン様は喜んでくれるよ!メンズメンズ!
添乗員のK氏(さわやか系イケメン・テツっぽい)に説明を受け、ネームタグが配られる。(冒頭の写真参照)
裏面には各パーティーの席順、バスの号車、宿泊ホテルや参加者ナンバーなどが記載されている大事な札です。別名「迷子札」でもいい。
参加者は、旅行中は常にこれを首からブラ提げるというある種の羞恥プレイを強いられることに。
イケメン横顔のケン様を常に胸元にぶら提げておけばいいのね!はいよろこんでー!(゜∀゜)

各自自由に手荷物検査、出国審査。
通過後はどこの国にも属さなくなるから免税になるんだね。なーるほーどねー。でも高級ブランドばっかりで手が出ねーっす(^0^)
暫し免税店をブラリ。『Kiehl's』を発見したのでハイド様御用達のリップバームを勧めたら、ほぼ寝ていないanさんがフラフラしながら買っていた。
いやでも私、キールズを使い出したら他のリップに手が出せなくなったんですよ。オイルのような柔らかい質感が好きな方にオススメ。もう何本もリピしてます。ささやかなSPF数値も可愛いと思うんだ。



時間になったので搭乗口へ。K氏から「パーティーが盛り上がる質問や心理テストなどを書いて下さい」と書かれたアンケートを配られる。
思わず、「今ッ!?( ゜Д゜)つ□」と突っ込んでしまった。



心理テストとか言われても急に浮かぶほどスピリチュアルに詳しくねぇw旅のしおりと一緒に送ってくれたら色々考えておいたのにw
兎にも角にも私にとっては初の国際線。飛び立つ瞬間の加速にテンションを上げつつ、香港へいざゆかん。



なんせ関西の空が曇ってるもんで、美しい空の写真とはいかなかった。残念無念。
初めての機内食は大変おいしゅーございました。でもエコノミーだからかちょっとショボイねw ホカ弁くらい華やかにならんものか。
あと、外国人CA対策のため「ビーフ or フィッシュ」と聞かれた時に英語で言う練習をしてたのに、JALだったから日本語だった。ついでにビーフかチキンだった。


チキンだよ!

フライト時間はおよそ3時間半。香港は沖縄の斜め下、台湾を越えた先にある。福岡からだと2時間半くらいで行けるんじゃね?近いよねぇ~
食べ終わってからアンケートを記入し、1時間程就寝しておいた。

無事着陸。
同じくTwitterをやっているanさんと共に、「香港なーうwww」と大変うるさくしつつ香港空港に降り立つ。なんか臭い。
ムシッとした暑さを感じながら移動用のシャトルに乗ると、冷蔵庫ばりの冷気が待っていた。「兎に角寒い」と言われる香港の冷房の洗礼を浴び、参加者から「おぉぉおお;;」という声が上がる。
冷房対策でパーカーは持ってきたけど、それを羽織って何とか凌げるくらい寒い。秋用の長袖パーカーにしておいてヨカタ。



香港空港は関西空港の倍以上?兎に角デカイ。広い。超都会。
「優の良品」という謎の日本商品店を発見。結局、優なのか良なのかどっちなんだ。
話によると、こっちでは日本語の接続詞「の」を付けるのが流行っているそうだ。カッコイイと思って付けた結果、ネイティブ日本人が見るとよくわからん単語になった良い例だと思いましたw



入国審査後の出口で、出迎えのためか大量の香港人が柵越しにこちらを見ていた。ゾロゾロ出てくる250人の若いジャパニーズガール。「ワオ、見てみろよ~」ってなもんで、メンズから笑顔で指を指される。何せ、現地の人に比べたら日本人(それもバンド好き)はメイクも格好も個性的で派手な人が多いので目立つ。写真まで撮られる。動物園か。
でもCAさんはばっちりメイクな人が多いよね。関空ですれ違ったタイ航空の人もスタイル抜群で全員美人だったし、JALの香港人CAさんは、正直TVに出てるそこらの日本人モデルよりずっと美人だった。濃いメイクで猫っぽくなる顔立ちが可愛いのなんのって!その顔を4日間貸して下さい!とanさんとヒヒオヤジのようにニヤつきながら眺めていた。
案内されるままにバス乗り場へ行き、貸切バスでホテルへ移動。
乗り込むとまたまた冷房のブリザガ攻撃に見舞われる。噴出し口に「切」マークがあったので捻って風だけは止めたものの、やっぱり寒い。
K氏「冷房は、止めると暑いです!上の栓を捻ってもらうと止めることが出来ます!でも、どこかを止めるとどこかが強く出ます!」
なんだそのドリフみたいな冷房ww 早速、香港クオリティーを感じることになった。
K氏が現地ガイドのT氏に「ちょっと冷房が寒いです」と伝えると、T氏はキョトーンとした顔で「そぉ~お?」と答えていた。さすがである。香港人と生ぬるい日本人では鍛え方が違うのだ。

車内にてT氏に1万円分を香港ドルに換金してもらう。自分で換金しなくて良いところがツアーの強みよね~
レートは13円で760か770ドルくらい貰った。先日までレートは15円で600ドルにしかならなかったようで、「ラッキーな時に来たネ!」とT氏。円高は海外旅行者にとっては痛手である。
K氏がマイクを持って御挨拶と説明。何故か音が割れている。
「えー、マイク、独特の音ですけど…… 皆さん寒いようなので一度冷房を止めようと思います。すると、どうなるか。体験してみて下さい。」
脅しかよw
(K氏はこんな感じでずっとおもしろトークをしてくれるさわやか青年だった。喋り慣れてるぜ…!)
何となく前の椅子に付いているポケットに手を入れてみる。ヌルッとしていた。思わず「ギャッ!」と声を上げて布張りのシートに触ると、やっぱり濡れていた。何故だッ!
怖くて匂いは嗅いでいない。

3泊4日、お世話になるホテルは『ハーバープラザ・メトロポリス』です。あと、スタンダードプランは『リーガル・カオルーン』になる人も居た。
ケン様の旅行のホテルがメトロポリスとは、ウマイことエロイホテルが当たりました。(いたって普通のホテルですw)
ガイドさんが「ハーバープラザ…メトロポリタン?」と間違えて言うと、バス乗車全員から「メトロポリスーッ!」と厳しく指摘される羽目に。
ウフフ、かわいそうに。乗車しているのは全員ケンヲタ。作曲名と同じホテル名を間違うなど許されないのだ。



ヴィクトリア・ハーバーを背に、暫く車窓から香港の町を眺める。かつてイギリス艦と阿片を積んだ船と海賊で溢れていたヴィクトリア・ハーバーは、今や世界各地とビジネスを行う拠点であり、多国籍な民族が行き交う先進的な港となっている。
阿片戦争の後イギリスの植民地となった香港が1997年に中国に返還された今も、「ヴィクトリア」というイギリスの女性名を冠し続けている辺り、長い植民地の歴史を物語っているなー…なんて真面目に思っちゃったりなんかしちゃったりして。
でも、イギリス領だったということは文化や街の名前からみんな知ってるけど、その前は日本が占領していたことを知らずに来ている人って結構多いのかもしれない。
ガイドさんが前を通過するたび「あれが有名なペニンシュラホテルですよー!」と何度も言っていたけど、あれは日本占領時代、日本が領事館代わりに使っていたホテルだったと思う。日本軍とイギリス軍の降伏文書の取り交わしもこのホテルだったはず。
まぁ香港の最高級ホテルなので、そういう意味で言ってただけかもしれんがw
街中に入ると、密集する高層ビル郡に細かい無数の窓、そこから何ともローカルな雰囲気で紐に通された洗濯物が干されていたりする。これって全部マンションなのかね?
「香港では地震が起きないから、これだけ密集した状態で大量の高層ビルが建てられる」とのこと。地震を引き起こすプレートが地盤の下に無いんだろうな~!羨ましいなぁ~!
地震国の日本では絶対に見られない光景だ。これを見るだけでも海外に来た価値がある。
中国系建築のモロさも気になっていたら、「地震がきたらパァ!」とも言っていたwやっぱりかw



ホテルの噴水にお出迎えされ、アラブ風ターバンを巻いたドアマンに「ハロー!コンニチハー!」と笑顔で迎えられてフロント横のツアーデスクにてスケジュール説明。
ホテル・メトロポリスは中級ホテルになるのだけど4つ星らしく、ポーターもドアマンも居る大きく立派なホテルだった。屋外にはプールやジャグジーまで備えており、色んなところが大理石だったりエレベーターは金ピカ鏡張りで、エレベーター用の内庭まである。朝食ビュッフェがある喫茶や、大きなくまちゃんのヌイグルミがお出迎えをするオサレなハーゲンダッツのカフェも備えていた。
えぇホテルやーーん。゜+.(・∀・)゜+.゜満足満足!失礼ながら、もっと安宿かと思っていたぜよw



↑この内庭が金ピカガラス張りのエレベーターに乗ると見れるのだ。
ツインはちょっと部屋が狭いかもだけど、荷物を広げるのは全てベッドの上で行えば無問題。バスタブ、手洗い場、アメニティー、全てアンティーク風で鏡も大きくオサレだった。ベッドは日本のホテルより10cm以上高いよ!いつぞやのハイドみたいに、よっこらせとよじ登るよ!



部屋にある窓辺のテーブルには、参加記念グッズがサイン入りメッセージカードと共に置かれていた。一枚上下がひっくり返っている辺り、置いたのは現地のスタッフなんだろうw



ライオンさん用、オールインワン(パンダ)です。
ライオンさんのぬいぐるみを持っていなかったらどーしよーもない感じです☆(^0^)みんな買えってことで把握した。

関空組のバスが一番早く着いたため、anさんと共に玄関先を抜けて町並みの写真撮影。異常にムシムシ。異常に暑い。直ぐにホテルへ逃げ帰る。
フロントから続くショッピングモールへ、ミネラルウォーターを買いにお出掛け。
ローカルなモールなので大したものは無いけど、小さなスーパーとセブンイレブンがある。そこで水1.5リットルを購入。200円くらいかな?物価は日本と同じくらいで多少食料品が安いくらい。「アジアは物価が安い」という常識から例外として外されるのが、東京と香港なのだ。節約しないと1万円分の香港ドルなんぞ直ぐに飛んでいっちゃうお!それでも東京が一番高いからちょっとお得ってくらいにはなるけどね!
初☆ドルでのお買い物でテンションが上がるものの、お釣りで貰ったセントコインとドルコインの見分け方がわからず首を傾げる。10ドルコインより5ドルコインの方がデカかったりもする。10ドルコインがあるのに10ドル紙幣もある。なんじゃそら。
そう思うと日本円って簡単ダヨネー!1円から上しか無いし、コインはコイン、紙幣は紙幣だし、金額によってコインが徐々に重くなって500円が一番大きい。なんで海外って小数点以下のやりとりまであんの?四捨五入したらえぇやんけ。



成田組が来たらしく、姉御一行が到着(今回は別グループ)。お友達のcさんとも御挨拶。苺のストラップを戴いてキャッキャと喜ぶ。ワァァイ!有難うございまーすvv 苺ってだけで嬉しくなっちゃうのはケンヲタの性ですw
今回の旅、周囲のケンヲタ仲間はほとんど参加してるのであっちこっちに知り合いが居ます。嬉しいです。みんな若くてオシャレで可愛いんだぜ。
そして、同グループとして4日間私と同部屋になる可哀想な人・mさんと合流。お疲れさまーっす!
買っておいた水を渡し、ウェルカムパーチーまで2時間あるので、軽く着替えてから再びショッピングモールへ。
モール内では何やら美人コンテストらしきものが開かれていた。歌の審査中だったので聴いていると、日本の歌謡曲を広東語で歌う女性も。異国の地で何気なく耳に入ってきたのは聴き慣れた日本の曲。なかなかイイモンですな。



みんな香港らしい歌い方というか……日本で言うところの、昭和っぽい歌い方だったw

小さなスーパーでパンとか飴とかクッキーなどのローカルなおみやを買い漁る。香港のビニール袋は有料で、エコバックを店員さんに渡すとそこに入れてくれる。記念に一度はビニール袋に入れてもらったけど、一袋50円くらいはしたような気がする。ビニール削減運動は日本よりずっと進んでいるのね。
素材は薄くテロテロしている。デカイ袋を貰ったけど、これがパンパンになるまで物を入れたら絶対持ち手が千切れるだろww
(でもビニール袋を作る油は不要な油で作るから、使わないと逆に油の廃棄が大変だと聞いたことがある。どないなってんの?)
ワゴン売りしているスイーツ屋でマンゴー餅とマンゴープリンも買った。アジア圏に行ったら、とりあえずマンゴー食うといたら間違いないと思っている(・∀・)
買った後、お店のおばちゃんにカタコトの日本語で「パパイヤのプリンが一番オイシイ!」と連呼される。マンゴー買うてもたがな。先に言うてくれ。



美人コンテストを見ながら、餅を食す。中にマンゴークリームが入っておったぞ。甘さ控えめでおいひー!(*´3`*)ハイドのほっぺみたいにモチモチでやわらかいおー
マンゴープリンは、日本のスーパーで買えるようなものよりずっと濃厚。中に角切りマンゴーも入っていた。これまためっちゃおいひー!
ちなみに、お店の店員さんはほとんど英語がペラペーラ。広東語は難しいので英語が通じるのは有難いけど、そもそも英語3のわし、難しい質問をされると「…(゜∀゜)は?」状態だった。←分からなくてまんまこの顔をしたら「もういいよw」と笑って首を振られるのが切ないww涙
ただ、部屋のお掃除に来ていたメイドさんは英語が通じなかったなぁ。地方や異国からの出稼ぎなのかもしれないなぁ。

時間になったのでホテルへ戻り、パーティー仕様に着替えてフロントへ。
結婚式でも行くんですか、っていう着飾ったファンで溢れていた。
バスに乗り込み船着き場へ。移動中、香港人は一日四食くらいピーナッツ油たっぷりの料理を食うが、温かいお茶(特にプーアール茶)を大量に飲むから太らず長生きなんだという話を聞く。男性でも平均寿命は80代なんだって!日本より長生きやん!
よぅし、飲むならあたたかいお茶あたたかいお茶あたたかい…(´ー`) ←すっかり影響されている
ヴィクトリア・ハーバーを潜る海底トンネルを通って香港島へ。トンネル内の天井には緑のランプがライン状に続いていて、全部監視カメラなんだそうな。なんでそんなにカメラばっかり付けてんの…?(゜∀゜)?何撮ってんの?大いなる謎。
ガイドのY氏「香港島に入ったらまたガラッと街の雰囲気が変わりますよー!」と言う通り、住宅マンションの多い九龍とはまた少し違って、ビジネス系の高層ビルや大型の看板が立ち並ぶ。ちなみに香港島で一番長い看板を掲げているのは日本企業のパナソニックなんだって。ほへぇ。



船着き場に到着。
橋渡し役の船に乗り込み、移動。目の前には「千と千尋の神隠し」に出てくるお湯屋のようなパーティー会場が。



外は相変わらずムシムシとしていて体力が奪われるくらいに暑く、船から下りてパーティー会場に入ると冷房のブリザガ攻撃で異常に寒い。
寒いし暑いし極端だし、適温っちゅーもんは無いんかッ!(;つД`)グエェェェエ
中は豪華絢爛な中華風。中央ステージにケン様が座るらしき椅子とテーブルがある。ウェルカムドリンクを貰い、指定のテーブルへ。



お酒を飲むと眠くなるのでお茶にしたけど、ワイングラスに入ってるのにちゃんと温かいお茶だった。よぅし、これでいっぱい油っこいもん食べても太らないぞー☆
ただ、指定のテーブルがステージから一番遠い席だった。参加した人なら分かると思いますけど、向かって右端の最後尾。勿論、ケン様が座るステージの椅子も食事をするテーブルも見えない。ペッコリ。凹
テーブルに座るのは中央のターンテーブルを囲める8~9人程度。これからの各パーティーは同メンバーでお世話になります。よろしくお願いシマース!

進行役のU氏登場。彼は今回のツアーの責任者っぽい。行く前にmさんが何度か電話で質問をしていたのだが、その担当者がU氏だった。
軽く挨拶をした後、
U「皆さん席につかれましたか?それでは早速、ケンさんに登場してもらいましょう!」
(拍手)

ケンさまキタワァァァア!(*o゜∀゜o)-3-3-3

黒い中折れハット、サングラス、黒いロングカーディガン、Lion刺繍入りの黒いタンクトップ、黒いパンツというイケメン仕様で登場。なになになんでそんな格好良い衣装なの。
だって旅行ってことは私服だろうし、絶対襟ぐりダルダルカットソーにウエストポーチに妙な帽子だと思っていたのに…!(震)←散々
絶叫が木霊する中、ニヤニヤしつつも若干そわそわしているケン様、ステージへ。(緊張している)

U「どうもケンさん!宜しくお願いします!」
Ken「あ、こちらこそどうもどうもw」
U「それでは始めに、御挨拶や今回のツアーに到った経緯などを」
Ken「長くなりますよ?」
(笑)
Ken「そもそも、2010年はシングルやアルバムを出すつもりも無く~、ライブをするつもりも無く~」
(えぇーー!)
Ken「そうなのッ!」(だってやるつもりなかったんだもん!と言いたげ)
(笑)
Ken「で、このツアーだけ決まってたの。スタッフに来年どうしますか?って言われて、アルバム作れとか、ライブツアーとか言われて、本当はアコースティックライブがしたかったんだけど」
(おぉ~)
Ken「(この状況が)ライブより正直緊張するんですッ!」
(可愛い~)
Ken「うるさいッ!」
(笑)
Ken「こんな綺麗な所まで連れてきてもらっちゃって。ねぇ。嬉しいです!」
(拍手)
U「それではケンさん、乾杯をお願いします。皆さんグラスを持って下さいね~」
(はーい&グラスを掲げる)
Ken「(グラスを持って)カンパーーーイ!!楽しみましょう!」
(カンパーーイ!!テーブルごとに乾杯中。私も皆さんとカンパーーイしました)
Ken「(食べる前は)"いただきます"だよ!」
(笑)

BGMはアルバム「インフィジカル」。『"S"』がかかりだすとマイクで1フレーズ目を歌いだすケン様。
ギャァァアーーー!!という絶叫と共に全員起立。え!(゜Д゜≡゜Д゜)歌うのッ!?(ガタタッ
こらあかんwwと思ったのか、歌ったのはそこだけで、
Ken「食べろッ!!w」
と叫んでました。
そうだった、ここ海の上だ。全員でジャンプしたら転覆しかねないw

Ken「じゃあお先にいただきまーす」
(ステージ下の主賓テーブルへ。ファンに向かって着席)
Ken「みんな手を合わせて!」
(いただきますッ!)

給食タイムのような「全員で"いただきます"」に笑いつつ、運んでくる初めての中華料理に舌鼓。
食事中のケン様は見えなかったけど主賓席だけ全部の料理が先に運ばれているらしく、10分程で平らげて直ぐに立ち上がると、煙草を吸うためか一旦外へ。
帽子を取って戻ってくると、U氏に案内されるまま再びステージ上へ。用意された椅子に着席。

Ken「どーもどーも!」
U氏「お食事はいかがでしたか?」
Ken「いや~、お食事美味しいですねぇ~。250人くらい居るけど、この人数でどれだけエビを食べたんでしょね!誰か数えてないかなと思いながら食べてましたね」
(笑)
Ken「僕ずっと気になってて、スタッフの中にエグザイルの…曲名わかんないけど、♪キャリオ~ンって曲を着うたにしてる人が居るんですよ」
(笑)
Ken「皆さんも、是非耳をすまして聴いてみて下さい」
(笑)
U氏「それではケンさん、皆さんに事前にアンケートを書いて貰ってるので、ここから質問コーナーにうつろうと思います!」
Ken「はい!」
U氏「最初の質問。『この香港・マカオツアーへの意気込みを聞かせて下さい』、ということですよ」
Ken「あの~、やったことない感じ?今までバスツアーとか屋形船ツアーとかやってみて、あれよりちょっと調子に乗った感じがこのツアーです。みんなと調子に乗ってやればいいなと思ってます」
U氏「次の質問です。『今日の旅行のために心掛けたことはありますか?』
Ken「心掛けたこと~は~、服を沢山持っていくことです!いっぱい買って用意してたんだけど、でもズボン忘れて!今日からずっとこのズボンです」
(えぇ~w)
U氏「そういえば、旅行の記念品がホテルの部屋に置かれていたと思うんですが」(ライオンさん用のパンダ服)
Ken「限定ですので、決してオークションに出さないように!」
(笑)
Ken「ちょっと出てるとこ見たいけどねww」
U氏「旅のしおりも、皆さんお持ちだと思うんですが」
Ken「スケジュール見た時、25時(ホテル帰還)とかwwえぇーー!修行~!?ってw」
(笑)
U氏「『参加する私達の心掛けはなんですか?』という質問もきてますよ」
Ken「僕から1つ注意しようと思うんだけど、便座!冷たいです!」
(笑)
Ken「二人部屋の人は、もう一人のために座って温めてあげて。みんな仲良くなって欲しいです」
(笑)
Ken「それでたまに喧嘩して、仲良くなって、便座を温めて。(友達の)基本ですッ!」
(笑)
U氏「それではこれから、ケンさんに各テーブルを回ってもらいま~す!」
(きゃぁぁあーー!)
Ken「(ステージを降りて)こっちから?」

なななな!((((゜Д゜;))))ケン様がここのテーブルに座っちゃうの!?座っちゃうのテーブルにー!?(混乱)
よく見れば一席だけ椅子が多い。ここに座るのかっ!と思ったらanさんの隣の席だった。anさん、痙攣し始める。
しかし、何せ右端の後方は最後扱い。どうせ最後の方だべ?遠くから聞こえる黄色い悲鳴を背に、ひたすら食べることに集中する。


焦げたピーナッツ油の味がする何かのスープ。


茹でエビ。これ旨い。指で豪快にムキムキする。
食べ終わったらお茶のフィンガーボールで指を洗うのだが、最初何に使うか分からず日本のツアーガイドさんに「これってフィンガーボール?」と聞くと、「いやww違うでしょww調味料じゃないの」と笑われた。
でも、お茶に一度潜らせることで食器を洗う文化のある香港。不安になって現地の店員さんに聞いたら「うん、フィンガーボールだよ」と言われた。
一歩遅かったら飲むところですた(^ω^)


塩茹で?したような野菜と、鳥っぽいお肉。お肉は文句無く旨い。

…しかし何かしらピーナッツ油の味がする…(´~`)モゴモゴ
日本産の倍くらい太いチンゲン菜がやたら出てきて苦戦。噛み切れない…こんにゃろ…!(噛)
鶏だか鳩だかの焼いたやつに鳥頭の丸揚げが添えてあったので、別の皿に取り分けておいて撮影。日本では決してやらないセンスだよね~。きっと日本で言うところの「お頭付き刺し身」みたいなノリなんだろう。
あと、うちは端だけあって店員さんの対応も最後になりがちで、背後が壁なのでお皿も配りにくそうだった。なので、お皿を取るのもお茶を入れるのも店員さんがやってくれるところを、ほぼセルフで取ったり入れたりしていたw
そんな私達を見て、「オゥ!ごめんね!ありがとう!」と礼を言う店員のおっちゃん。英語で「大丈夫よー^^お茶持ってきてー」と言うと、笑顔でビールを持ってこられた。

ふと横を見ると徐々にケン様が近付きつつある。5~7分ずつ一テーブルに居る感じだろうか?
待っている時間が長い組は事前にネタ合わせし、ケン様が着席した瞬間に
「ケンちゃん!待ってました~♪」とか、AKB48の「会いたかった×3 ケンちゃんに~♪」
と歌って迎えたりしている。実に可愛らしく、微笑ましい。
それを見つつも、「うちも…なんかします?」「まぁ、うちはうちってことでw」と、これといって何も用意しない我がテーブルチーム。
ノリが悪いんじゃないよ!緊張するからとジタバタしたり騒いだりするような人が居なかったのだ。おっとりとしながら「もうすぐですねー^^緊張します!」と話していた。大人だ!たぶん私が一番ウルサイくらいだろうw
といっても私もキャアキャア騒ぐキャラでもないので、マイペースな雰囲気が私に合っていて嬉しかった。
勿論、始終キャアキャア言ったりアピールしまくる女子っぽいテーブルもある。それぞれ特徴があって、回っているケン様も面白かったと思う。
ウェルカムサプライズがあるとケン様は目を丸くしてビックリしていて、私は影からそんなビックリ顔ケン様を観察してニヤニヤしておいた。
あと、鼻高い、指長い、肩幅狭い。少し低いヘリウムボイス、よく頷く。横のテーブルで話している間はさすがに何も食べずにボーーッと見詰めてしまった。ちなみに、ずっとマネージャーHさんがハンディーカメラで撮影しています。ど、どこかで公開するんすか…?(恐)

あー待ってる間に身体が冷えた!あー寒い!(上はパーカーを羽織るものの、足は冷えすぎて痛いレベルだった)
来たら来たで少し話せるみたいだし、何を話しますか?とmさん&anさんと相談。
席のせいで店員さんが遠いという話題から、指パッチンで呼ぶ話をしていると、「そうだ。ケンちゃんに指鳴らして貰おう。長い指で鳴らしてくれたら素敵ですね」という話に。
あと、セルフで何でもやっていることから、「ケンちゃんにお茶入れて貰いましょうよ執事みたいにw」などと盛り上がって、椅子の前にティーポッドを置いておいた(ひどい)
そうこうしているとケン様がやってきたぁああばばばばヲヲヲヲ。あ、ティーポッドはスタッフにどけられたw

笑顔で「どうも~vv」とやってきた芸能人オーラむんむんのケン様。斜め前に座っている。1メートルも離れていない。緊張で白目剥きそうになるところを必死で堪える。
Ken「まずは、カンパーーーイ!」
着席したケン様と全員でカンパイ。ケン様の長い指先が持つグラスにわしのグラスがカチンと当たっておぉおおお。当たったところからお色気攻撃を食らった気分になる。クラッとしてお茶をこぼしかける(白目)
しかしケン様、突然、うげぇぇ!と嫌そうな顔をした。

アーッ!!Σ((;;゜Д゜;;))さっきの鳥頭の丸揚げ、ケン様の席に置いたままどかすの忘れてたーーーッ!!(ドーン)

L'7の各地でお食事写真を公開していたケン様、あの時も頭の丸揚げに対して嫌がっていたのを思い出す。
どどどどどどうしよどうしよどうしよ。
ケン様、鳥頭の皿を持って、またまたうげぇぇぇという表情。

Ken「俺の一番苦手なものだよッ!www」
と言いながらも、何やらウケてくれた。
よ、良かった。゜(;つД`)゜すっかり忘れてましてすみませッ…!

Ken「見てよこれ!凄い顔してる!(くちばしを摘んで持ち上げている)」
私「うつろな目をしてますね^^」
Ken「でしょ~!」
何気なく会話をすることに成功。緊張が少し落ち着いたところで、先ほど相談していた計画を実行に移すことに。
私「ここ、席が遠いので店員さんが来るのも最後なんです」
Ken「あぁ~、ほんとだね。席は変わっていくと思うけど、ずっとここだったらスタッフに文句言って!」
(笑)
私「はいw なので店員さんは自分で呼んでます。(指を鳴らすフリ)鳴らせないんですけどね…ケンさん、鳴ります?」(※話のタネで言っただけで、店員さんはちゃんと周囲に居て直ぐに来てくれてましたのであしからず)
Ken「(パチンパチン何度も鳴らそうといている)あれ?鳴らない。いつも鳴るんだけどぉ~」
首を傾げながらも必死で長い指をパチンパチンとさせている。ウットリ(*´Д`)ホゥ
でも、よく考えたらこの計画は失敗だった。湿度が高い場所では指パッチンは鳴らないんだった。うぅー、カッコ良くパチンッ!と鳴らすケン様を見たかったんだけど、それに気付いたのは外に出てからだった^0^馬鹿でーす★
Ken「手ぇ、叩いたらいいよ!(顔の横で手をパンパンッ!と叩く・御主人様風)」
私「分かりましたw 次からはそうしますw」
(笑)
よしおk!私の目的は達成したので、大人しく皇室スマイルを浮かべておいた。後は皆さんにお任せしておこう…(´ー`)ニコッ
しかしケン様はとても優しく全員に気を遣う人で、何かと相槌を求めるように見てくれるのだ。そのたび頷きながらもビクッ!としていたチキンな私。Σ(゜∀゜lll)はい!そうですね!その通りでございます!

Ken「何が美味しかった?こっち来て何か食べた?あ、餅?(頷きながら話を聞いている)」
ホテルから出たところにあるワゴン売りの餅のことだと思う。皆さん同じもの買って食べてたのねw
肘をテーブルに付き、長い指を絡めながらニコニコ。
Ken「今日は何時まで起きてる?」
そう話しつつ、隣に座る方を間近で見詰める。隣の方は頷きながらも身体は完全に固まっていらっしゃったw
Ken「2時まで起きてるやろ!ワールドカップ見るやろ!(指を指して同意を求めている)」
(えぇー!)
私「いや、明日25時の日ですよ^^早寝します。」
Ken「(目を見開く)あれ見てビックリした!個人旅行でも絶対嫌な時間だよねww」
(笑)

ここまで話したらU氏より「時間デース」の声が。
ケン様は少し申し訳無さそうに頷き、笑顔を浮かべながらグラスを持つと華麗に席を立って行かれました。去り際、ふわりと靡くロングカーデの裾があっという間の一時を物語ってました。
なんてジェントルマンなの…(つ∀∩)ポッ
あぁー終わった。あぁー緊張した。胸を撫で下ろし、皆さんと一緒に深呼吸w
mさんから「めっちゃ普通に喋ってましたね!指パッチンもしてもらえるように誘導してたし」と感心される。そうなんだよ…握手会の時もそうだったけど、緊張がピークに達すると逆に冷静になって無我の境地に達するんだよ…ある意味、賢者モードだよ…
むしろ、落ち着きすぎて女子っぽくキャッキャもしていなかった。もっと「きゃー☆けんさまーvvv」みたいな反応をしてヤンヤヤンヤと囃し立てた方が良かったか…!?(不安)
まぁいいや☆とりあえず、座っていた席を撮影してみたり触ってみたり変態的なことをして楽しむ。フヒヒ。


ケン様が座った椅子と、触っていた鳥頭。全てが愛しいぜ。

全テーブルを回ると、再びステージへ戻るケン様。

U氏「お疲れ様でした!」
Ken「いえいえ~」
U氏「明日も長いですよ~!」
Ken「はい、そうですね。それ(予定を)組んだのUさんですよねw」
U氏「はいw それではケンさん、締めの御挨拶をお願いします!」
Ken「はい!始まる前はライブより緊張して、なんでこんなことやらなくちゃいけないんだと思ったけどw」
(笑)
Ken「始まってみると、ほんと、愉快な人達ばかりで。東京歩いててもこんなに愉快な人達、居ないからね!」
(笑)
Ken「明日から楽しみです!宜しくお願いしまーーす!」
(拍手)

ケン様、手を振りつつ先に退場~ワァー(´∀`人)パチパチ
いやぁいきなり御本人と間近で話が出来ると思っていなかったので、初っ端からサプライズでした。ケン様はずっと笑顔で気さくに答えてくれるので、話しながらも少しずつ緊張が解けていったような気がしますよ。
24~25?くらいテーブルがあったと思うのですが、最後まで疲れた素振りは見せていませんでした。ずっと笑顔で、楽しそうに喋り、溜息くらい零してもいいのに一度もそんな姿は見せなかった!なんて凄い人なんだろう…(ホロリ)

姉御一行が挨拶をしにテーブルに来てくれたのだが、そっちはケン様に全員の名前を呼んでもらったらしい。し、しまった…!そういう女子っぽいお願いをすれば良かったのか…!(ワナワナ
「そっちは何を話したのー?vv」と聞かれるのだが、「…え、鳥頭でビビらせてしまった…」というくらいしか言うことが無かった^0^

最後にデザートのマンゴープリンをいただく。これがまさしく本場の味!めちゃくちゃ濃厚で、正直料理の中で一番美味しかったのがコレw



おっちゃん店員が近寄ってきて「ミュージシャン?」と聞いてくる。「うん。ギタリスト」と答えると、「おぉ~」と笑顔で頷く。
このおっちゃん店員さん超気さくで可愛かったので、mさんがソーサーの下に密かにチップを置いていた。ここはサービス料込みだろうからチップは要らないんだけど、ちょっと弾んで20ドル。(置くなら普通は10ドル)
どうやって取るのかな~?と思って帰る時にこっそり見ておいたら、カップを下げながらスッと掌の中に紙幣をしまっているじゃないか。実にスマート!すげぇ。やっぱチップ文化に慣れてきた人って「素知らぬふり」をするのが上手いね。

外を出るとさらに再び待ち構える異常なムシムシ外気。さっきまで凍えてたのに汗で肌がベタベタしてくる。ベタベタ旅行とは言ったもんだけど、こういうベタベタは望んでないです(真顔)



振り返ると船上レストランには電飾が燈され、ますます湯婆が出てきそうな雰囲気。どこかで夏木マリさんの声を聞いた気がしたw

バスでホテルへ移動後、解散。23時くらいだったかな?
テンションが高いまま夜景を撮りに外へ。全然関係無いけど、香港のカタツムリは殻がヤドカリっぽくて無駄にデカイ。(10cmくらいある)



部屋に戻り香港での初お風呂タイム。『ファーストホテル』で貰った入浴剤を入れてのんびり浸かってみたけど、陶器製のバスタブで深さが無い。ふくらはぎくらいまでお湯を入れて横になって頭を縁に乗せると、まんま寝ている状態で入浴出来る。
なにこれ超イイー!(゜∀゜)お家にもこの浅さのバスタブが欲しいー!
しかし寝て下さいと言わんばかりのバスタブだなぁとは思っていたけれど、mさんが入って直ぐに寝息を立てていたのが聞こえた。ずっとワイン飲んでたからなmさん。起きてーッ!
あ、洗顔は水道でやったけど、歯磨きはミネラルウォーターでやっておいたよ。やっぱり水道管が汚れてるんだって。T氏が「飲んじゃダメヨー」と言うてた。日本ってほんとに恵まれてるよな。

窓の外を叩きつける雨と風と雷の音にビビリつつ、明日の天気に思いを馳せながら就寝。
まだまだベタベタ旅行の本領はこれからだということを、まだこの時の私は知る由も無いのでした。

二日目に続く!


 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2010.06.18(金) 22:12 | | [Edit]

 

こんにちは!香港でお世話になりました、和泉と申します!
お食事のときに同グループで3日間ご一緒しました京都人です~。わかりますかね…(;゜∀゜)=3
あ、あと最終日のオープントップバスで、LUSYさんの前の席で便乗してフーフー言ってたやつですww

以前からこっそりこちらのブログにお邪魔してたので、最後空港でLUSYさんだと知ってえらいびっくりしました…!

ランチやディナーのときだけでしたが、楽しい時間をご一緒できて嬉しかったです~☆
本当に私たちのテーブルは、なんていうかマイペースでしたね(笑)
ビンゴでテンション下がりすぎてけんちゃんに心配されたのもいい思い出ww

旅行中は興奮のあまり終始頭がパァァン(゜∀゜)となっていてあまりトークとか覚えていないので、LUSYさんの細かいレポすごく助かります!すごいっ!
思い出しながら、にやにやしつつ読ませていただきます(´∀`)

せっかくのご縁を無駄にしたくないので、またライブなどでお会いした際にはよければお話してやってください~*
ブログにはこれからもお邪魔させていただきますね!

ではでは、まだ旅行気分が抜けない和泉でした(ノ∀`)
本当にありがとうございました☆

NAME:和泉 | 2010.06.19(土) 11:24 | URL | [Edit]

 

>>22:12 にゃんこさん
ただいまでーーす♪
レポ、ライブレポ以上に長ったらしいのに読んで下さってるんですね。ウゥ(涙)ありがたや。。。

鳥頭…すっかり忘れてまして…スタッフもティーポッドはどけたのにそこはどけなかったんですよね。
ドーン!と目の前に置いてたので、ケンちゃんがうげぇぇえという顔をした時は「ヤベェ」と思いました。ウケてくれたので良かったですけどw
しかし、虫が苦手だったり鳥頭が苦手だったり、ケンちゃんって結構繊細ですねぇ。たぶん、豚の頭なども苦手だろうなw
さらに色々とお話させて頂いた3日目も漸くアップしました。お暇な時にでもドウゾv


>>11:24 和泉さん
こんにちは!和泉さん*
あぁああ勿論分かりますとも!あぁ、本当に御連絡を頂けるなんて…凄く嬉しいです。涙
だって、同じ鳥頭の丸揚げチームですもの!(ぎゃ)
3日間本当にお世話になりましたv 同じテーブルに美人さんが居るなぁとチェックしていたのでw、最後にお声を掛けて頂いて舞い上がってしまいました!
あと、バスは真裏でフゥーフゥーギャアギャアヒィヒィ叫んで申し訳ありません。ウルサイ奴でお恥ずかしい(つД`)

いやぁ~、うちのテーブルのマイペースっぷりは凄かったですね!
最後も全員でご飯を取りに行っちゃいましたしねw でも他のテーブルの方が声を掛けるタイミングにもなったみたいですし、結果オーライです!
テンション下がりすぎて心配されたのは笑いましたww和泉さんが当ててるのにw

ブログのことを知っていて下さって、とても光栄でした(*´ω`*)こちらこそ、この御縁で今後も仲良くして頂けると嬉しいです!
今度のツアーの予定など、是非聞かせて欲しいです~*
宜しければ連絡先などもコッソリ教えて貰えると…嬉しいな~なんて…(弱気)

NAME:管理人 | 2010.06.26(土) 14:03 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。