L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Ken、新情報追加
●DAMにて各種、着うた・着ムービーetc…配信開始
●公式サイトにて、アルバムのうち2曲の視聴開始


取り急ぎ「solitary stroll」の着うただけ全部落としてきたので、内容詳細メモっとこう。
サビ1:女、ゲッティの皿ガッチャーーン!ケン様、タバコを持つ指を額に当てて眉間にシワ寄せ。ゲンナリ顔で溜息。
サビ2:後ろから腕を回して欲しい女に、しょーがないなぁーという顔で好きにさせるケン様。あと、イケメンモードでソファ歌唱。
大サビ:ケン様「そんなにカッカしたら駄目でしょお~?;」女「キライッ!」鏡ガッチャーーン!ケン様「oh…」

なんかもう男女の絵がハマリすぎてて凄い色気でとぅはぁあああああ!!でした。
詳しくは次記事で!
個人的にはサビ1のゲンナリケン様がお気に入りです(*ノ∀ヽ)不機嫌な顔が大好物ですみません頭おかしいんです。

というわけで、今日は音人の感想を書きに来ました。LUSYですこんばんは。

今月の音人がアツイッ!!
acid表紙で、次にハイド、次にKenと続けて載せる粋な計らいはさすが金光さん。ラルクロイヤルストレートフラッシュまで( ゚∀゚)o彡°あっと一人!あっと一人!(残念ながらリーダーは載ってないんですけどね…)



発売前夜、ジーザス金光さんがTwitterで内容告知をしてくれたお陰で、無事に発売日にゲット出来ました。最近発売物を忘れがちなのですがTwitterはよく見てるので、そっちで情報を知ることが多いです。ありがたや。
というか、ラルクちゃんの4分の3が揃って載っているというだけでテンションが上がってしまって、真夏の日差しの昼時に本屋まで50メートルダッシュをしたらさすがに眩暈と発汗が大変なことになって自分の匂いが気になった。助けてエイトフォー!
まぁそれはいいとして。
いつも最新の音人表紙をアイコンにしている金光さんが、ユキヒロ先生の顔写真のアイコンになったことで「ユキヒロが喋ってるみたいだからふざけられない…」と言いつつ
「(冫、)なう~」
とか言わせて遊んでいらしたので、思わずプリントスクリーン→画像保存。
先生が「なう~」って…「なう~」って言うたで…!震 (※中の人は金光さん)

で、そんな先生のソロ写真が巻頭で登場なのです!どんな写真かと言いますと、
ユキヒロさんが白いものを大量にぶっかけられて、orzになってます。(性的な意味ではない)

別に私、間違ってないですよ。だって本当に、前から後ろからぶっかけられててドロドロ祭りだったんだもの。
あと、ノーマルユキヒロと黒ユキヒロも居ました。黒ユキヒロはそんなにドロドロじゃないです。あのほら、いつぞやの浜崎あゆみの"黒あゆ"を思い出して下さい。あんな感じ。
これって本当に素肌に塗ってるんだね…!!誰だ先生の芸術的な裸体に塗装した奴は!か、か、代わってくれッ!(本音)
ダークネスでアバンギャルドなモノトーンの世界にどっぷり浸かりたい方は、急いで本屋にgyoです。もうこれは完全なる写真作品の域。いやほんと双方の意味で、こんなことやってくれるのはこの雑誌だけ。さすが音人さんやで。

長文インタビューは3~4Pにわたってたっぷり収録されてます。なかなかメディアに出てこない先生の有り難いお言葉を、しかと拝読。
まずは今月13日、2年越し?で製作が完了したacid androidのアルバム『13:day:dream』が発売されるんですけど、イッケネー!6月はドタバタしてたもんで、すっかり予約忘れてた!
そもそも去年の年末JACKで晴れ晴れとアルバムお披露目をする予定だった…つまり、その辺りでほぼアルバムのレコーディングは終了していたらしいんだけど、どうも納得がいかず、そっからアルバム全部の撮り直しを行ったらしい。
さすがユキヒロ先生、拘りはどこまでも果てしなく。製作期間中、本当に完成するかヒヤヒヤもんだったスタッフの心中お察し致しますw
あと、tomoさんが脱退した理由、歌詞作業における拘りや前作からの変化などを興味深く読ませて頂きました。
「電気羊は夢を見るか」
は、何年か前にラルクでいっぱい見かけた言葉だ。「NEXUS 4」は明るすぎてこの言葉が持つどこか遣る瀬無い雰囲気を感じなかったけど、acidの視点から見るとどう表現が変わるのか。凄く気になるところだなぁ。
最後の曲は「a lull in the wind」で、前作の最後「a lull in the rain」との対比が面白そう。
「~rain」は「acid版ジムノペディ」という感想を持ったけど、今回の「~wind」はレクイエム的な曲になっているらしい。
ここからの金光さんの感想を聞いてのユキヒロさんが、珍しく饒舌に語ってるので必見。いや、饒舌って程でもないんですけど、いつもより感情が吐露されているというか。ちゃんと伝えようとしているというか。
そうだよ、現実って受け止めて前に進むしかないし、ゲームみたいに「コンティニュー」が利かないんだよな。やー、なんか、こっちまでウルッときちゃったよ。
しかしラルクが休止に入ったせいで音楽辞めかけてたとか、怖えぇぇええ((((゚Д゚;))))みんながみんな「じゃ、直ぐにソロやるー」ってわけじゃないから、こういうのが一番怖いぃぃぃい!
でも、ちゃんと戻ってきてくれて「時間があればacidのことを考えていたい」とまで仰ってる先生に一安心。
兎にも角にも、アルバムを聴いてレッツ現実逃避ということですね!ハイ!現実逃避は得意分野です。えっへん。
やー、先生、インタビュー読んでて思ったんですけど、ほんと、受け答えも穏やかになられましたね(´∀`。)ホロリ

次、どれだけレコーディングが大変だったかを、鬼の居ぬ間にacidメンバーに語って貰うコーナーが、これまた面白い。
「鬼の居ぬ間って、ガラス越しにいらっしゃいますよぉぉぉお」│(冫、)ジィィィ…
とか言ってるyasuoワロスww何気なく「怖い」って言ってるしww
相変わらず「おいっ!ヤスオ!」なキャラクターは健在なようで良かったですwまたLE-CIEL会報にも遊びに来てね!
そして、物分りの良いメンバーの言葉に、金光さんからは「調教されている」という結論が。
ユキヒロさんが喋るまで喋らないというメンバーの言い分は、「だって(ユキヒロさんが)不機嫌なのに喋ったら壁に穴が開くかもしれないし!」
って皆さんほんと、どんだけ調教されてるんですか^^
あ、ユキヒロさんにお願いしたい事は「ご飯を食べて欲しい」だそうな。
この後の会話の流れにラルクデジャヴ。
ユキヒロ先生に関わると、どうも皆さんお母さんみたいになっちゃうようだ。ほのぼの。

最後の「13:day:dream」の金光さんレビューを読んだら、ますます聴かざるを得なくなった!急いで予約しなきゃアマゾンさーん!
あと、acid出演「MUSIC AND PEOPLE Vol.7」のライブレポもありますお~


次がVAMPSで、麗しのドールハイド様の写真が拝めます。
今回はVAMPSといってもハイドオンリーのインタビューなのでハイドのことだけを書きますけども、先月から発売ラッシュで各雑誌の表紙を飾っていたVAMPSさんですが、先月の音人がさ、そりゃあもう、群を抜いて美麗な写真を載せてたんですよ。
他の雑誌がシングルの雰囲気に合わせてロックでアクティブでキャッチーな写真が多い中、音人だけは華美さを抑えて静かなるイノセンスなハイドちゃんにすっかり心を奪われまして。
音楽をやっている「人間」の部分にも光を当てる音人らしい写し方だなぁと思って、インタビューにも期待してたしちょっと欲しかったんですけど、結局買わなかったんですよね…いやほら、旅行で貯金吹っ飛んでたので…orz
そしたらどーだい!今月号にも居るじゃないですか静かなるイノセンスが!ラッキー!早速写メって携帯に閉じ込めておきました。フヒヒ。

インタビューは「BEAST」についてと、それに込められた心情など。
どうやら次の「BEAST」はKAZさん色が強いらしい。7月1日からi-Tunesにも先行配信されてるらしいですが、今んとこノータッチなのでシングル以外はまったく知らない状態の私です。
ここまできたら発売日まで聴くのは我慢だぜ!ミ☆(←アイラブロケンローで散財したため、音楽配信にはこりごりな人)
海外レコーディングについての、録音していく順番の話などが興味深かったなぁ。
「ドラムの音データをバッシバシ切っていくとか日本じゃありえない!」なんて、さっきユキヒロ先生のインタビューで「切りまくった」と聞いたぞw
んで、歌詞は恥ずかしいくらいストレートにしているらしい。理解力が無い人でも「これなら分かるだろ!」ってくらいにしてるとか何だとか。
むしろ、ハイドのお得意とする「比喩に比喩を重ねたような歌詞」の良いところは、人によって解釈の仕方に違いがあって、それが製作者の意図しないものであろうとも、色んな景色が存在することなんだと思う。
また次はややこしい歌詞を書くかも?ということだから、今がそういう傾向なだけだと思うのだけど、最近の邦楽はストレートな恋愛歌詞で会いたい会いたいばっかりなんで、わしゃハイドの難解でややこしい歌詞が恋しいよ(´ー`)
まぁ、そこら辺は来年以降に期待ってことで。
あ、来年以降といえば、なんだかすっかり悟りをひらいたようなことを仰っているハイドさん。このままブッダ&イエスコンビの立川ライフに混ざりそうな勢いです。もう人生に悔いも無いみたいですが、定年で仕事が終わって隠居してるのがVAMPSだとすると、来年仕事に戻るのはどういう気分でやるおつもりで…??
でも他の雑誌では「来年のラルク楽しみ~♪」みたいなことを言ってたような記憶もあるから、それとこれとは別なんだろうか?若輩者の私にはよくわかんねーなw
何にせよ、ハイドさんの周囲でも様々なことが起こって、色々と思うところがあるのは伝わったのでおk。ユキヒロ先生と言っていることがリンクしてる部分もあって、やっぱりそこが何かしらのポイントになっているんだろうな~とか思いながら読んでおきました。
あとは宇宙が膨張しているとかどーとか…(@レベルE)
面白かったのは、金光さんの「ルックスだって相変わらず良いんだから」という言葉に
「(∂д6)まぁ、うん」
と否定しないハイドさんでした(゚∀゚)だって美しいのは本当だもの!何か文句あって?


次にケン様が登場。
こちらは公園の乗り物でお戯れになっている写真です。
ハイドの聖人のような悟りインタビューの後、次のページをめくったらアヒルのボートに長い脚をわけのわからない位置に乗せているケン様の写真ですよ。空中ブランコで両手広げて半笑いだし、何事よ!脱力するわ!愛しい!
どうやら金光さんとしてはカッコイイ写真を撮影するつもりだったのに、本人がノーメイクでアヒルボートに乗る!と言いだしたのであぁなってしまったそうな。
あ、ケン様の格好、香港・マカオ三日目の服装そのまんまですね。あの柄シャツはアディダスだったのか…ってことはノーメイクの上、思いっきり私服で雑誌撮影したんスねw
でも、ノーメイクで私服で乗り物に乗りながらアヒョー☆って顔をしてても、やたらカッコイイ。音人のケン様における写真の安定感は抜群だ。ゆるぎないぜ。

インタビューは『The Party』について。
「音楽を仕事だと思ってない!」とか、「音楽があれば楽しい人になってるw」とか、先に読んだユキヒロ先生やハイドとの違いが色んな意味で凄い。
これだから、全然違う4人が集まるラルクって面白いんだよね~w
しかし、この人のインタビューを読んでると幸せになれますね!飽きる話ばっかりしとるね!(゚∀゚)
Twitterにもいつ飽きるかいつ飽きるかとヒヤヒヤしながら見守ってますよ。今はまだ楽しいようで、ツイートを見たハイドから「(∂∀6)生き生きしてる」と言われてたけどw
ケン様、ハイドにTwitterの魅力を伝授してあげてって金光さんが言うてたで~(^ω^)というわけで、ハイドはラグベベのIDを借りてつぶやき練習すればいいと思う。
音楽に関しては、自分の中での「驚き」が重要になってくるというポイントは、ラルクでもソロでも相変わらず。
それを、「方程式で答えが見えてるのが嫌なんでしょ?理系なのにw」という金光さんの例えがちょっとカッコ良かった。(惚)
あと、「T.P.I.T.P」の謎が解けます。ティピティピ!これは流行る。
Twitterを覗いてる人には分かるネタがありましたが、プリンのやつ…えーっと、日本語で「論より証拠」だっけ??英語のことわざってハイカラだなおい。
ほんで、民族音楽の時期。これ、懐かしいwそんな話をしてる時もありましたな。
最後の「楽しくやってくしかないじゃん、ねぇ」という言葉に救われました。いやはや、アルバム楽しみだ。

で、表紙をイラスト化するページがあるんですが、今回はケン画伯が担当し、勝手にユキヒロ先生への伝言板にしていらっしゃいます。
しかし目元の描写、色々とヒドイでこれww口元にこだわりを感じるがwwwでもヒドwwイww

あ!勿論、連載の「Ken牛乳」もあるのだよ!
ベタベタ旅行に行く前に家族旅行なんてしてたのか…ケン様って家族思いだぁね。
ってか、ケン様御一家はどうしてそんなに反応がワールドワイドなの?海外生活が長いの?実は外国人の血筋なの?謎だ。

あと、PVのお話。例の演技をしているやつです。
「俺がキレられるシーンばかり」だそうで、女を泣かすどうしようもないキャラが似合うなぁケン様www
と思ったけど、女性の方がヒステリックキャラというオチも有り得ますよね。お互いに非があって喧嘩してるだけかもしれんし。真相やいかに。
でも着ムービーを見る限り女性がかなりヒステリーよ。そんだけ怒らすことをケン様がしたってことか?ってことは、やっぱりケン様がどうしようもないキャラになってしまうんですけどww
このPVはアルバムの初回版に付いてきます。
PVの撮影風景や演技についてはLE-CIEL会報でもうちょっと詳しく書かれてるけど、着ムービーと写真だけで、すでに恥ずかしいことこの上ないですwwww
まだ予約してない方は是非予約して下さいね!=3

あとはベタベタ旅行のお話とか。会ってすぐに笑い出したのも、「一発芸をやってください」と言ったのも、お腹に手を回した人も、みんなお友達だった(^0^)

最後になりましたが、金光さん独立&会社設立おめでとうございます!
社長といつぞやのツイートで語っていたことは、このニュースの布石だったのかと自己完結。
あ、もう金光さんも「社長」か( *゚ω゚*)
冷え込む一方の出版業界だろうと、面白い雑誌は売れるってことですね。


よし、次は会報を読んできま~ノシ

 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。