L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
天使生誕日でしたね、こんばんは!(゚∀゚)ケーキ食ったで!ケーキ!


鏡を下敷きにしたり薔薇置いたり職人Bさん作成のきゅぴろいどを置いたり調子に乗りすぎて、ケーキとホワイトチョコがハート型というブリッコなケーキにしたんですけど伝わりにくい!切ない。

天使と同じ時代に生きている季節…奇跡を感謝して。お誕生日おめでとうございました* ちゃんと厄払いしてね!



それじゃあ、遅ればせながら今月号の『WHAT'S IN?』についてです。
さすがソニマガさん、逸早くラルクをつかまえて下さいました。


はいこちら。
4人のソロ写真が4つ重なった表紙になりますが、ハイドだけ何故かサイズがデカイ!美人大好きワツインさんでございます。ラルク巻頭特集・表紙で14日に発売してまーす。

初っ端から4人が床に座っている写真が載ってるんですが、これは非常に秀逸な写真ですよ(゚∀゚)
みんな片膝立ててカッコ良く座ってるのに、ハイドだけ両足を伸ばして両手を床に置いたスーパードルフィー座り。それも髪の毛のサイドアップを解いてラフなショートなのでますます幼さが増して、ハイドさんがいかにリアルお人形さんかがよく分かる代物です。マフラーの垂れ具合までパーフェクト!漫画かこの人は。
それにつけてもケン様のカッコ良さですよ(*´Д`)まるで片膝立てた座り方をするために生まれてきたかのように似合っている!あの人に正座は似合わないよね!偉そうに、かつ足長を活かして怠惰に座るべきなのだ。まぁバンドマンで正座が似合いそうな人なんて陰陽座くらいだろうけど。
ところで、リーダーが立ち上がりかけてるかのようなポーズなのがちょっと面白いですねこれ。凄いアイドル顔だw
ユキヒロ先生は安心の黒さでした。よく見るとギャルみたいなロングブーツを履いておいでですね。お似合いですハフハフ

記事は、4人それぞれのソロ写真とインタビューです。
hyde
ラルクの軌跡を、今後の発売物(3枚ベスト+5LA2)の内容に照らし合わせつつのインタビューでした。
話している内容は、まぁ、今までも何度か歴史を振り返るインタビューはあったので聞いた話が多いです。でも、何度振り返っても面白いもんですねw
しかし「お金貯めるのも楽しかったー☆」って、この人いまだに貯金好きなのね…(´・ω・`)高所得者なのに…日本経済のために使って。高級そばの大人買いとかして…
ラルク前期の集大成『True』の頃から、岡野ハジメさんの功績が大きくなっていくお話。
そんな岡野さん、ちょっと調べたら11月26日生まれらしいよ。ってことは、おいおいラルクさん、11月下旬はバースデーパーティーざんまいじゃないか。今日もケーキ!あさってもケーキ!またケーキ~♪( ∂ ∀ 6 )プクゥ ←肥えた
97年の休止後のシングル『虹』は、ハイドも頑張って曲を作ってたけど上手く出来ず、そんな時にケン様がイメージ通りの美しくて力強い曲を作ってきてくれて嬉しかったという思い出があるそう。なんかハイドって、素敵な言葉のチョイスするよね。美人だからかな。(無関係)
そして時代は98年以降へ。
「メディアで遊ぶことが出来た」って凄いコメントだな。でも、あの頃のおもしろメディア戦略を思い出すと的を射た言葉だと思える。ゴルゴ凄かったねゴルゴ!あれ数千万かかってるでそ!
この辺りからソロ活動を開始し、歌い方の幅が広がった話をしつつも、サラッと
「(∂∀6)好きなことやるつもりでソロ始めたけど、何だかんだで全部ラルクに還元してるぅ~」
とか嬉しいことを言ってくれるので鼻水出ました。
何せソロでの数々の発言がトラウマで、ハイドのインタビュー=身構える。ってなってたから突然のラルヲタへの飴にパニック(^0^)ミャー!
いや、ソロをやっていようとも信念は変わってないのかもしれないんですけど…あぁでも、私の知ってるハイドちゃんだわ…!おかえり!おかえりぃぃいぃ!(ギュッ)

さらに、今までのライブのお話も。
印象に残ったグラクロの話、ディストのオフ会でもそう答えていたっけ。
でも、「ライブでのケンちゃんはいつも機嫌が悪い」って突然どうしたそのアピールwwww
まぁ昔からライブでケン様が不機嫌オーラを出してると「((;∂д6))お、俺が悪いのか…?」とビクビクしてるとか言うてたけど、じゃあREAL期のケン様なんてハイドちゃん怖くて泣き出すレベルだったんじゃないの?
刺すような鋭い目つきするし(でもかっこいい)、ギッと歯を食いしばったような顔して弾く時あったし(でもかっこいい)、9割笑わないし(でもかっこいい)
それが「また火」辺りから始終ニコニコするようになったようで、やっとラルクがケンちゃんのニーズに応えられるまでに成長した!とハイドなりに判断したみたいです。なんか、良かったねwww
しかしケン様のインタビューで、わざと笑わないようにしてたんじゃ…?という気もしないでもないんですが…(´σ∀`)
あ!最後、終わらない未来を捧げよう的な良いことを言ってくれてますね。またこれ、泣けます。ラルヲタなら読むべき!


ken
マフィアみたいなグラサンに赤黒いシャツに黒スーツ、手は腰に添えるだけというソロ写真がすこぶるカッコイイので、皆さん写メって携帯に閉じ込めておくといいですよ⊂(´∀`)つ
あの赤黒のテロテロシャツからセクシーないい匂いがしそう…フガーー!-3-3

で、インタビュアーが人物紹介のような一文を添えてくれてるんですけど、「これほどまでにセクシーで~」とか「そのカリスマ性と作曲能力は~」とかどえらい良いこと書いてくれるなぁ!と思ったらラルク関連の記事ではお馴染みの伊藤アキ女史だった。
ちなみに今回、4人それぞれインタビュアーが違うんですよね。同時刻に同時進行したのだろうか?4人ともバラバラとか寂しい(^0^)一緒に居て!ずっと居て!一緒に暮らして!(?)
インタビューの冒頭で、
「ラルクに入る前は人に聴いて貰うとかより、ただ曲を作ったりギターを弾くことが好きで作っていただけです。(キリッ」
と仰っているけども、作った曲のデモテープをこっそりリーダーに送り付けていたことを私は知っている(・∀・)ニヤニヤ
で、初期の曲の話になり、「これはラルクの入る前に作った曲~」とかで出てくる曲が、全てにおいて名曲揃いでチビリそうになりました。
ラルク入隊前から、ケン様の作曲能力と音楽的センスのポテンシャルは凄まじいね!ヾ(*´∀`*)ノまさしく怪物くんだ!(大野くんではない)本当にこの人は天才やで。
しかし、「テンポ萌え」とかよくわからん表現をしている人が、『fate』とか『花葬』とか身震いするくらい美しい曲を作ってるんだから世の中は不思議がいっぱいです。
ハイドはあんなに素敵な言葉で褒めてくれてたのに、「虹はアルペジオ萌え」で片付けられたんですけどーーー(^0^)ズコーーーズコーーー
それで、「他にどんな萌えがありました?」っていう質問も質問だけどww何の雑誌よww

そして、2000年以降からはPCにシンセソフトを導入することで、PCで作曲活動を行うようになっていったらしい。
ほぅ!ってことは『solitary stroll』のPVでPCに向かっていたケン様は、まさにリアルだったというわけか。
この頃から、ライブDVDの事前チェックもあまりしなくなったらしい。発売した時に客観的に楽しみたいかららしいのだけど、ケン様らしい考えですね。逆に、ハイドやリーダーはがっつりチェックするタイプだろうし。
チェックするところといえば(自分の)変顔があるかないかって何それーーーー(^0^)音とか演出の見せ方とかそういう問題じゃなくて顔ーーー!?
最近はそれくらいしかチェックしないんですって…
以前はライブ中に笑顔になっている映像が嫌で、それを削除していたらしいけども。笑顔の無さか…言われてみれば過去の映像はほとんど笑ってないかも。「REALIVE」なんて極悪だったし。(特に目元)
ってことは、以前はライブ中もあまり笑わないようにしていたのかしら?まさかそのせいでハイドから「機嫌悪い」と思われてたんじゃあ…?((;∂д6))アワワワ
最後は新しい機材で臨むラピニュわくわく!というお話で終了。
なんか、ラルクの歴史を振り返るというより始終「ギタリスト・kenの軌跡」になっていた。さすがとしか言いようがない。


tetsuya
ソロ写真、リーダーもナポレオンジャケットがよくお似合いだぁね。でも、シンプルな黒スーツを着てる時のリーダーが一番好きだったりする私。ヤリ手の経理みたいでツボなのだよ。
リーダーもラルクの歴史を振り返ってくれてます。
「世界的に見ても、最前線に居つつ20周年続いてるバンドはそうそう居ない」という発言、ラピニュでハイドも同じこと言ってましたね。デジャヴ!
リーダーとハイドって、真似したの?ってくらい同じことを言う時があるので面白い。タイプは全然違うのに、同じ方向を向いてるんだなって感じがして嬉しくなる瞬間だ。
まずはラルクの名付け親であるリーダーのバンド名秘話から。梅田にある喫茶店はまったく関係無い!とキッパリ否定していたwいつまで経ってもその設定ww
で、初ライブの難波ロケッツから当時のマーケティングの方法まで、プロデューサー的な視点で語られるので興味深い。
でも、こういう話はリーダーのソロ本『TETSUYA』を読むといいですよ(´∀`)LE-CIELでも「面白い」と話題になってたことが書かれてましたが、もっと具体的にラルクの誕生秘話から各年代のエピソードを語ってくれてるんで、ふんげー面白いです。ラルクで一番美しい手を持つリーダーの実物大お手々写真も載ってるよ☆オススメ!
しかし、どれだけデビューから大物扱いされようと、「階段を一段ずつ昇りたかった。いきなりエレベーターに乗ってはいけない」という判断は正しいですよね。
最近、「恰も大物かのように売り出された新人アーティスト」が出てきては一時的にヒットして、結局実力が伴わないから直ぐに居なくなるパターンが多い気がする。
ラルクのファンをやってて思うのは、実力って歌が上手かったりセンスのある曲が作れるだけじゃないと思うもの。なんかもっと、総合的なものだと思う。時代を見る力も必要だし、魅せ方も必要だし、自分を客観的に見る力も必要だろうし。
ハイドも「ブームが落ち着いてからが本当に試されるところ」とか何とか言ってたし、まぁそういうことなんでしょうね。どういうことかよく分かんないけど。(えっ)

いやはや、全体的に男前なコメントが多くて惚れ惚れしますね!「トラブルをいかにスマートに解決するか」とか、どこのマーケティング会社の広告かと思ったwww
嬉しかったのは、L'7の最終公演の最後にメンバーで手を繋いだのは、休止期間に入ることでファンを不安にさせないためだったのですね。リーダーったら…(キュンッ)
昔はファンに対してももっとトゲのある言い方をする人だという印象だったけど、最近は安心してインタビューが読めるなぁ(´ー`)感謝の気持ちを忘れず謙虚に、とか言ってる…カッコイイ…石川遼みたい…
「(ラルクを守るために)戦わなければ」と心強いコメントも。やだー!もー!この人がリーダーで良かった!もうあれだ、リーダーと結婚するッ!(?)


yukihiro
「いやー、文字にすると彼ってそっけないよね!でもそこがこの人のキャラなのよ」って説明から入っててワロタw
先生のインタビューはちょっと他の3人とは違って、ラルクの軌跡というより「これからラルクが再起動しますけどいかがですか?」という質問に終始している。インタビュアーが違うせいか、途中からメンバーとなったために敢えてなのかは謎。前者なら、事前に打ち合わせしておいてぇぇ…!
で、ラルクが動きだすことについて、
「いよいよ、というよりは約束の時がきたな、という感じ」
と先生。
さすがでございます!普通の人が言ったら完全に中二病セリフなのに、ユキヒロ先生が言ったら超カッコ良く聞こえる!(*゚∀゚)=3てんてー!てんてぇー!
でも、今はまだ動き出したばかりなので、モチベーションも上がりきっておらず実感があんまり無いっぽい。。。これは仕方ないですよね。素直な意見だと思う。
でも、インタビューをしたのは12月24日の13時とまで書かれているんですけど、インタビューしてすぐにMステすぺさるですやん…!モチベ低いままとりあえず叩いてたんか先生…!w
…。(冫、)よくわかんない…
さらにカウントダウンもカウントアップも、どういうテンションでライブをやったらいいかわかんないと言う先生に、
「でもユキヒロさんのことだから、嫌な事なら絶対やらないですよね^^」
という絶妙なツッコミをするインタビュアーの本間さん。
そう言われて思わず笑ってしまったユキヒロ先生の顔が目に浮かぶようだ。本間さん、よく分かってらっしゃる。
その後も、感情的になるでもなく、ある意味淡々と、「周囲の期待に応えるためにやる」と言うユキヒロさん。実にストイックだ。
纏めると、「やるからには期待に添えるようにちゃんとやる。だからって別に嫌っていうわけじゃないんだからねッ!」ということらしいです。(ツンデレ?)
またL'7最終日の完璧さを求めて、これからも長く叩いて欲しいもんですね!

最後に、ダークな背景に4人が佇む見開き写真があるんですが、ケン様の写真が一番デカイので私が大変満足しております.:*・゜(人´∀`)゜・*:.
左端のむっつりハイドも可愛いね!巻いてるマフリャーをもうちょっとキュッと締めて、「くるちー!」ってなってるハイドを抱き締めたい。
ラピニュレポ&各メンバーのドアップ写真も有りマス。

他、ケン様の連載『放談我報』も、相変わらずぬる~い感じで絶好調。
Fさんは川越シェフが好きということが分かった他、来月はカラオケ対決をするってことくらいしか大した話はしていなかったw
ところでケン様、川越シェフのこと覚えてるかな?すっかり有名シェフになっちゃったけど、消しゴムの味がするって言われたほたてのスフォルマート作った人ですよ!(語弊)


以上、ワツイン感想でした。
盛り沢山で満腹!満足!逸早くラルクを表紙にしてくれた嬉しさも強い。
やっぱりワツインはラルヲタの心の友やで。



じゃ、サッカーに戻りますぅぅ!(;`・ω・)ハラハラハラ
 

 

 

Comment

 

珍しくLUCYさんの雑誌レポの前にワッツインを買ってました私ですww

なのにやはりLUCYオタマジックに酔い・・
再度チェックしながら読み直したというww
流石ですkenオタ様ww

え?そうなの?kenちゃんのお姿が?← よく見ておけって?

いやぁ・・ほんとに二度美味しいLUCYレポですなww

ありがとうございますm(_ _)m

NAME:七瀬 | 2011.02.06(日) 00:36 | URL | [Edit]

 

>>00:36 七瀬さん
いつもお世話になってます~!
こちらこそ、読みにきて下さってありがとうございますv

いやはや、今回バタバタしていて記事UPが遅かったですからね…!(゚д゚)イヤー
ちゃんと購入されているとは、七瀬さんさすがです♪
いや、ラルク表紙パワーの威力か!

ケンちゃんかっこいいので写メってくださいね!きっといいことありますよ!(お守り)

NAME:管理人 | 2011.02.06(日) 11:10 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2011.02.14(月) 03:30 | | [Edit]

 

>>03:30 halちゃん
わーい!こちらにありがとう!
halちゃん生きてる!?元気か!?

あ、ワツインは安心して読める内容なので、大丈夫ですよw
是非読んでみてくださいv

そしてラニバ…チケットまだなんです!
行けるように頑張ります;;

NAME:管理人 | 2011.02.21(月) 12:16 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。