L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

ここは『20th L' Anniversary Live@味の素スタジアム 5月28日』ライブレポのページです!

では早速。
前日金曜の夜、電車に揺られながら高速バス乗り場へ。
最近はバス乗り場も分散化してるせいか、ラルヲタさんでごった返すってことも無くなってきたな~(^ω^)普通の服の人ばっかりだからラルヲタさんじゃないよね。
と思って平気でラルクグッズを出してガサゴソ荷物整理をしていたら、なんだか視線が…よく見たらラピニュのバック持ってる人がチラホラ居たり「L'Arc」と書かれたパーカーを着た少年が居たりで油断ならない。
昔はもっと「いかにもライブ行きます!」って格好とメイクのまま高速バスに乗る人が多かったもんだけど、最近は普通の格好&スッピンの方が増えてきたんですねw

しかし、台風も順調に日本列島に向かっていることですし、雨対策+日曜に合流してくる母の荷物も合わせたスーツケースの重量は軽く数十㌔。あ~車輪4個付いてても重めぇ(^0^)
雨対策は、3日分の着替え、換えの靴、カッパにビニール袋、あと、どうせずっと雨やろってことで通常サイズの傘と、無駄に折りたたみ傘や寒さを凌ぐバスタオルなんかも詰めておいた。
あと、傘から鞄を守りきる自信が無いため、鞄は思い切って保冷バックにしたよ!遠くから見たら普通のオサレ鞄だけど、開けたら中が銀色wwwそこから財布wwお札ヒエヒエw
荷物はすんごい重量になったけど、これでどんだけ降っても無問題やろ(´∀`)大雨も台風もどんとこーい!
…とか言いつつ、台風の進路が気になって30分おきに気象情報を見続けてましたけどね。くそ~、29日の予想進路が順調に東京ド真ん中でやんのw もっと太平洋の方角にマッガーレ!マッガーレ!(呪文)

バスでユキヲタのJさんと合流し、電気料金の支払いと肉じゃがの作り方など全然関係無い話をしながら就寝。
翌朝、遅れもなく東京駅に到着。移動しようと山手線に乗ろうとするものの、ここで東京電力の洗礼を浴びる。
エスカレーターが動いとらんじゃないか…!
福島のアレがコレで節電なのは分かってましたが、エスカレーターは一部停止で一部動いてるのがあるだろう、くらいしか考えていなかった…そっか、土日は全停止してる駅が多いんスね…(動かしている駅も有り)
スーツケースを抱えて駅構内をウロチョロすることを想定してなかったため、階段を数段上がるごとにスーツケースのあまりの重さに後ろへ倒れそうになる。というか、一段上がるごとに休みたいのだけどスーツケースがデカイから置く場所が無くて自分の足の上に置くしかないw痛い重いツライ・゚・(゚´∀`゚)・゚・。ピーッ!
予定より時間をかけて何とか登ったり降りたりを繰り返し、ネカフェに移動。
すでに疲れてしまい軽く仮眠→栄養ドリンクを飲みつつ準備開始。

11時、姉&お友達のsちゃんと再び東京駅にて合流。
銀座へ移動してさらにnさん&きゅぴろいど職人bさんとも合流して腹ごしらえをする。


TVで紹介されたお店らしいけど、天丼ウマー(゚Д゚)でもご飯が多くてちょっと残しちゃった…ゴゴゴメンネ…。゜(;つД`)゜

梅酒もいただいちゃってイイ気分になったところで、新宿のホテルへ移動開始。
スーツケースも重いし距離もあるしってことで、何度かタクシーに頼りつつホテルへ到着。雨ってことで、泣く泣くベベを部屋にお留守番させることに。ゴゴゴメンネ…。゜(;つД`)゜
この頃、お友達のsさんから「サイリューム買っておきましょうか?」との入電。
こりゃありがてぇ!(*゚∀゚)=3それならこっそりスーツケースに忍ばせておいた星ゾライトはホテルに置いておいていいですね、はい、置いておきますね!
荷物整理もしたし、よぅし!京王線で味の素スタジアムへいざゆかん。

新宿駅から味スタの最寄り駅「飛田給」へ向かう電車は、臨時に増便&増員体制でラルヲタを待ち構えていた。
いつもは特急にスルーされる小さな駅の飛田給も、今日は臨時停車駅に指定されているため、最速で行ける特急を狙うことにした。
ぎゅうぎゅうに押し込まれるラルヲタに紛れつつ20分揺られて到着した飛田給駅は、なんかもう、改札も歩道もキャパオーバーで、ホームにしても味スタに向かう道にしてもなかなかどーして進まない(;´Д`)こんなん初めて…
雨は小雨程度で耐えれるレベルだったけど、ほとんどの人が傘を差している状況は列を作るにも一苦労。
たぶん、路地の合間合間に歩道用赤信号があって、赤になるたび停止しているせいだと思うのだけど…う~ん、ホームからもなかなか出れなかったし、山手線の駅から20分かかることを考えると非常に利便性の悪い会場だなぁ。東京ドームが恋しくなったわ。またこれ、天下のジャニーズ様が野球大会に使っているらしいのでドームは使えないんだけど。


この黒い頭…全部ラルヲタなんだぜ…

列も進まんし雨のせいで何となくローテンションだったものの、前方に見えてきたラニバのバルーンアーチが目に入った瞬間ぎゅんぎゅんテンションが上がる素直なラルヲタの私。


フォーッ!(*゜∀゜)=3=3=3=3=3=3


ポールにもラニバフラッグが!フォーッ!(゜∀゜*)=3=3=3=3=3=3


でも暗ーーーい!雨やまなーーーい!(*゜∀゜*)=3=3=3=3=3=3

雨にも暗さにもめげず、まるで観光客のようにデジカメ片手にあっちこっちを撮影しながら中へ。
さぁラルカフェどこ!?時間が許すまでお友達にも御挨拶回りしなきゃ。お菓子も持ってきたし、あ!花輪が見える!誰から届いてるか見に行かなきゃ!でもでも、とりあえずBABBIのジェラートを買いに行かなきゃだわフフゥゥゥゥゥ!ドキドキするぅぅぅぅ!
とかソワソワ進んでいると、
スタッフ「演出の都合上、あと5分で入り口を閉鎖しまーーす!一度閉鎖するとオープニングが見れませーーん!お急ぎくださーーい!」
と叫ばれる。
慌てて時計を見ると、開演17時の5分前だった。
えぇぇえ、うっそーうっそー!?私の中ではまだ15時だったのに/(^0^)\あ、そういえば天丼食べてから時計見てなかったなwww(見ろ)

いやしかしオープニングを見れないなんて、そこまでネタ人生に走るつもりは無い。こりゃ大変だとスタンド上層入り口へ向けて50メートルダッシュをする。
あと10メートル走れと言われたらリアルで地面に「orz」をするくらいの勢いでゲートをくぐり、体力が尽きる前に何とか会場内へ入ることに成功する。
虫の息で着席し、姉&Jさんと「よし…っ、ゼェゼェ、これでオープニングっ…ゼヘハァ…見れる!オエッ…」と吐きかけながら急いで双眼鏡の準備をしていたのだが、普通に20分押しでスタートだったことが分かるのはこの後すぐのことだったのです。。。
Σハッ!Sさんからサイリューム受け取ってない!(^q^)こりゃ今日も最後の曲で手持ち無沙汰間違いなしだぜ……トホホ



以下、『続きを読む』に入れます=3

 

more



本日は姉&Jさんと一緒に、tetsuya側の上層バックスタンドでの観戦デース。
ちょうど真ん中辺りで、予想通り屋根があるゾーンだった。屋根は下層スタンドの中頃まで届いているので、屋根があるゾーンと無いゾーンとではカッパを着るか脱ぐかでくっきり服装の色が変わっていてワロス。
ちなみに明日も上層スタンドのわたくし。なんや、カッパなんて要らんかったんや!(゚∀゚)
セットは、大きな縦長スクリーンが左右に設置されていて、花道にはL'Arc~en~Cielの文字。中央ステージに虹のようにアーチ状の屋根がある程度でとってもシンプルなセットだった。サブステも無し。やっぱり収益全額寄付となると、あんまりセットにお金かけれないのね。仕方ないけど、残念だわ~
お席はメンバーが何とか肉眼で見える距離だったので一安心。表情や細かい動きまでは見れないけれど、双眼鏡とスクリーンと妄想で補完することにしまーす。
は~、しかし誰ともご挨拶しないまま中に入ると、ライブにきたー!という感じがあんまりしないな(´・ω・`)ご連絡下さっていた皆さん、申し訳なかったです。もうちょっと早く来るべきでした…だって天丼がね、天丼が美味しくてね…!

ステージでは、スタッフが必死に溜まった水溜りを掃ける作業を続けている。
雨足は弱いのでまだマシですけど、ライブ中もどんどん水は溜まっていくわけで、始まる前に少しでも水を退けておかなければ危ないからだと思われる。大事なはいどちゃんがスッテンコロリンしたら大変だものね。ドッスーン(;ノ∂д6)ノ
17時20分頃からもくもくとスモークが焚かれ始め、先ほどまでファンがぽつぽつ入ってきていた入場口にはもう誰も\いなーーい!/
予告通り入場口が閉鎖されたのだろう。
うん、入場口の奥に車のヘッドライトが見えとるわ。
バレバレですやんwwwゴーカートかな?それに乗ってメンバーが出てくるんでそ(^ω^)ワクワク

17:22 スタート

ステージに設置されたスクリーンに、英字の新聞の映像が。その写真部分には過去のアー写やオフショットがはめ込まれている映像に会場は大騒ぎ。
期待を煽るようなインストのSEと共に、ラルクの歴史を辿っていくような映像はメンバーそれぞれが切り抜かれていたり、一瞬のPVが使われたり。そう思ったらおちゃらけたメンバーの顔が写って笑いが起こったり。
SEもよく聴くと浸食が混ざったりして、何だか動くフォトブックを見ているような印象だった。
映像は97年までの写真が使われていて、でも見たことのある写真ばかりで、それが嬉しくて懐かしい。それにつけても初期ハイドの可愛さやこれいかに。客席も若いハイドが写るたびに「カワイーッ!」と叫んでいる。まさしくリアル少女漫画だ。今だって十分に可愛いんだから国宝にすべき!
最後に「L'Arc~en~Ciel」という文字が浮かぶと、大きな歓声&音楽と共に左右の入場口から黒いリムジンが出現!
ってことはメンバー二人ずつに別れて出てくるのねっ!?(゚Д゚≡゚Д゚)ケケケケン様はどっちに…!?(ガタッ

ゆっくり停車したリムジンから降り立つメンバーに会場からは割れんばかりの歓声。
手前のリムジンから赤黒の変な服を着たリーダーが降りてきたのと、奥から白いブラウスに黒いベストのメンバーが降りてきたのが見えた。
その衣装はケン様か!?なんだあっちかよ、遠いーッ!と思ったら手前のリムジンからブラウンのヘビ柄ジャケットに妙なキャップを被ったイカツイ人が出てくる。ん!?こっちがケン様やんけ!!ってことは白ブラウスに黒ベストはユキヒロ先生か!?アラヤダ可愛いーーッ!!
スクリーンにはそれぞれ左右で2分割され、ステージへと歩いていく4人のメンバーが同時に写されている。床にはレッドカーペットが敷かれ、その上をファンの声援に応えつつ歩いて行く、という演出。
え、でもちょっと待って、

ハイドちゃんエクステ付けて超ロングヘアーになってるぅ…(*゜д゜*)

手を振りつつも、歓声にテレ笑いするハイドは黒系のメイクでばっちりキメキメ☆くすんだ金髪のようなブレードのエクステがニクイ程似合っている。
黒羽根がアクセントに付けられた帽子に、黒に金ブレードのナポレオンジャケット(背中の一部が黒レースになって透けていて、下の白タンクがチラリズム)+ダボッとしたラメ入りの黒ズボンは巻きスカートのようにも見えて、黒髪短髪なのかな~?と思っていたけど、ロングエクステを付けることで初期曲が似合う中性的な雰囲気を取り戻していた。
いや、取り戻すどころか初期の頃より圧倒的な美人☆オーラが放たれていて眩しくてツライんだけど、なんだこの人?いくつだっけ?本当に地球の人なのか?CGだろこれ…

あぁそうだ!衣装纏めておこう。
hyde→上記の衣装に首元はジャラジャラとクロスのネックレスを重ねていて、片方の耳からも長いクロスのピアスが垂れている。底が赤いスニーカーみたいなくっく。骸骨ポイント入りの黒革手袋。
tetsuya→ 赤と黒と英字がちょっと入ったようなよくわからんセットアップ&グラサン。
ken→ ブラウンのヘビ柄ジャケット、白いストライプブラウス、千鳥模様の白パンツ、妙ちくりんなキャップ。ベージュっぽいとんがり靴。
yukihiro→ 白ブラウス、黒ベスト、黒パンツ(だったかな?)髪がふんわり茶髪ショートで何だか可愛らしい。

麗しのハイド様ばっかり見ていたら、気付けば他のメンバーは全員ステージに上がっていた。慌ててそっちに目をやるとステージ上を歩くケン様の後ろ姿が目に入る。長い足を存分に使ったいつものデルモ歩きでした。かっこいいハスハス//////
ピンクのベースを抱えるリーダー、席に座るユキ、それぞれのメンバーが定位置につき準備を始める中で、ハイドちゃんはまだレッドカーペットを歩いていた。
なんだあの子、歩くの遅せぇw (((((*∂∀6)トロトロ

『In the Air』
レア曲のイントロが鳴り出すと会場ワキャーッ!
「フフン、ラルクなら分からない曲などないッ!(キリッ」とタカをくくってまったく予習をしてこなかった私は、ずっと「眠りによせてだ!」と言い張っていた。恥ずかしい奴!(途中からなんか違うことに気付いて着席しました…///赤面)
ここから曲名当てごっこをすることになるのだけど、散々だったことは事前に書いておきます(^0^)

この辺りから封鎖されていた入場口が開放され、レア曲に両手を上げたまま「うおおぉぉおお!」とアリーナを全力疾走していくカッパを着たファンの方々が見えたw
あと、ハイドの目元がアップになるのだけど、髪の色に合わせてこってりライトブラウンに塗ってあるアイブロウに笑ってしまった。美しいけどその眉の塗り方なんやねんww
曲のリズムに合わせて左右にユラユラ揺れるハイドちゃん。まだ歌声は準備運動段階でしたね。

『Caress of Venus』
イントロ前のシュウゥゥゥゥ~!だけで「カレスだ!」と叫ぶ私&姉
これはライブでお馴染みだから間違えまちぇん(^ω^)フフン ←1発目で間違ったくせに
イントロのハイドがシャウトすると同時に、金&銀テープがスパパパパーン!!
アリーナ全てと、スタンド全方位の上層中頃までテープを届かせるという大盤振る舞いにおったまげる。こりゃあお金かかってまっせぇぇぇええ~!!
あ、勿論私のところには届いてないけどね(^q^)いつものことよ。
ハイドが歌いながらtetsu側花道へやってきたので、スチャッと双眼鏡を装備して美人観察に勤しむ。表情までは見えませんけど、柵やモニターに足を乗せている姿は分かる。ケン様は遥かかなたのken側花道の端っこへ行かれてしまいました。ウゥ、寂しい。
ところで、二人とも平気な顔して花道に出てきてるけど、小雨は降り続いてるから濡れるんじゃないの…?風邪ひかないでね…
「お気に召すがままに」でしっかりカメラを見つけ、投げキッスをかますハイドちゃん(∂36)ノvvチュパッ

ふと見ると、通路に落ちたテープを拾い集めたスタッフがブロック内に入りながら配り歩いていたため、曲どころじゃなくなったファンがスタッフに群がっていたwはははw

『vivid colors』
イントロ前の「ビビットカラーズ…」という囁きのお陰で曲名分かりましたあざーっす!
これはレア曲なんじゃないですか?曲名の囁きが響き渡ると、会場からは「おぉ~~w」という声が起こっていた。
ハイドはリズムに合わせて身体を左右にくねくねくねくね。このダンス、この二日間続けてずっとやり続けていた。たぶんマイブームなんだろうw
ただ今までみたいに腰を揺らしているわけじゃなく、新曲GLMWのPVにもあったようにブレイクダンスが混ざったような、身体全体をクネッと動かす女性ダンサーっぽい動きなのよ。
これがまたふんげー可愛くてセクシーで美人でこの世のものとは思えないくらい浮世離れした綺麗さなので、絶対CGだと確信したのでした。最新技術を駆使して投影してるんだよあれは。人間があんなに完璧に美しいわけないもん。ハイドとまゆゆはCG。間違いない。

順調に喉が開いてきたようで、ラピニュよりラルク声になっているのが分かって良かったですよ。
最後の大サビ前で一歩下がったハイドが両手を広げると、会場全体で大合唱。
あーー、これ、ライブDVDで見たことある展開( ^ω^)どれーーだけぇーーはなれたーーならーー

hyde「Thank you!」

ここで、ケン様がウッドカラーのギターから赤黒にチェンジ。

『hyde MC』
(ハイド、水を飲んだ後に両手を広げながらマイク前へ)
hyde「ラルクアンシエルで~す!」
(歓声)
hyde「ふぅ~!」
(ここで両スクリーンが4分割されて各メンバーが写されたため、きゃいのきゃいのと歓声があがる)
hyde「え~、ラニバーサリーへようこそ~!」
(歓声)
hyde「20年たっちゃいました」
(拍手)
hyde「ありがとございます」
(拍手)
hyde「へぇ~…あの~、今日の~雨はぁ~、演出なんで」
(笑&拍手)
hyde「え~、あの~、最後に虹がかかるようになってます」
(歓声)
hyde「楽しんでってね!」
(歓声)
hyde「今日はあのぉ~、98年までの曲をやるぅ、ちょっとマニアックな日なんですけど」
(歓声)
hyde「大丈夫ですねー!?」
(歓声)
hyde「今日あれっすね、かなりコアな。かなりコアな物好きが集まってるってことですね」
(笑&歓声)
hyde「あのぉ~、隅々まで。マニアに見えます」
(笑)
(ケン様が笑顔で拍手する姿が写る)
hyde「あの~、皆さん今まで、あれでしょ、ラルクアンシエルと共に過ごしてきたんでしょ」
(歓声)
hyde「きっと、曲聴くことで、色んな思い出、思い出したりするんでしょ?」
(笑&歓声)
hyde「そんな顔してるわ」
(笑)
hyde「今日は一緒に楽しもうぜー!!」
(歓声)
hyde「○△#$%&’~!!!!」
(え?っw)
hyde「%&’”#$%&\=0~!!!」
(イエーイ!と言いつつ、何叫んでんの?wな皆さん)
hyde「よしっ、やるか~!」

『the Fourth Avenue Cafe』
左右の花道から、黄緑と白と黄色の筒状の布が5~6本ずつ、エアーで空へと踊りだす。
なんでその3色なのか、なんで7色にしなかったのか、いや7色でも布がブッシャーとウネッてるだけでどうだろうこれ?と、顔を見合わせる我ら。
私「…節約ですかね」
と言うと、姉が噴き出していた。
曲が終わってからスタッフがくるくる丁寧に畳んで丸めている姿がずっと見えていたけど、明日も使うんだろうかw
左右のスクリーンには2人ずつ分割されて、全員をしっかり写していた。これは良いビジョン!
しかし、そろそろケン様はお帽子を取られた方が…髪の毛に変な癖が付いてアシベになりますよ…

歌は丁寧に歌っていたのだけど、「ハイドちゃんテンション上がりきってないのかしら?」と思っていたのがこのへん。ちょっと冷静過ぎるかな?と思ってたんですよね~
クネクネ踊りはするけど、なんか動きがゆっくりなのよ。大人なラルクを意識していたのかもしれないけれど。これについては二日目のレポにしっかり書きます。
でも「あとどれくらいだろう~」と歌うところで、イヤモニに手を当てながらマイクを口元から一瞬離す動きが可愛かったのでヨシ!
ギターソロ前で「あぁーーっ!!」とシャウトあそばしてました。
ラストの溜息もしっかりカメラ目線。大事なところは絶対逃さない。さすがでございます。

『夏の憂鬱~time to say good-bye~』
くそーーー名曲だなくそーーー、これはまー火ツアーでもやってたけど、やっぱり最新の歌声で聴くとクソ上手いなくそーーー
感動のあまりクソしか言えない下品なわたくし。ケン様ほんとに良い曲書くわーー!!
それにしても、まだ外が明るいからか節電のためか、いつもの派手なライティングとはいかない御様子。ストレートに生のバンドというものを感じられてこれはこれで良いと思いますけど…
派手なライティングや演出に慣れているのでちょっと寂しいのは正直なところですけどねw
ラストはハイドさんが蹲りながら叫んでいた。ちっちゃい。そのまま背後から風呂敷に包んで持ち運びたいくらい可愛い。

『風の行方』
あ!あ!あ!この曲聴いたことある!相変わらず題名が出てこず、
姉「あー、あー、これPVあったぞ」
私「あー、あー、TIME SLIPがこれに似てるとか言われてたよね(余計ややこしい)」
姉「か、風の…?」
私「行方ッ!!」
と、やっとビンゴしたのは2番に差し掛かった時だった。
やだーー!(*゚∀゚)=3名曲じゃないこれーー!!初めて生で聴いたーー!!
私の知っているこの曲は野太い初期ハイドのボーカルだったのに、今まさに現代のハイドのハイクオリティーな歌声が鮮やかに記憶を塗り替えてくれるよー!ハレルヤー!!
あ、でもハイドが「もう困らせないから、この部屋にお゛い゛て゛ぇぇ゛ぇえッ!!」とシャウトしててなんか怖かったわ…(゚∀゚;)この歌詞だいぶヤンデレじゃね…?
「今もまだ~」のところでクネクネ踊ってましたよ。ラストのピアノがまた切なくて泣かすんです。秦野さんのしわざね?ニクイ人だわ。

『As if in a Dream』
銜えタバコのケン様がイントロを弾きだすと、何の曲か心得た客席からは大歓声が。
んあーっ!!これもまたレア曲&名曲じゃなくって!?私も初めて生で聴きます!!うわー、嬉しいぃぃーー!!
そしてまたこれ、私はずっと「Shutting from the skyだーー!!(゚∀゚)」と叫んでいたのだけど、いつまでたってもシューティンってハイドが歌い出さなかった………あれ、なんか違う…////(着席)
間奏のところでハイドがシャウト。しっかり喉が開いていて物凄く綺麗だった。是非ともDVDで映像化して未来永劫残すべき。
途中、ギターを弾きつつ煙草を後ろに捨てに行くケン様が見えた。後ろに灰皿があるんでしょうねw
あぁでもなんだか今日の私、ケンヲタですけど全然ケン様を見てませんね!いやもう、この日のハイドがうつくしゅーてうつくしゅーて、これが「視線を奪われる」ってことなんだと体感しました。
ちなみに、ユキヲタのJさんもついついハイドを見てしまって、「は、はいどちゃん超美人…!」ばっかり言っていた。ファンの垣根を越えて視線を集めるだなんて…ほんまに恐ろしい人やで。

『DUNE』
これは分かりますウィズデューーーーン!!!ガタッ(起立)
スクリーンにはメンバーが写されているんですけど、その映像にたまに入ってくるノイズ。ん?故障か?と思ってよく見ていると、その瞬間初期ラルクの映像が紛れ込んだりする。え、何このサブリミナル怖い。若返ったような錯覚に陥らせるためか?
ハイド、ポッケに手を突っ込んでken側花道へ。tetsu側花道にはリーダーがゆっくり歩いて来てくれた。いつの間にかグラサンを外している!これでやっとリーダーも肉眼で動きが捉えられる距離になった!と思ったら、後ろの女子数名が「ヒャーッ/////」と叫んでいる。どうやら背後はテツヲタのようだ。もしパンクが始まったとしても「もうパンクはえぇわ~('A`)」なんてことは絶対言わないようにしようと心に誓う。
ふと気付くとハイドがtetsu側花道へ。中央へ戻っていくテツとすれ違う時、ハイドの手がポンッとテツの頭に載せられ、会場ウギャーッ!!
頭に手を置いたまま歌うハイドに、テツが首を反らして満面の笑みを浮かべている。別にハイドは「縮め~縮め~」と呪いの如く頭を押さえつけているわけではない。なんかもっとおにーちゃん的な感じで、撫でるように優しく手を置いているだけだ。実に微笑ましい!
テツと別れたハイドはスキップしながら花道端っこへ。おぉよく見える。おいでおいで~⊂( ´∀`)⊃バッ

ちなみに、歌や演奏は安定していてとても良かったですよ。サビを観客に歌わせたりもしてました。
でも元気いっぱい\いなーーーーいwww/と叫んだんですが、周囲で私しか言っていなかった。恥!みんなやってよ!

『Winter fall』
何故か客席がキャーキャー騒いでいた。冬落ちファン多し!私も大好きだ!
「僕は永遠を願った~」で指を組んで空を見上げるはいどちゃん。何やっても可愛いなッ!でも、「雨やんでくれ~」にしか見えなかったけどw
ハッ!指を組んでるとこで気付いたけど、はいどちゃん銀ベースに黒ポイントのネイルをしてもらってる…カワイイーーン!(*゜ω゜*)私のネイルなんてすでにハゲハゲなのに…はいどちゃんの女子力(笑)が高過ぎて嫉妬。

そういえば、さっきの\いなーい!/より\みっせられ!/の方が声が大きかったですよ。慣れの問題か?w

『「winter fall」を歌ってみた』
暗転したステージ(とはいってもまだ外は明るい)の代わりに、スクリーンに写る藤原組長の姿が!おぉ!お元気そうで何よりですぅぅぅ!
懐かしのCM出演者総出演か?と思ったら、yasuが写り、全力で「winter fall」を歌いだす。勿論、会場絶叫だ。
次に映ったのは元モー娘。のなっち。yasuがその続きを歌っている。やっぱりモー娘。は歌唱力高いな!と思ったけど、だんだん分かったぞ。
ラルクファンの有名人(関係者含む)がお祝いに1フレーズずつ歌ってくれるのか!
えwwwらるくちゃんたら出演してくれる友達居たの?wwwww(ひどい)
と思ったら、次に押切もえ→野球選手も出てきた(誰でしたっけ?)→武田真治→シドのマオにゃん→狩野英考→ミキティー→DAIGO→モノマネの青木さん
と、ラルクファンの有名人というか、ほぼ「ハイドと愉快な仲間たち」でした本当にありがとうございました。

でもシンディーは歌よりサックスを吹くべきだったなwwwみんな黄色い歓声があがってたのに、シンディーが歌うたびに「ははははww」という声ばっかりだったw
ちなみに、関係者席にyasuや青木さんが来られていたらしく、自分が写ると笑ったり恐縮したりしていたんだとか。ken側のペアシートがあった辺りか?

『ガラス玉』
ぬえーーん!これ聴きたかったんだぬえーーーーん!!。゚(゚´Д`゚)゚。
ハイドは帽子を取り、マイクスタンドを両手に包んで歌唱。あぁあ…歌も上手いけど、なんかもうサイドをがっつり編み込んで後ろでちょっとアップにさせたロングヘアーのせいではいどちゃんまぢロシエル様。
相変わらず視線はハイドばかりを追いかけてしまって、他メンバーも見ておかなければと思って視線を漂わせたものの、覚えていることといえばテツのマイクカバーがピンクだったことくらいだ…嗚呼…
始終、ロシエル様とガラス玉の名曲っぷりにウットリする。いーんとぅざさいれーーーーーー!!

『fate』
お、懐かしいですね、最近やらなくなってたものね!
この曲といえばそう、ステージをうねる緑のレーザーライト。
しかし節電のせいか、スタンドの壁に緑の光が当たっている以外は何も見えなかった。真横に近いスタンドだったので席のせいやもしれません。(二日目に北スタンド寄りから見た時は光量が多く見えたし)
ンッピィーーーーーンッ!と高く鳴らされる弦に、自分がケンヲタだということを思い出される。ハッ!けんさま見なきゃけんさま…!(;゜Д゜)
この曲はお気に入りなのか、恍惚顔で何かと激しく動くケン様。あれ?帽子被ってないぞ?と思ったら、ヘドバンのし過ぎで床に落ちていたw
でもアシベになってなかったよ!変な癖が付く前に脱げて良かったかも!セフ⊂(^ω^)⊃セフ

「狙いを定めて」でカメラを見つけたはいどちゃんは、これでもかー!という刺すような目力をもって観客の視線を奪うと、ぶきっちょな可愛い指を二本向けてバッキューン☆ポーズ。うへぇぇ可愛いうへぇぇぇ美人もうツライ。

『Floods of tears』
オルゴールのイントロに「えーと、なんだっけこれ」「歌えるんだよ、月にてーらされーってやつでしょ」「分かるけどなんだっけ?」祭りが始まる。予習しとけば良かったと今更ながら思う。
でも名曲なのは分かるよッ!(゚∀゚)ヤァァ、こんな初期曲が現代のハイドの歌声&演奏力で聴けるなんて、ぼかぁ幸せだなぁー!
この日演奏された初期曲は、もうライブでは聴けないかもしれない。そう思うと絶対にDVD化して欲しいという気持ちが強くなる。WOWOWの放送だけってのは駄目ですよ、2日間を編集して2時間に絞るんでそ?そんなんあかんよ、特に一日目は削れるところなんて無いッ!ロシエル様については一秒たりともだッ!(ハイドチャンネル出ないかな)
しかし、何より凄いのはユキヒロさんですよ。初期曲ばかりは練習も大変だっただろうに…黙々と叩いてらっしゃるわ…ホロリ。

ケン様は銜えタバコ。スクリーンは4分割され全メンバーが写る。これ、有難い。
さぁハイド以外のメンバーもしっかり見るぞー!と思った途端、両手で目を覆う美し過ぎるハイドが写り、心臓鷲づかみ。「何あれ可愛いもうイヤダーーー。・゚・(ノ∀`)・゚・。」と、私・姉・Jさんと両手で目を覆った同じポーズのままモウイヤダモウイヤダと苦しみだす。ハイドが可愛すぎてツラくてツラくてモウイヤダ。
大事なことなのでもう一度書きますが、ここにハイヲタは一人も居ません。

『Blurry Eyes』
なんかフォンフォン鳴ってる…(゚∀゚)ファンシー!
スクリーンにぼんやりとメリーゴーランドが写る。霞んだ記憶のようなフォンフォン音がブルーリーだと気付いた頃、笛を持ったはいどちゃんがぶんぶん振り回しながら登場。
少しイントロが鳴り出すと急に停止し、またフォンフォン。また鳴り出した!と思ったらまたフォンフォン…何ぞこの焦らしフォンフォンは。
停止するたびに素直にどよめく観客にケタケタ笑うケン様が素敵だった。キュンッ☆

漸く始まった曲と共にハイドの笛がプピーーーーーーーーーーッ!!スクリーン上部から暮れかけの空に向かって何発も花火が打ち上がる。
おほほwwやっとラルクらしいバブリーな演出にテンションが上がるわ!w(節電も大事だけどさ!)
ハイドはtetsu側花道にクネクネズンドコ踊り出てくると、端の柵でサビの歌を煽っている。この時、嬉しそうに歌うファンの顔に思わず微笑むはいどちゃん。め、女神様や…!
花道から戻る途中にカメラマンに手がぶつかったようで、ゴンッ!という音と共にマイクを落としていたw
「お前のせいや~」って顔をしていたけど、ハイドってマイク落とすことたまにあるけど、毎度あんま慌てずに「ほら落ちたやんけー」って顔して見てますよね。はいその通りですはいどさま何も悪くないです可愛いです。
勿論、途中で曲が停止して、MCが割り込んできました。

『ken MC』
(ギターを抱えつつケン様マイク前へ)
ken「んん~、んん~」
(笑&ケンちゃんコール)
ken「20年も経つとね、色んなことがあるのよ。思い出したの言っちゃっていいかな?」
(言ってー!)
ken「昔ね、ツアーを車で回ってるとね、眠いんですよ。んで寝るの」
(笑)
ken「そしたら起きたメンバーとか居て、あぁああぁ~~~!!勃ってもうたぁ~~!!って」
(爆笑)
ken「あれこれ今日じゃなかった?」
(笑)
ken「それをね、見るまで言うのよ。ほら、こんなに!こんなに!」
(爆笑)
ken「もういい?」
(誰~!?)
ken「え?何勃ったの?ナニが勃ったの」
(爆笑)
ken「みんな濡れ濡れー!?」
(歓声)
ken「濡れてんのーー!?」
(歓声)
ken「どこまで濡れてんのーー!?」
(歓声)
ken「ここまで?(胸の辺りに手を当てる)」
(もっと下~!)
ken「ここまで?(腹の辺りに手を当てる)」
(もっと下~!)
ken「あれ~~!?ここまでーー!?!?(股間を触っている)」
(笑&歓声)
ken「えーー、20周年!俺らは君たちのスパイスになれてるんですかー!?」
(なってるー!)
ken「何のスパイス?ガラムマサラ?それカレーに入れるくらいやん」
(笑)
ken「ナツメグ?コショーくらい?」
(塩!)
ken「塩ッ!?醤油…」
(味の素~!)
ken「味の素!」
(笑&拍手)
ken「味の素くらい濡れてんのかー!?」
(歓声)
ken「味の素くらい濡れてんのーー!?」
(歓声)
ken「遊ぶぞーー!!」
(歓声)
ken「遊ぶぞーーーー!!!」
(歓声)
(ハイドの真顔がスクリーンに写って笑いが起こる)
ken「僕、味の素も好きなんですけど、カツオだしも好きなんです」
(笑)
ken「みんなカツオだし好きー!?」
(好き~w)
ken「ラルクは君らの何~!?」
(味の素ー!!)
ken「何か始まりの言葉待ってるん~!?」
(笑&ざわざわ)
ken「喋らずにもっとこう、Y!とかM!とか表現してくれる方が俺も分かりやすいのよ(Y&Mポーズ)」
(笑)
ken「ラルクは君たちの何ー!?」
(人文字でA)
ken「A!次は?」
(人文字でJ)
ken「あ~、どうしても味の素にしたいんやね」
(笑)
ken「楽屋に帰ったら大量の味の素があると思います」
(笑)
ken「大量の味の素ふりかけてやるぜ~~!!」
(笑&歓声)
ken「続き聴きたいー!?」
(聴きたいー!)
ken「どのように聴かせたい!?いや、どのように聴きたい!?あぁ~もうッ!助けてユキヒロさん!進めてくださいッッ!!」
(爆笑)

最後のテンパリ具合いなんなんだwww
笑うユキヒロさんが叩き始め、ハイドがプピーーーッ!!と笛を吹いて曲再開。
サビは大合唱ですた。何気にこの曲も久し振りヨネ。
ところで、おちんを見せていたのって誰だ?イメージ的にはリーダーなのだけれどw

『Lies and Truth』
ハイド、歌いつつも下のモニターを何度もチラッ☆チラッ★ そこに歌詞が出とんやろw
この曲のリズムが踊りやすいのか、はいどちゃんは始終身体を左右に揺すりながらダンシング。帽子を取ったせいでますます女性ダンサーっぽい。
いやー、しかしこれも良い曲ですよね。正統派なラルクっぽさを感じます。
最後のハイドのシャウトが暗くなってきた夜空に吸い込まれて、皆さんが一斉に振るサイリュームも綺麗に見えてきて、あぁぁあー、ラルクさん20周年おめでとうッッ!(思い出した)

『flower』
ハーモニカを頑張って吹くはいどちゃんがアップに。もしや青いカラコン入れてる?
あっ!ケン様がtetsu側花道にやってきたわ!大急ぎで双眼鏡を装着し、暫し野鳥の会と化す。笑顔でギタープレイをする姿が分かって、双眼鏡を覗きながらウヘヘヘフォォォォ////とか口走ってしまった。
ハイドがライトの下で跪いた時に見えたけど、すんげー雨降ってません?暗いせいでスタンドからは見え難いけど、ライトがある部分だけ雨が見えるんです。風邪ひかないで下さいね本当に(つД`;)明日もあるんですから!
途中から客席には巨大バルーンが投下。
アリーナの観客がワッショイワッショイしている姿を上から見守る。それもこのバルーン、ワッショイするたびに色が変わるように細工されてるんですよ。ホヘー!こんなバルーンあるんやね。綺麗でしたよ。これは上から見て正解かも。
そうそう、たまに音を下げて歌うはいどちゃんですが、「Like flower」は最初から高音で歌ってくれました。やっぱり下げちゃ駄目よね!20周年ですしね!(?)

通路で待ち構えるスタッフが、光が灯らなくなったバルーンを回収~。一人二個ずつ、とかどうでもいい情報だけ覚えいる私。

ギターを抱えたハイド、マイクスタンド前へ。

『I'm so happy』
お、ラピニュでやった名残か?(・∀・)
この曲ラピニュでもそうでしたけど、スクリーンにずっとハイドの顔をアップで抜かれ続けていた記憶しかないです。美しいのは分かっとるわッ!

ドラムドカドカからの~
『shout at the devil』
ハイドのシャウトキターー!!スクリーンの上部から炎デターーー!!無条件に盛り上がるぅぅうぅーーー!(゚∀゚)
テンション上がりつつも、上手いことリズムに合わせて炎を出してるなぁと感心する。
「真実の旗振りかざせ」でマイクスタンドを高く掲げたハイドは、叫びながら床めがけてデストローーイ!ワホヾ(´∀`)ノワホ
ラスト、ソロで鍛えたデスボですんごい叫んでましたよ。
そうこうしていると、さっさとギターを降ろしたケン様がスキップしながら舞台袖へはけてしまわれた。はえー!またトイレか!?

リーダー、ハイドとはけた後は、稲妻のCGと共にユキヒロさんがスクリーンに写る。よし、休憩しながら見るぞ!(体力皆無)
ここからしばらく、ユキヒロ先生によるドラミングをお楽しみ下さい。

19:20、アンコール
ワァー!拍手&本編終了~。短く感じちゃいますね~、いやいやこれからが本番だと思いたい。
早速アリーナ前方からウェーブが起こり始める。
ラピニュでは全員アリーナで立っていたせいで盛り上がらなかったそれも、着席するファンが多ければ立ち上がって手を上げる「波」がよく見えて伝わりやすい。
それも、アリーナ最後尾からスタンドに伝わる瞬間はなかなかの鳥肌モノ。スタンド前方が波を起こすたびに反応すると、そこから左右に分かれて広がっていく景色は、アリーナから見てもスタンドから見ても圧巻だと思う。そのたびに「フォォォォオオ!!!」と喜ぶ素直なラルヲタ。
つまらないライブだったら座ってたらいいわけだけど、皆さん心得たように、再びラルクを呼び戻すために力を合わせて波を起こしているわけです。素晴らしい。心を一つに!ウィアーザワールド!
皆さん何度やってもフォーフォー喜んでて、何だか可愛らしかったw

ぴったり10分後の19:30から、切ないピアノの音色が響きだす。
なんだなんだ?と立ち上がるとライトが灯り、湧き上がるようなオーケストラと歓声に包まれて……ってあれ?( ´∀`)いつの間にメンバー出てきてたんだっけ?(見てない)
『あなた』
手袋を取ったはいどちゃん。指輪いっぱいしてました。サビ前で指を立てていたのが可愛かったよペロペロ。
ケン様はグレイだかベージュだかのベストを纏ってらして、全体的に白いお召し物。リーダーは黒に年号と英字が入ったような…なんじゃありゃ?どっかのアーティストのライブTシャツか?(なんでそれをラニバに)
サビ前にマイクスタンド前でバッと両手を広げるハイドを合図に、心得た!とばかりに皆で大合唱。⊂(∂Д6)⊃バッ!

hyde「Thank you~!」

『tetsuya MC』
tetsuya「ふぅ~!!」
(歓声)
tetsuya「MCで話そうとしとったこと、ケンちゃんに先に言われてもうたw」
(笑)
ken「バスの話?」
(会話に入ろうとマイクを持って構えているハイド)
tetsuya「違うw雨で濡れてるかー?ってやつw」
hyde「透けてるしね」
tetsuya「同じこと考えてるやん!ってw」
(笑)
tetsuya「ギター濡れて弾きにくくない?」
ken「いや、弾きやすい。ツルツルしてw」
tetsuya「それ言わせたかっただけやねんw」
ken「www」
(笑)
tetsuya「この曲(あなた)の後のMCってキツイでw」
(笑)
tetsuya「折角綺麗な感じで終わってんのにw」
(笑)
tetsuya「みんな、折角綺麗にメイクしておめかしして来てんのに、えらいことになってるで」
(笑)
tetsuya「ごめんなさいッwww」
(笑&なんだこのテンション高いリーダーはwという感じの客席)
tetsuya「みんな綺麗よ!」
(笑)
tetsuya「ところでみんな、今までかかった曲知ってんの?」
(知ってる~!)
tetsuya「全部?」
(全部~!)
tetsuya「ご存知ぃ~!?」
(ご存知~!!)
tetsuya「みんな偉いなぁ~、ちゃんと予習してきた?」
(してきた~!)
tetsuya「俺らも大変やったで、ほんま!」
(うんうん頷く他メンバー)
(笑)
tetsuya「2日やって1曲もカブリが無いってラルクアンシエルでは初やない?今まで無いなんや?」
hyde「無い(頷く)」
tetsuya「普通、「あたな」で終わるやんw でもこの後まだ続くからね」
(歓声)
tetsuya「いくでぇ~!ミルキーウェーイ!」

なんかリーダーが御機嫌なんですけどー!なんですかそのテンションはー!
顔色も良いし、何かしら不健康そうなリーダーがいつも以上に元気そうだった。こりゃめでたい!
あと、話に入ろうとマイクを持って構えてたはいどちゃんが可愛かったですよ。うまく入れてなかったけどw (∂д6)ジィ

『milky way』
( ^ω^)ほっしっふっるーー♪
近年はパンクアンシエルでやることが多いので、ハイドボーカルが実に新鮮。メロディーに合わせて横揺れしていて、そのままメトロノームにしたいくらいだった。
そんな動きに合わせて、観客も色とりどりのサイリュームを振る。楽しそうだな…サイリュームいいな…(指くわえ)
はいどちゃんの「もう迷わない」でタタッと駆ける芸の細かさは見逃せない。是非WOWOWで御確認を。

hyde「フゥーーッ!!」

『Voice』
お、お、お、この曲好きなのよぉ~!
しかし一人称「あたし」で歌うハイドってのも珍しくて新鮮。今日はいつもより多めにあたしあたし言ってますしねw
「開かれて~」を音程上げて歌っていたのがよろしおす。最後にリズム隊が顔を見合わせていたのもよろしおす。

『White Feathers』
15thラニバからやっているというのに、題名をド忘れして「冒頭でケン様がぼそぼそ言うやつ」とか言っていたのは秘密だ!
「今が昼なのか」で目元に手の甲を当てるハイドが浮世離れした美しさ。あーーもーーーなんでこんなにパーフェクトビューティーなの…全国民に見せてあげたい…
ハイドが美しいことは置いておいて、何といっても現代版ホワイトフェザーズはギターソロが絶品!
あまりのカッコ良さに「うぅううぅ~!うぅぅううう~!」と唸ってしまうほど。周囲の人はうぅうぅ言ってる私に「トイレか?」と思ったかもしれないけれど、ギターに感動していただけなのでここにしっかり書いておく。

この曲はサビでライトが最高に明るくなるわけですけど、やっぱり何だか節電気味だった。
羽根も降り出してスクリーンで見るには綺麗だったけど、スタンドから引きで見ると羽根の量が少ないのが分かってちょっと面白いことに。
掃除大変だし、野外だからあんまり飛ばせないのかもねw

hyde「thank you!」

『hyde MC』
(水を飲み、ペットボトルを客席へ投げる)
hyde「へ~い」
(歓声)
hyde「あぁ~…羽根がね…(上を見上げる)羽根……あのぅ~、羽根……」
(何やねんw)
hyde「風に流されちゃったね…これも考えてみれば試行錯誤して、最初は。色々なやり方で降らせて…カゴに入れて降らせたり…」
(笑)
hyde「かっこわる~って…」
(笑)
hyde「2回目で天井に付けてたやつ(カゴ)が落ちてきて…」
(笑)
hyde「んーんっ!(咳こむ)最近は上手になってきたんですけど」
(おぉ~)
hyde「雨どう?」
(降ってる~)
hyde「(うんうん頷く)まぁここまでは…予定通り」
(笑)
hyde「今日は泣かずに済みそうやなと」
(えぇぇー!!)
hyde「(うんうん頷く)ありあと~、最近涙もろくてね。
車から出てきた時、あ…みんな居る…!と思ったら泣けてきて」
(笑)
(カメラがハイドの目元をアップ。ウルウルしている)
hyde「あ…みんなカッパ着て待ってるわ…!って」
(笑)
(ハイドウルウル中のため、ハイドコール)
hyde「(頷く)サイリュームも凄い綺麗で…ずっと見てたいなと思いました」
(拍手)
hyde「え~、楽しんでるかい?」
(歓声)
hyde「えっと、くら~い内容の歌詞ばっかりなんですけど、それでも大丈夫ですかね?」
(笑&歓声)
hyde「古い昔の曲やってるとね、(歌詞が)なんでこんな後ろ向きなんやろってビックリしますわ」
(笑)
hyde「夏の憂鬱とか今怖いもん」
(笑)
hyde「でもあの、最後に少し前向きな曲をやります」
(えぇぇーー!!)
hyde「(頷く)はい、え~、最後はちょっと真面目に」
(えぇぇーー!!)
hyde「今回のライブの収益は全額義援金として、被災地に送られます」
(拍手)
hyde「えっと、珍しくメンバーみんなで話し合って、意見を出し合って、出した結果ですけど。ラルクらしくていい決断だと思いました」
(拍手)
hyde「え~、潔いメンバーがかっこいいなって思いました」
(拍手)
hyde「え~、そして、今日という日を迎えられて、本当に嬉しいです」
(拍手)
hyde「え~、無理にでも前に進まないと、希望が見えづらくなってるから。みんなで前に行けたらって、今日を迎えました」
(拍手)
hyde「え~、雨の中、来てくれてありがとう」
(拍手)
(ケン様がパチパチ拍手している)
hyde「え~、この20年間もありがとうございます」
(拍手)
(髪を触りながら上を見上げるハイド。目元ウルウル)
(ハイドコール)
hyde「止まない雨は無い」
(歓声)
hyde「最後に虹を聴いてください」

泣くか?と思ったけど最後まで耐えましたね。
でも髪触りながら上を見上げてた時、ピークだったでそww泣いていいんだぞゲヘヘw(邪)

『虹』
あれ?メンバーの後ろのバックスクリーンに虹の映像が写ってる?
というか、メンバーの背後がスクリーンになってるだなんて今気付いたわ。ガガーン!(何せ真横にから見てたので見えなかった…)
「全ては真実と共にある」でマイクスタンドに両手を添えて、花が咲いたように指を広げて持っていたのが印象的。お釈迦様かと思って拝みかけた。
お!なんか歌詞デターー!
スクリーンに写るのは間奏のハイドスピーチ。ってことはアルバムverになるわけですね?

ここから泣き虫ハイタンのウルウルに拍車がかかり、それに気付いたカメラさんがハイドの目元を狙い撃ちし始める。
感動的なメロディーとウルウルハイドに大多数のファンは大号泣のシーンだったと思うのですけど、私と姉は
「泣くか?」「泣くぞ」「泣け泣け」そして目頭からツゥッと涙が溢れだすと、「泣いたーーー!!(゚∀゚)(゚∀゚)」
と大喜びしてて、大変申し訳ありませんでした。
いやでも凄い良かったですよ、この日の「虹」は演奏も歌も技巧的。ハイドの涙も神聖なもののように見えて、ACのCMで全国に流して欲しいくらいでした。
きっと、ファンの皆さんもラルクへの思いが溢れて涙を誘われたことでしょう……私はニヤニヤしてたけど。(通常運転)

hyde「Thank you!」

ギターをスタッフに渡すと両手でバイバーイ!と手を振り、スタコラッサッサと舞台袖に消えていくケン様。早いですよ!また尿意でしょ!
ここからエンヤが流れ出します。
ペコリとお辞儀したユキヒロさんが舞台袖へはけ、ハイドは投げキスを何度もしながら観客の表情を見るためにステージギリギリまで近寄っていた。
リーダーがデコデコのバナナ水鉄砲でぴゅーぴゅーしだすと、ハイドは笑顔で手を振り、最後の投げキスをしながら舞台袖へ。

tetsuya「まったねーーー!!」

お馴染みの最後の言葉に明日もあることを喜びつつ、一日目しゅーーーりょーーーー!ワァ~(パチパチ)
たぶん20時過ぎくらいだったと思われます。
WOWOWのラニバ放送予定と、『GOOD LUCK MY WAY』のPVが流されました。あぁなんか改めて見ると、さっきまでロシエル様だった美麗ハイドとこの黒髪短髪ハイドじゃ同じ時代の人と思えないっていうかこれ誰?(^q^)

は~、初期曲ばっかりでレアな一日目でしたね!
それを現代の歌声と演奏で聴けるっていうのは何ともファン冥利に尽きます。何はともあれユキヒロさんお疲れーっしたー!!
特に、「DUNE」と「Tierra」から多く選曲されたのでは??
あれ、でも私が一番聴きたかった『The Rain Leaves A Scar』をやらなかったぞ!?おいなんでや(^0^)Twitterでケン様が反応してくだすってからずっと聴く気マンマンだったのにwww涙
カップリング曲もほとんどやってないな…『あなたのために』とか聴きたかったぞ。まぁ『ガラス玉』や他のレア曲が聴けたし、いいか。。。
あ~ラルク名曲多すぎて3時間じゃ足りんわ!ギョワー!

あと、席が遠くてメンバーの動きや表情がほぼ見えなかったというのもあるんですけど、ハイドが美しいばっかりのレポになってしまって猛省中です…だってついつい瞳が奪われてね…美しすぎてね…私だってツラかった!
あ、ケン様の帽子はそれほど酷くなかったですぞ。終わってから色んな人に「けんちゃんの帽子なんすかww」って言われたけど、変じゃなかったもん!痩せてたもん!太ってないもんッ!!(誰も太ってるとは言ってない)

ラニバ総括の感想は二日目にまとめて書きますが、演出に関しては、節電・節約な感じが否めないけど仕方ないかな、という感じです。サブステが無かったのは残念!
サプライズ感やアニバーサリー感は15thラニバの方が強いけれど、もうなんか、20周年だし台風だし収益全額寄付だしハイド感動して泣くしっていうのが全てをカバーしちゃってたわw
しかし、雨足は酷くならなくて良かったですね!
明日はもっと雨が酷いんだろうなと思いつつ、規制退場に引っかかって1時間程スタンド席で震えてたのでした。ブルブルガタガタ

退場後、せめて残ってるグッズだけでも買って帰ろうと物販を探すことに。
スタッフを発見して「物販どこですか?」と聞くと、「あ~~右ですけど、この時間ですから閉まってるかも…」と言われ、エッ!?まじで!?と驚くとスタッフの上司らしき人が登場。
物販を探していることを伝えると、「あ~~時間的にもう…微妙っすねー!」と言われ、こりゃ大変だと急いで物販売り場に走ったら普通に物販列が出来ており、大盛況に営業していた。
始まりも終わりも走らされてばっかりww
無事に、パンフレット、マフラータオル(白)、BABBIのジェラートセット用のプリペイドカードを購入する。
またグッズレビューをしたいと思ってるんですが、ショッピングバックは実物が酷かったので断念。なんやあの薄いペロペロバックは。
他、ローラーチャージャー、サイリューム、ツアーロゴTシャツ、リスバン、タオルフードなどの人気商品は即行売り切れたそうデース(^0^)タオルフードは雨のせいだなきっとw

帰り道、偶然にもsさんに遭遇し、サイリュームの受け渡しに成功。これで明日は置いてけぼりにならなくていいんですねー!ヾ(*´∀`*)ノアリガトウゴザイマスー!
他、お菓子で餌付けしてもらったり、kさんから絵葉書を戴いたりしてホクホク。


なんか暗いな…しかしイラストの可愛さは伝わるはず!絵心のある人って本当に羨ましい…!宝物にしますグフフゥv
お菓子もとっても美味しかったです。和ラスクって砂糖が和三盆や黒糖なんですねぇ*

なかなか進まない列に1時間くらいかけて移動し、漸くホテルのある新宿に戻ってきた頃にはすでに時計は23時を指していた。
適当な居酒屋で軽く飯を食いつつ、パンフレットをチラ見してケン様の足長見下し目線にジタバタする。パンフ、ケン様が本当に素晴らしいのでケンヲタはみんな買うべきよ!ほんとよ!凄い足長いんだから!


ホテルに帰ってからシャンパンでまたまた一杯。苺のシャンパンおいひーおいひー

明日もあるということで早々に布団に包まりながらも天気予報を見てたんですが、台風が太平洋側にそれていて一安心。
風は大丈夫そうでも大雨予報はがっつり出ているので、せめてライブが中止になりませんようにと祈りつつ就寝したのでした。でも台風の暴風域からは外れてるし、小雨くらいでしょ♪
な~んて、甘い考えだと体感することになるのは、この数時間後のことです…

二日目のレポに移りまー!ピューッ!

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2011.06.05(日) 14:23 | | [Edit]

 

さすがルーシーさんです^O^
ライブレポ待ってました♪
私もShutting from the skyとAs if in a Dream間違えましたwww

NAME:tori | 2011.06.05(日) 14:34 | URL | [Edit]

 

さくさく版

こんにちは!いつも楽しくブログを読まさせて頂いています。でも残念ながら容量オーバーで途中までしか見れません。2日ともさくさく版に載せて頂けませんでしょうか?お忙しいこととおもいますがよろしくお願いいたします!!m(_ _)m

NAME:usagi | 2011.06.05(日) 17:57 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2011.06.05(日) 21:56 | | [Edit]

 

>>14:23 Rimさん
初めまして、いつも読んで下さっているそうで有難うございます!
10年振り、ラルクライブにおかえりなさい!

パンフのケン様の何が凄いか、ですか?グフフフフフフフフフ
それはですね!またパンフレットの感想で詳しく書きたいと思っているのですが、いつもの黒スーツの他、青シャツに麻ズボンというラフなお洋服も完璧に着こなしてらっしゃって、足の長さがとにかく凄い。凄いモデル体型。あーーーーケン様モデルになればいいのに!!どっかのファッション雑誌でやってよ!!
あぁすみません、興奮してしまいました。
あと、見下し目線がいつもより多めに入っております。カッチリした大人っぽさから、ラフさの中にも飄々とした雰囲気を漂わせたケン様まで楽しめますよ。

歓声の件はどうでしょう?周囲にケンファンが少なかったのかもしれませんね。
少なくともRimさんのお隣が私だったら、「ケンファンってうるさいなぁ…」と思われると思います。笑


>>14:34 toriさん
読んでくだすって有難うございます!
あ、やっぱり間違えましたか。私だけじゃなかったんですねww
ちなみに、「In the Air」を「眠りによせて」だと思った方から拍手コメントもいただきました。
なーんだ、みんな間違ってたのね!良かった私変じゃない!(゚∀゚)


>>17:57 usagiさん
いつも有難うございます!
またまた長文で申し訳ありません;
さくさく版にupしましたので、宜しければご確認下さい~*
二日目も了解しました!こっちにupしてからさくさくさせますねv


>>21:56 アキラさん
おぉ!是非お会いしましょう!
大阪なら居ると思います。グフーグフー

レポが長すぎで申し訳ありません;
レポについては、分割UPさせたさくさく版をご用意しております。
http://kumachan69.blog51.fc2.com/
パスワードはケンちゃんの誕生日4桁です。
検索から迷い込まれないようにパスを設けているだけで、こことまったく同じ内容です。よろしければドウゾー!

NAME:管理人 | 2011.06.05(日) 23:07 | URL | [Edit]

 

すごいっ!
ここまで鮮明に覚えてるなんてっ!!!

今回のライブ、上層でも楽しめましたよね~。
初めは、上層でアリーナと同じ9000円なんてっ!!!って思ってましたけど
ある意味全く濡れなくて快適でしたし
9000円以上の価値があったライブのように思えました。

秋からのツアーはお互いチケット取れると良いですねっ!ってか取らせろLE-CIEL!!!

NAME:たがめ | 2011.06.05(日) 23:47 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2011.06.06(月) 01:16 | | [Edit]

 

>>23:47 たがめさん
まさかー!鮮明に覚えてませんよ…!
だからって違反行為もしてませんので、ほとんど記憶が曖昧なところを妄想で補っている部分が多いです。アフアフ
間違ったことを書いていたら教えて下さいねw

はい、上層スタンドで9,000円て!ツラー!と思ってましたが、今回は雨に濡れなかったので後ろの方で良かったですw
でもやっぱり遠いっちゃあ遠いので、メンバーの細かい動きはほとんど見えませんでした。
次のラニバツアーはもうちょっと細かいところまで見える席だと嬉しいんですが。おねだりおねだり。


>>01:16 akaneさん
初めまして、akaneさん。最強リンクからこんな辺鄙なところへようこそいらっしゃいませ!

長いレポを読んでくだすって有難う御座います*
皆さん大号泣なライブだったようですが、安心して下さい。私はポロリとも泣いてません(笑)
だからって冷めてるわけじゃないですよ、愛たっぷりですよ、フフフフ。

NAME:管理人 | 2011.06.09(木) 12:01 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。