L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 



今月号の『WHAT'S IN?』ゲットォォー!はいどちゃんが巻頭・表紙カラーで登場してます。

赤い花が身体に投影され、肩出し&手を添えてこちらを見ているという「あちきを買っておくんなまし」の花魁ポーズ。
この表紙画像が公開されてからどえらい人気で、アマゾンさんや楽天では予約中止になる程。表紙はそんなに好みじゃなかったので、それで中身が大した写真じゃなかったら笑えるなぁwと冷静に見ていたんですが

中身のはいどちゃん、超ナチュラルぷりちーちゃん!(’∀’)

むしろ、表紙より良い写真ばかりだったー!
少し毛先を遊ばせた下ろしたままの黒髪、パール感のあるダークブラウンのシャドウに黒いアイライナー。裸の上に羽織るだけの白いパフスリーブブラウス。
私はどうしても味の素ラニバ初日のロシエル様が大好物なので、あれだけ完全武装したはいどちゃんが一番好きなんですけど、たまに見るラフな黒髪もよろしおすな(´ω`)

色味は、某写真家さんばりに色彩コントラスト強めなのか?と思ってたらそんなこともなく。むしろ、後半には白黒っぽい色味の普通の写真も有り。
お気に入りは、表紙写真の正面アングルのやつ。
その表情はどこか幼く、ちょっと焦点の合わない目でこちらを見ているハイドの顔から胸元に赤い花が咲いていて、まるでその白い身体を花に侵されてるみたい。(厨二)
私、男っぽいハイドより、こういうふとしたあどけない表情をしてるハイドが大好きなんです。挑発的なエロエロの表情とか乳首丸出しだとか裸だとか舌出すとか、そういうあからさまな色気はどうでもいいのよ、こういうあどけない表情が醸し出す危うさとノーブルさの狭間こそ真のエロティズム!!
いや、どうでもよくもないけどな。乳が出てたら出てたでそりゃ見るけどな!どっちかっつーとフトモモ派なんですけどまぁそれはそれで乳も見るよ!
乳は置いておいて。
その流れで、魚?蝶?のような赤と青が投影されたハイドが、口半開きで彷徨うように片手を伸ばしている写真もお気に入り。たまらんよこれ!表情もポーッとしてる。パフスリーブのたゆみが良い味を出しているし、瞼が半分閉じてるからアイメイクもよく見えますし。
黄色い蝶?を投影した写真もあって、腰骨が見える写真も有り。大きな影が覆っていて、顔はほとんど隠してるのにワイルドに見えます。
腕の刺青は影で隠して、背中の羽根だけが透けて見えているのも高評価。何度も言いますけど、イバラはいらんのじゃぁああ!(拳
黄色い花を投影した写真では乳首出してますけど、まだラルクのhydeボデーをしていて、乳も腹も適度に筋肉を落としてぺったんこなのが素晴らしい。私の好きな少年マシュマロボデーだ!
んで、花が黄色いからちょっと活発っぽく見えるなと思ったら、片目を閉じて口元を手で覆っている写真はダークな雰囲気になるから不思議。

これだけでも結構多いのに、他にも色彩を落としたギターを弾くハイドの写真もたんまり載ってます。
しかし、普通に立ってるとどえらい目つき悪いなはいどちゃんはw美人だからこえーわw
でも、顔面アップになって俯いている写真は素晴らしいですね。アンニュイ。
最後の固目を薄く閉じてカメラ目線のアップ写真も、見ている人にアイコンタクトを送っているかのようで魅惑的。表情によってコロコロ雰囲気が変わる人ダナァ!

【インタビュー】
2P程で短め。ほぼラルクのワールドツアーを終えての話でした。最後にファンからの質問に答えるQ&Aが少しだけ有り。
ラルクが日本の音楽業界でどういう立ち位置に居るのかを理解している話が興味深かったです。
ラルクはモンスターバンドではあるけど、日本音楽のメイン的な存在ではない、という辺り。
メインの人達がMSGで公演出来るかというと違うもんね。それが日本で人気のアーティストが海外進出しても成功しない事例にイコールになると思う。日本ウケの良い物が同じく海外でウケるのかっていうと、違うもの。
日本の人気のままイケイケドンドンで海外進出したら大コケ、とかよくある話だからこそ、海外を意識してない人が多いのかもしれませんけどね。
ラルクはそういう意味で、人気ではあるけど日本音楽のメインではない。でも、メインじゃないなりの活動の仕方があるってのはファンも同意見なんじゃないでしょうか。
まぁだからって海外に根を下ろすようなやり方は寂しいですが、ラルクは日本でやってることをそのまま海外でやってるスタンスなのが良いですよね。全英詞はボーナスみたいな感じでやるだけで、ほぼ日本語で歌うしね。
それがメインじゃないなりの、ラルクのやり方だと思ってますし、そんならるくちゃんマジ誇り!(急に軽率)

ワールドツアーの感想はMCなどでも話していた通り。「アメリカは強敵だと思っていた」などの話も興味深い。確かにアメリカの人は英語曲以外あんま聴かなさそう。世界の公用語だしなー。そういう意味では偉そうに感じるもんw
ロンドンこそ強敵だと思ってたってのは、やっぱ知名度的な問題かしら?初めてのライブでしたしね。箱で良かったですよねw
でも、箱でもしっかり埋まって大盛り上がりになるってことは、ロンドンやその周辺国にもラルヲタは確かに存在して、ずっと待ってくれてたってことです。例のユキヒロ先生&ハイヲタの双子さんもえげれすの人でそ?確か。
それだけ各国で応援されて、(*∂д6)愛されてるなぁと実感したはいどちゃん。もっとカッコイイバンドにしよう、という前向きな発言が多々です。
しかし、どんなライブでも緊張しなくなっただけじゃなく、「たくさんの人に見られてると快感////」って、要するに変態になったってことね、把握しました(^-^)v☆

そこから、直ぐにVAMPSが始まる話。ここのインタビュアーさんからまで「早すぎと思ってた」と突っ込まれててワロタw
そっか、ZEPP SENDAIからのリクエストがあったからなんですね。これがDJ山ちゃんが言っていた直ぐにVが始動するのは「ハイドの男気」発言に繋がるわけかぁ。
で、ここからVAMPSとラルクの切り替え方から、それほど切り替えは意識してないし(ここ近年こういうスタンスになってきたっぽい)、仕事から帰ってきて趣味をやる感じ。だからって趣味の方が楽しいってわけじゃないよ、と今までにはないフォロー発言が多かったですね。
「だって、男は仕事してる姿が一番カッコイイ」だなんて。そんなラルクに対して前向きな意味まで補足してくれるのって珍しいぃぃぃ。゜(゜^0^゜)゜。嬉しいぃぃぃぃ
たぶん、Vにおいての発言とか、Lへのネガティブとも取れる発言とか、THE HYDEの曖昧さとか、まぁ~御本人はそういうつもりじゃなくても言葉足らずなことが多かったもの…
THE HYDEなんて、ハイド本人も「ネガティブなこと書きすぎたからもっと前向きな加筆修正をしたい」とか言ってるくらいですしw(V新聞より)
そういう「本心じゃない」ファンへの伝わり方が御本人も少し気になっていたようなので、今回これだけ喋ったのかもしれないです。
最後に「Vの方が自由度が高いから(Lより楽しそうに)そう見えるのかな?」って呟くように言ってるし。
それに、ワールドツアーを終えて得たものが大きくて、伝え方の考え方が変わった感じがしますね(´ω`)
でも、そんなイイ話の後にまた「打倒ラルク」とか言ってたけどwwwwwwwww無理デーーーースwwwww(冷たい)

あ!ラルクでの自分の表し方も変わってきた、っていう話も良かったですよ。
「ラルクだと自分は1/4にすぎないから」とは自分を抑えることをしなくなったというのは大きいですね。結果的に自分が目立つかもしれないけれど、他メンバーも目立ちなさい、と。(ここ、何故か上からハイ子だった)
えぇやんえぇやん!ハイドは目立つべきよ!リーダーだってほら、対抗してかは知らんが、両ハゲで妙なガガグラサンやりだしたし。ユッキーやケン様は安定してカッコイイし、パフォーマンス的には昔よりずっと面白くなったと思いますよw
ライブもメインに考えてるから楽しくなってるみたいだし(たまに演出が疑問だけどw)、それでハイドがラルクを楽しんでくれてるならもう言うことないです!

いやはや、短いインタビューでしたが、数年振りにハイドのインタビューを読み終えてホッコリを戴きました。読んで良かった!と思えました。是非、ラルヲタさんは読んでみて下さい。
もうここ数年、ずっとハイドのインタビューを読むのが怖かったんです。やっと聞きたかった言葉が貰えた気分。溜まってた便秘が解消したようなスッキリ感!イエーイ!ダノンビオ!
はいどちゃん、これからのラルクを楽しんでくだしあ!(´▽`)ノでも楽しいなら国内向けアルバムツアーをだなぁ(ry


最後はファンからのQ&Aがちょろっと。
1Pくらい特集すりゃいいのに!と思ったけど、同じことLE-CIEL会報でもやってるし微妙か?w
あと、表紙めくって直ぐにラルクトリビュートの音楽ライターさん4名による紹介レビューもありますよ。
『HONEY』について思っていた感想が平山さんと同じで、ですよねーな気分でした。
ついでにラルク国立公演のレポも載ってました。記念に是非。

いやはや、はいどちゃんから聞きたかった言葉も聞けたし、写真集みたいな特集だった~(っ´∀`)っ□ さぁお気に入りの写真を写メしてスマホに閉じ込めるんだ。僕だけのはいたんフンフフーン♪


ところで、ケン様の放談はどうなったの??休載のお知らせすら書かれてないんですが…
ワツインの発行会社もソニマガからエムオンに変わってるし、もしやメンバーはソニマガの編集者だったから終了?
ヤァダァァァァ!!。゜(゜^0^゜)゜。Twitterにもいらっしゃらないし、これからのソロ期は何を楽しみにして歩けばいいの…!?ケノタに降り積もる夏の憂鬱…来月の復帰に期待。

 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。