L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
会報の感想はエクストラが発売してからにしようかな…とか思ってる内にNHK BSからのWOWOWラルク祭りが終わったー!
最近冷蔵庫に上半身を入れたままお茶を飲むのが好きです、こんにちはLUSYです。

いやー、ライブ特番ばっかりで幸せだったわー!ヾ(´∀`)ノ去年の味の素放送前にカッとなってBSアンテナを買っておいて良かったー!
まぁ節約して自分で設置したからコードの処理が出来てなくて、窓開けたまま見てたら虫がいっぱい入ってきましたけどね。MSGの映像の上でカナブンがブンブン飛んでたわ。そういえばどこいったんだろうあのカナブン…

というわけで、今日はNHK-BSプレミアムの『音楽熱帯夜』の感想から書いておこうと思います。



MSGを中心に、ロンドン~ジャカルタの映像を混ぜたライブ番組でした。
ちょこっとインタビューが入ってきますがナレーションなどは無く、ライブを中心にした映像でしたね。
桜が咲くNYから、『CHASE』をBGMに開演を待つファンの姿や、NYの町並みを背景に撮影中のラルクさんの映像。秋に出る写真集ですかね?スラッとした細身パンツのケン様の隣にダボダボパンツの効果で短く見えるはいどちゃんを立たせるなんて、何という仕打ち!(゜∀゜)発売が楽しみだなこりゃ!
開演直前の舞台裏の映像が見れたのも嬉しいポイント。
円陣で重ねられる4人の手、ステージに上がる瞬間を待つはいどちゃんの横顔は緊張しているようでいつも通りのようで。
ここから少しだけ『CHASE』のライブ映像が流れますが、
はいどちゃんのCGっぷりに改めて白目。
映画館や写真で見た時からこりゃあたいそうな別嬪だとは思ってましたが、ハイビジョンデジタル画質のMSGハイド様の破壊力たるや。世のおなごというおなごが負けを認めて気絶する勢い。

CHASEは途中停止で『いばらの涙』へ。ここからフル演奏でした。
私が素晴らしいと言い続けていたイントロアレンジがついに録画出来たー!と思ったんですけど、肝心のシュカカカカカ音がいまいち聞き取れない。
あのシュカカカカカ音とミステリアスなエレクトリック感がゲームっぽくて大好きだったのに、歓声でピアノしかまともに聴こえん。歓声は喜ばしいけど、映像として発売される時はもうちょっとバックの音を大きめでお願いしたい(´・ω・`)
間奏中のワーキャーも凄かったですね!いつもよりワイルドなケン様のギタープレイ、かっこ良かったわグフー///
映画館で見た時も思いましたが、この日のテツヤさんはよく動くなぁと改めて思いつつ再び『CHASE』へ。
ユキヒロ先生の肩越しに見えるMSGの文字と、しんしんぎゅー!と歌いながら指先をクイクイ掻くように客席を煽るはいどちゃんがカッコイイ。目を細めると印象がキツくなってメデューサのようだ!キシャーッ(牙)

続く『GOOD LUCK MY WAY』は、キャッキャと飛び跳ねながらはしゃぐ外国人ファンが可愛いらしい。新しいシングル曲に喜んでいる姿を見ると、あぁ日本のファンと同じだなぁと嬉しくなりますよね。
ところではいどちゃん、元気いっぱい動いているのはいいけど、ボレロが片方だけはだけて白雪みたいな肩が見えている。駄目よそんな人前で!><隠してぇぇえ!
何だか嫁入り前の娘を見ている気持ちになりますけど、そういえばこの人、アラフォーのおじさんだった。でも、どう目を凝らしてもおじさんには見えない。ついでに毛穴も見つからない。「信じる道へ」のカメラ目線のウインクをキメる姿はアイドルそのものでしたよ。
しかし、「いつも通りに」と繰り返してましたが、やっぱり歌も演奏もパフォーマンスもメンバー全員気合いが入ってますよね。日本のホーム感とはまた違ったオーラを感じるもの。
ライブDVDのように通しで見ているわけじゃないのに、たった数曲聴いただけでも会場の心を引き込もうとする気迫に圧倒されます。はいどちゃんのズンドコダンスも2割増しダネ!

ここでライブ映像は一旦中止し、NYでのインタビューへ。
出たよ、疲れたウィリーウォンカ。何故にはいどちゃんは薄化粧でシルクハットなのか。
ファンのインタビューは「そうなのよそうなのよー!」と同意してしまって、思わず画面の前でうんうん頷いてしまいましたw やっぱりファン心に国境は無いのだな。
しかしラルクがきっかけで日本語ペラペーラのおねいさん、凄いですね。めっちゃ上手いじゃないの。へっぽこ日本語の私よりずっと流暢よ。
喋ってるうちに気持ちが溢れて泣いちゃった子も可愛かったわ。こんなにラルクが大好きな人たちが世界中に居るなんて、何だか誇らしいですね。エッヘン!(偉そう)
メンバーのインタビューも少し入ってましたけど、あれってNHK単独インタビューなんですかね??またドキュメンタリーブルーレイ(DVDとは言わないぞ)が出たりするのかなー。使われたのは二言三言程度だったので、フルで見れたら嬉しいんだけどな~。
看板の人だと気付いてもらえたハイドと気付いてもらえなかったケン様のやり取りはワロタ。ケン様も看板と同一人物だと分かりやすいように、ヘビ柄ジャケットとか白スーツとかで歩けば良かったんや。(ついでにファンにも見つかるけど)
あ、リーダーの発言も今後の活動を示唆していて興味深かったですね。でもでも、国内もよろしくお願いしまぁぁぁぁぁああああす!!(サマウォ)

映像はMSGに戻って、『HONEY』。間奏のギターがワイルド。
この曲ははいどちゃんのしっとりと汗を浮かべた表情が何度もアップになりますが、それでも結婚式かっていうくらいツルピカCG肌なのでおったまげ。
もう、化粧品どこの使ってるんですか?とかそういうレベルじゃない。どこ製のCGですか?だ。(たぶんスクエニ)
何気に、ライティングが明るくてハイドはマイクスタンド前の定位置で固定。ブレが少なく、記念用にTV画面を写メるにはオススメなのがコチラ。
なお、バックスクリーンの蝶の羽がうまいことハイドさんの顔の位置にくることもあり、メルヒェンっぽさ満開の妖精はいどちゃなども楽しめることうけあい。「またHONEYかよ~」と飛ばさずに是非見てみて下さい。
続いて『DRINK IT DOWN』
近年のシングル曲の中でも特別ライブ映えするのに、国立では何故かセトリから外されてしまった怒りを思い出したわ…!なんで…なんでDIDを外したんや!(ワナワナ
私の中でライブに入ってると嬉しい曲ってのが幾つかあって、
はいどちゃんのシャウトお楽しみ部門がDIDと侵食、はいどちゃんのアウトロ大好き部門であなたとライズ、何かが降臨部門でforbiddenとshoutなのだ。(レア曲を除く)
何かが外されても、まぁどっちか入ってるといいかな!っていう2曲ずつでして、国立ではこれが大幅に無かったのだよ…凹
MSGのDIDは特に素晴らしくて、イントロでデロッと出てくる炎も良いし、ケン様がクールモードにシフトチェンジしてプレイしてるのも良いし、ハイドの1番から2番に入るつなぎの動きが一際カッコ良くて大好きです。映画館では気付きませんでしたが、マイクもクルッと回してますね。
続いての『RSG』はハガレンの主題歌ということで、この曲からラルクに入った人も多いようで最高の盛り上がりでした。
多くのラルヲタの心を射止めていた、カメラにパンチでニッコリ&ジタバタと下がっていくはいどちゃんがフルで見れて大満足。
それにしてもアメリカ様の火力は相変わらず凄かったですね。\バコン!バコン!ドカーン!/

ここから場面が変わってロンドン公演へ。
MSGの『XXX』で女優ハイド様が拝めるかと思ってたんですが、ロンドンでは普通の黒ハットだったんですね。それに白ブラウスに黒ベストというフォーマルなお衣装はロンドン仕様かしら?
続く『forbidden lover』では、黒手袋をはめた手で顔や口元を覆ったりするもんだから「THE HYDE」にしか見えなくて何かワロタ。
いやはや、ロンドンのforbiddenも絶品ですね。
これでもか!ってくらいバックスクリーンにずっとアップで写されるはいどちゃんの顔面と、曲に合わせて両手を広げた瞬間燃え上がる炎のCGはロンドンのファンの目にどう写ったんだろう?
一瞬写るユキヒロ先生の筋肉も良かったですよ。
バナナマンの配給コーナー含む『STAY AWAY』の後、ジャカルタ公演へ。
ジャカルタってこんな大きな野外の会場だったんですね!∑(゜Д゜)噂には聞いてましたが、後ろまでびっしりと埋まったファンと男性の多さにおったまげ!
摩天楼をバックに奏でられる『マイドリ』のギターが美しいのなんのって。汗だくのケン様もセクスィーだし、始終ファンはフォーフォーキャーキャー。
思わずイントロを弾く前に客席に笑顔を向けて、お礼のようにイエイッ!と両手を上げるケン様が良い表情。
こっから曲が始まっても、最初っから最後まですっごい大合唱w
先程挟まれたインタビューで言っていたのはコレか!と思わず笑ってしまうレベル。もう、みんな一生懸命歌っている。超歌っている。ハイドより歌っている。
でも、こんだけ精一杯歌ってくれたら確かに感動しちゃうかもねw 体験したからこそハイドが日本の大人しい観客を物足りなく感じてしまうのも分かるわ。分かるけど、日本でこれやられたらうるさーてかなわんでぇ…(^-^)
あと、ここでユキヒロ先生の玉の汗がクローズアップ。何だそのマニアックなポイントはぁああ…!!!(と言いつつ一時停止して凝視)
「夢を描くよ」と歌うところで手首をカンカンを打つようにしながら聞き入るケン様、ジャカルタファンの歌声を楽しんでるかのよう。
マイドリが終わるとケン様が喋り始めたため、「うわぁああはいどちゃんの横笛演奏くるー!?」と思ったものの、ラルヲタ期待のケン様プレゼントコーナーは容赦なくカットされてズコー└(:3」┌)┘
残念無念なまま『セブヘブ』へ。なんだよぉ、MC期待してたのにぃッ!(つД`)ブルーレイでは収録してねッ!お願いねッ!
そうそう、セブヘブでははいどちゃんの乳首が片方だけ覗きっぱなしになりますので、そちら専門の方はどうぞ( ´▽`)ノ

舞台はMSGに戻って『あなた』の合唱インターバル。何も見ずに歌ってるように写してくれてましたが、これってスクリーンにローマ字で歌詞が出てるんですよねw
白いブラウスを羽織ったMSG様はますます天使になり、上着を脱いで黒いテカテカのオーバーオールのような姿になったケン様は完全に猟師になっていらっしゃった。
『ブルーリー』は間奏前のジワジワパパンッ!や、ハイドが花道端っこまで行くとそこ一帯がはいどちゃん大撮影会になるのが面白い。日本じゃ許されないからねキミタチーッ!
最後は『虹』
すっかり忘れてたけど、あんな滝のように花火が出てたんですね。ユキヒロ先生熱そうだったわw
日本と同じように羽根を降らせると、キャッチしようと客席から多くの手が伸びていて感動的でした。ほんと、日本でやっていることをそのまんま持っていった、という感じ。
それが世界中で受け入れられている現実は、ハイドが何度も言っていた「歌は国境を越える」という言葉をまじまじと感じさせるものでした。
噛み締めるように客席を眺めながらしゃがみ込むはいどちゃんをもう一度見れて、本当に良かった。

良い番組だったー!いつも特番を組んでくださるNHK様、今回もありがとうございました!
しかし、これだけ前例の無いことをやってるんですから、ナレーションががっつり入ったドキュメンタリー視点でのワールドツアーも見てみたいという欲が出てきた…ソワッ
TBSさん、情熱大陸とかどうですかね…ソワソワッ

 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。