L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
サプライズ的に発表されたワツインの表紙情報、およよよ!?と言ってる間に発売日と相成りました。
らるくちゃんをお迎えするということで、精神統一をして身を清めてから本屋に向かいました。(シャワー)



はい、今月の『WHAT'S IN!?』、らるくちゃん表紙巻頭特集です!ワァーー!拍手~(´∀`人)
新アー写のバージョン違いということで、こちらでも文句言いに乗り込んできたPTAマダムハイド、といった感じ。
ユキヒロちゃんの「やっべ…」という感じのポーズと、威圧感のあるハイドママとの対比が面白いことになっております。
そして、ケン様はグラサン着用!やっぱりあったか着用バージョン!待ってましたのサングラス!
円らなお目々愛好家の皆さんから「グラサン爆発しろ」ばっかり言われるケン様ですけど、私って案外グラサンをかけたケン様が好きなんですよぉ///(案外?)
リーダーはなんか、普通だ。でも目に優しい色合いの衣装なんでね、好きですよ。

で、見開きの4人が並んでる写真の時から嫌な予感はしてましたけど、次のはいどちゃんとケン様のソロ写真さ!やっぱりケン様!ピントズレてません!?ズレてるよね!?というかブレてるよね頭髪辺りがさ!ズラみたいな撮り方やめてよ!!><
または、首だけ高速に動かした、とも受け取れますな。呼ばれて急いで振り向いた、という感じでしょうか。
いや、呼ばれてというより誰かしらの殺気を感じたのかな…アサシンケン様が殺気を感じてシュッ!と振り向いて「ヤられる前にヤる…」みたいななんかそんな!

…だんだん本誌の感想からただの私の妄想話になってきたわ。
よく見たらこのソロ写真のケン様はとても穏やかな表情だし、全然アサシン顔じゃなかった。
話を戻そう。

はいどちゃんのソロ写真は「う~さぶさぶ!」ってポーズですね、これよくやりますよね。美人のおかあさま、といった感じです。
リーダーは普通だなぁ…ユキヒロさんはいつも通りに黒いです。

では各インタビューごとに感想をば。
hyde
ソロのアップ写真ははいどちゃんの指が芋虫みたいですが、正統派美人ですね。少し幼く見えるまん丸い目元がキューティーキューティー。
全体写真はちょっとな~( ´д`)潰れちゃって分かり難いよこれ。黒い背景に黒い服で黒髪なので白い顔だけ浮いててスケキヨみたい。まぁ美人ですけどね。

インタビューはワールドツアーを終えての国立ライブについてと、それが映像作品になることについて等でした。
はいどちゃんは昨今はライブ演出を考えたりと全体のプロデューサー的な役割を担っているので、それらしいコメントが多かったですね。
「演出はクオリティー重視でカメラさんは美しく撮れる人にお願いするし、荒々しいライブの臨場感みたいなのは今のラルクでは興味無い」
とのこと。
これについては賛成です。私は衣装にしてもステージにしても華やかなラルクが好きなので、演出も劇場的であって欲しいのです。
ただライブ中のスクリーンに映される映像がなぁ…あんまり好みじゃないことが多いかも。シュール過ぎるCGとかはちょっとキツイかな~、と思うけどこれはそれを作ってる人のセンスにもよるだろうしなぁ。まぁそこまで気にしないけども。
あ、でも顔TのUFOが延々と飛んでるような場つなぎ映像は本気でどうかと思ったぞwあれは収録しないでくれていいからね!
しかし、「国立競技場でやる努力を色々してきた」とか「勝ち取った」って言葉を使ってるくらい、国立側から難題の条件でも言われてたんだろうかw
国立でライブが出来るアーティストは年に1組ということですけど、でもこの年は嵐もやったから例外っちゃー例外扱いなのかもしれませんけどね。
興味深かったのは、セット上部の彫刻プリントについて。あれはただの雨避けらしいですが、プリント出来ると聞いてやって貰ったとのこと。
ヨーロッパの景観を意識した工事現場の装飾からインスピレーションしたらしいけど、世界で見てきたふとした景色がライブに還元出来るんだから海外遠征も大切な要素ですね。
凱旋パレードでイラストをお願いしたらそこに描かれた人物が武器を持ってたため、戦いに来たわけじゃないしってことでその武器を楽器に変えて貰ったという話にビツクリ。
なんか感心しちゃいましたねぇ…見えなかった部分もこだわってんだなぁと思って…(見えなかったのか)
でもライターさんも当日見えなかったって言ってるやん!ホラホラ~w
ここはしっかり映像で確認したいと思います、ハイ!
ちなみに、ライブの映像チェックになるとファン目線でチェックするから
「もっと(ここに好きなメンバーの名前をお入れ下さい)のカッコイイ映像入れて~!ヾ(∂д6)ノ顔アップとか目線こっち見てるやつとかもっとー!」(※イメージ)
とお願いするらしい。
なんだそれ…可愛いじゃねーかちくしょう。


ken
ケン様の顔アップ写真の破壊力たるや…!
サングラスを挟む綺麗な手、揺れる髪…その隙間から覗く「今からおまえをころす」っていう目線にデヘヘ////
これぞまさに「ヤられる前にヤる…」(まだ言ってる)
メーカー名が写っていたので検索してみましたが、ここでケン様が着用おそばしているサングラスはこれですかね?http://rumors.jp/dita/9085.html
4まん4せんえん…なかなかのお値段です。ケン様は安物なんて持ちませんのよ!

インタビューは、今回のワールドツアーから国立まで、どんな気持ちでプレイしていたか~などの話。
「ステージと客席の空気感を感じ取るために、まずはくんくん匂いを嗅いで~」という表現がケモノっぽかったw ライオン様ぁ!
その会場ごとの空気感やお客さんの雰囲気を感じ取って演奏するというのは、ある意味その場の空気に左右されやすいってことでもあるのかもしれませんね。良くも悪くも。芸術家肌なんでしょうね。
で、それがよく表れるのがマイドリの前奏で、その場の空気に合わせて音にしていく作業のことをケン様が「ぎんなんを拾う行為」に例えて説明し始めるもんだからもうワケワカメ。
ライターさんと「ぎんなんを拾った」だの「投げるとは違うのですか?」だのと分かるようでよく分からん話をした後、
ライターさん「会場の空気を拾ってそれを音にするということですね?」 ken「そうですね!」
うん!そっちの説明の方がわかりやすいですね!(^0^)
あと、各国のおみやげエピソードの話が可愛い。
「その国の言葉でおみやの説明をしてるのに、メンバーは本能で感じ取ってそれを持ってくれる!分かってくれるんですよ!」と何だか興奮気味。
以心伝心ですね!良かったですね!いいないいな!人間っていいな!
とりあえずその映像を各国ノーカットで全部くれ。急ぎで頼む。
また、国立はお祭りというより、お客さんの「おかえり」という雰囲気を感じ取って演奏したというのが良いですよね。ちゃんと伝わってたんだなって思いますね。
例のチアリーディングMCについては、「ハイドがチアリーダーに囲まれてMCしたら?」って言ったからって、まぁ~たハイドだよ!!
このやろ~ハイド!ケン様に毎回面白いことをやらせて後ろで爆笑してるでしょ!!知ってるんだからね!!いつも素敵な提案をありがとうございます!!
この話をしたからには、チアケン様は収録されてるんだな?楽しみにしとこうw
最後の、最近のラルクに感じる「新鮮なんだけど安心感がある」という普通は両立しない言葉でのケン様の思いがどこまでも素直だからこそ賛美に聞こえて、イイ締めでございました。


tetsuya
こちらは佇み正面ショットと、佇み斜めショット。
何とコメントしたらいいのやら…免許証の写真かってくらい普通です。
個人的にはこういうシンプルなお衣装のリーダーの方が好みなんですけど、何かしらコメントするにはいつもの目がチカチカする衣装の方がやりやすいんだなと分かりましたwwよし!水玉を着よう!

インタビューは、冒頭のライターさんの「最後の「虹」で空を見上げて涙してるテツが収録されてる」という記載におったまげ。
ままままじで!?そんなに泣いてるリーダーが見れちゃうの!?や~!私もつられて泣いちゃうかも~~~(嘘くさい)
どうやら、ファンタジックな風船エンディングに感動されたとのこと。
あの演出はスタッフからのサプライズだったそうですが、アンコール前に話を聞いてしまって「なんで言うんだよw」状態だったというのにワロタw
確かになんで言うんだよwwサプライズちゃうんかwwスタッフは天然なのか何なのか。
あ、でもさ、この話ってリーダーだけ聞いてたのかな?他メンバーは知らなかったりして??
となると、映像に収録されているメンバーそれぞれの反応や表情が楽しみですよね!気にして見ておきます。
ところで国立ブルーレイ、やっとブルーレイで出せたとお喜びのリーダーなんですが、13形態で発売することについてはあまり関わっていないそう。
つまり、あの発売形式は事務所とレコード会社の戦略の下決定されているらしい。そっかぁ(´・ω・`)まぁそうだろうけど、ファンからは結構批判が出てましたよリーダー…まぁ発売物まで一から気にしてたらリーダーが消耗しちゃうか…ムムム。
それでなくても、終わったことはすぐ忘れて次のことを考えてるって仰ってるものね。それくらいじゃないとやってられないのかもしれない。いつもありがとうリーダー。
もう「なんだこの売り方!ラルクはどういうつもり!?」と怒るのではなく、販売物に関してはあまりメンバーが関わってないだろうから自分達が冷静に厳選して決めよう、くらいの割り切り方が必要なのかもなー、なんて。
まぁ私は最初から怒ってないけどね!13形態がなかなか理解出来なくて、理解出来た頃には使徒の名前を付ける遊びをしてたからね!そうです馬鹿です。
そんな国立ライブは、リーダーが随分思い入れがあったということで。
「騒音の関係で縦にステージが作れない」とか、興味深い話が聞けましたね。
また、建て替えが決まっていて次は8万人収容の競技場になるんだとか!あらー!素敵な話じゃない。やりましょうよライブ。
2019年、8万人のドエルよ来たれ!(埋まるのか?)


yukihiro
ユキヒロさんも全身真っ黒で黒背景なんで顔だけ浮いててスケキヨなんですが、ユキヒロさんは「いつも通り」な感じがするのは何故。
なんかもう、衣装の細部まで見えないのが普通になってますよねw というわけで今回の黒く潰れたユキヒロちゃんも可愛いデース!

インタビューもいつも通り、ライターさんの感想にユキヒロが反応するみたいなやり取りが中心でございました。
ライターさんが「国立のユキヒロさんの表情が凄く穏やかで。晴れやかに感じました!」に対して、「髪を切った直後だったからじゃないですか?w」とか、
「風船を見上げるユキヒロさんが楽しそうでした!」に対して、「そうなんだw」とか。
おいおい、なんだそのコメントwww照れてんの?やべー超可愛いんですけど////
ワールドツアーを通してはプレイに波があったそうですが、それを「改善したい」と前向きに捉えていらっしゃるのが良かったですね。
んで、前もどこかで言ってましたが、この会場でライブの出来る凄さとか緊張とかがなかなか理解出来ず、当日になってドキドキしてくるというお話。
これってユキヒロさんの性格が表れてると思うんですよね。どこかで気にしないようにと周りの情報を入れないようにしてるところがあるんじゃないかしら?なんて勘ぐったりして!知らんけど。(無責任)
でも、当日「わー!」って急に緊張し始めるユキヒロさんもそれはそれで可愛いじゃない。
そして、国立の映像化に伴う13形態の発売方法について、一番ファンからの批判が多かった「高音質verの収録」。これ、ここでユキヒロさんが少しでも触れてくれていて良かったですよね。
たぶん、ユキヒロさん的には、出来れば全部高音質で出したかったんじゃないでしょうかね。
13種類という発売方法にも触れてくれてますし。「シングルだったら反対したけどw」ってのが彼らしいです。
その言葉からも、最終的にOKを出すのはメンバーなわけです。それにどうしてOKしたのか、少しでもメンバーの口から考えが聞けるのが有益だなぁと思いました。だからってこの発売方法に賛成する必要もないけどさw まぁ何も声が聞けないよりはいいかなと思います。
最後に立ち上がっていたことを指摘されて、「ホッとしてたんだと思います」という言葉が良かったです。色々な想いがこもってますな。


以上、メンバーインタビューの感想でした。

次は国立ブルーレイやDVDのパッケージ特集と、各インタビュアーさんのレビュー。伊藤女史をはじめお馴染みのメンバー3名です。(これは実際に自分が映像を見てから読み返したい)
ここの写真を見て初めて気付いたんですが、ジャケットってパズルになってんのな!
これ、実際にパズルとして製作して、どっかでプレゼント企画になりそうだなぁとか思ったり。
そういえば公式が「13形態!あなたはどれを買う!?」みたいな心理テストページを作ってましたね。私はシンガポール!ってどうすんだよあれww そんなもん必死で作る暇があったら早く情報をメールしてきて下さい。(キッ

最後にケン様の連載の『放談我報』も有り。写真がどえらいダンディズムイケメンなので見逃すな!
内容は相変わらずの癒しっぷり。チョコを食べる姿勢が笑えます。
ケン様ってセレブのはずなのに全然セレブっぽくないのはこれいかに。毎日ゴディバ食べれるくらいお金あるはずなのに、話してたのって明らかにあの100円くらいのやつでしょ?庶民派だわぁ。
ハイドもね、メールでフェラーリ買うたるで~とか言ってないでケン様を見習うべき。∑(∂д6)


 

 

 

Comment

 

ライブのスクリーンの映像が好みじゃないなあっていう部分は何となく同感です…人それぞれなので仕方のないことですけど…

NAME:たこ | 2013.03.15(金) 21:11 | URL | [Edit]

 

>>たこさん
例えば、また火で人気が高かったマイドリのバレリーナ映像やクマの映像も好きじゃないです。
ステアウェのホネホネダンサーズも好きじゃないです。シアキスもイマイチしっくりこない変な映像が多かったなぁ…
ラニバツアーは自然などの実写の映像が多かったのでまだ良かったです。
あと、ラニバ15thのメドレーの時や「XXX」などの、PVを活用した映像は好きです~!

NAME:管理人 | 2013.03.23(土) 10:58 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。