L'Arc~en~Cielと、そのメンバーのソロを追い掛ける日々。 漫画・ゲーム・映画・コスメなど雑多ですが基本ラルク話です。生存確認はhttp://twitter.com/lostjill/へ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
クレジットカードを指に挟んでキメ顔でFC更新をしたものの、実はLUSY、国立に行けなかったんデスヨッ…!
現地で「LUSYの野郎、来てないのか」と声を掛けられたという話を複数のお友達から聞きしまして、ありがとうございます!すみません!フヒフヒ笑ってるだけの私の面など見ても何も面白くないですが、嬉しかったです!次回は必ず行きたい!
今回は発表当時からスケジュールがすでに埋まってまして、二日目なら何とか遠征出来るかな?と前記事を書いた後も色んなルートを探ってたんですが、どうにもこうにも無謀。
何のためにクレジットカードの上限金額に迫ってるのを無視してFC更新したんだ?と絶望してたら、全国の映画館でライブビューイングが決定したので、二日目はそちらにお邪魔することになりました。
あぁ良かった!国立ライブが決まったのに一度もラルクを見れないまま終わるなんで、このままじゃ脱出不可能なところまで二次元の沼にズブズブ沈むところでした。
私はまだラルヲタで居られそうです。そうだ!私は三次元に生きてるんだ!兵長は二次元だ!!現実を見よう!!
…でも強く願えばいつか兵長のお尻くらいは触れる気がしてるんだけどな…何とかなんないかな…

というわけで、世の中のラルヲタさんの多くが国立に赴いて感動のレポートをされていると思いますが、こちらはのほほん映画館レポートです。ポップコーン片手によろしくどうぞ~

『L'Arc-en-Ciel LIVE 2014 at 国立競技場 ライヴュ@3月22日』感想まとめ

気楽なライヴュとはいっても国立ライブだしっていうことで、着なくちゃいけない気がしてとりあえず着たケン様の顔Tシャツで映画館へ。


よし、行くか…(ザッ

映画館に着いたら、ラルクグッズを持ってる方がチラホラ居て安心しましたね。仲間を見つけた気分。
アナと雪の女王とか観に来てる一般層の目が明らかに「なんじゃそのTシャツ」って感じでしたが、ラルヲタさんの中に紛れてたら耐えられるんだよアリノ~ママノ~姿見せるノヨォ~♪


いざ入場。MSGの時はサイリュームが貰えたけど、今回はポストカードのみ。
しかし映画館ってだけでポップコーンを買いたくなるのは何なんだろうね?
今からライブなのに、ポップコーンとか食ってるの私だけだったら恥ずかしいな…とか思いながら入ったものの、皆さんポップコーンの他にもチョロスとかポテトとか持ってらして食べながら見る気マンマンだった。デスヨネ~


 

more



9割方が埋まるTジョイ京都。
ほとんどのラルヲタさんは現地に行ってるだろうし埋まるのかしら?と思ってましたがそこは関西、国立までの遠征は難しい方もそれなりに多いってことでしょうかね。
逆に、関東の映画館の状況はどうだったんだろうね??

17時になると中継開始でした。
写った瞬間、映画館の反応は総じて「わぁ~凄い人だぁ」
スタンド後方からアリーナからの客席ショットまで舐めるように写されてたので、開演が押してあくびをしているアナタも、お友達と話しながらヘラヘラしているアナタもしっかり全国中継されてたゾ!
しかし何が一番面白かったって圧倒的マスク率の高さだ。この花粉症時代に3月下旬の野外ライブって、なかなかの鬼畜の所業である。

ステージ、セットについては既に皆さん御存知だと思うので割愛。
いつもは空席にされるステージ裏までがっつり人を入れてたのにはおったまげたね~
これはアリーナに背中を向けて演奏する曲もあるに違いないな…どの曲でそれをやるか、実に見ものだ…!と訳知り顔で唸ってたけど、まったくそんなことなかった。

20分押しで開演。オープニングの演出も皆さんゴゾンジ~だと思うので割愛しますが、前回のワールドツアーのオープニングと同系統でシンプル化されてましたね。
あっちはプレデターだったけど、こっちはホログラムでメンバーが具現化する設定のようです。マネキンみたいな平均的な3D骨格からメンバーの姿形になるというのが分かりやすく近未来的。
でもあの、アミアミ3Dのオッサン顔から麗しいハイドに変わる演出には笑ってしまった。ジェニーちゃんやリカちゃんみたいなお人形モデルからハイドに変わるならまだしもさ~?
ちなみに4つステージにカプセルが出てきたところは見てたんですが、ケン様のカプセルだけ上部がおかしかったみたいですね?気付きませんでした…
クソーッ!ちゃんと見ておけば良かった!アミアミ3Dのオッサン顔がどうしてハイドになるんだってことで頭がいっぱいだった!!どうせ私は頭の固い昭和生まれ野郎ですよ!!

メンバーがそれぞれカプセルから出てきて、最初に白いレースのヴェールに頭から口元までを覆ったハイドが写った瞬間
「花嫁さん…?」
と呟いてしまったけれどそう思ったのは私だけじゃないはずだ。
それに、目元だけ出して後は隠すだなんて、まるでイスラムの女性が性的な魔力がある部分を隠すスカーフのようじゃないか…oh…ミステリアスガールハイド…
しかしハイドばかりに気を取られてる間もなく、サイドを刈り上げて長い毛を何故か緑色に染めたトロール人形のようなリーダー、太いバンダナを頭に巻いて後ろから長い毛を垂らした忍者のような格好のユキヒロ先生、ストライプジャケットに黒縁グラサンでガムをくっちゃくっちゃしているガラの悪いケン様と、次々とインパクトのあるビジュアルが出てきてラルクとは何なのかよくわかんなくなってきたので、とりあえずポップコーン食べてましたね。

『CHASE』
おぉチェイスだ懐かしい!と思ってたら、ハイドさんったらヴェールを着けたまま出てきて歌いだしたのでびっくりしたぜ…
ヴェールのせいか元から滑舌が悪いのか、どうにもこうにも呂律が回って無かった。あと、ちょいちょいVAMPSのHYDEが顔を出すのかガナリ声になっていて音程が怪しい。
1曲目から波乱の予感…!と思いつつも、ケン様のガニ股奏法が見れて何だか久しぶりに旧友に出会ったみたいな、気恥ずかしさと懐かしさがあった。

『SEVENTH HEAVEN』
ところで皆さん、国立ライブ前にラルクモードに切り替えるために予習されました??
私まったくしてなくてですね、ギュゥゥゥンピヨヨーン♪とお馴染みのイントロに対して曲名が出てこず「あ、あ、何だっけ!?何だっけこれ!?」しか言えなくてですね、街で見かけた人の顔は知ってるけど名前が出なくて頭抱えてるおばちゃん状態でですね、皆さん、これが老化です。
でもね、歌えはするの!31ってやるやつでしょ?それは分かるのよ~~~(おばちゃん)
そういえば指を立てて31をやった後にハイドが「オゲーーーーッ!!!」って叫んでたけど、あれ何だったんだろう?鳴き声?

あと、ドーナツ型のステージをギターを抱えて走るケン様の脚が細くてデルモのようでした!すっかり筋肉マンになってしまったハイドさんよりずっと細い二次元体型です。
さすがご飯が出てこないソロ明け一発目だなぁと思いましたね。本格的にラルクの活動が始まるとね、しっかり栄養満点のご飯が出てくるので普通くらいになられるんですよねケン様って。決して太ってはいないんですけど。太ってはいないんですよ。

hyde「国立~!!始めようぜ国立~!!」
(歓声)
hyde「実力見せてくれよ、大きい声出せるよね?やれんのか~!?」
(歓声)
hyde「お前たちの力で国立に火をつけてくれー!!」
(歓声)

『REVELATION』
え?国立に火をつける!?火事じゃないか!!!!
と思ったら、お馴染みのレベレコール&レスポンスの後、イントロが始まるタイミングで聖火台に火が灯るという随分オシャンティーな演出だった。
なんだ!前回なんて鼓笛隊と一緒にパレードしてきて全員でボーッと聖火台を見ながら着火というシュールな演出だったのに!
あ、そうそう。レベレコールは映画館でも皆さんしっかり拳を上げてましたよ。着席したままやってるから何だか昼の歌番組っぽくてほっこりレベレだったけど。

しかしレベレコールが懐かしくてキュンキュンしました。
客席へ向けて指をさしながらクイクイ煽るケン様の色っぺーこと!(白目)
ハイドさんはスタンド型のL'旗を肩に担いでてカッコ良かったですね。L'のフォントもゴシック装飾風で素敵。
たまにラルクって「なんでそのフォント使ったん」って言いたくなる時がありますけど、これは良かったです。そうなんだよ、ラルクってお耽美な装飾が似合うオシャンティーバンドだったはずなんだよ!思い出してくれよ!思い出したからこのフォントなのか、ありがとうだ。
あ、リーダー(緑)とケン様が間奏で向かい合ってジャカジャカしてましたねぇ!幼馴染ファンの皆さんおめでとうございます。
ところでハイドさん、ヴェールで口元を覆ったままなので歌いにくいせいか相変わらず呂律があやしく「曖昧な理想」が「あばばいそう」とレロレロレーな感じ。しかし花嫁コスのまま攻撃的な曲であるレベレをやるとは!せ、積極的な新婦だな。(ポッ///

『GOOD LUCK MY WAY』
頭と口元のヴェールを取って、ようやくその御姿を見せてくれたハイドさん。
目元しか出さないミステリアス花嫁がヴェールを外して全てを見せる、それは旦那様の前だけ…!
つまり私が!旦那様!だって私の前で外してくれたからッ!よし結婚だーーーーッ!!!!!(ダダダッ

がっつりサイドから編み込んだ髪をロングヘアーに変えて、メイクもばっちり黒アイラインでぐっるぐるのギャルメイクでしたね。これぞラルクのハイドよッ!
「編み込みよりラフな髪型が見たい」っていう意見を多く聞きますけど、私は編み込みロングヘアー大好きです。
あんなに引っ張って迷路みたいになってる頭皮が心配ですって??いやいや、オープニングを思い出してくださいよ。ハイドは人間じゃありません!!ホログラムで出来てます!!
それにこれくらい大きな会場と張り合うには、フロントマンとしての華麗さと派手さが必要だと思うもの。勿論そのままでも十分の存在感を持ってるボーカリストではあるけれど、その存在感に相乗効果として二次元から飛び出てきたようなヘアメイクが合わさって放たれる迫力は何度見てもクセになります。
だから灰色カラコンも好き。この日も入れてましたね。
もうちょっと瞳に溶け込むタイプの虹彩レンズでもいい気がするけどなw しっかり発色レンズなのでコスプレイヤーみたいになっててww
まぁそれはそれで…ロシエル様コスプレをしてるハイドと思えば可愛いじゃないか。(もうなんでもいい)

曲の話をします!
この辺りからお歌もラルクのhydeが戻ってきてて一安心しましたね~!この感じ、一日目もあったのかな?
声も伸びやかだったし、ゲロゲロとデスボで誤魔化すことも少なくピッチも安定してきてて私もゴキゲン。
アウトロのギターでケン様の手元がアップに。そうそうこの曲の最後といえばケン様の手だよなと、あの頃のままで記憶を辿るようなカメラワークが嬉しいね!相変わらず美形な手でした。
終わった後、映画館では拍手が起こってました。

『BLESS』
もしかしたら頭のヴェールはここで取ってたかもですね?記憶が曖昧で申し訳ねぇです。
アカペラでサビを歌ってからのスタート。叙情詩のアカペラスタートが好評だったからか今回はBLESSですって。こういうのもライブ全体にメリハリが出来て良いっすね。
ただ、BLESSのサビは感情を込めるからこそネチッとなるのでちょっとアカペラには向かないかな?と思いましたが、やっぱりそこは経験値の高いハイドさん、最後は綺麗にまとめてのビブラートでした。

この日のBLESSはとにかく美しかった。白と青のライトが会場に降り注いで清らかな世界観。
予習をしてこなかったのでこの曲も久し振りに聴いたわけですけど、伸びやかな声で歌われる「♪想いをのせ」からの盛り上がりには美しさのあまりゾワゾワと鳥肌が立ってしまった。
思わず隣に座っていたラルヲタの母と「えぇ曲やな~!何やこの曲!えぇ曲やわぁ~」と連呼。完全に井戸端のおばちゃんである。
しかしエレキに持ち替えて鳴くように弾くケン様のギターを聴いてたら、ソロでもなく、ラルクのライブでしか聴けないこの音が2~3年に一回程度しか聴けないのってもったいねぇな~と思っちゃいましたね。
ブルーレイの過去映像を見るだけでは感じられない、その場その場で感じる高揚感ってあるじゃないすか。生演奏だからこそのグルーヴっつーの?生きた音がそこにある、みたいな。肌で感じろ、みたいな。ガイアが俺にもっと輝けとささやいている、みたいなそういうの。お分かり頂けるだろうか。
あと、BLESSはドラムの音も優しくて好きなんです。ユキヒロ先生、相変わらず爪楊枝みたいに細かったねぇ…お肉食べさせてあげたくなりましたね…いやぁ良い曲だった。

『MC』
hyde「(ギターを持って前へ)ラルクアンシエルです。え~、お待たせしました。ただいま」
(歓声)
hyde「さっきはよくね、皆さんの力で(聖火台に)火をツケテくれて。アリガトウ」←この辺りからちょいちょいカタコトになる
(歓声)
hyde「僕のハートにも火がツキマシタ」
(歓声)
hyde「あの…最後の国立なんで、悔いがないように燃え尽きたいなと。燃え尽きたいなと思います。みんなも一緒に燃え尽きてください」
(歓声)
hyde「やれんのか国立~ッ」
(歓声)
hyde「みんな元気無いと聖火消えちゃうからね、大丈夫?信用して大丈夫??」
(笑)
hyde「一緒に暴れようぜ~」

『HONEY』
事務的なMCから流れるようにHONEYへ。
いつも最初のMCは紙のセリフを読むように喋るけど、それもまたラルクライブ。何もかもみな懐かしい!
ところでこの曲の演出、いつもスクリーンにでっかい蝶がバァーン!と出るけど何なんだろう。出すとしたら蜂ちゃうんか。
いつもお洋服から指先しか出ない"萌え袖"になってしまうハイドさん、それではギターが弾きにくいのか素早く腕まくりしてましたが、ものの数分でまた袖が落ちて指しか出てませんでした。哀れ!

『winter fall』
ハァァァァ~美しい曲!なんて美しい曲なんだッ!!晴れた冬の日に太陽を見上げた一瞬の眩暈のような曲だ!!冬落ちとはよく言ったもんだ!!白目剥きそう!!!
いやこれ予習せずに来て良かったかもしれん。何もかも新鮮なのに懐かしくて、今日は改めて曲の良さに気付かされること多々よ。
まぁそのせいで題名はサッパリ出てこないんだけどね!そんなことどうでもいいんだ!後でネットニュースが何とかしてくれるんだしこのレポのセトリだって全部ナタリーさんからコピペよ!いつもお世話になっております!
例によって母と「えぇ曲やぁぁ~!何やこれ!信じられんくらいえぇ曲や~」ばっかり言ってました。
「♪そびえたつ空」から上体を屈めて、くず折れるように歌うハイドがまた素晴らしいったらアナタ。叫ぶように泣きだしそうな表情で歌うからまたこれ。絵画か。
こうして一定のレベルを保ったまま過去のヒット曲がまた聴けるって嬉しいことだナムナム。

『NEXUS 4』
もう冬落ちの美しさで頭がいっぱいで、気付いたら♪トゥクトゥクトゥクってこの曲が始まってたって感じで…?
発売当時から言ってますけど、この曲になるとあまり印象に無いというかボーッとしちゃうっていうか……まぁ私好みじゃないんだよ!ラルクの曲は多種多様だから中にはそんな曲もありますよ!人間だもの!
ハイドさんがドーナツステージの端っこでレボレボばりに強風に吹かれてたのはよく覚えてます。
途中でカメラに気付いて、ニヤリ笑顔で顔を近付けてましたがそりゃあ別嬪さんで「45歳とは…」と真顔になってしまった。
あと、ギターのコードを掴んでブンッ!と横へ放るケン様ね、たまんねーです。

hyde「カモンカモンカモン国立~!アーユーFレディー!?」

『READY STEADY GO』
いつものコール後でRSG。う~ん、往年のヒット曲セトリが続くナァ。まぁ久し振りのライブなので楽しんでますけども。。。
「♪よーんで~」とコーラスする時にリーダーの横顔が写されてたんですが、髪型も相まってインパクトが凄くてホラーのよう。遠くからでも見えるようにという意見も聞きましたけど、それにしても何で緑にしてしまったんya…
曲終わりから阿修羅ユキヒロ先生によるスーパーぶっころしタイムでしたが、これまた久々ライブだからかいつもより短めでスティックもお上品に揃えて置かれたし、ブッコロスってほどでも無かったです。ちょっとブン殴ったくらいですね!ボコッ☆

少しインターバルを明けてメンバーはアリーナ後方のサブステへ移動。このスタイルもすっかり恒例になってキタナァ!
移動中はメンバープロデュースグッズのCM。
詳しくは割愛しますが、ハイドのが謎だったなwソチ五輪でフィギュアでも見て何か影響されちゃったのだろうかw
その後は来場者に配布されたL'ポンチョ?の着用説明CM。比較的まともな一昔前の救命胴衣説明動画みたいな感じだったけど、微妙にシュールさが入るところがいかにもラルクだ。袖から頭を出すのは間違いです、とかで地味に笑っちゃって悔しい…!(ギリッ

『metropolis(ライブアレンジver)』
ステージに白いバルーンが出来て、聖火アタック(としか説明のしようがない)で裂けるという演出が面白かったですね。まるで大きな卵から僕たちはもう一度生まれた、みたいなそんなおセンチなことを思い出しちゃったりして。
でも聖火アタックが稲妻だったからちょっと中華っぽかったな!卵一日5万個、食は万里を越える。

始まると客席のLEDバンドが灯されて、L'Arc-en-Cielの文字になってたのは驚きましたね~!
制御席からどの辺りを何色に点灯、というのを送信してるんでしょうね。
これが最新のライブ演出!!こうして演出の一部として観客が一体化するなんて、ラルヲタのドM性を利用した素晴らしい演出だと思います。アメージングだ!
LEDバンド配布のお知らせを呼んだ時はどういうものかさっぱり分からなかったですが、こんなことが出来るのかと感動しました。時代は進化しているんですね…!
次は私も演出の一つとして一体化したい。そして宇宙となり、我々はラルクと一つとなるのだ…

それでmetropolisのライブアレンジだーー!!もう大好きですこれ。
ライブアレンジってだけでチュッチュペロペロでへでへ///ですよ。リズムアレンジがずっとダンサブルになってて、濃厚な原曲をよりライブらしく軽くしつつ、アウトロの癖になるモワモワモワ~音とリズムカルなドラム。思わず手拍子したくなる構成がズルイ。
それに合わせてたびたび「♪作られ↑たアァァア↓」と音程が上下に揺れまくるアレンジが絶品。こういう曲調で伸びやかに歌うのが何よりハイドさんの声質に合ってると思うわ…!!
これ、何とかCD化して欲しいんだよな~~~ ただ、metropolisのライブアレンジってリズムに合わせて前髪を払うハイドとか、ケン様の軽くリズムを打つ右手とかそういう映像を一緒に見てこそ素晴らしいってのは分かってるんだよ!だからライブDVD見ればいいってのは分かってるんだけど車内でも聴きたいんだ!CD発売オネシャスです!

ほんでこの日のmetropolisの話ぜんぜんしてないなって今気付きましたけど、途中、サブステ付近のお子さんがグズッてたのかハイドが歌いながらお手々をにぎにぎしてあげてたのがホッコリしましたね。
でも歌ってるのは「性器を癒して」とかなんだけどそんなのはね、人間の誕生はそういうものですから。生命の神秘の歌だと思えば何でも微笑ましいです。親御さん、良かったですねぇ。

hyde「フゥッ♪」

『MC』
hyde「すごい沢山のテルテル坊主がいるから、今日は晴れたんやね」
(笑)
hyde「みんなのおかげやね」
(拍手)
hyde「そのリストバンドがね…(スティックを振る)」
(LEDバンドの色がハイドがスティックを振るたびに変わる)
hyde「君たちは制御されている」
(笑)
(ぶんぶん∩∂∀6)⊃━☆+ ゜ .+ .゜.゜。 ゜ 。.)
hyde「気持ちいい♪」
(笑)
hyde「今日は調子えぇね♪ほんとは僕の力じゃないんだけどw」
(笑)
hyde「よく見える、一人一人がね。オリンピックが決まって…2020年、ここが新しくなるんですけど。見た?」
ken「デザイン?w」
hyde「うん、流線型の(身振り手振り)見た?」
(ここら辺でケン様も反応してたと思う)
hyde「めちゃくちゃかっこ良くないっすかあれ?あれ、まさに、未来世界じゃないですか…!」
(笑)
hyde「僕が小さい頃に思い描いてた感じやん。あんなんほんまに出来るんかな?半信半疑なんですけどw」
(笑)
hyde「2020年より前に出来るらしいやんそれ。そこ想像しながら歌っていいですか?」
(拍手)
hyde「出来る前にやれるの、今日が最後やからね」

『未来世界』
スティックを持ったハイドさんマジ魔法少女やった…
しかしハイドさんっていつもサブスデにやってくるとほんわかMCになるよね…冒頭の事務的なクールMCからコロッと撫で撫で優しくされてクセになる…ビクビク///
相槌を打つように返事をするケン様も良かったです。そうそうラルクのMCってこんな感じだったなと思い出します。

メンバーはドラム台に腰掛けて。リーダーのウッドベースはピンクかな?面白かったですね。
全員のLEDバンドが星のように灯されて、客席へおもちゃやくじらの泳ぐ映像を投影して、まるで会場全体が未来世界のキラキラとした宇宙に浮んでいるみたいで。
この映像を綺麗に投影するためのポンチョだったんですかね?プロジェクションマッピングの応用なのかな?いやぁ凄い綺麗な演出だったな。
そんな宇宙の映像も本物の宇宙じゃないってのがミソなんですね、子どもをあやす時に使う投影機みたいに同じ映像がくるくると回るんですよ。大人が子どものために作った宇宙。それがまた歌詞と合っててジーンとしちゃいました。
ハイドがまた歌のおねいさんみたいに綺麗な歌声でなぁ~~~~も~~~~えぇ曲。しにたい。生きる。いい曲に出会うとしにたいって言いたくなるこの現象なんなんだろうね!?生きるけど!!

『花葬(ライブアレンジver)』
客席に赤い花びらが散り始めての花葬ライブアレンジきたわーーー!!!これもCDでくだちゃーーーーい!!!
このオリジナルイントロも素晴らしいし、ケン様のジャズギターがペロペロしててえっちよね。ンモォォォ大好きです。
ゆ~めうーつつぅぅ↑↑↑↑(分かる人には分かる)

メンバーがメインステージへ移動中は、ブロック割された客席を細かく色を変えて移しつつ、ゆっくりと会場が青くなって、アリーナからスタンドまで大きな身体を揺らして悠々と泳ぐくじらが投影されるという演出。遠くからキュイーン…グルル…と喉を鳴らすくじらの鳴き声まで聞こえてくる。
まるでさっきまで星空の中に居たスタジアムが、青く深い海の底に沈んだかのよう。
その鳴き声が徐々にギターの音に変わり、ふと見るとステージはライトアップ。そのまま綺麗にケン様による泣きのギターへ。う~ん、待ち時間を忘れさせる美しい演出に思わず唸ってしまった。
前回の空飛ぶ顔Tピラミッドは何やったんや!!!

『MY HEART DRAWS A DREAM』
イントロが始まった瞬間に会場は一気に白くライトアップされて、深い海の底からザパーンッ!と水揚げされたマグロやカツオの気分が味わえた。
全員大合唱のサビでいつも相槌を打つように歌ってくれるハイドさん、この日はマイクを通さずに生声で歌ってましたね。
現地から「フォーッww」と喜ぶ声があがってたんで、ハイドの生声が聞こえたってことかな。素敵ですね。
こっちはね、何か遠くで叫んでる声だけは聞こえてたんで、それがハイドなのか観客の声だったのか今はもう誰も知る者は居ないのだ……

ところでこの合唱中、ケン様が右手を胸に当ててコツコツ叩いてもんだから心臓捧げてんな~とか思っちゃって。ケン様ちょくちょく進撃ネタを呟いてらっしゃるけど、アニメが素晴らしいから見てくださいよぉ!

『the Fourth Avenue Cafe』
るろ剣だぁ~!タケルゥ!映画観に行くからね!関係無いね!
キラキラと煌いてゴージャスで明るいのに、どうしようもなく切なくて本当に美しい曲だ!これぞラルク節!!ケン様は天才ちゃうか!!
私がラルクをしっかり聴きだしたのってるろ剣のEDだったこの曲からなので思い入れがあるんですよね。まぁ4週しか聴けなかったけどな!それはアレや、大人の事情のアレや。
そんな四番街も15thラニバ以来、ちょくちょくやってくれるようになって嬉しいですねぇ。昔の曲でも名曲はどんどん定番化すべきだよ、風にきえないでだってやってくれていいのよ???

『X X X』
LEDバンドで会場の色を統一してたので綺麗でしたね、もうヌッと上に掲げられるノッてんのか何なのか謎だったXサイリュームを見なくて済むんですね…!!
ハイドさんが「kiss」と言う時、身体を斜めにしてカメラ目線にするキメポーズは変わらず今もここに!
こういう要所要所の動きって他の曲でもよく見られて、すっかり身に染みてるのか、何年ライブのスパンが開いても同じことが出来るんだなぁと思って見てました。
「123」をするリーダーもクールでカッコ良かったですよ。まことに遺憾ながらトロール人形にしか見えないけど素敵でした。

『shade of season』
ステージ前方に松明のように炎が灯されてのshade of season。
最新アルバムでもあるバタフライの色味も盛り込んできましたね~、お?と思わせるヲタ向け選曲が嬉しいね。
ハイドさんの歌声もよく伸びてて◎ こういう曲調も声質に合ってるなぁと改めて。
最後にハイドさん「んぁ…」って喘いでたな…いいもん聞いたぜ…
ちなみに相変わらず曲名は出てこなかったのですが、メモには「(ネセーリーノーレセーリー)のやつ」って書いてありました。

『DRINK IT DOWN』
ユキヒロ作曲モノで続けるってのがミソだなと思いましたね。哀愁を漂わせるメロウな曲からダークで激しいロック曲ですが、いい流れ!
本当にカッコ良かったです。発売当時からライブ演奏も演出も最高にシビレる曲ですが、ライブでは必ず入れて欲しいと思うようになってます。今回もサイコーサイコー!
サビに入る一瞬、LEDバンドが赤く点灯させてたのがホラー。まるで客席全体がヴァンパイアで、その目が光ったかのようで。PVを思い出すね。イイネー


ここから映像がストップし、映画館職員がやってきて
「権利上の問題でここからしばらく中継が切られます。5分ほどになると思われます。申し訳ございませんがお待ちください」
との御挨拶。
私は昨日の情報を仕入れていたので知ってはいたけど、知らない観客からは「え~!?」という驚きとショックな声が。情報を知らずに来た方が多かった模様。残念だよねぇ。

『EVERLASTING(新曲)』
新曲についての冒頭MC及び、曲が終わるまでライヴュは総カットだったので仕方なくトイレタイムでした。
情報を知らない方がトイレに行きがてらスマホで調べて、新曲だと知ってとても落胆してましたよ。
権利上の問題とはいえ、ライヴュの客層は年配の御夫婦やお子さんを連れた親御さんやお腹の大きな妊婦さんなど、ありゃあ遠征は難しいだろうなって方が多くいらしてたので、会場と同じものを提供して欲しかったですね。
例えば権利というならMCだけでも聞かせて欲しかったです。ハイドがケン曲の良さを語ってたんでしょ?あのMCにバンドの未来を感じて喜んでいた方も多く居たので、それすら知らされないライヴュ組が余計に可哀想じゃあないか。
まぁ翌朝のニュースで新曲も流してたらしいし、権利の都合ってのもアヤシイな~会場特典って言っちゃうと批判が出そうだからそういうことにしたんちゃうんかコノヤロ~って疑ってるよわたしゃw

私はカットされることを知ってたのでノーダメージですが、メンバーの新曲への思い入れすら聞かせてもらえないってのは残念っちゃ残念だなぁ。わたくしたち何か悪いことしました!?ってなるなw
まぁ配信開始されるでしょうし、その時が初聴きになるので遅れて興奮した感想記事を書いてると思います。グフフ楽しみネー!

『Blame』
で、新曲を知らないままのライヴュ組、いきなりのピーソデビーソビー↑↓↑↓に「????」状態。
新曲からレアな初期曲をやる流れを体験してこそ感じ入るもんがあるんだろうけど、いきなりピーソデビーソビー↑↓↑↓
突然ですよもう。道歩いてて偶然再会した好きな人に突然押し倒された、みたいなもんですよ。(?)
何かよく分かんないけどラッキー!みたいなそんな???いや、道路で押し倒されるのはさすがに困るね…???
自分で何を言ってるのかよく分かんなくなってますけど、レア曲が聴けて良かったとしか言えませんね!この曲を待ってた皆さんおめでとうおめでとう。
ハイドさんの歌声がうねるうねる。あと、ケン様がギターを持ち替えたりで忙しそうでしたね。この曲を生でするとこうなるのかw

『MC』
ken「(煙草を片手に)こんばんは~」
(こんばんはー!)
ken「いいね~、国立。競技場?色んな競技をされたんでしょうね」
(笑)
ken「なんで笑うんよ!東京オリンピックするから国立立てたやん。ほんで20何年か知らんけど、また東京オリンピックするって。何かね、二つの時代を生きてるって感じがして。なんかね、あの、長く生きたなって思いました。自分の世代で東京でオリンピック見れるってちょっとわくわくしない?」
(するー)
ken「んで、これ壊すんやって。それこのままちょっと(日程)ズラせへんのかな~?ってケンちゃんはしみじみしながら見てました」
(笑)
ken「昨日は衣装、超あったかかったけどね。今日は凄い(胸元)開いてるから、ホッカイロを…あ、商品名言っちゃ駄目なんだっけ?何か、振って温かくなるカイロをね、股間の周りにいっぱい貼ってるんだけど」
(笑)
ken「ギターで押さえたら発熱し続けるんですw」
(笑)
ken「新しい国立出来たら冬でも出来るんかな?屋根……あぁぁ~もぉ、やっぱりエロに頼らんとMC出来んわ!!」
(笑)
hyde「大丈夫w」
ken「え!?」
hyde「エロやってくださいw」
ken「エロォォ~!?♪」←歓喜してる
(爆笑)
ken「あのさ!机の角のことやけど!俺ら男が見ても全然エロいとかやらしいとか感じんのやけどッ!(凄い早口でまくし立てる)」
hyde「あwwスイッチ入ったw」
(爆笑)
ken「女の人って机の角ってエロく感じるらしいな!ほんま!ほんま!!ちょっと聞いて!!角ってあらゆる女の人の股間の高さに合わせてあるんやって!!」
(えっw)
ken「ほんまやって!!やってみぃーって!!女の人は凄いなぁ!?」
(笑)
ken「国立ーー!!国立壊されんの悲しいねん!国立へのエールですわ。国立ー!!」
(歓声)
ken「カレスオブビーナス!!」

『Caress of Venus』
下ネタで突然早口になるケン様からの突然の曲紹介で、もうさっぱり意味わかんないままカレスへ。
そういえばイントロのアレンジやらなくなったね??銀テープ砲に撃たれる人が居るからだろうか??

『Driver's High』
ステージの端っこで歌っていたハイドの背後から近寄ったケン様、尻タッチをして逃げて行ってましたね。セクハラだー!
皆さん御存知の通り、その後ハイドさんは歌詞が飛んで「♪ななななな…w」で誤魔化し、次のフレーズではまだサビが繰り返すにも関わらず「♪来世でまた~…あぅあ待って違う;」と混乱してボロボロに。
その結果、映画館はこの日一番の拍手と大喝采に包まれていた。

『Link』
hyde「カモンカモン!国立!」
映画館でも皆さん頭の上で手拍子。皆さんほとんど座ってるんですけど、とりあえずこの曲は手を叩かなきゃいけない病にでもかかってるかのように一心不乱だから何だか面白かった。
曲の途中で停止して、リーダーの「おげんき~?」が始まるんですが、嬉しかったのは
tetsuya「えっと、今日は映画館で見てる人も居るんやね?お目見えしてる??お目見えしてんの~??」
と、ライビュ組を気遣ってカメラ目線で話してくれたこと!皆さん喜んじゃって、スクリーンに手を振る人多々。見えてないのに!w
これは他メンバーには無かったポイントなんです。つい本番中は忘れてしまうようなことを思い出して言ってくれる、そこがリーダーの素敵なところです。こういう人がリーダーだからこそバンドって長く続くんでしょうね。
いつもは「ワッショイー!」と「続き聴きたいのー?」ばっかりで飽きたわぁとか言ってしまうけど、今日はそんなこと書かない!!あ!もう書いちゃったね!?

『MC』
hyde「はぁ~、凄くね、いい場所だなぁと思ってたんですよ。ずっと炎(聖火)を見ながら歌える場所ってないんでね。感慨深いっすわ……フゥ…こんな話でえぇんかなw(ケン様を見る)」
ken「それでえぇやん!」
hyde「まぁえぇかw 焚き火を見てると落ち着くやん?そういうのえぇやん?」
ken「えぇやん!」
hyde「えぇかw」
(客、置いてけぼり)
hyde「そう、凄く気持ち良かった。そう、あと、そうね、みんな、キラキラしてるから。(LEDバンド)そわそわするよね凄く。みんなでステージ作ってる感じで」
(歓声)
hyde「手ぇ振られるとまた…おぉ~」
(スタッフがLEDバンドの点灯で客席にL'Arcの文字を作る)
hyde「今手ぇ振ってくれてる人がラルクアンシエルってなってるんです。人が居ないと出来ないんです、揺れないんです。ありがとうw」
(歓声)
hyde「次にまた生まれ変わる最後の国立で最後の演奏が出来て、凄く光栄です。また完成した国立で、またこうやってやれたら嬉しいなって」
(歓声)
hyde「それまでラルクアンシエルは相変わらずかもしれないんですけど」
(えぇーーー!!)
hyde「こういう素敵な光景を見ると、いいバンドだなって再認識しました」
(拍手)
hyde「それまで皆さん、付いてきて下さい。最後、皆さん歌って下さい。あなた」

『あなた』
LEDバンドで青に染まって会場が空色だぁ~。何で青かって我々ラルヲタが空となり虹を浮かべてるってことだろ?言わせんな恥ずかしい!
今までカラフルなサイリュームが多かったけど、やっぱ1色に染まるってえぇね、って思いました。
MCの前からスタッフが白い布を持って客席の間を走ってたんで分かってましたけど、またまたラストではカラフルな無数の風船が舞い上がって、セット上部から豪華な花火があがってファンタジー!
シンバルに手を置いてお辞儀するユキヒロ先生、「また会おうね」と言って投げキッスばっしばしのハイドさん、かごからバナナを投げるリーダーにBGMはエンヤ。

tetsuya「ありがとぉー!まったねー!!」

ライヴュ組は新曲から初期レア曲への過去と未来を感じる演出を体験出来なかったので、どうしても往年のヒット曲ライブという印象が拭えなかったんですが、短期間でいつものラルクをいつもの安定したレベルで届けるにはこのセトリに+αくらいが丁度良いってことなのかすら?と思いながら見てました。何せほら!急なライブですから!やりたいからヤル。それがバンドであって、その時にやれる曲つったらつまりはこういうことなのだ。さもありなん!南無阿弥陀仏!
現地でラルクの演出の一部となってドM性を開花させたわけでもないので特別な感動があるわけでもないですけど、何だか、久しぶりに親友に再会したみたいな、優しい気分で見てましたね。今なら募金出来そう。
それに、そんな数年振りのラルクが8万人もお客さんを集めるってのが、すげーな~という一言に尽きます。
スケジュールが合わず今回は見れないかな?と思ってましたが、ライヴュだけでも体験出来て良かったです。あぁやっぱりラルクの曲は良いなと再確認して、やっぱ好っきゃねん~♪とたかじんの名曲を歌いたくなる気分で地元に帰ってきたのでした。
ちなみに帰宅したら右目がものもらいになりました。どうやらハイドさんの美しさにあてられて目がヤラレた模様。おそろしいな!絶世の美人ってのはおそろしいな!?

さて、ラルクも相変わらずな活動ペースでいくようですし、とりあえずは新曲の配信開始を待とうと思いますよ。
噂によるとハイドさんイチオシのケン曲だって!ヒェェェエエエーーーーーーーッwwwwwwそういう曲にwwハズレ無しって知ってるでwww知ってるでwwwwww(喜)
楽しみアァァーッ

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2014.03.28(金) 22:49 | | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2014.03.29(土) 23:13 | | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2014.03.31(月) 20:59 | | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2014.04.01(火) 18:50 | | [Edit]

 

>>ワチャゴナドゥ!さん
ワチャさんいっつも飛びつき早くてありがたいやら面白いやら。(名前も見るたび吹くしで)
コメント有難う御座います!
ワチャさん国立まで行かれたんですね?お疲れ様でした~!
私も久し振りにラルクライブを見てとても楽しかったですし、沼に半身ドブンしてることが幸いしてか新曲が聴けなくてもキィィィッ!となることなく優しい気持ちで終われたのでつまりはアニメって素晴らしいなぁって思ったわけで今年の春アニメも出来る限り追い掛けたいです。まずは1話ですね!ワチャさんは何見ます?!
あれ、何の話してましたっけ…?


>>るりさん
初めましてるりさん、コメントとても嬉しいです!
えっ、まー火で私と一緒!?ワァー!何やら私が近くにお邪魔した(?)ようですみません。
いつも見てくだすってるそうで有難うございます!これからもお気軽に話し掛けてやって下さい。

ヌヌッ!?あのポンチョ、袖から頭が出るんですか!なんと!
そんなダボダボポンチョだったとは…いや、るりさんが小顔なのかもしれない。
となるとあの説明VTRは間違ってなかったということですね?そこまで想定していたとは、さすがラルクだ!


>>chizuさん
初めましてchizuさん!
いつも盗み見てくだすってるそうで嬉しいです*
私の方がアヤシイ人だと思うので大丈夫ですありがとうございます!

なんと!chizuさんもお留守番組だったのですね?
ライヴュ、なかなかまったり空気で楽しかったですよぉ。一人でいらしてる方も多かったです。あとポップコーン美味しかった!
また大きなライブをする時はきっと中継があるでしょうし、気楽にゆきましょう☆
拙いレポですが、少しでも雰囲気が伝われば嬉しいですデヘヘ


>>もりりんさん
ワーイ!もりりんさんお久しぶりです、また読みに来てくだすって嬉しいです///
なんと!ライヴュ来られてたんですか??御挨拶したかったです…!ンヌゥゥ、次の機会では現地で!握手しましょう!

新曲カットは初日の話を聞いてたので期待せずに行ったのですが、MCで良い話をしたらしいので、やっぱり聴きたかったなぁと落胆しましたね。
批判が出るから権利ってことにしてんだろうな~くらいには思ってますけど、皆さん何もお金をケチッて行かなかったわけじゃないので、せめて現地と同じ内容を提供して欲しいですよね。いやはや、えげつねぇ。

Vのライブにも行かれたんですか!オォー、連日お疲れ様です。
私はきっぱりソロは切ってしまったので、のんびり新曲の公開を待とうと思います。
その時はまた記事を書くと思いますので、お気軽に遊びに来てください~*

NAME:管理人 | 2014.04.02(水) 12:09 | URL | [Edit]

 

国立ライブレポ

こんばんは☆お久しぶりです。ずーっとルーシーさんのレポ待っていました。国立のレポぜひさくさく番でやってくださいませ。ちょうど新曲のあたりで切れてしまったので。
アッ!私の知り合いでもニベアを顔につけている人いました。考えたら小さいころ母につけてもらってたなぁと思い出しました。

NAME:usagi | 2014.05.15(木) 03:22 | URL | [Edit]

 

>>usagiさん
大変お待たせ致しました、さくさく版にアップしましたので御確認ください^^
いつもありがとうございます!

NAME:管理人 | 2014.06.13(金) 11:09 | URL | [Edit]

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

NAME: | 2015.06.10(水) 19:28 | | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 LUSYの日記, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUSY

管理人:LUSY

ラルクを追いかけて17年
グッズや雑誌はほぼ買っておりますが壁にポスターなどは貼ってません。
ken曲&ken氏ファンですが、音楽的にはHYDEソロも好き。VAMPSは追っ掛けてませんが音楽は聴きます。
hyde氏をアイドルの如く愛でるのも好きです。

ラルクが動かなすぎて暇を持て余し、バラ育成とアニメ・声優さんに堕ちる。最近は進撃に夢中。
はーー兵長可愛いナーー!!

バラの画像置き場兼ちょっとしたアニメ感想の分家ブログはこちら 『バラと二次元』

フィギュアスケートヲタクで、試合中の実況はTwitterにて。大変うるさいので御注意ください。

SD13少年の28番・教室A、シュルツと少年ユノアを所持するドールオーナーでもある。
関西在住

【管理人からのレスは記事毎のコメント欄のみ付けさせて頂いております。レス不要の場合はお気軽に拍手コメントへ御投函下さいませ!こちらは全て非公開扱いになります】

イイニワ。 トモエさん

L'-note りんこさん


ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]


ラルク最強リンク


カワイイダケジャ【HP素材】


●2014年
『LIVE2014 at 国立競技場』
3月22日 京都ライブビューイング

●2012年
『HALLOWEEN PARTY2012』
10月20日 神戸

『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』
5月19日・5月20日 ユニバーサルスタジオジャパン
5月26日・5月26日 国立競技場

●2011年
『20th L'Anniversary TOUR』
11月2日 日本ガイシホール
12月3日・4日 京セラドーム大阪

『20th L'Anniversary Live』
5月28日・5月29日

『20th L'Anniversary Starting Live "L'A HAPPY NEW YEAR!"』
12月31日~1月1日

●2010年
『Kenとゆく!ベタベタ香港・マカオの旅』
6月12日~15日

『VAMPS TOUR 2010』
8月28日 ZEPP OSAKA

『Ken TOUR 2010"Hey! Join The Party!"』
10月30日 名古屋CLUB Diamond Hall
10月31日 名古屋CLUB Diamond Hall
11月5日 なんばHatch


●2009年
『LIVE IN PHISICAL 2009』
6月18日 なんばHach
6月19日 なんばHach

『VAMPS TOUR 2009』
8月23日 ユニバーサルスタジオジャパン

『JACK IN THE BOX 2009 in summar』
8月15日 幕張メッセ

『VAMPADDICTイベント』
10月7 ZEPP OSAKA

『JACK IN THE BOX 2009』
12月27日 日本武道館

※2009年以前のライブレポートもあります。


当サイトの画像・文章の無断転載・転写を禁止します。
トラバだけで勘弁して下さい……ホントお願いします…


お気軽にフォローお願いシマース

By TwitterIcon.com



名前:
メール:
件名:
本文:

※管理の都合上、こちらからの返信は全てyahooメールから送信させていただいております。受信可能なアドレスにてお問い合わせ下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。